<   2007年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 31日

解禁まで・・・

解禁までようやくあと1ヶ月というところだ。
今からどこへ行こうかと考えているぐらいだが、
とにかく半年間を最大限に楽しむための事前準備にはぬかりはない。
近頃はスプーンを大量に購入したりしていたのだが、密かに渓流グッズも手にしていたりしていた。
今日はその中でもこの2アイテムを紹介しよう。

d0000101_0114380.jpgウェーディングスタッフ(シムス)
昨年、桂川の本流と魚野川の本流で幾度となく流されそうになった。
「これはいつか死ぬな」と思っていたが、尺ヤマメが潜む流れの中でみすみす死ぬわけにはいかない。
ここはウェーディングスタッフを購入しようではないか、という考えに至った。
で、どこのメーカーのにしようかと考えていたのだが、釣具店でシムスのウェーディングスタッフを
見た瞬間、これに決めた。比較的コンパクトに収納できる上、瞬時に伸ばしたりたたんだりできるのが気に入った。
これを使っても流されるようなら、もうそこは撤収すべき流れの強さです。はい。



d0000101_0115796.jpgコンクルージョン(クラブカスケット)
自分でも良く分からないが、なぜか40センチ枠のネットを3つも持つ羽目に・・・。
そもそも1年前に作ったネットが破損したので、前々から欲しかったコンクルージョンを注文したのだが
先日、そのネットは修理完了。時を待たずしてコンクルージョンが納品。ということになった。
届いて箱から出してみると、「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」とひたすら唸ってしまうほどの出来栄えだった。
この間自分のネットをせっかく修理したのに、コンクルージョンのあまりの渋さに、既に自分のネットの出番がなくなるような気がする。
今回は特別に"Stream Traveler's"の文字を刻んでもらった上に、ネットカラーは特注のグラデーション。
自分でもネット作りをする上でも、いいお手本だ。

次回はオフシーズンに買いためたミノーを紹介する予定。

by pioneerfield | 2007-01-31 00:20 | T-Impression | Trackback | Comments(0)
2007年 01月 20日

東山道場スプーンローテーション特訓

d0000101_0392859.jpg
前回の反省を生かして、今回は一箇所でいかに釣り続けられるかをテーマの一つにして、スプーンの種類とカラーのローテーションに重点を置いてみた。

当日は曇っていたこともあり、朝からコーホのライズが数多く見られた。しかしこれ自体は連発で釣れそうにないので、ライズがひととおり収まったところでインプレッサに移動し、延々一箇所で粘ることに。まずはアルフレッド2.7gでボトム付近を狙う。どうやら今日はチャートなどの派手目なカラーよりもライトオリーブ系と白系が良いらしい。リトリーブスピードは底を引きずるように遅くしなくてもよく、ボトムより少し上の層でヒットしてくるようだ。

アルフレッドのカラーをいくつかローテーションし、反応が無くなったところでカーディフ、ロールスイマー、NOAを中心に、時々いつもは使わなさそうなスプーンも織り交ぜる。やはりカラーまたはスプーンの種類を変えると、一投目からバイトがあることが多い。

午後に入り、コーホとレインボーの放流が行われた。放流後はボトム付近ではなく、中層での反応が圧倒的に多かった。入れ食いとまでは行かないが、こまめにスプーンの種類とカラーをローテーションさせていけばコンスタントにバイトを拾っていける。とりあえず今までと違って3投して何の反応もなかったらスプーンを交換と、こまめにやってみたらしっくりきた。

ということで午後から夕方にかけては良い勉強になったので、結構意義のある釣りができたんではないかと思う。また、主力になるスプーンはやはりある程度のカラーを取り揃えておくべきだな。スプーンの購入面でも改善が必要だ。

忘れないうちにスプーンを注文しておかねば・・・。


Tackle
Rod:チューンドバックウォーターボロンBWS-68T
Reel:イグジスト2004
Line:PEわかさぎ0.3号+フロロカーボン3lbs
Lure:カーディフエリアスプーン2.5g、ロールスイマー2.5g、NOA1.8g、アルフレッド2.7g他

by pioneerfield | 2007-01-20 23:17 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2007年 01月 14日

超タフ!東山道場

朝、東山湖に着くと、何やら人が多い。またしても何かイベントが発生するのかと思っていたら、案の定トーナメント開催日だった。

さて、トーナメントが開催されると、通常よりもフィッシングプレッシャーも高くなりそうだ。ひとまず入れるところといったら桟橋ぐらいしかなので、表層のコーホーサーモンを狙った。反応は良くはないが、ポツポツと釣れてくる。しかし、日が昇るとコーホのバイトも遠のき、ひたすらボトムのレインボー狙いとなった。

それにしても渋い。前回は激荒れながらも魚の活性は高かったようだが、今回も前回と同様とはいかない。完全に晴れているならばボトムべったりの展開になりそうだが、中途半端に薄曇だったりするので中層でもバイトがある。結局レンジを絞りきれず、この日は貧果に終わってしまった。

まだまだスプーニングの訓練が足りないようだ。というよりも場所が移動できないならできないなりに、一箇所で釣り続ける作戦を練らなければならないな。特にルアーローテーションおよびカラーローテーションに課題があると思う。次回はこの反省を生かして釣ってみようと思う。ようやく道場らしくなってきたかな。


Tackle
Rod:チューンドバックウォーターボロンBWS-68T
Reel:イグジスト2004
Line:PEわかさぎ0.3号+フロロカーボン3lbs
Lure:カーディフエリアスプーン2.5g他

by pioneerfield | 2007-01-14 23:08 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2007年 01月 07日

極寒!東山道場

d0000101_16163616.jpg東山湖は最近、コーホーサモンを放流しているというので、兄に話してみると、是非ともコーホーを釣りたいという。そういうことで、今回の道場は兄と行くことになった。

さて、天気予報によれば強烈な寒波が到来するらしく、強風が吹くという。東山に着いてみると東側のワンドは三角波が立つほどの荒れぶり。はじめはインプレッサ周辺に入ってみたが、なかなかヒットしないので、兄が移動していた桟橋に移動。とにかく風が強いので、ラインを水面に出せない。渋々とボトムの釣りに徹していると、スプーンでボトムをズル引きするぐらいデッドスローでリトリーブすると食ってくることが判明。スプーンは何でも良いと思うが、極力浮き上がりを押さえたカーディフエリアスプーンが使いやすかった。この強風ではフライも振れないので、兄もボトムのスプーニングにチェンジ。二人ともPEを使ったので、小さいバイトまで取れる。昼食を食べに行くまで、このパターンで釣り続けた。

全然釣れなかったならば、昼食の時間も惜しんで釣り続けていただろうが、多少は数が出ているのでリッチにも湖畔のイタリア料理店で食す。トラウトを釣りに行くとイタリア料理の店に入るのが多くなってしまう。理由は不明。

昼食後も同様に桟橋に入って、同じパターンで釣れ続けた。途中、タックルを交換したりしながら色々と遊びながら釣ってみたが、エリアフィッシングもタックルの差が出てくる釣りだということが良く分かった。昔使っていたタックルでは難しい・・・。ちなみに狙いはコーホーだったはずだが、ヒットするのは全てニジマスで、念願のコーホーは次回のお楽しみになってしまった。日が落ちるとボトムの反応はピタッと止まり、気温も低くなって来るため、撤収することにした。

帰りがけに温泉場を発見。とにかく今回は強風で体温を奪われていたが、ここでようやく回復。この時期にはありがたい場所だった。しかしまあ、ここまで荒れている東山を見たのは初めてのような気がする。去年は雪が降ったりしたので、1月の東山は釣りをするには非常に辛い。が、今回のように意外に釣れたりするのでまだまだ道場通いは続く・・・。


Tackle
Rod:チューンドバックウォーターボロンBWS-68T
Reel:イグジスト2004
Line:PEわかさぎ0.3号+フロロカーボン3lbs
Lure:カーディフエリアスプーン2.5g他

by pioneerfield | 2007-01-07 23:41 | travel sketch | Trackback | Comments(4)
2007年 01月 02日

Ver.4修理

d0000101_18343499.jpg昨年作ったカスタムランディングネットVer.4のフレームとグリップの接着が甘かったらしく、使用回数わずか数回で接着が剥がれてしまった。シーズン中は当然のことながら修理する暇がないので、ようやく今頃になって修理に取り掛かかることに。

単純に剥がれたものを張りなおせばいいのであれば簡単だが、元通りにするには、手の込んだ作業が必要になってくる。ひとまず接着をもう一度やり直すのだが、当然はみ出たエポキシを削らないといけない。サンドペーパーで空研ぎ数回、油研ぎ数回をやり直さなければいけないので面倒な作業だったが、ようやく修復を完了。晴れて元の形に戻ることができた。

ちなみにこのサイズのネットは既に他でも注文済み。無駄にこのサイズを3つも持つことになるが、まあ予備は多めってことで・・・。というよりせっかく直しても来シーズン使うのか?このネット。

by pioneerfield | 2007-01-02 18:34 | ST WORKS | Trackback(5) | Comments(0)