2017年 02月 19日

塗装あれこれ

ルアーを作るにあたって重要な工程のひとつである塗装について、僕の塗装環境を紹介したいと思います。
ハンドメイドをやらない人にとっては何ら面白くない内容ですが・・・

d0000101_19595078.jpg


マンション住まいなので広い塗装スペースは取れず、いかにコンパクトにまとめるかを考えた結果、キャスター付きのスチールラックに収納し、移動式にしました。
上段には塗料皿やハンドピースを洗浄するための小物色々。
その下にはペインティングブースとハンドピース、続いて塗料などの収納ボックス、最下段にコンプレッサーを置いてます。
昼間でも日射しが入らない部屋なので上左右からLEDライトで照らして何とか明るさを確保してますが、理想的には自然光の下で塗装するのがベストだと思います。

ペインティングブースは自作することも考えたのですが、意外にコンパクトに作るのが難しそうだったので、タミヤのスプレーワークペインティングブースⅡにしました。
ちょうどラックに収納できて横にハンドピースのスタンドも立てられるジャストなサイズ。
ホースは後ろの窓まで伸ばして排気してます。

d0000101_20122559.jpg


ちなみにフィルターを追加してます。クレオスのハニカムフィルターをカットして取り付け、さらにキッチンの換気扇用のフィルターを被せてます。
排気のパワーは落ちますが、臭いがほとんどしない塗料を使っているのでペインティングブースは有機溶剤の臭いがする空気を外に出すというより、ミストを部屋中にまき散らさないのが役割。
ミストは途中のフィルターに吸着させて屋外へは極力排出しないことが目的です。

d0000101_20284586.jpg


ハンドピースはいくつかありますが、最近はクレオスのWAプラチナ0.3mmで通してます。
細い線を吹く時は0.2mmを使った方が良いかもしれませんが、ノズルが詰まるので最近は出番が無いです。

d0000101_20343398.jpg


コンプレッサーは同じくクレオスのL5です。音が静かで長時間稼働できるので、今のところ5センチ程度のミノーばかりを塗っているのでこれで十分。
振動も下の階に響くほどではないですが、念のためエアパッキンを敷いてます。
レシプロ式も一応は持ってますが、もはやただの飾りになってます(笑)

d0000101_20431898.jpg


塗料はずっとクレオスの水性アクリル塗料「アクリジョン」を使っています。
有機溶剤の臭いがしないので、マンションのような集合住宅での塗装にはもってこいですが、健康上でも水性塗料の使用はオススメだと思います。
ちなみに最近、セルロースセメントもフェザーのトルエンレスにしました。
体を壊して釣りに行けなくなったら本末転倒なので・・・

d0000101_20591164.jpg


塗料が乾く前は水で洗えるので、ハンドピースの洗浄はバケツに汲んだ水の中に浸けてブクブクとやっちゃってます。これは水性塗料ならでは。
洗浄液は水道の蛇口から大量に出てきます(笑)
ノズル周りは塗料が乾きやすく、よく詰まるのでツールクリーナーと筆でこまめに固まった塗料を落としてやるのがコツですね。
時々、ノズル部分を分解して洗浄してやる必要もあります。

こんな感じの環境・道具でいつも塗装しています。
これからハンドメイドを始めようと思っているけれど、僕と同じようにマンション・アパート暮らしで塗装環境に悩んでいるという方にとって、少しでも参考になればと思います。

# by pioneerfield | 2017-02-19 21:15 | ST WORKS | Trackback | Comments(6)
2017年 02月 06日

やり残したこと。

d0000101_22315899.jpg


ネットは去年編んだばかりだから、
今年はフレームをピカピカにしてやろうと思っていたけれど、
結局できなかったなー。

このランディングネットは三年前に作ったものだけれど、
形もグリップの花梨瘤の模様の出方もフレーム材も気に入っている。

可能な限り永く使っていきたいけれど、
転んだりしたときに運悪くフレームが折れるかもしれないし、川に流されてしまう可能性もある。
そんな時のためにもう一個作ってもいいかもしれない。

次のオフシーズンはまたじっくり作ってみるかな。

# by pioneerfield | 2017-02-06 22:31 | ST WORKS | Trackback | Comments(6)
2017年 01月 28日

バタバタと。

今週末は潮が良いのでウェーディングでシーバス狙い。
追い風で水面もさざ波立っており、流れの押しも良くていかにも釣れそうな雰囲気。

が、シーバスの反応は皆無。
代わりと言ってはなんだけど、時折コイツの反応はある。

d0000101_11395856.jpg


12センチミノーにアタックしてくるのが偉い。
これはメバル狙いの方が楽しいかもしれないな。
潮止まりまで釣ってメバル3匹で終了。海の釣りは帰宅が楽でいい。

明けて土曜日は、頼んでいた物が入荷したと連絡を頂いていたので、熊谷のオオツカへ。

d0000101_11532745.jpg


どうせなら行く途中でミノーのスイムチェックをしようと思い、各サイズまとめて泳がせてみる。
まっすぐ泳ぐかどうかはチェックできたけれど、やっっぱり実際に渓流での釣りに使ってみないと何とも言えないな。
止水での泳ぎが良くても、実際の渓流での使い勝手が良くないと意味が無いので、早く使ってみたい。
昼過ぎにオオツカに到着し、スタッフの内藤さんと話をしていたらあっという間に1時間以上経ってしまった・・・
渓流の話をしているとさらに解禁が楽しみになってきた!

帰りは道路が空いていたので、夕方前には帰宅。
晩ご飯のカレーを作って食べてからは、再度海へ。今回は最初からメバル狙い。

d0000101_127021.jpg


久しぶりにオーシャンセンシティブを曲げたくなったので、プラッギングで。
やっぱりこの曲がりはやめられない。手放せないロッドの一つだ。

なんかバタバタしていたけど、なかなか楽しめた週末だった。

# by pioneerfield | 2017-01-28 23:48 | travel sketch | Trackback | Comments(6)
2017年 01月 08日

初物

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。

正月休み中は結局釣りに行けなかったので、連休の初日の夜にちょろっと行ってきました。
潮止まりまでの短時間でメバルが何匹か釣れればいいかな〜、と思っていたけれど、意外に釣れず。
何か所か移動した後に入った漁港のスロープでようやく釣れた今年の一尾目は・・・

d0000101_738159.jpg


本命外のカサゴでした。
この後ちゃんとメバルも釣って納竿。
今年は外道がたくさん釣れる年になりそうですな・・・

2月中までは海の釣りとハンドメイドに勤しみ、3月からはまた渓流というサイクルですが、
今年もよろしくお願いします。

# by pioneerfield | 2017-01-08 07:31 | travel sketch | Trackback | Comments(6)
2016年 12月 18日

再開

2週間前。

芝川へ行った帰りに寄った釣具店の中古コーナーで発見した1本のロッド。
その時は若干目に留まったぐらいだったけれど、日が経つごとに次第に気になり始め、
昔のカタログを引っ張り出してきてスペックや開発コメントを確認。
次の週末には再度わざわざ遠くの釣具店まで購入しに走る始末。

d0000101_22433362.jpg


こうして手に入れたのがufmウエダの名竿CPS902EX-Ti。
CPS EX-Tiシリーズの中で開発の中心になったモデルで、ディープウェーディングに最適なレングス。
このロッドを曲げたいという、ただそれだけのために、数年ぶりにウェーディングでシーバスを狙ってみよう。

d0000101_2249529.jpg


使うルアーは勿論レッドヘッドオンリー。
カラーローテーションはレッドヘッドパール、レッドヘッドホロ、レッドヘッドクリヤーの3色(笑)。
どうせなら遊び心を入れたこだわりを持った方が断然楽しい。

週末が待ち遠しく、金曜は仕事から帰宅後、すぐに出発して昔通っていた地元のポイントへ。
3時間ぐらいやってみたけれど、この日はノーバイト。
単独釣行だし、波が高いと結構危険な場所なので、次の日は別の場所に入ってみよう。

土曜の夜は9時前に家を出発して10時前にはポイントに入る。
渓流へ行くよりも近くて断然楽だ。
腰まで浸かってテリフを投げ続ける。
沖に斜めに潮目が入っているのが見えた次の1投。遂に待望のバイトが。

d0000101_22592360.jpg


久しぶりなのでランディングに手こずったけれど、なんとかキャッチ。
サイズは60センチぐらいだったけれど、思い通りにルアーをトレースして手にした一尾は嬉しい。

その後、再度潮目が入ったタイミングでもう一尾掛けるも側まで寄せてくる途中にフックオフ。
さっきよりもサイズが良さそうだったので残念。
潮止まりまで釣って、寒くなってきたので帰宅することにした。

久しぶりのディープウェーディングだったけれど、やっぱりこの釣りも楽しい!
渓流が解禁するまではおかげで退屈しなさそうだ。


TACKLE
Rod:プラッギングスペシャルボロンCPS-902EX-Ti
Reel:セルテート2510PE-H
Line:G-soul Upgrade PE X8 1号、ナイロンリーダー22lbs
Lure:テリフDC-12 TYPE1

# by pioneerfield | 2016-12-18 01:34 | travel sketch | Trackback | Comments(0)