<   2005年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2005年 08月 17日

苦戦強いられる日

 今回は時期が時期だけに結構釣り人が多いんだろうなー、と考えていたが、やはり本流も支流もいつもより多かった。お盆休みに叩かれまくりであろうフィールドだけに今回ばかりは正攻法は使えそうに無いので、ルアーしか攻められない上に、皆が見落としそうなポイントを撃っていくことにした。ということで朝の本流攻めも、いわゆる一級ポイントは外して小規模な段々瀬を撃っていくと、案の定すぐにヤマメがヒットした。サイズは25センチほどだが、パターンを知る上では貴重な一匹。その後同様のポイントでチェイスが多く見られるが、良型のバラシと20センチほどを一尾追加したところで陽も高くなってきたので支流に移動することとなった。
d0000101_1147182.jpg 人気のある支流だけあって今日は車が多い。こういう時はひたすら上流に登って誰も攻めないような細い流れを撃つ。支流の更に支流に分け入ってみると、水量はほとんど無いに等しいのだが、ちょっとした深い落ち込み下にはちゃんとヤマメがついている。サイズは20センチに満たないものばかりだが、れっきとしたワイルドフィッシュだ。なんだかんだで一番良いトレースコースに一発で決めないとなかなかヒットには持ちこめないので釣り人側にも良い刺激になっているのは確かだ。遡行できるところまで上がってから次へ移動。
 今回もI君と一緒の釣行だったため、夕方からは細い支流をポジションを交代しながら釣っていくことになったが、この支流でもいわゆるあからさまなポイントよりも、見落としそうな小スポットでの反応が良かった。何回かバラしたが、ここでレインボーとヤマメを一匹ずつ釣って終わることにした。今回はそんなに釣れたわけではないが、朝の本流で得られた手がかりは大きい。首都圏から近い人気河川だけに、他の釣り人の攻めない筋を攻めていくのも必要なのだと感じた一日だった。

d0000101_1213599.jpgTackle
(本流)
Rod:サーフェイストゥイッチャーボロンSTS-68Si
Reel:セルテート2500
Line:リバージR-18NL 5lbs
Lure:バフェットS55
(支流)
Rod:スーパースティンガーボロンSSS-60Si
Reel:セルテート2004(RCS)
Line:リバージR-18NL 4lbs
Lure:ツインクルTWS45

by pioneerfield | 2005-08-17 23:09 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2005年 08月 12日

ショートブレイク

d0000101_20372660.jpg 今回は短時間の釣行。毎年この時期になると父と一宮に桃を買いに行くのだが、例年だったら134号線の渋滞に巻き込まれながら桃を買いに行くところを今年は早い時間に出て時間つぶしに釣りをしてはどうかというご提案が。とりあえず時間的に色々回れないので富士吉田の本流に入り、ちょっと流すと20センチほどのヤマメが釣れた。しかしどうも続かないので、小河川にレインボーを釣りに行くことにした。前にも書いたかもしれないが、ここのレインボーは珍しく自然繁殖しているようだ。20センチに満たないビカビカのレインボーが良くヒットする。ちょっと上ると流れ込みを発見。そしてヒット。30センチクラスでもワイルドレインボーのファイトは速く、強い。繊細なロッドで掛けると究極な曲がりを見せ、面白い。それにしてもこの川のレインボーは背中の黒点が大きくハッキリとしていて、まあ一言で言うと「カッコイイ」レインボーなのだ。
d0000101_20562050.jpg ここで今回の釣りは終了。一宮で桃を食べて帰宅。しようとしたが、途中で忍野八海を観光してきた。桂川の上流域のチョークストリームもなかなか雰囲気が良い。いずれ釣ってみるか。


d0000101_2102587.jpgTackle
Rod:スーパースティンガーボロンSSS-60Si
Reel:セルテート2004(RCS)
Line:リバージR-18NL 5lbs
Lure:ツインクルTWS45

by pioneerfield | 2005-08-12 21:02 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2005年 08月 11日

トラウトカスタムVer.2

d0000101_1359219.jpg この間一緒に釣りに行ったI君から「何すかそれ?」と問われたので一応解説しておくと、まずRCS2004スプールとRCS45mmマシンカットハンドルは以前と同じだが、ハンドルノブをラウンドウッドノブから普通のI型コルクノブに変更。やっぱりこっちの方がホールドしやすかった。ラウンドウッドノブは渋いが意外に滑るので使用中止。次に、というかスプールを買った時にW師から教えてもらったドラグワッシャーグリス拭き取りチューンを施して余分なグリスを落とした。買ったばっかりの時はグリスがかなり盛られていてドラグの回転が悪いらしい。次はセルテートユーザーなら良くやるチューン、スプールラチェット受けカラーをボールベアリングに変更。ドラグの回転性能が多少は上がるはず。今回、ボディカラーは無塗装のハイポリッシュシルバーだが、金属磨きクロスで磨いてやると意外に渋い仕上がりになった。多分メーカーにオーバーホールには出せないと思うが、まあいいか。あとはローターブレーキをキャンセル。別に無くてもいいんじゃないか?ということになった。いかにベールを速く戻すかがキモの釣りだし。結構ピーキーなセッティングになってるが不満は無いな、今のところは。

by pioneerfield | 2005-08-11 14:43 | ST WORKS | Trackback | Comments(0)
2005年 08月 01日

峪の山女魚

d0000101_21311750.jpg 蒸し暑さから開放されて冷たい沢水に浸かりながら釣りをするなんて、何と贅沢な夏の日の過ごし方なのだろうかと、昔,まだ渓流釣りを始めてもいない頃に考えたことがあったが、その頃は渓流でルアーでヤマメを釣るのなどということは限られたエキスパートのみに許された領域だと勝手に思っていた。そんなことを思い出しながら、曇ってはいたものの、暑い夏の午後を森に囲まれた支流の上流域で過ごすために車を走らせた。今回は伊豆河津川をホームグラウンドとしているI君と共の釣行であったため、先週入渓した地点から二手に分かれて釣り進む。暫くするとヤマメのチェイス。ここから先はヤマメが濃そうだ。相変わらず昼間だというのに薄暗く、ヒグラシの鳴く峪を歩いてゆくと、いかにもヤマメが好みそうなポイントが次々に現れてくる。大きな釜を越えた上流のヒラキで20センチを少し越えるサイズがバイトしてきた。d0000101_21511693.jpg
 実はこうしたショートスポットが続く支流の釣りは大好きだ。狙ったスポットにアップストリームでミノーをキャストし、狙ったラインを流し、トゥイッチで誘い、食わす。自分の持つ技術を最大限に引き出して挑む、技術が試される、とでも言ったら良いのだろうか。当然まだまだ初心者なのでたいそうな技術を持っているわけではないのだが・・・。d0000101_2233039.jpg
 峪川でシェードが濃く、水温も低いからであろうか、今日はヒラキに魚が出ているようだ。ただし、何度も追ってくるほど活性が高いわけではなく、最初のチェイスでバイトさせなければキャッチするのは難しそうだ。最初のキャストでできるだけ距離をとってポイントに撃ちこみ、長く誘いの時間を取ってみると、バイトに持ちこむことができた。それにしても、この川のヤマメは他の川に比べて色が白い。底石に白いものが多いためであろうか、パーマークがくっきりと目立つ魚体が特徴的だった。この地区はさかんに放流が行われているので、釣れる魚がネイティブではないというのは当然のことなのだが、ヒレもしっかりしている白いヤマメを見ていると、もしかしたら・・・と思えてくる。ヤマメの体色が生活環境によっどれほど変化するのかは知らないが、ある程度の期間、この川で過ごした個体なのだろう。この峪のヤマメと呼んでも良いのじゃないかね?d0000101_2228019.jpg
 結局午後一杯をこの川で過ごしてしまった。「もっと先に行けばもっと良い場所があるのじゃないか?」そういった気分にさせられるから飽きずに釣りつづけるのだろう。結構進んだと思っていても、後で地図でどのくらいの区間を登ったのかを確認すると意外に進んでいないのが分かるのだが。まあ次に来た時の楽しみがそれだけ多く残されているということか。

Tackle
Rod:スーパースティンガーボロンSSS-60Si
Reel:セルテート2004(RCS)
Line:リバージR-18NL 5lbs
Lure:ツインクルTWS45

 

by pioneerfield | 2005-08-01 21:30 | travel sketch | Trackback | Comments(0)