<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 26日

北関東二川

d0000101_19245677.jpg
北関東を流れる二本の河川、鬼怒川と那珂川。これらは本流ヤマメの名川として知られており、しばしば雑誌などにも登場している。これまで、栃木の川へは行ったことがなかったこともあり、今回は下見の目的でこの二本の流域に足を踏み入れた。

深夜の東北道を北にひた走り、まずは鬼怒川を下流から見て回る。雑誌やテレビ番組などで見たことはあるものの、実際に見るとその広大さに戸惑う。そして、一見するとどこを攻めてよいのか分からない、石を敷き詰めた河原から形成される流れ。これは想像以上に難しそうだ。一通り、橋の周りの入渓できそうなポイントに車を停めて、ウェーダーを履かず、ロッドも持たずに歩いていく。佐貫頭首工から上流は比較的攻める場所が分かりやすそうで、自分的に得意そうな釣り場が続いている。

ところどころ、河原へ車で降りられるポイントがあるのだが、車高が高くはないため、断念せざるを得ない場所も多い。こういう場所は、車を停めやすい場所に一旦置いてからひたすら歩いて入川しなければならないだろう。まずは下見、ということなので、鬼怒川はこの辺にしておいて、那珂川へ向かう。

那珂川は鬼怒川と渓相も違っており、大岩な点在する「いかにも」といったポイントが多く、見ていても釣れそうな川だった。個人的にこういった川が好きだ。ここでとりあえず試しに釣ってみることにした。

まず最初に入ったのが、瀬から岩盤へと続くポイントの上流。瀬肩から下っていく。水温は12度と、瀬に魚が入っていてもおかしくない温度だ。念のためガンガン瀬にもミノーを通し、反応をうかがっていく。と、ガンガン瀬から少し反れた、流速が若干遅くなっている箇所をミノーが通ったとき、手元に確かな感触があった。

こんなにすぐにアタリがあるとは思わなかったので、焦ったが、流れに乗られながらも慎重にやり取りをする。魚のサイズは確実に30センチは越えている。自分よりも少し下流の緩やかな流れに誘導し、河原へずり上げようとしたとき、フックが外れた。

いったい魚種は何だったのだろう。もしもヤマメだったら、結構良い型だった。しかし、魚はいることが確認できた。この周辺はあとでまた探ってみる必要がありそうだ。が、ひとまず今回は下見だ。車で上流まで走り、所々、本流のポイントをチェックする。季節は5月になろうとしているが、6月から7月にかけての盛期には遡上ヤマメが狙えそうな場所が数多く点在する。那珂川は、目立ったダムなどがないため、遡上魚狙いのゲーム展開が面白そうな川だ。

d0000101_19252349.jpg
やったぜ!ババカジカだ!


さて、一通りポイントを見終わった後、先ほどバラしたポイントの少し上流の瀬に入ってみることにした。流速としてもトラウトが着きそうな瀬で、案の定流芯で「ゴン」とティップが持っていかれた。今度はバラさないように、最新の注意を払い、寄せてくる。ヤマメであればサイズは良いはずだ。

d0000101_19261549.jpgしかし、寄せてみると意に反してニジマスだった。那珂川といえばヤマメ、というのが頭にあったため、これには苦笑した。しかし初めての河川での一尾は貴重だ。これまで、この釣りでノーフィッシュだったことがないというのが奇跡的なのだが、今回も何とか魚の顔は見ることはできた。おそらく、数時間前に下流でバラしたのもニジマスだろう。いや、決してヤマメではなかったと信じよう。

さて、今回は北関東の二大河川、鬼怒川と那珂川を見てきたが、充分日帰りで釣行できる範囲内の河川だった。と、いうことで次回からの候補に入れておくとしよう。


Tackle
Rod:サーフェイストゥイッチャーSTS-77Si
Reel:イグジスト2506
Line:アヴァニシーバス0.8号+フロロカーボン1.75号
Lure:ツインクルミュート65

by pioneerfield | 2008-04-26 23:03 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2008年 04月 19日

泣尺

d0000101_1521214.jpg
さて、イワナの話に埋もれてしまったが、増水からの引き際ということで、ヤマメの条件としては最高だった。しかし残念ながら尺上までは至らず、29センチ止まりだった。午前、午後を通して本流の有望なポイントを回ったのだが、それ以上のサイズは出ることはなかった。

これからが桂川は本番なのだが、自分としては、もっと広大な本流で、遡上魚を狙ったゲーム展開ができる河川に通おうかと考えている。家から行ける所というとおのずと限られてきてしまうが、どこに通おうか、目下思案中である。

d0000101_014387.jpgTackle
Rod:サーフェイストゥイッチャーSTS-68Si
Reel:イグジスト2506
Line:アヴァニシーバス0.8号+フロロカーボン1.75号
Lure:ツインクルミュート65、デンス50US

by pioneerfield | 2008-04-19 23:14 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2008年 04月 19日

ある岩魚の話

最近、通勤時間に「岩魚幻談」を読んでいる。古今東西のイワナにまつわる奇怪な話を集めたエッセイで、最初は図書館で借りて読んで、昨年盛岡の本屋で発見して購入したものだ。今回は、この「岩魚幻談」に載るほどのことではないのだが、イワナにまつわる話を一つ。

話はちょうど1週間前にさかのぼる。最近、釣友のI君のイワナ運は侮れないもので、昨年末の魚野川での尺イワナに続いて、この日訪れた桂川でも、ごく普通のヒラキから40センチのイワナを引きずり出してきた。その時の彼の喜びを、このブログ上では語りつくせないのが残念だが、とにかくこの日は、自分も最高記録であるの35センチのイワナをキャッチしたのだが、それ霞むようなサイズをI君に釣られてしまったわけである。

そして1週間後。前日までの予報は雨で、局地的に強く降るということだったので、釣行を半ば諦めかけていた。しかし前日金曜日に意外にも降雨量が少なく、行こうかどうか迷った挙句に結局、様子見で行くことにした。行かなかったら絶対に後悔するだろう。行って後悔することも多いが、後悔しないかも知れない。それならば行く方が断然良い。案の定、桂川に着いてみると、先週よりも水位は上がって、濁りも入っているが、水が引き始めている様子だった。

早速釣りを開始し、朝の時間で20センチそこそこのヤマメを2匹キャッチした後、下流のポイントへ入ることにした。そういえば先週、ここでI君がイワナを釣ったんだっけ。そう思いながら、先週はヒラキだった場所が増水して早瀬になりかけているところにミノーを通し、目前までトゥイッチをかけながらリトリーブしてくると、ミノーの背後からもの凄い勢いで魚がチェイスしてきた。

一目見てイワナだと分かったしかもサイズは結構良い。と、いうよりも見てすぐにサイズが分かってしまった。これは40センチだ。イワナはミノーを咥えて一瞬フックアップしたが、すぐに頭を振ってフックを外し、もとの大岩に戻っていった。

模様といい、大きさといい、あれは間違いなくI君のイワナだ。時刻は6時半を回ったばかりだが、この時間、どこかで釣りをしているだろうI君に早速電話してみる。しかし電話には出ず、数分後に逆に向こうから掛かってきた。

「いやー、今日は川のコンディションいいよ。どこにも行ってないの?」
と、川の状況とさっきのイワナの話をする。どうやら彼は家で部屋の掃除をしようとしているらしい。はじめは来る気はなかったようだったが、午後に着いてもまだコンディションが良いだろうから、と話をし、挙句には電話を切ったすぐ後に釣った泣き尺のヤマメのことをメールで知らせると、

「今から向かいます」

との返信が。こういう熱い性格は自分は嫌いではない。

さて、I君が到着してからも、すぐには合流せず、別々に釣っていた。少々川を渡るのが厳しい水量だったが、何とか24センチほどの本流ヤマメをキャッチした後、I君と合流した頃には既に夕方にさしかかる時間だった。

朝に自分が叩いたポイントではあるが、夕方に攻めれば結果は出るかもしれない。そう思って、ひとまず折角来たI君に是非魚を手にしてもらおうと、二人で本流を流していく。途中で魚のライズを見つけるも、少々ミノーでは攻略しにくい状況で、ヒットへとは繋がらない。そして、あのヒラキにさしかかろうとしていた。

「多分もう出ないとは思うけど、ちょっとやってみる。」

そうI君に告げて、朝にイワナがチェイスしてきたラインをトレースする。さすがに朝に食ってバラした魚はもうヒットしないだろう。そう思いながら、流芯の大岩の側をツインクルミュートが差し掛かったとき、ロッドティップが押さえつけられた。

まさか、とは思ったが、一呼吸置いてフッキング。水中で体をくねらせるのは、まさに午前中のイワナだった。なぜか焦ることなく寄せ、ネットに入れる。側で見ていたI君はあっけに取られるのを通り越して笑っている。これはもしや、というよりも間違いなく先週I君がキャッチした魚だった。

d0000101_23532649.jpg
「・・・瞬時にして40センチで並ばれましたね。」
そうは言われたものの、明らかに同じ魚だった。
「いや、これはカウントに入れないだろ。明らかにI君のイワナじゃん。」

I君曰く、尾鰭の傷が間違いなく先週の魚ということを物語っているらしい。サイズを測るとジャスト40センチ。しかしこれを自己最高のイワナに入れるわけには行かない。あくまでもI君の魚だ、これは。

そういうわけで、時としてこのような話が出てくるのがイワナという魚だ。ヤマメとは対照的で、どこか抜けている感じがするのは自分だけではないはずだ。こんなわけで、自分のイワナの目標は、目下40センチなのである。


Tackle
Rod:サーフェイストゥイッチャーSTS-68Si
Reel:イグジスト2506
Line:アヴァニシーバス0.8号+フロロカーボン1.75号
Lure:バフェットSD55、ツインクルミュート65

by pioneerfield | 2008-04-19 23:04 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2008年 04月 12日

春の雨後

d0000101_2335574.jpg
先週は川へは行かなかったため、今週はどこへ行こうかと考えていたところに、I君からの連絡があった。どうやら土曜に休みが取れるようで、彼の車で行くことになった。彼はつい昨年に免許を取ったばかりで、12月に納車されたばかりのホンダ・フィットで向かったのはお馴染みの桂川。今日は本流を中心にヤマメを狙ってみよう。

さて、着いて川の状況を確認すると、昨晩に雨が降ったらしく増水し、水色も笹濁りだった。状況としては最高だ。かつてもこうした状況の中で、尺アマゴを手にしているポイントに入り、二手に分かれて釣りを開始する。

ところが、自分が入ろうとしていたポイントには既に先行者が入ろうとしていたため、一旦I君のところまで戻ると・・・既に魚をキャッチしていた。サイズもそこそこ良いニジマスだった。彼が写真を撮っている間に、別のポイントに入り、1投目。ミノーが流芯を切ったところで魚のチェイスが見え、さらに細かいトゥイッチを加えるとヒット!河原へ抜き上げ、魚を確認すると、パーマークと、薄いながらも朱点がある。アマゴだ。

d0000101_234212.jpg
写真を撮っているI君のところに持って行くと、驚きと羨望のまなざしで見られた。サイズを計ると27センチ。尺には満たない魚だが、幅広でコンディションの良い魚体で、まさに餌の豊富な桂川で育ったアマゴという感じだ。

さて、二人ともそれぞれ魚をキャッチした後、再び二手に分かれて釣りを再開した。自分は瀬を渡って対岸へ。I君は下流に向かったのだろう。朝に魚をキャッチしていると、心情的にその後も落ち着いて釣りができるものだ。逆に何もキャッチしていないと、焦りが生じて判断が鈍ることが多い。この時間にいかに良い魚をキャッチできるかがその日一日の釣りを左右するといっても過言ではなかろう。そんな会話を川へ向かう車中で話していたことを思い出しながら、対岸を釣り終えてI君と合流すべく入渓地点へと戻った。

入渓点の橋から下流を見ると、下流に瀬から続くヒラキを攻めるI君の姿が見て取れた。電話ををかけると、何回かのコールの後に出た。

「どう?出た?」
そう聞くと、彼は威勢の良い声で
「出ましたよ!」
と返してくる。何の魚で、どのくらいのサイズなのかは話してくれない。たいてい彼がこのように含みを持たせて話すときは、良い魚を釣っているのだ。ともかく写真におさめたということなので、見せてもらうことにした。彼は戻ってくるやいなや、歩きながらバッグからデジタル一眼レフを取り出し、自分がさっき撮った写真の中で一番良く取れているものを見せてくれた。

電話の声を聞いたときは、彼のかねてからの念願である尺ヤマメなのかと思っていたが、意に反して、それはイワナの写真だった。しかも彼の持っている30センチ枠のランディングネットからかなりはみ出しているほどの大きさだ。サイズは丁度40センチだったという。桂川でもなかなか出ないサイズだ。



d0000101_2392854.jpg二人ともあらためて、今日のこの川のコンディションの良さを再確認することとなった。その後は各所を移動しながら釣りを続けるのだが、増水のため、平水時には渡れる瀬が渡れなかったりと、思いのほか攻めにくい状態でもある。それでも魚の活性は普段よりも高く、幅広な本流ヤマメが積極的にミノーを追う。25センチほどのヤマメや、レインボーを何匹かヒットさせ、昼過ぎの時間帯となった。



d0000101_2351556.jpg桂川の本流域、特に下流部は道路からだいぶ深い谷底を流れているので、入渓し、釣り終わった後に駐車地点に戻るのも一苦労だ。何回かこのような入渓を繰り返していたため、いい加減足もだるくなってきた。そこで夕方は支流へと足を向けた。

この支流も本流と同様、増水していた。I君と二手に分かれて、自分は入渓地点から釣り下る。下ってすぐのところに、いつもはヤマメがついているブロック際のポイントがある。今日は増水しているので、ミノーを通す場所は限られてきてしまうのだが、何回かしつこく通していると、ロッドティップが持っていかれた。

魚はすぐには浮いてこず、ブロックの隙間に潜り込もうとするのをロッド全体で支える。そして水面まで浮いてきたのは背中の紫がかった雄のイワナだ。サイズも良い。確実に尺を超えている。もう一度流れの中に突っ込まれると厄介なので、素早く背中のネットを外し、魚の頭を上流に向けて尾鰭からネットに流し込んだ。



d0000101_22401245.jpg
24.5センチ枠に設計したネットに入れるのがギリギリだ。すぐ上流で釣っていたI君のところへ行き、サイズを測ると、35センチだった。朝のI君のイワナには及ばないが、冒頭の写真の通り、厳つい顔をした、格好良いイワナだ。これも雨後の増水がもたらした結果だった。

それから日が暮れるまでは、二人でこの支流を遡っていった。相変わらず魚のコンディションは良く、ヤマメ、アマゴを中心に小さいながらも数多くのヒットに恵まれ、満足の行く釣果だったと言って良い。釣りに夢中で、川の周りの景色をあまり見ていなかったのだが、釣り場から釣り場への移動中、地元では既に散ってしまっている桜が、ここでは今まさに満開だった。午後から吹き出した風に舞う花びらの中、帰路へとついた。


Tackle
(本流)
Rod:サーフェイストゥイッチャーSTS-68Si
Reel:イグジスト2506
Line:アヴァニシーバス0.8号+フロロカーボン1.75号
Lure:バフェットSD55、SKミノー50SD
(支流)
Rod:サーフェイストゥイッチャーSTS-501Si
Reel:イグジスト2004
Line:シルバースレッドアイキャッチPE0.6号+フロロカーボン3lbs
Lure:SKミノー50SD

by pioneerfield | 2008-04-12 23:39 | travel sketch | Trackback | Comments(2)