2013年 09月 28日

北の秋ヤマメに憶う(1)

d0000101_21534582.jpg


d0000101_23164553.jpg


d0000101_21542921.jpg


先週よりも水嵩は増していた。
前回の釣りが終わってから次の日に台風がやってきて、駆け足で去っていった。

遅い夏の休暇を取った僕は、車中泊をしながら数日間を岩手の川で過ごすことにしていた。
先週に満足のいく秋ヤマメを手にしていたので気分には余裕があった。

増水はしているが、濁りは入っていない。コンディションとしてはかなり良いだろう。
過去の経験で、こういう時に良型のヤマメが動きそうな大場所の前後の細かい場所を探っていく。

d0000101_2283838.jpg


橋脚に流れが当たって出来たヨレにダウンでミノーを送り込むと、ロッドが絞り込まれた。
落ち着いてランディングすると、そこそこサイズの良いヤマメだった。尺にはわずかに満たない泣き尺。
朝日を浴びて写真の色合いもよく出ている。

これだけコンディションが良いのだから泣き尺だけでは無いだろう。
そう思って時間を掛けて大淵の下流側を丁寧に探っていくが、反応は無い。
一気に場所を移動しようかとも思ったけれど、大淵の上流側が気になる。

葦を掻き分けて丁度淵の上の瀬をダウンで流せる場所に出た。
ミノーを山夷50SⅡにチェンジして、ダウンクロスにキャストし、細かいトゥイッチを入れる。
流芯を切った時、ロッドに重みが伝わった。

d0000101_22192415.jpg


d0000101_22194523.jpg


ネットに収まったのは32センチの雌。
パーマークが残って、婚姻色がわずかに出ている。雄の秋ヤマメとは違って優しい表情だ。

d0000101_2223944.jpg


旅の初日から尺ヤマメに恵まれたので、落ち着いてこれからの日程を楽しめそうだ。
水田の稲は黄金色に染まって、訪れるには一番良い季節かもしれない。
気温も過ごしやすく、こんな中で釣りが出来るのは贅沢であるとも言える。
夕方までに20センチほどのヤマメを数匹釣って、いつも車中泊する道の駅へと向かった。

d0000101_22274953.jpg


次の日も水は高かった。この日も基本的に本流の流れを釣り下る。
9月も終わりに近づいているので、8寸ぐらいのヤマメも婚姻色が出ている。

この日も前回入っていない区間に入ってみる。
両岸を葦に囲まれた一本瀬。上流から山夷で対岸の葦際を打っていく。
下流に進むに従い、流れがやや緩くなってきた。頭の大きな蛇が対岸へ泳いで渡っていくのが見えた。
蛇が渡った地点より少し下流ににミノーをキャストし、流れを切らせると、ズシッとティップが入った。

d0000101_22385596.jpg


d0000101_22392716.jpg


サイズは前日と同じ32センチだが、砲弾のような魚体に緑がかった色。雌だが格好の良いヤマメだ。

昨日、今日と天気が良いので写真も満足のいく写真が撮れる。
魚を弱らせないように気を使いながら、何枚もシャッターを切る。
使い慣れてきたカメラと、新しい単焦点レンズが気に入ってきた。

d0000101_22483410.jpg


先週からこの川を釣り歩いているので、そろそろ本流のこの辺りで入れる区間はほぼ釣りをした。
そこで、一旦支流へと分け入ってみることにした。川幅はさらに狭くなり、葦も密集している。

上流に堰堤を控えた場所。流れが緩い直線の瀬をアップストリームにミノーをキャストし、着水させる。
細かいトゥイッチを加えてくると、尾鰭がオレンジ色掛かった魚が追ってくるのが見えた。
自分の立ち位置の手前で反転してしまったが、良さそうなサイズだった。
一度手前まで追った魚は再び追うことは少ない。
期待はできないが、再度同じ場所にミノーを落とし、トゥイッチを入れながらリトリーブしてくると、再び追って、バイトした。

d0000101_22592773.jpg


d0000101_22594639.jpg


d0000101_230727.jpg


目標とする赤い秋ヤマメでは無いけれど、婚姻色が浮き出てパーマークが残った尺上。
強靭な歯と厳つい表情、力強く広げられた胸鰭が素晴らしい33センチの雄。
やはり秋のヤマメには、見る者を感動させる風貌がある。

記憶に残る良い魚に出会えた。
あとの日程はこれまでに行ったことのない川を巡ることにしよう。

by pioneerfield | 2013-09-28 23:51 | ST Expedition | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://streamtrav.exblog.jp/tb/19782773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 北の秋ヤマメに憶う(2)      UWG >>