<   2006年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2006年 09月 23日

夕暮れの森

d0000101_22284133.jpg南魚沼の水田は本の少し前までは緑一色だったのが、稲穂が実り、黄金色に変わろうとしている。その日の最後に訪れた沢は、流れは細く、周りを木々に囲まれている寂しい場所だった。道路に沿って流れているものの、通る車はほとんどなく、夕闇が迫ってくる。

流れは細いが、ところどころに腰の深さ以上もある淵が緑色の水を湛えている。その淵の底から一匹、また一匹と現れるイワナの影。朝からの貧果がまるで嘘のようにミノーを追ってくるのを見ながら、はるか北の川の釣りが終幕を迎えようとしていた。

ひとつの淵で5、6尾はキャッチしただろうか。夕闇に怯えながらも引き込まれそうな緑の淵に腰まで浸かり、岩を登る。その先にも落ち込みがある。木々が張り出していてキャストもままならないが、こんなシチュエーションは散々こなし慣れている。サイドハンドでキャストし、できるだけ長い時間、魚を誘って食わせる。

d0000101_2229047.jpg出てくるイワナは20センチ前後だが、どれもが薄暗い沢を映したような体色だ。その体色が黒っぽいだけに、背中の白色や橙色の斑点がやけに印象的なのだ。このイワナを求めて、片道300キロ近い行程を何度往復しただろうか。

時間は5時をとっくに過ぎている。そろそろこの一帯も夕闇が押し寄せてくる。油断をしていると道へ上がれなくなるので、この辺で今年のこの川を終わりにするとしよう。

もう何ヶ月かすると、ここも深い雪に埋もれるに違いない。来年もその雪解け水が魚を育ててくれることを願いつつ、夕暮れの森を辞した。


Tackle
Rod:ジェイドミラーJCGS-56L
Reel:イグジスト2004
Line:スーパートラウトアドバンスサイトエディション5lbs
Lure:アレキサンドラ50S, ツインクルミュート

by pioneerfield | 2006-09-23 23:46 | travel sketch | Trackback(1) | Comments(0)
2006年 09月 16日

秋桂

d0000101_21282915.jpg秋の桂川はビッグフィッシュのチャンスだ。と、勝手に思っているのは、自分の浅い渓流釣り暦の過去を見ると、昨年、一昨年の9月には尺ヤマメをそれぞれ2本ずつキャッチしているからだ。まあ上手い人はさらに釣っているのだろうが、自分にとっては高確率で尺をキャッチできるのが9月の桂川というわけだ。

そういうことなので、今回は久しぶりに桂川へと赴いた。今シーズンの前半に目をつけていたポイントに入る。そこは本流へと降りるポイントだが、途中、小さな沢が流れ込んでおり、その沢の上流にはちょっとしたプールがある。いつもはたいした魚が入っていない場所だ。

そこをツインクルミュートで攻める。イワナ狙いであればアレキサンドラを使うところだが、今回はヤマメが多いので細かいトゥイッチのレスポンスが良いツインクルが効果的と見た。

トゥイッチを5回ほど掛けたところで「ゴンッ」とティップが入る。引きからするとそこそこありそうだが、どうやら口以外に掛かっているらしい。ミノーにアタックしてきて、体に掛かってしまったらしい。が、寄せてみると、意外にも雄の尺ヤマメだった。尾びれがやたらに短い奇形だったが、顔は格好の良い魚だ。本流から遡上してきたのだろうか。手短に写真を撮ってリリースすると、難なく泳いで行った。

さて、本命の本流ポイントだが、今日は増水傾向にあり、いつもよりも良い流れを作り出している。ダウンクロス気味に瀬の中を攻め続ける。沢の合流点から少し下ったところには、いかにも魚が着いていそうな瀬があった。コースを変えて何回も流していると、突然ロッドがひったくられた。

魚は下流に向かう。ドラグが小気味良い音を立てて回るのは爽快だが、もたもたしていると下流のガンガン瀬に入られてブレイクしてしまう。何せ桂川はゴミの多い川だ。川底のゴミに巻かれてバラす事など多々あることだ。とにかく魚との間合いを詰めるために自分も川を下らなければならない。そうこうしているうちに魚が見えてきた。

d0000101_21285016.jpg
ヤマメだったら・・・と期待したが、見えたのはレインボーだった。ジャスト40センチといったところだが、体高があるので良く引くわけだ。浅瀬に誘導してランディング。面白いやり取りをさせてもらった。

今回はこれでもう満足してしまって、早めに川から上がった。さて、9月もあと半月だが・・・。


d0000101_2129386.jpgTackle

Rod:サーフェイストゥイッチャーボロンSTS-68Si
Reel:イグジスト2506
Line:スーパートラウトアドバンスサイトエディション6lbs.
Lure:ツインクルミュート, バフェットS55

by pioneerfield | 2006-09-16 20:17 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 09日

ゲスト参入

d0000101_21261891.jpg
昔、自分がブラックバスに入れ込んでいたとき、なぜか兄はトラウトをやっていて、芦ノ湖や管理釣り場に頻繁に足を運んでいたらしい。

で、最近自分が専ら渓流でイワナを釣っていることを話したところ、行ってみたいとの申し出があり、魚野川あたりに一緒に行くことになった。というわけで、今回は新たなポイントを開拓するでもなく、実績のあったポイントを回っていくことにし、ゲストに釣ってもらおうというわけだ。

ところで兄の実力だが、意外にもセンスが良かった。キャストなどのテクニック面はまだまだだが、ポイントの見方やミノーの流し方は初めて川に入ったにしては結構できている。

最初に入った大源太川の中流ではアップストリームで釣っていったが、どうもリトリーブが上手くできないらしい。それでは、とダウンに切り替えて下っていくと、いつの間にか何か釣っていた。どうやらヤマメのようだ。本人曰く、適当に流していたらいつの間にか掛かっていたらしいのだが、ヤマメが食いそうなコースを流しているのはさすがだ。

d0000101_21264516.jpg昼間は暑すぎるので二人とも釣る気を失っていたのだが、夕方に再開。今度もまた大源太川を釣り下る。と、またしても気づくと兄のロッドの先に魚がぶら下がっている。今度はイワナのようだ。これについては本人曰くかなり「熱かった」釣れ方をしたらしい。これまたブロックから流れ落ちる白泡の中と、押さえるところは押さえている。

結局、兄が釣ったのはヤマメ一匹とイワナ一匹+スレで掛かった鮎だけだったが、まあ本人も結構満足していたみたいだし、良しとしようか。特に夕方釣ったイワナは嬉しそうに持ってるし。




d0000101_21271119.jpgTackle(兄)

Rod:ストリームトゥイッチャーボロンTS-56UL
Reel:セルテート2004(RCS)
Line:GT-Rトラウトエディション4lbs
Lure:アレキサンドラ50S

by pioneerfield | 2006-09-09 23:36 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 04日

尺岩魚潜む

d0000101_0161380.jpg
9月に入った。渓流シーズンも残すところあと1ヶ月だが、昨年、一昨年はこの時期に良いサイズが出ているので期待の持てる一月だ。

そう思っていたところ、水量も少なく、魚の影も見えないような支流で尺上をキャッチすることができた。ちょっとしたピンスポットなのだが、以前攻めたときに良型のチェイスがあったので、今回再トライしてみたところ、案の定出たのだ。

今回は朝から不調で、小さなヤマメ一匹とイワナをキャッチしただけで午後になってしまった。というのも、今回はヤマメのポイントを開拓すべく、本流のポイントをいろいろと回ったのだが、時期が時期だけに鮎の釣り人が多く、うまいことポイントに入れない。そうしているうちに時間も過ぎていったので、通りがかりに寄ったのがこの支流だった。

そこは魚野川の支流のまた支流。山間の水田の傍を流れる川で、川幅は3mほどまで狭まり、ひたすらチャラ瀬が続いている。魚が着きそうな深場は皆無に等しいが、一箇所だけ、小さな堰堤から水が落ちる真下に直径1mほどの穴がぽっかりと開いている。深さも1mほどはあるだろう。

前回来た時は、間違いなく魚が居るだろうと表層をミノーで通したところ、尺はありそうな魚がチェイスしてきた。しかしそのときは魚がミノーをくわえたものの、フッキングには至らなかった。今回もおそらくチャンスは最初の一投のみだろう。前回の源流でのイワナ釣りが役に立つ。ミノーを追わせた後、どこで食わせの間を与えるか、そこが決め手だ。

穴の真上をトレースするようにキャストし、クロスストリームで流れを横切らせて手前の流れが緩くなっているゾーンで食わす。そうイメージして緊張の一投。穴の真上を通ったとき、下から茶色の魚影がミノーを猛追してくるのが見えた。尺上だ。

手前の緩流帯に入ってからは水に絡ませるようなトゥイッチで誘う。茶色の魚影はミノーを追っていたが、次の瞬間、ついにミノーをガップリと咥えた。

d0000101_017259.jpg
さすがに20センチそこそこのイワナとは引きが違う。バラしてはならない貴重な一尾なので、慎重にやり取りをする。この間が至福のときだ。浅場へと誘導して、ネットに入れると、ネット枠を越える雄の尺イワナだった。

このサイズになってくると、イワナも愛嬌のある表情はなくなって、厳つさが増してくる。前回別の支流で釣った尺上よりも幾分か細身だが、ピンとして張ったヒレが精悍さを表わしている。そして何よりも、体側のオレンジの斑点が特に印象的だったのだ。


d0000101_017197.jpgTackle
Rod:ジェイドミラーJCGS-56L
Reel:イグジスト2004
Line:スーパートラウトアドバンスサイトエディション5lbs
Lure:アレキサンドラ50S

by pioneerfield | 2006-09-04 00:07 | travel sketch | Trackback | Comments(0)