2017年 05月 24日

ヤマメらしさ

d0000101_22344574.jpg

先週末は休日出勤により釣りには行けず・・・

代わりに作りかけのミノーが進み、3つ完成。
スローペースだけどシーズン中も作り続けてます。

ヤマメらしさを目指して顔のアルミの形やカラーリングやアイのデザインを色々試してますが、
釣りに行ける時期に作ると生きた魚を観察できるから良いですね。
と言っても釣ってるのはアマゴばっかりですが(笑)

セルロースセメントは結局、強度上の問題でトルエンレスはやめました。
今使っているセルロースはZANMAIのオリジナルセルロース。
粘度は高めですが強度、仕上がりの綺麗さ、色止めの成功率でこれまで使った中では最高です。
サラサラのセルロースよりもディッピングの回数が少なくて済むので、
1日2回ぐらいしかディッピングができない僕のようなアマチュアビルダーには短期間で作れるというメリット。
しばらくはこれで作り続けようと思います。



# by pioneerfield | 2017-05-24 22:57 | ST WORKS | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 13日

本流ラスト

狩野川本流は5月19日までで禁漁となるので、今週末がラスト。
およそ3週間ぶりだったが、河岸の葦も随分伸びて、下流のポイントは入りづらくなってしまった。

おまけに水も少なくなっているようだったので、朝一に前回の実績があるポイントをチェックした後は中流へ移動。
流速がある流れを釣り下っていくと、すぐにバイトがあった。


d0000101_19304129.jpg

サイズは9寸超え。幅広の本流アマゴ。


d0000101_19305111.jpg

他にもいくつかポイントを回ってみたけれど、7寸ほどのアマゴがヒットしたのみで午前中は終了。
眠かったので車の中で休憩していて、起きたら川は既に濁りが入り始めていた。
目標とする尺越えではなかったけれど、まあ一尾釣ったから今日は撤収しよう。

狩野川本流は今年も厳しかったけれど、シーズン初期から通って何とか尺越えを一尾釣ったので、自分としては満足。
今年は狩野川は十分通ったから、次のステージ移行ですね。



Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC600ULX
Reel:セルテート2004C
Line:G-Soul X8 0.6号、フロロリーダー1.5号
Lure:山夷68SⅡ


# by pioneerfield | 2017-05-13 23:20 | travel sketch | Trackback | Comments(8)
2017年 05月 06日

甲斐旅

d0000101_20240999.jpg


新緑の季節。
2月に購入したものの、まだ一度も使用していない山梨県の県内共通遊魚証を活用すべく山梨へ。

山梨といえば超がつくほど人気河川の桂川が有名だけど、近年僕が通っているのは富士川水系のアマゴ河川。
桂に比べれば釣り人も少なく、自分の足で開拓してくのが楽しいのだ。
今回は、これまで入ったことがない本流の区間と、通い慣れた支流を釣って来た。

本流ではなかなかの良型がヒットしたけれど、手前まで寄せてバラシ。
フッキングが甘かったのかな〜


d0000101_20241959.jpg

その後支流でようやくアマゴ。
使っているミノーもアマゴカラーのダブルアマゴ(笑)


d0000101_20242862.jpg

この支流は上流まで上がるとイワナも混じるようで、久しぶりにイワナを釣った。
今年は解禁してから狩野川ばっかり通っていたから、初イワナだな。


d0000101_20243915.jpg

翌日も朝から快晴。
この日入った本流は釣りをしているだけで清々しい。
ニジマスらしきバイトが2回と、イワナっぽいチェイスが1回あっただけだったけど、また来てみよう。
この辺りは周りを見渡すと、富士山、八ヶ岳、鳳凰三山と甲斐駒ヶ岳、少し山の方に入れば奥秩父の金峰山と瑞牆山が見渡せる。
久しぶりに山にも登りたくなってくる。


d0000101_20244902.jpg

昼過ぎから夕方に掛けては支流へ。
夕方に入った川はそういえば去年の夏に釣友を案内したんだった。
その時は濁りが入ってしまい、魚は出てこなかったけれど、今回は適度に釣れた。
魚は速い瀬に入っていたみたいだったけれど、ここでもバラシ多数。
どうもフッキングが上手くいっていないようだ。明日の課題が見えて来た。

次の日の予定は、朝方ちょろっと本流に探りを入れた後、支流を一本釣ってから道路が渋滞する前に帰宅予定。
初日に魚が入っていた本流のポイントは不発だったけれど、その後に入った支流のボサ川は高反応。


d0000101_20245717.jpg

サイズは8寸ぐらいが最大だったけれど、アマゴが瀬に入っていてミノーを積極的に追ってくる。
課題だったフッキングもかなり強めに入れるようにしたら、キャッチ率も上がった。


d0000101_20392204.jpg

こんな感じのボサ川だけど、まだ葦が生え揃っていないので盛夏よりはまだ釣りがしやすい。
けど、枯れ葦も多いのでキャスティングの技術向上にはもってこい。


d0000101_20251403.jpg

アマゴのサイズは20センチクラスが中心だけど、幅広の良い魚も。
結局、結構な時間を掛けて一区間釣り上がって、数もそこそこ釣った。


d0000101_20252395.jpg

良型はキャッチできなかったけれど、キャストからミノーの流し方、フッキングからランディングに至るまで自分の中で満足のいく釣りだった。
こういったボサ川のような攻め方が難しい川で釣りをしていると、自分の技術がまだまだなのがよく分かってくるけれど、
毎回毎回、気づかないうちに少しずつでも上達していっているのかもしれない。

いろいろ巡って良い景色、良い魚にも出会えたし、有意義な甲斐旅だった。


Tackle
(支流)
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510ULX
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパートラウトアドバンスブッシュトレイル4lbs.、トゥイッチマスター5lbs.
Lure:YM-1 50S、YM-1 50HS、スカリ50ディープ
(本流)
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC560ULX
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパートラウトアドバンスブッシュトレイル4lbs.、トゥイッチマスター5lbs.



# by pioneerfield | 2017-05-06 23:22 | travel sketch | Trackback | Comments(8)
2017年 04月 29日

5mm

d0000101_00114539.jpg


今回は20年来の釣友、センセイと久しぶりの利根川へ。
バスフィッシングも年に1、2回程度しか行かなくなったけれど、昔からの仲間や新しく知り合った人たちとワイワイやりながらも真面目に釣るのが楽しい。

時期的に数もサイズも期待できそうだったけれど、思わぬ一尾が。
昔、あれだけ通って手にできなかった50オーバー。
とうとうやったか⁈
そう思ったが、惜しくもあと5mm足りなかった…
しかし仲間内での利根川レコードには変わりない。

数もそれなりに釣れたので楽しかった!
ニュータックルも揃えたくなってしまった。
今年は渓流の合間に何回か行こうかな〜


# by pioneerfield | 2017-04-29 23:53 | travel sketch | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 22日

高水位の好機

出発が遅れて川に着いた頃には朝マズメを過ぎていた。
先週と水位は変わっておらず、濁りもまだ入っている。
変わっていないというよりも、週の半ばに降った雨で落ちかけた水位がまた戻ったと言った方が正しいが、
解禁当初から渇水が続いていたのでコンディションとしては上向きではある。

先週入ったポイントからは魚の反応は得られなかったが、今回も下流域からスタート。
最初のポイントでは反応がなく、次に入った場所は先週は入らなかった場所。
早瀬が続く広い場所だが、濁りも入っているのでミノーは大きめでアピール重視の山夷68SⅡをセットした。
対岸にまばらに見える岩の際に着水させてミノーをドリフトさせ、ターンしたところで唐突にバイトが来た。

ローリングする魚をいなしながら、寄せてネットで掬い取る。


d0000101_20031886.jpg

尺越えの本流アマゴだ・・・


d0000101_20033196.jpg


雌だったけれど、顔つきも良く、体高もある。


d0000101_20041273.jpg

久しぶりに狩野川で尺上を釣ったのが本当に嬉しい。
今年は自分のホームリバーである狩野川をもっと知らねばと考え、解禁から通っていたし、
数年前の大水以降、魚が少なくなったと言われる本流で何とか結果を出したかったのだ。


d0000101_20040338.jpg

ネットインの時に胸鰭が傷ついてしまったのが申し訳ないけれど、釣れてくれたことに感謝し、リリース。
無事に元の流れに帰っていった。

その後も周辺のポイントを探ってみる。
少し上流で先程釣った場所と同じぐらいの流速のポイントでバイトがあったけれど、魚が2、3度ローリングした後にフックオフ。
サイズもそこそこ良さそうだったので残念。

今日は朝の一尾で満足してしまったけれど、まだ本流を数カ所歩いてみる。


d0000101_20042359.jpg

河川敷には時々イタチがいたりタヌキがいたりと今年は特に野生生物を見るけれど、今回は鹿。
伊豆では近年増えているらしく、駆除対象にもなっているとのこと。


d0000101_20044014.jpg

昼過ぎからは支流を釣り上がり。
ここも水が高いので魚は元気にミノーを追ってくる。


d0000101_20045710.jpg

こんな渓相で、濁りは入っていない。
魚のサイズは20センチ以下が多いけれど、数は多いようだ。
こういう支流で育った魚が落ちて来て本流も魚が増えていくと良いのだが・・・


d0000101_20050552.jpg

出来たばかりの自作ミノーで夕方まで遊ばせてもらった。
数もそこそこキャッチできたので夕マズメまで充実していた一日。
解禁から厳しい釣果が続いていたけれど、今回はようやく満足できる釣りだった!


Tackle
(支流)
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510ULX
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパートラウトアドバンスブッシュトレイル4lbs.
Lure:YM-1 50S、YM-1 50HS
(本流)
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC600ULX
Reel:セルテート2004C
Line:G-Soul X8 0.8号、フロロリーダー1.5号
Lure:山夷68SⅡ



# by pioneerfield | 2017-04-22 23:58 | travel sketch | Trackback | Comments(6)