2017年 07月 08日 ( 1 )


2017年 07月 08日

夏、ヤマメ渓へ。

前回に引き続いて「鱒の詩」のkouさんとの釣り。
今回はkouさんのホームリバーを案内していただくことに。

この川は昨年も訪れたことがあるけれど、その時はあまり状況が宜しくなかったようで、朝一だけ釣って別の川へ移動してしまった。
そこで今回はじっくりと釣り上がってみることに。

イワナ、ヤマメのチェイスもところどころで見られ、明らかに前回とは魚影の濃さが違う。
が、kouさん曰く「今日はいつもよりも魚の追いが少ない」とのこと。
普段僕が通う川に比べれば素直な場所から魚が出てくるし、この状況でも満足なんですが・・・
しばらく釣り上がって小型のヤマメ、イワナと遊んでもらい、いよいよこの川の核心部というところで良型のチェイス。


d0000101_14092856.jpg

d0000101_14192233.jpg

9寸ないぐらいのヤマメだった。
これぐらいのヤマメを釣ったのは久しぶり。尺はなくても綺麗な魚は嬉しい。


d0000101_14120122.jpg

その後も同サイズ。
前回の群馬の釣行の時は良いヤマメには恵まれなかったので、ようやく「釣ったな〜」という感じ。
幅広のいいヤマメだ。このぐらいの魚が毎回コンスタントに釣れるというのだから羨ましい限り。


d0000101_14170536.jpg

一度川から上がって、上流域に入ってみる。
朝の場所とは違って開けた渓相。10時を回ると河原は既に陽が照っている。


d0000101_14200409.jpg

d0000101_14204880.jpg

「陽が当たっているところは魚が付きそうにないですね〜」と言いながら、シェード攻め。
ブッシュの際にミノーを落とし、魚を引き出していくテクニカルな釣り。
大抵の場所には魚が入っていて、ここも魚影が濃い。


d0000101_14232557.jpg

こういう釣りは個人的には大好きだ。が、技術が追いついておらずブッシュによくミノーを引っ掛けてポイントを潰してしまう。
難しい!けど楽しい〜


d0000101_14260777.jpg

ヤマメとイワナが半々といったところ。
ここのヤマメは側線に赤かオレンジが入っている魚が多く、どれも綺麗な魚ばかり。


d0000101_14291006.jpg

「ここは間違いなく魚が付いているでしょ」というポイントを攻めていたkouさんがキャッチしたのは尺イワナ。
前回の40センチオーバーのヤマメといい、いつも素晴らしい魚を引き出してくるのはさすが!


d0000101_14314804.jpg

僕の方は尺はないけれど、またも良いヤマメを釣らせてもらった。
昼から午後に掛けて釣り上がった流程は、いい川、いい魚ばかりで楽しかった!

夕方に入った沢でも最初はヤマメが高反応だったけれど、次第に魚の反応が薄れていき、切りの良いところでストップフィッシング。
素晴らしい川を案内していただき、楽しい釣りをさせて貰ったkouさんにはとても感謝しています。ありがとうございました!

釣りの後は前回と同じく食堂で夕食を食べながらルアー談義。
ホント、話が尽きなくて帰る時間を見失いそうだったけれど、切りをつけて帰宅。
kouさん、お疲れ様でした!またよろしくお願いします。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510ULX
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパートラウトアドバンストゥイッチマスター5lbs.
Lure:YM-1 50S、50HS、ベンケイ重技、N55S、蝦夷スプーン3.5g




by pioneerfield | 2017-07-08 23:00 | travel sketch | Trackback | Comments(2)