カテゴリ:Tips( 8 )


2014年 10月 29日

やっぱり最終的には

d0000101_23101687.jpg


ナイロンに戻しました(笑)

今シーズンは途中からPEを使っていた。
けれど、岩手遠征の際にフェザーリングが難しくてキャストがいまいち決まらなかった。
その上、良型をことごとくバラしていたので、途中からナイロンに変えて
ロッドも1ランク強いULXにしたら、ようやく後半からはリズムを取り戻せた。

渓流のアップストリームの釣りにPEが向いていない、というわけではない。
ただ、今の僕の技術レベルではPEを扱えきれていないだけ。
PEの「伸びない」という特性は大きなメリットだけど、
釣り人の側がそれに対応していけなければ、そのメリットを最大限に生かせないばかりか、
むしろその反面のデメリットばかりが目立ってしまう。

その点、やっぱりナイロンは安心感がある。
釣り人の側が多少、反応が遅くなってもそれを吸収してくれるのがナイロンの良いところ。

中には「PEじゃなきゃ獲れない魚」というのもいるんだろうけど、
そういう魚は僕にはまだ釣れませんな・・・。

以上、アップの釣りは来シーズンはナイロンを使おうと思います。
本流はまだ思案中だけど、今年もまた本流でPEを使って結構バラしたからな〜

ラインについては毎回、悩みの種ですね(笑)

by pioneerfield | 2014-10-29 23:44 | Tips | Trackback | Comments(6)
2014年 10月 20日

キャスティング技術を磨く

渓流の釣りの中で最も重要なことの一つは、やはりキャスティングの技術。

去年あたりから、もっと正確に、静かにピンスポットに落とすことを目指して
色々とキャストのフォームを試してみているけれど、なかなか上達せず・・・
まあ、エキスパートでもないのにエキスパートカスタムを使っている以上は、
宝の持ち腐れにならないように、来年以降も現場で特訓あるのみなのですが。

来年になったら忘れてしまいそうなので、覚えているうちにキャスティングの際に気をつけるべきことを書き残しておこうと思います。
例によって単なる自分のための備忘録ですので、まったく参考にはならないと思います(笑)


サイドハンドキャスト

・手首が重心から離れると方向がブレる。脇を締めて肘を体に付け、手首を重心に近づけると安定する。
・テイクバックはあまり素早く行うとリリースポイントがシビアになる。十分にルアーの重みを十分に溜めてティップ部分だけで弾き出すイメージ。
・特にショートキャストの際にはロッドティップは水面に近づける。


バックハンドキャスト

・リールの向きに注意。
・上体を傾けるぐらいの方がティップを水面に近づけられる。
・テイクバックは右肩に近づける方がキャスト方向が安定する。

以上、現時点での気をつけるべきポイント。
なんか、来年になったら「間違ってた!」ということになりそうですが・・・

by pioneerfield | 2014-10-20 22:05 | Tips | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 19日

PE for Up Stream

d0000101_21523210.jpg


以前、カスタムの510ULXを使い始めた時にアップストリームの釣りでもPEを使っていたけれど、
キャストの際にリリースのタイミングが難しいのと、フェザーリングがしにくく、さらにバレが多発したということもあってナイロンに転向することにした。
数年間ナイロンを使ってきたけれど、今年は本流でもPEを再使用し始めたことだし、
一度アップの釣りでも試しにPEを使ってみるか〜、と思い立ち前回の釣りで使ってみることに。

まずは510ULXと組み合わせて使ってみたが・・・
やはりリリースのタイミングとフェザーリングの点においてナイロンの方が勝っている気がする。
その上、ラインスラックを上手く出せず、リトリーブが速くなってしまいがちだった。
やはり難しいなー!PEは。という印象だったが、今回は510ULも持ってきているので今度はULで使ってみることに。

これがなかなか良かった。ラインが伸びないからロッドの反発力を最大限に生かせるので
ULでナイロンを使っている時に感じた飛距離不足も解消できそう。
もともとULXよりもキャストのタイミングが掴みやすいから、PEを使っていてもキャスト時のコントロール性能が良い。
ULはULXと比較してバットの硬さはほぼ同じでベリーとティップが柔らかいという感じなので、
PEでもスラックを作りやすく、トゥイッチのコントロールがしやすい感じだった。
フッキングもしっかり決まる感じがして、さらにティップからベリーが曲がってくれるので魚とのやり取りの安心感もあった。

僕の場合はまだULXでPEを使えるほど上手ではないので、ULとの組み合わせが今のところ良さそうですね。
今年のアップストリームの釣りはこのセッティングでいってみようかね。

by pioneerfield | 2014-05-19 22:24 | Tips | Trackback | Comments(2)
2012年 04月 22日

狩野川本流タックル

d0000101_20231432.jpg


狩野川本流のタックルが固まってきた。

PEライン+ロングリーダーの組み合わせは思いのほか良く、バラシが減った気がする。

d0000101_202896.jpg


もともとEXC600ULXはベリーまでが強くてティップがかなり柔らかいので
10g程度のルアーのちゃんと投げれるし、アマゴの薄いバイトも弾く感じがしない。

頑張れば何とか対岸を撃てるから、これはこれで全く文句はないのだけれど、
川幅が広い場所ではやはり長さがあった方がいい。
欲を言えばほんの気持ちティップを硬くしてそのままの調子で7フィート台を作って欲しいな。

by pioneerfield | 2012-04-22 20:47 | Tips | Trackback | Comments(4)
2012年 04月 19日

ヘビーシンキングミノーを使う

d0000101_09139.jpg


最近、ほぼこの二つしか投げてない・・・・

アレキサンドラ50HWは狩野川の本流域だけでなく、支流でもよく使う反面、
リッジフラット50Sはほぼ本流で投げ倒しているぐらいの使用頻度だ。

僕はヘビーシンキングミノーをよく使う。

別にヘビーシンキングミノー自体が持っているアクションが優れているから
釣れるというわけではなくて、単純な理由。
飛距離が出せるのと、上波を突き破れるウェイトがあるから。

魚が多い場所で釣りをするのが第一
魚が居るポイントまでルアーを投げられるのが第二、
魚が反応するレンジを通せるのが第三、
ルアーのサイズ、アクションとかカラーはその次の要素だと思う。

・・・なんかすごく当たり前のことを書いてしまったな。

魚がいるポイントまで届かないルアーよりも届くルアー、
魚が反応するレンジを泳がせられないルアーよりも泳がせられるルアー
として狩野川の本流ではヘビーシンキングをよく使うのだけど、
上のことがこなせる場所なら別にヘビーシンキングでなくてもいい。

結局、ルアーの種類云々よりももっと先に考えなければならないことはたくさんあるよなー。

当たり前のことだけど、当たり前のことを出来ているか?と言われれば僕は完璧には出来ていない。

が、分かっているか?と言われれば、理解はしている。

当たり前のことを当たり前にできるようになれるように
もっと基本に忠実にならないといけないよなー、と思う。

by pioneerfield | 2012-04-19 23:05 | Tips | Trackback | Comments(2)
2012年 04月 11日

本流アマゴは動くのか?

本流で釣ったアマゴの写真を整理していてふと気づいた。

まずは下の2枚の写真をご覧いただきたいと思います。

d0000101_1101099.jpg


d0000101_1103229.jpg


パーマークの形を見てみるとおそらくは同じ魚だ。

けれど、釣った日が違うのだ。

上の写真は3月20日に釣ったアマゴ。サイズは9寸ぐらい。

下の写真は4月7日に釣ったアマゴ。サイズは9寸を少し超えるぐらい。

ちなみに4月7日に釣ったポイントは3月20日に釣った瀬のすぐ上の瀬。
100mほどしか離れていない。

その期間、例の春の嵐をはじめとして結構な雨が降って
川の水量も増減したことと思うが、このアマゴはほとんど動いていないということになる。

同じ魚を2回釣ったのはアマゴでは初めてだが
(イワナでは前に友人が釣った魚を釣ったことがある)、
一度釣られた影響で動かなかったということもあるだろうから、
全てのアマゴが動いていないわけではないとは思う。

それにしてもこんなこともあるんだな〜。まだまだ謎が多いな。

by pioneerfield | 2012-04-11 01:23 | Tips | Trackback | Comments(2)
2012年 03月 23日

ロングリーダー

d0000101_23502432.jpg


前回と前々回の本流の釣りではPEを使ってみた。
去年と違うところはリーダーの長さを長めに取ってみたところだ。
長さは3ヒロ。ナイロンのティペット1.5号を使ってみた。
長めに取る理由はPEの伸びのなさをカバーしたかったからで、
少なくとも2回の釣行では、実際に短めにした時よりもバラシが減った気がする。

ナイロンとPEを比べてみると、やはりロングキャストが必須な本流域の釣りでは
ラインさばきのしやすいPEの方が個人的には好きだ。
ナイロンと比べるとバラシやすいけれど、ロングリーダーを使うことで少しでもPEの弱点をカバーできそうだ。

もちろん、状況によって使い分ければベストだろうけど、今のところ基本はこのセッティングかな〜

by pioneerfield | 2012-03-23 00:07 | Tips | Trackback | Comments(0)
2012年 03月 04日

ラインシステムを試してみる

d0000101_2343897.jpg


釣りの時に思いついたことや、試してみたことを覚えておける自信がないので、留め置くようにしようと思った。
後から見たらまったくもって的外れなことを言っていたりするに違いないけれど、
あくまで備忘録的なものなので、まあ・・・参考にしないでください。


あまりのバラシの多さに去年からアップの釣りでは再びナイロンを使うようになった。
今回は本流の釣りでもナイロンを使ってみたけれど、やはり魚を掛けた後の安心感がいい。
ニジマスやイワナはどうか分からないけれど、ヤマメ、アマゴを確実にキャッチするならナイロンだと思った。

が、ナイロンはよく切れる。結び方が悪いのかもしれないけど、
岩をこするような渓流の釣りでは結び目付近が凄い早さで傷ついて劣化していく。
VEPがいかに耐摩耗性に優れているとはいえ、所詮はナイロン。

なので今回はフロロの1.25号をリーダーとしてつけてみた。

結束:サージェンスノット。
長さ:600ULX 一ヒロ、510ULX 矢引+20センチぐらい

結び目が出来てしまうが、エキスパートカスタムはガイド径が大きいのでラインの抜けがいいし、
600ULXの方は工房MASAKIでKガイド仕様にしてもらったので特に問題なかった。

・結び目とその付近の強度が上がる
・色がクリアなので少なくともカラーのナイロン直結よりも魚にプレッシャーを与えないはず
・比重があるので着水後に馴染みやすい

とりあえずこんな効果が考えられる。
利根川とかの大河川になるとPEの方が良いのかもしれない。
次回はPEでナイロンリーダー3ヒロも試してみる予定。

by pioneerfield | 2012-03-04 03:09 | Tips | Trackback | Comments(0)