<   2006年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 26日

テクニカルゲーム

d0000101_1174969.jpg支流、特に川幅が2、3メートル、時には1メートルに満たない川では完璧なアプローチが必要だ。ここで言うアプローチとは、釣人自身が魚をに手にするためにどのように魚に近づけるかということだ。言葉の通り人間が立つ位置の他に、キャストのテクニック、ルアーのトレースコースもそれに含まれるだろう。今回は支流のゲームが中心だったので、このことを否が応にも思い知らされた。

さて、朝に入った支流では、下流でI君が良い釣果を出していたのとは裏腹に、上流の自分は魚を出せなかった。川から道に出て車に戻る途中、地元の人に話し掛けられ、色々と話を伺っていると、どうやらこの方はヤマメの養殖をしているらしく、養魚場を見学させてもらった。この周辺の川に放流するのではなく、神ノ川など管理釣り場に卸しているとのことで、短い時間だったが貴重な話を聞くことができた。

下流で釣っていたI君と合流し、別の場所へ。ここはショートスポットだが確実に魚がいる場所である。先週釣り逃したヤマメをようやくキャッチし、ここはすぐに移動することになった。I君との協議の結果、別の川へ行くことにしたが、到着してみると川一面に水垢だらけでどうも釣れそうにない。案の定一時間ほど釣り上がったが魚のチェイスも見られなかった。

実は最近、どうもイワナが釣りたくてたまらない。この釣りを始めた一昨年は結構釣っていたはずなのだが、昨年は前半に尺イワナを二本ほど釣ったものの、その後は小型も稀に見る程度になってしまっていた。そういえば去年、35センチの綺麗なイワナを釣った川には足を踏み入れてはいなかった。次はそこへ行ってみようと考え、移動。

その川は川幅が狭く、両岸はコンクリートの壁だが、その上には潅木が茂っている。二手に分かれてアップの釣りを始めると、すぐに魚の反応があった。おそらくはレインボーだろう。しかしどうにもこうにもキャストが難しい。サイドハンド、バックハンド、ピッチングを駆使するのだが、木の枝を縫って正確なスポットに撃ちこめない。ちょっとした深みにはゴッソリ魚がいるのだが、取りこぼすケースが多い。

少し上流に登ったところで、ここぞというポイントを発見。キャストをするとすぐに反応があったが、トレースコースが多少ズレている。魚からの認識度が高いオレンジバックのミノーに変え、何度か枝に掛らないようにキャストを続けていると、何回か追った魚がついにフックアップした。

d0000101_1192986.jpg
魚の姿を見たとき、イワナだとすぐに分かった。サイズもまあまあ悪くはない。慎重にネットインすると、オレンジ色の斑点が映える、綺麗な雄のイワナだった。久しぶりに格好の良いイワナだ。ネットの中で泳がせながらしばし眺める。

その後はレインボーを追加し、I君と合流してまた別の川へ。今日は支流を攻めているが、どうせなら前回の川で再度レインボーを釣っていこうかということになった。ところが、水量が減っており、魚がミノーを追わない。35センチまでは出たものの、調子は良くはなかった。ところで、釣れる時はミノーを通すラインを外しても余裕で食ってくるこの川のレインボーだが、今回のようにシビアな状況下では、ミノーを通すコースを、よりタイトにしなければならない。つまり、両岸のブッシュギリギリに通してしつこく誘ってやらなければヒットに持ちこむことは難しかった。ここにこの釣りの奥の深さがあると思う。なるほど、W師が夢中になるわけだ。

さて、今回の釣りはよりテクニックを必要とするシーンが多く、よい勉強になった。ちょっとしたことで魚をヒットに持ちこめるかどうかが変わるのは、何もトラウトの釣りだけではないだろうが、この釣りの場合、それが特に顕著なのだろうと思う。次回もこの釣りを、と言いたいところだが、実は本流域を少し開拓したいとも思っているのだ。そろそろ水温も良い時期になってくる頃だろう。


d0000101_120168.jpgTackle
Rod:ストリームトゥイッチャーボロンTS-56UL
Reel:セルテート2004(RCS)
Line:GT-Rトラウトエディション4lbs
Lure:蝦夷50S, Dダイレクト50, バフェットS43, シュガーミノー50F

by pioneerfield | 2006-03-26 23:16 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2006年 03月 21日

half day travel

d0000101_2002331.jpg
今回は半日だけの釣行。川も一本だけと決めた。ニジマスの釣果が良かった川である。前回は夕方の時間に攻めていたので、途中で暗くなって川から上がり、中途半端な攻め方だったのだ。今回は上流から下っていきながら、前回攻められなかったエリアを釣っていくことにした。

しかし、ニジマス達はどうも前回のような食い方をしてこない。午前中で川に日が差しているからなのか?そういえばこの間は夕方だった上に、小雨がパラつくような天候だった。いくら魚影が濃い川といえども、コンディションが悪ければ食ってこない。そうこうしているうちに、前回上がったポイントまで辿りついてしまった。バラシはあるものの、キャッチは無しという状態だ。

「この先も厳しいかもな・・。」そう考えながらちょっとした深みにルアーを流していると、白泡の中からレインボーがアタックしてくるのが見えた。しかしフッキングに至らず。再度同じレーンを流すと、今度は途中ではっきりと見えていたはずのバフェットのオレンジバックが消えた。バイトだ。足下のブッシュに絡まれそうになるのをかわしつつ、ようやくランディング。35センチほどだが、綺麗なニジマスだ。

d0000101_2004581.jpgようやくキャッチし、更に下っていくも、やはり渋い。途中でブラウンを一匹追加したまま、昨年入ったエリアへと足を踏み入れた。このエリアには細い支流が流れ込んでいるが、昨年はこの支流でも結構釣れた。今年の状況を知る意味でもチェックしてみることにした。

上がっていくと、早速ニジマスの姿が見えた。やはり数は結構いるようだ。そうしているうちに、30cmほどのサイズがヒット。それほどの大きさではないが、瞬発力のある引きが特徴的だ。
ランディングしてみると、やはりワイルドと思われる魚体だ。

ここで攻め方を変えてみる。上流から入ってダウンで流していこうというわけだ。上流にはほとんど水がなかったが、下っていくと次第に流れが出てきた。ちょっとした堰堤に辿りついたとき、堰堤下の深みに多数のニジマスが定位しているのが見えた。

早速フローティングミノーで攻めていくが、レンジが浅過ぎて、魚の目の前にルアーを持っていけない。そこで、最近妙に活躍しているDダイレクトのボトム付近でのショートジャークに切りかえると、一発でヒットに持ちこむことができた。やや小ぶりながらも幅広の一匹だった。

数匹ヒットさせ、この支流を下っていったところで、11時となったので終了。少し物足りなさもある釣りだったが、一日じっくりと釣りをするのとは違って短時間だったが、それが故にいつもよりも余裕のある感覚で釣りができたのではないか思う。天気も良かったので気持ちの良い半日を過ごせた。


Tackle
Rod:ストリームトゥイッチャーボロン TS-56UL
Reel:カーディナル3, セルテート2004(RCS)
Line:カスケットトラウトプラッギン4lbs, GT-Rトラウトエディション5lbs
Lure:バフェットS43, Dダイレクト50, シュガーミノー50F

by pioneerfield | 2006-03-21 19:45 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2006年 03月 18日

Wildness in the creek

d0000101_1752345.jpg

3月15日から、桂川の都留漁協管区が解禁となった。今回は敢えて下流を攻めずに、I君と共にこの地区の支流を色々と周ってみることになった。

まず朝一で入ったのは、昨年解禁後にヤマメの調子が良かった支流。車をいつもの場所に停めて、枯れた葦を掻き分けながら川に入る。気温は氷点下のようで、ガイドが凍るのを溶かしながらキャストを続けていく。少し進んだところで、一匹目のヤマメがヒット。20センチを欠けるサイズだが、追い方を見ると活性は高そうだ。



d0000101_17534076.jpg

しかし、その後が続かない。暫く進むとやはり先行者の影があった。仕方なく車に戻って、場所を変えて別のポイントへ。ここからは川幅は狭くなり、ルアーの独断場となる。アップストリームで釣り上っていくと、小さいながらも数匹のヤマメがヒットしてきた。去年はもっとイワナがいたのだが、今年は少ないのだろうか。

続いて、同様に去年ヤマメの調子が良かった支流へ。ところが、水の色が去年に比べて白っぽく濁っており、魚も出てこない。ようやく堰堤の下の流れでブルックをキャッチしたが、去年多く見られたヤマメのチェイスが全くない。さらに遡ったところにある堰堤下のディープレンジを攻め、ようやく23センチのヤマメをキャッチすることができた。普段なら、水深が膝下ぐらいの瀬で次々とヒットしてくるのだが、今年はいつもと違う。

d0000101_1753584.jpg

その原因はそこから少し上流に進んだ場所にあった。どうやら工事で河床を掘ったようだ。ここでこの川に見切りをつけ、次へと移動することにした。丁度時間も正午になり、陽射しも暖かく歩いているだけでも気持ちが良い。ところどころで梅の花が咲いており、ようやく春らしくなってきたようだ。4月になれば桜の咲く中で釣りができるのが今から楽しみではある。

さて、田園風景の中を車を走らせ、目的の支流へ。ここは初めて入る川だ。春の陽気のせいか、I君は車の中でしばし寝に入っているので、一人で下っていくことにした。

ボサに覆われた細い流れにミノーを通していくが、魚のチェイスはない。しかし下っていくにつれて魚の姿が見られるようになってくる。この支流はこのまま下っていくと別の支流に合流する。どうやらそっちの支流から差してきた魚がこのエリアにいるようだ。そうだとすると、そっちの支流の方が魚が多そうだ。その支流はニジマスの川だ。

合流点まで下り、その支流に入っていく。少し進んでいくと、生活廃水が流れ出すポイントに到着。こうしたポイントには間違いなく魚がいる。ダウンでミノーを流し、一点でトゥイッチを加えると、やはりヒット!引きからするとサイズもそこそこ良さそうだが、姿を見せたのはレインボーだ。持ってきたネットが30cm枠だったのでランディングに苦戦したが、キャッチしたのは見事な雄だった。サイズは44センチ。

d0000101_17542256.jpg


そこからさらに釣り下っていくと、良い瀬には必ず魚が着いている。おそらくは自然繁殖系だと思われる、ヤマメと見まがうばかりのパーマークが散りばめられた小型のレインポーが多いが、ボサに覆われ、いかにもといった場所にはやはり良いサイズがいる。フローティングミノーを流れに乗せてボサ奥に送りこみ、一点シェイクを加えるW師直伝メソッドが炸裂した。丁度40㎝をはじめとし、多数のワイルドレインボーと、桂川では初めてのブラウントラウトをキャッチすることができた。

今回は前半はヤマメ、後半はレインボーを釣っていったわけだが、前回の下流で苦戦しただけに、なかなか面白い釣りができたのではないかと思う。特にワイルドレインボーのパワーは特筆もので、ボサやゴミに巻かれてフックアウトさせられるかどうかの瀬戸際でやりとりをするのがこの釣りの醍醐味だ。下流と同様、この地区も色々と開拓していけば、意外な場所で野生のニジマスの勇姿が見られるに違いない。


d0000101_17544154.jpg

Tackle
Rod:ストリームトゥイッチャーボロン TS-56UL
Reel:カーディナル3, セルテート2004(RCS)
Line:カスケットトラウトプラッギン4lbs, GT-Rトラウトエディション5lbs
Lure:ツインクルTWS45, TWSD45, バフェットS43, Dダイレクト50, シュガーミノー50F

by pioneerfield | 2006-03-18 23:59 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2006年 03月 17日

2006投入タックルインプレッション

去年もそうだったが、どうも解禁前は色々とタックルを漁りたくなるもので、今年もまた新たな道具が加わった。既に自作のネットは説明済みなのでその他諸々の使った感想をお伝えしたいと思う。

ストリームトゥイッチャーTS-56UL
一昨年ぐらいから散々迷った結果、決めた支流ロッドがこれ。最近のロッドが高弾性でパキッとしたものが多いのに対して、こちらはある程度張っていながらも粘るので、キャストの際にルアーが乗ってくる感じがして投げやすい。最終的に52と迷っていたが、ティップの振れ幅に余裕がある56に決定した。スーパースティンガーよりも直線的な弾道でミノーを飛ばせる。

カーディナル33
吉祥寺某プロショップで何故かオリムの復刻版が売っていたので購入。そのまま使ったらグリスが固まっていたらしく、やけに回転が重かったのでバラしてグリスアップした。管釣で使ってみたが、サミングのしやすさと、ベールが返る感じが素晴らしかった。アップストリームで使う人が多いのにも頷ける。

カーディナル3
W師から祝でいただいた。最近の復刻版だが、自分でバラしてグリスアップした33よりも若干回転が軽い。実際に渓流で使ってみたが、ベール周りにラインが絡むのを除けば文句はなかった。先週は釣れなくていっぱいいっぱいだったので使い慣れたセルテートを使ったが、余裕が出れば出番を増やそうと思う。

イグジスト2506
去年、セルテート2500を使ってみたところ、どうも回転のフィーリングがしっくりこない。なのでずっとTDーXを使っていた。しかし重いし、ベールによく絡むのでエアリティにしようかと考えていたが、フィッシングショーでイグジストを回してみたところ、意外に良さそうだ。実際に使ってみてもセルテートのような違和感は感じなかったので及第点でしょう。ただ、何故かドラグがおかしい。どうやらスプールに原因があるみたいだ。結局セルテートとドラグラチェットを交換したらまともになったが、そのうちメーカーに出してみなければ。

Dダイレクト50
去年発売されていたにもかかわらず、最近買った。初っ端からビッグフィッシュを釣ってきたりと、なかなか良い働きをしてくれそうだ。やっぱりここまでディープゾーンを撃てるミノーはなかなかないので重宝する。

by pioneerfield | 2006-03-17 22:40 | T-Impression | Trackback | Comments(0)
2006年 03月 11日

ハイプレッシャーリバー

d0000101_251858.jpg
今回の釣りはこれまでの釣行の中で最も苦戦した一日だった。結論から言えば、15センチほどの子ヤマメを2匹キャッチしただけで終わってしまった。しかし、今日の釣りで得ることができた情報は大きい。きっと今後の釣りにつながるものであろう。

午前中。朝に支流の葛野川に入るも魚の気配を感じることができなかったために、そこから更に支流に移動。この支流は、上流に管理釣り場を持っており、昨年、この管理釣り場を訪れた時に川の状態をチェックしていた場所である。しかし、土曜日とあって、どの入渓地点付近にも釣り人と思われる車が停まっており、実際に川に入って釣りをはじめても、良い渓相とは裏腹に魚が出ない。水深のあるトロ場にさしかかった時、ようやくヤマメがチェイスしてきた。この魚はどうやらやる気がありそうで、何度も追って来た。そしてついにフックアップに至ったのだが、ランディングの前に敢え無くフックが外れてしまった。

結局、この川の先行者の多さに閉口してしまい、見きりをつけて、再度葛野川の下流に移動することにした。ところが、ここでも釣果はおろか、魚の姿さえも見ることはできなかった。同行していたI君がようやく20センチ弱のヤマメをキャッチすることができたので、ひとまず二人してあぶれることはなくなったのだが、厳しい展開である。

午後2時、夕方に前回のポイントに入るまでに時間があるので、下流に下ってポイントを探すことにした。大月市街周辺はとにかく釣り人が多すぎる。本来、人のいない場所を探して、プレッシャーの掛かっていない魚を釣っていくことが多いので、入渓が困難になる下流部を探るのが得策と考えたからだ。

d0000101_261195.jpgとにかく、橋の周辺から入渓ポイントをくまなく探してみると、以前自転車で回った時に訪れた橋に入渓ポイントを発見。ほとんど崖を下るような入渓のしかただが、なんとか下っていくと、本流に小さな沢が流れ込んでいた。

その沢のほんの僅かな落ち込みにミノーをキャストすると、すぐに反応が出た。15センチほどの小さなヤマメだが、おそらく去年から残っていたであろう綺麗な魚だった。

さて、本流に出ると、良い感じの瀬続きの場所を発見。すぐさまダウンで流していく。なるべくリトリーブを遅めにし、トゥイッチしていくと、早速ヤマメのチェイスが見られた。しかしこの魚はフックアップせず。さらに2度ほどヤマメのチェイスが見られたが、フッキングにまでは至らない。結局本流ではヒットに結びつかなかったが、季節が変わればきっと良型がつきそうな場所である。こういった場所を何ヵ所か探しておく必要があるだろう。

帰りがけに先ほどの沢でさらに一匹のヤマメを追加することができた。サイズはさっきと同様小さいが貴重な一尾だ。

夕方には前回ヒットがあったポイントに入ったが、ここでもバイトだけで終わってしまった。
今回は大苦戦だったが、次へとつながる情報を得ることができた。
今年も本流の尺サイズを照準に据えたいと考えているので、
これを起点に今後、結果を出せるとよいのだが・・・。


Tackle
(本流)
Rod:サーフェイストゥイッチャーボロンSTS-68Si
Reel:イグジスト2506
Line:カスケット トラウトプラッギン4lb
Lure:Dダイレクト50, バフェットS55,ツインクルTWS45
(支流)
Rod:ストリームトゥイッチャーボロンTS‐56UL
Reel:セルテート2004(RCS)
Line:カスケット トラウトプラッギン4lb
Lure:バフェットSD43

by pioneerfield | 2006-03-11 23:59 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2006年 03月 05日

早春、残雪の川

d0000101_14122433.jpg
気温マイナス2度。辺りが明るくなりつつある時間に谷に立つと、足もとの水溜りには氷が張っている。周りの山には最近降った雪が残っており、季節はまだまだ冬だと感じさせられた。昨年と変わりのない流れを見つつ、キャストを始める。

朝一で入った本流のポイントは、昨年から目星をつけていた場所で、未だに魚をキャッチしてはいない。水温を計ると6度と、若干低めだが魚がミノーを追わない水温ではない。瀬とプールが連続するエリアなのだが、いつもは瀬を攻めるところを今回はプールを中心に緩い流れを攻めていく。水面まで魚が追ってくる様子はないので、ミノーをツインクルからDダイレクトへチェンジして水深のある緩い流れをトレースしていくと、流芯付近でチェイスが見られた。再度同じスポットにキャストすると、同じ魚がバイトしてきた。結構なサイズだ。ここ、桂川下流でヒットしてくるのが、多くはヤマメかイワナなので、どちらかだろうか。ヤマメだとすれば絶対にバラしてはならないサイズだ。

d0000101_14131227.jpgところが、寄せてみるとそれはニジマスだった。しかしニジマスといえども良型だ。瀬に走られる前に手前に寄せて、ネットで掬い上げた。

自作のネットが早速活躍してくれたのだが、ネットの内枠の40㎝は余裕で越えている。正確に計ってみるとジャスト50cmだった。こんな下流の本流でこのサイズのニジマスが釣れたのは意外だったが、今シーズン最初の一匹としては申し分ない。

ニジマスをリリースした後、更に釣り上がって、ようやくヤマメがヒットしてきた。サイズは20センチほどだが、嬉しい一尾。写真を撮る前に逃げられてしまったが、まあヤマメの顔が見られただけでも良いか。

このへんで本流は一旦切り上げて、今度は支流の笹子川へ移動することにした。車を走らせると笹子川沿いの道は雪景色となった。こういった雰囲気の中で釣りをするのもなかなかよいものだが、ついにこの川では魚のチェイスが見られなかった。

解禁後最初の土曜日ということで、本流はどこへ行っても人が多い。だいたいのプールには渓流師の竿が入っている。昼頃になって本流の水温を計ってみると9度と、これはもう瀬でもヒットしてきそうな温度だったので、瀬を中心に攻めていくことにした。ハイシーズンになれば必ず出そうな感じの、良さそうな瀬を叩くと、早速チェイスが見られた。期待は持てそうだったのだが、結局ここではそのチェイス一回のみで終わってしまった。一旦車に戻って昼食をとる。

d0000101_1414999.jpg朝は冬のような気温だったが、この時間の陽射しはもう春のそれだと感じた。昼食後、本流に流れ込む小さな沢を上っていくことに。この沢は川幅が狭いので、餌釣りの人はなかなか攻められそうにない。ここで小さいながらもヤマメをキャッチ。ヤマメの色の中で一番鮮やかなのは尾鰭のエッジの朱色だ。このヤマメは特にこの朱色が鮮やかだった。

さて、一通り上がって行ったが、その後の反応は良くなかったので、場所を移動して再び本流に戻ることにした。水温も更に上昇しているはずだ。幸い瀬には人が入っていない様子だったので、ダウンで流していくことにした。水は濁りが入っていたため、ツインクルよりも潜行深度が下のバフェットにチェンジし、リトリーブを遅めにして岩周りでしつこくトゥイッチをかけていく。すると、ようやくヒットがあった。26、7センチのそこそこのヤマメだ。慎重にやり取りしていたが、ネットで掬う前にフックアウトしてしまった。大体のパターンは掴めてきたので、同じような攻めを繰り返していると、またしてもヒット。d0000101_14144428.jpg今度はガッチリとフッキングしていたのだが、慎重によせて見ると、なんとウグイ。これにはうなだれた。その後、またしてもヒットがあるものの、ドラグ設定が不充分でまたしてもバラしてしまった。今回はこれで終了となった。

解禁直後とあって、今回は人も多く、釣果の方も大したものではなかったが、半年振りに渓魚に会えた事で満足だった。と、まあ今シーズンもこんな感じでスタートしたが、半年間、面白い釣りをしていこう。


d0000101_14152563.jpgTackle
(本流)
Rod:サーフェイストゥイッチャーボロンSTS-68Si
Reel:イグジスト2506
Line:カスケット トラウトプラッギン4lb
Lure:Dダイレクト50, バフェットS55
(支流)
Rod:スーパースティンガーボロンSSS-60Si
Reel:カーディナル3
Line:カスケット トラウトプラッギン4lb
Lure:バフェットSD43ファクトリーチューン

by pioneerfield | 2006-03-05 13:41 | travel sketch | Trackback | Comments(0)