<   2005年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2005年 11月 18日

紅葉ストリーム

d0000101_23203486.jpg最近、ミノーのトゥイッチングに向いたロッドの特性とは何ぞや?などということを考えていたのだが、どうも頭の中で思考を張り巡らせているだけでは分からない。ここらで管理釣り場にでも行って実際にロッドを振ってからまた考えるか、ということになった。

さて、どこのエリアにしようかと考えていたところ、どうせ行くなら秋も真っ盛りなことだし、紅葉の中で釣りをしてみたいという結論に至った。多くの河川では、紅葉のシーズンには既に禁漁に入っている所が多く、紅葉の中で釣りをすることはできない。だが管釣りならそれが可能だ。その上、この時期の宮ヶ瀬の紅葉が素晴らしいという話を父から聞いたので、行き先は「リヴァスポット早戸」に決まった。

d0000101_2321114.jpg開園より少し遅れて到着すると、意外に寒い。が、既に車が何台か停まっており、釣り人の姿が見られた。さすが、県下で1,2を争うメジャーなエリアに来る人は気合が違う。手早く用意を済ませて、とりあえずミノーを結んだ。結構水温が低そうなので、早いトゥイッチだと厳しそうだと考えていたら案の定反応が薄い。しかし、ごくたまに反応が良い魚もいるので時々ポーズを加えながらトゥイッチしてくると、早速レインボーがヒットしてきた。30センチ代後半のそこそこのサイズだ。しかし、その後、ミノーを投げつづけたが、魚が全くと言って良いほど反応しない。結局スプーンを流れに乗せてボトム付近を転がし、レインボーをキャッチしたのみで他のルアーの反応は皆無だった。

ところが、日が差し始めると所々でライズが見られるようになってきた。特に、岩盤際などでは同じ所で何度もライズしている。これは、と思い、シャロークランクに付け替えて岩盤際に撃ちこむと、やはり出た。サイズは小さいが、これでようやく一つのパターンに辿りついた。レインボー、ブラウンを数匹キャッチしたところでルアーに出なくなってきた。どうやら虫がハッチしてきているようで、魚は虫の捕食モードに入っているらしい。

d0000101_23214558.jpg再度ミノーに変えて攻め始めるが、今回は攻め方を変えてみる。どうやら流れの中に定位している魚は活性が高いらしい。そこで、ディープダイビングミノーでボトム付近まで潜行させ、スローなトゥイッチをかけた後にドリフトさせる。この攻め方が功を奏したようで、30センチ代後半から40センチオーバーのレインボー、イワナ、ブラウンがヒットした。ミノーにヒットする魚は比較的サイズが良い。このメソッドは特にイワナ、ブラウン、ブルックなど、障害物に定位する魚に効果的なようだ。流水だけでなく、止水のエリアでも有効なようで、昨年の東山湖でも同じようなメソッドで、やはりブラウン、ブルックを数多くキャッチした。

d0000101_2322167.jpg一時は快調に釣果を伸ばした。ところが、だんだんと反応は鈍くなり、またしても釣れない時間が到来してしまった。釣れないと逆に釣りに熱中してしまうのだが、ふと辺りを見回すと、見事に紅葉した木々が山を染めていた。そういえば紅葉を見るもの目的だった。しばしロッドを置いて写真を撮った。

今回は水温の低下のせいか、たいした釣果は出せなかった。でもまあこういったロケーションの中で釣りができたことで良しとしようか。

Tackle
Rod:サーフェイストゥイッチャーボロンSTS-68Si
Reel:セルテート2004(RCS)
Line:リバージR-18NL 4lbs
Lure:ツインクルTWS45, TWSD45, レイピア2.3g, ヒッコリーSSR, エルフィン・シケイダ

by pioneerfield | 2005-11-18 21:55 | travel sketch | Trackback(1) | Comments(0)
2005年 11月 09日

ちょっと気になったので

d0000101_1911399.jpg福岡に行った時に「渋い!」と言って買ってきた小物、ランディングネットとネットリリーサーをつなぐベルトを、3月に作って1シーズン使った自作のランディングネットに取り付けてみたところ、オリーブグリーンのネットとどうもしっくりこない。なにぶん、やたらに細かいところが気になる性分なので、ネットを一から編み直すことにした。まあ元々今のネットの形状に満足がいっていなかったので、今回は編み方を変えて、より巨大な魚をすくい易いようにする。

で、前回使ったクレモナは全てオリーブグリーンに染めてしまったので、三崎にある漁具屋さんに買いに行った。さすが三崎、このようにクレモナと網針を扱っている店があるのが港町らしい。しかも何故か安い。竹製の網針なんてネットで1000円ぐらいの値がついていた気がしたが、なんとこの店では360円。まあ作りは多少悪いが使用には全く問題ない。支払いの時「領収書、書きますか?」と言われた。考えてみれば趣味でトラウト用のランディングネット作っている人がわざわざ三崎の漁具屋さんに買いに来るとは思えん。

さっそくクレモナを染色する。今回はオレンジ系統の色+グレーでくすんだオレンジを作ろうとしたが、若干グレーを入れすぎてブラウンに近くなってしまった。というか乾いた状態で部屋の中で見ると明らかにライトブラウン。しかし水にぬらした状態で外で見ると茶色に近いオレンジと、やけに中途半端な色になってしまった。しかしよく見るとなかなかどうして、渋い色になったのでとりあえずは成功というところか。

ネットを編む作業はひたすら単調作業だが、慣れてくればどうってことない。初めての編み方でも難なく完成することができた。枠に取りつけて見てみると、今度はリリーサーのベルトと色的にしっくりと来た。手編みのネットは買うと高いが、自作の術を知ってしまうと自分の好きな色、好きな形に作れるので楽しいものだ。

by pioneerfield | 2005-11-09 19:10 | ST WORKS | Trackback | Comments(1)