<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 28日

Alt2: Noike Seeker

さて、今週もバスの話である。高校を卒業して大学に入ってから、千葉の内房にもたびたび足を運んだ。と、いうのも自宅から内房行きのフェリー乗り場まで近く、アクセスが容易だったからだ。はじめの頃は自転車で行っていたものだったが、そのうち友人と車で行き、野池を回るようになった。

房総半島と言えば、亀山ダム、高滝ダムが有名なところだが、野池も意外と多く、自分らのほかにもフェリーで渡って行く人が多かった。当時は内房の野池を回っていたのだが、今回は外房を回ってみようと思った。地図で見る限りでは池は無数にある。

朝の6時20分のフェリーに乗り、目的の御宿周辺に着いたのは8時半を回っていた。意外に時間がかかった・・・。正直こんなに遠いとは思わなかった。しかし無数にある野池で爆釣が待っていることを考えると、釣りの開始時間が多少遅くなってもそれはそれで問題ない。

早速適当な野池を見つけて入ってみる。いかにも釣れそうだ。・・・が、意に反してバイトすらない。ここはさっさと移動か。そして次の池で、ようやくノーシンカーで当たった。サイズは小さいがここでようやく2匹キャッチとなった。

ところが、それから先は入る池入る池でバイトなし。どの池にもバスがいると思い込んでいたのだが、そう甘くはなかった。特に規模が小さい池はウシガエルとオタマジャクシだらけだったり、ブルーギルだらけだったりと、バスの魚影すら見えない。

最終的に夕方に入った池ではバサーがいたので、ようやくバスがいる池と分かったのだが、ここでも子バス1匹に終わってしまった。最終のフェリーが7時25分なので、釣りは5時で終了。いまいちパッとしない釣行だった。

何回か通えば良い池に巡り合えるのかもしれないが、夕マズメまでフルタイムで釣りができないのはどうも煮え切らない。これなら内房の方が良かったのかもしれないが・・・。

まあ、どんな釣りもいきなり大成功、というわけにはいかないので、これはこれで良いのだが、やっぱり子バスを数釣るよりもデカいバスを釣りたい。と、いうかデカいバスを数釣りたいのだ。

次回は内房?いや、また利根川に行くかもしれない。未だ未定である。

by pioneerfield | 2008-06-28 23:20 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 21日

Alt1: nostalsic TONEGAWA

高校生の頃のこと。父親が勤めていた某水産高校の先生と一緒にバスを釣りに行くようになり、それまでは近く(といっても電車とバスで1時間半はかかる)の野池程度しかなかった自分のホームグラウンドに突如「利根川」が加わることとなった。

初めて行った利根川は、もうそれまでの釣れない野池とは比べ物にならないぐらいの釣果で、危うくバスが幻の魚になりかけていた自分にとっては驚愕だった。

それから約12年。他の釣りが面白くなってきて、バス釣りから遠のいていたのだが、なぜか今年は自分の中で再びバスブームが訪れようとしていた。

その心境をさりげなくセンセイにメールしてみたところ、急遽一緒に行くことになった。場所は当然のごとく利根川である。

さて、昔を懐かしみながら東関道をひた走り、着いたのは横利根川。なんかしばらく見ない間に護岸が増えてたり、昔クランキングで釣ってた場所に映画館が建っていたりして様変わりしていた。しかし相変わらず水郷ののどかな雰囲気は健在で、いやがおうにも自分の活性が上がる。

朝はとりあえずスピナーベイトやらクランクやらを投げまくっていたのだが、ふとセンセイの方を見ると、何やらスピニングを持ち出して早速釣っていた。早!

そんなこんなで朝の良い時間でしかも小雨も降っているというのに、次の移動場所では自分もそそくさとスピニングを持ち出して足元を探っていると、突如バイトが!が、上がってきたのは良いサイズのギルだった・・・。ジグヘッドのワッキーはワームのサイズを3インチまで下げるとギルのバイトが多発する。バスも釣れることは釣れるのだがいかんせんサイズが小さい。昔よりも小バスが増えたような気がする。

そうしている間に時間は過ぎ、各自5~7匹ずつキャッチしていたのだが、良いサイズが出ない。が、午後に入ったポイントで、突如好釣果に恵まれることになる。

ポイントに着いてから例によって二手に分かれる。今日は横方向の動きに比較的反応が出ているのだが、ちょっと試しにノーシンカーでスローに落とした時の反応を見てみようとしたところ、すぐに1匹キャッチ、1ラインブレイクと、良い感じにバイトが出始めた。しばらくするとセンセイから電話が掛かってきて、40オーバーをキャッチしたとのこと。どうやらこのエリアはまだ誰にも叩かれていないようだ。

が、しかしその期待とは裏腹に反応なし。しかもしばらく歩いていくと水路にぶち当たってそれ以上進めなくなった。仕方ない。まあこの水路も魚いるっしょ、と、何気なく水路の向こう岸の壁際にカットテールのノーシンカーを投げてボトムまで沈めて1アクション。

あれ?なんかやけにラインが横に走ってない?気付くのが遅かったが、とりあえずフッキング。が、しかし浮いてきた魚の頭がこれまで利根川で見てきたどんなバスよりもデカかった。これはデカい!50オーバーかもしれん!あー、しかもフック飲み込まれてるし。エラアライするたびにラインが歯で擦れているのが分かる。が、こんなこともあろうと、リーダーはバリバスの誇るアヴァニエギングショックリーダープレムアム1.7号なのだ。決してたまたま先週バッグに入れっぱなしにしておいたのを使ったわけではない!断じて!

何回か走られながらも、ようやく足元に寄せて、ハンドランディング。ガシっと口を掴んだわけではなく、シャケを獲るヒグマのように魚体の下から掴んでそのまま護岸に上げた。

d0000101_23343128.jpg早速センセイに電話して、メジャーを持ってきてもらう。サイズを測ると48センチだった。バスを再開して1日目で早くも自己記録達成した。長年来ていたがなかなか出ないな、このサイズは。

さて、リリースして釣りを再開していると、向こうからブルーギルをくわえたネコが歩いてきて通り過ぎて行った。ふと歩いていった方を見ると、子ネコが親ネコの持ってきた魚を待ちわびている姿が。この光景を見て黙っているわけにはいかない。と、二人して突如ブルーギル狙いに転向。極小ワームのジグヘッドをつけて狙っていたのだが、なぜかセンセイの方はブルーギル狙いにしたとたん、バスしか釣れなくなって、最終的には43センチの良型までキャッチしていた。



d0000101_23345253.jpg

「・・・ブルーギル狙いのほうがいいんじゃないすかね。これから。」

最終的にこの日14匹ものバスをキャッチしたセンセイは、帰りに寄ったショップで、今日来たお客さんの中で一番数を釣ってきた、と称えられたのだが、

まさかブルーギル狙ってたとはショップの人も気付くまい。

そんなこんなで、久しぶりの利根川は相変わらず熱かった。


d0000101_23351148.jpg


by pioneerfield | 2008-06-21 23:12 | travel sketch | Trackback | Comments(2)
2008年 06月 04日

敗走の記録

この頃ブログの更新がないのだが、別に釣りに行っていないわけではなかった。毎週の如く行っているのだが、毎回良い魚に巡り合えないばかりか、よりによって自分のトラウト史上でも珍しいノーフィッシュを食らったりと、スランプに陥っているのだ。以下はその敗走の記録である。

5月9日 那珂川 I君との釣行。I君がコンディションの良いヤマメをキャッチするが、自分はバラしまくりで結局ノーフィッシュ。

5月16日 鬼怒川・那珂川 朝一の鬼怒川で掛けるもバラシ。その後の那珂川ではノーバイト。

5月23日 鬼怒川・那珂川 朝は自分は鬼怒川へ。I君は那珂川へ。鬼怒川は濁りが入り、午後には那珂川へ移動するもノーバイト。

5月30日 魚野川 北関東二河川はひとまず置いておき、魚野川へ。朝の支流では25センチ強のイワナを2バラシ、20センチそこそこのイワナとヤマメをキャッチ、その後の本流では25センチ強のヤマメをバラシ。

こう見てみると、バラシがやたらに多い気がする。タックルのせいなのかしっかりとしたフッキングをしていないせいなのかは分らないが、とにかく大不調である。解禁後の桂川では結構良いペースで釣っていた気がしたのだが、この失速ぶりはどうにかしたいものである。

さて、6月に入ったところで、今後行く河川を再検討しなければならない。ひとまず一日釣りをするなら魚野川は外せないのだが、朝一だけ行くのであれば桂川を攻めてもいいかもしれない。その他新規の河川も探ってみるのも面白そうだ。

とにかくこのスランプから脱出できれば良いのだが・・・。

by pioneerfield | 2008-06-04 21:12 | travel sketch | Trackback | Comments(1)