2005年 08月 17日 ( 1 )


2005年 08月 17日

苦戦強いられる日

 今回は時期が時期だけに結構釣り人が多いんだろうなー、と考えていたが、やはり本流も支流もいつもより多かった。お盆休みに叩かれまくりであろうフィールドだけに今回ばかりは正攻法は使えそうに無いので、ルアーしか攻められない上に、皆が見落としそうなポイントを撃っていくことにした。ということで朝の本流攻めも、いわゆる一級ポイントは外して小規模な段々瀬を撃っていくと、案の定すぐにヤマメがヒットした。サイズは25センチほどだが、パターンを知る上では貴重な一匹。その後同様のポイントでチェイスが多く見られるが、良型のバラシと20センチほどを一尾追加したところで陽も高くなってきたので支流に移動することとなった。
d0000101_1147182.jpg 人気のある支流だけあって今日は車が多い。こういう時はひたすら上流に登って誰も攻めないような細い流れを撃つ。支流の更に支流に分け入ってみると、水量はほとんど無いに等しいのだが、ちょっとした深い落ち込み下にはちゃんとヤマメがついている。サイズは20センチに満たないものばかりだが、れっきとしたワイルドフィッシュだ。なんだかんだで一番良いトレースコースに一発で決めないとなかなかヒットには持ちこめないので釣り人側にも良い刺激になっているのは確かだ。遡行できるところまで上がってから次へ移動。
 今回もI君と一緒の釣行だったため、夕方からは細い支流をポジションを交代しながら釣っていくことになったが、この支流でもいわゆるあからさまなポイントよりも、見落としそうな小スポットでの反応が良かった。何回かバラしたが、ここでレインボーとヤマメを一匹ずつ釣って終わることにした。今回はそんなに釣れたわけではないが、朝の本流で得られた手がかりは大きい。首都圏から近い人気河川だけに、他の釣り人の攻めない筋を攻めていくのも必要なのだと感じた一日だった。

d0000101_1213599.jpgTackle
(本流)
Rod:サーフェイストゥイッチャーボロンSTS-68Si
Reel:セルテート2500
Line:リバージR-18NL 5lbs
Lure:バフェットS55
(支流)
Rod:スーパースティンガーボロンSSS-60Si
Reel:セルテート2004(RCS)
Line:リバージR-18NL 4lbs
Lure:ツインクルTWS45

by pioneerfield | 2005-08-17 23:09 | travel sketch | Trackback | Comments(0)