<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 27日

2008年釣り納め

前回の潮回りから魚をキャッチしないままに、次の潮回りを迎えた。この間、いつも入るディープウェーディングポイントに潮位の高い時に入ってみたらどうよ?などと画策するのだが、バイトもなく終了したのであった。

そろそろ年末も近づき、今年釣りに行けるのも数日となった。とは言ってみるが、暦などはアングラー側の都合であって、年をまたいでまだまだチャンスはあるのだが・・・。

さて、ようやくディープウェーディングポイントに入れるようになったのは12月25日だった。この日は西南西の強風が吹き、少し追い風気味に入るものの、ルアーが真横にしか飛ばない状態だった。今回もEIJI師が来れれば来る予定になっていたのだが、結局来れず、代わりにN川さんが途中から来た。

どうも今年は自分はこのポイントで良い魚を、というよりも魚自体をあまりキャッチしていなかったのだが、始めてすぐにアムニスにヒット。サイズは60前後、といったところだが、久しぶりに手にした魚だったので正直嬉しかった。その後、同サイズがヒットするもあえなくフックアウト。

そうしているうちに潮止まりが近くなってきた。ここで右手に入っていたN川さんに3連発!サイズは全て60台だった。もうデカい魚は産卵で落ちてしまったのだろうか?その後、潮が上げてくるまで粘ってみたのだが、バイトがなく終了。

次の日はかなり冷え込んだのだが、同ポイントに5人で入る。が、昨日の釣果とは裏腹に誰ひとりとしてヒットがなく、終了した。

さて、その次の27日は今年最後の釣行日である。この日は昨日とは別のポイントに入る。風は多少あるのだが、ルアーをキャストできないほどではない。低気圧のうねりは多少残っているが、この潮位だと沖のテーブルに乗ってリーフエッジを攻められる。

実は昼間に下見兼キャスティング練習をしてみたところ(最近ミノーがどうも飛んでいない気がするので明るいうちに練習して良いフォームを身につけようという目論見である)、少ないながらもベイトが入っている様子だった。そのため、期待はできそうだった。

後からEIJI師、W林さん、K籐さんが合流する予定だが、一足先に出れるだけ出て沖目を打つ。一回バイトしてきたが、その後の反応は皆無だ。3人が合流した後も潮止まりまで粘ってみるが、W林さんが1本キャッチしたのみで、あとの3人はノーヒット、という結果に終わってしまった。

今年の釣り納めはこんな感じだった。昨年末は今年に比べると爆って終わったので、気分良く終われたのだが・・・。まあ今年の釣りは全般的にこんな感じだったような気がする。シーバスに関して言えば、守りに徹してしまい、開拓精神を忘れつつあった。危ない危ない、このままでは進歩なくシーズンが終わってしまうじゃないか。来年は何かしら新たな発見できるように頑張りたいと思う。

by pioneerfield | 2008-12-27 23:50 | miura current | Trackback | Comments(0)
2008年 12月 19日

魔のディープウェーディング週間、スランプ

さて、先週末から今週頭にかけては魔のディープウェーディング週間であり、水、土、日、月の4日間、EIJI師らと出ているのだが、どうも自分は魚から見放されてしまったようだ。

バイトはあるが、フックアップまで至らない。結局4日間でバイト3回のみ。他の方々はコンスタントにキャッチしているのに、どうして釣れないのだろうか。

で、原因を考えてみたが、まずは釣れてる日に行ってないこと。既に釣れなくなってから行っても意味がないのだが、今週は仕事が忙しかったりなどして、結局釣行回数は少なくなってしまった。

また、最近は釣れないあまりにキャストの飛距離が伸びなくなってきた。やはりキャストの飛距離が延びなければ、魚のいるところに到達できずので釣れるわけがない。これはそのうち昼間に特訓しなければならないかもしれない。

で、釣っていないので今週末は趣向を変えてみたいと思う。何も大潮だけがチャンスではないはずだ。

by pioneerfield | 2008-12-19 00:31 | miura current | Trackback | Comments(0)
2008年 12月 06日

裾野行

今回は趣向を変えて裾野フィッシングパークへ行ってみた。ここは平均サイズが40センチ(!)ということで、自分も兄も活性が高くなっていたのだが・・・・どうも釣れない。朝一で釣れるのかと思いきや意外にヒットが少なく。途中でフライに変えた兄は連発していたが、自分は半流水エリアでひたすらミノーイングで来るべき渓流のシーズンのトレーニングをしていた。これが結構釣れるもので、サイトで追ってくるのが見えるのが分かるので面白い。サイズは小さいが、レインボーとブラウンがコンスタントにヒットしてきた。

夕方はフライに持ち替えてライズしている魚をドライフライで狙っていると、良いサイズのレインボー、ブラウンがヒットした。ちなみに兄は念願のブラウンをキャッチしたのがよほど嬉しかったらしく、帰りのディナーをおごってくれた。

どうも魚が浮き気味で、表層をトレースすると食ってくるパターンが多かったが、なかなか難しいエリアである。たまにデカい魚を釣りたいときには是非また来てみたい。ちなみに流水エリアのミノーイングはかなり楽しい。ここに放流されている魚のサイズは大きくはないが、ポンドの魚よりも追いが良く、渓流ミノーイングのトレーニングには持って来いである。

さて、次週はウェーディング週間である。海へと切り替えるのだが・・・・

by pioneerfield | 2008-12-06 23:08 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2008年 12月 02日

魔のディープウェーディング週間、始まりと終わり

さて、東山道場から少し時間を戻して前日の金曜の晩。その前日にEIJI師とW林さんが爆ったという情報を小耳に挟み、いざ地元のディープウェーディングサイトへ。

が、EIJI師よりも先にポイントに到着した自分を待っていたのは・・・・うねりと濁りで荒れまくる海だった・・・。終わった・・・俺のディープウェーディング週間が。まだ始まってもないのに。おそらく午後から吹き始めた南西の風でこんなことになってしまったんだろう。めげずにルアーをキャストし続けるも、1バイトのみで撤収。どうせ明日も南西が吹き、日曜夜もうねりが残るに違いない。次回、2週間後のディープウェーディング週間に乞うご期待!!

と、思ったのだが、どうも腑に落ちない。今週は東山湖でニジマスを釣りまくっていたのにいまいち満足がいかない。と、いうか最近まともにシーバスを釣っていない。月曜は幸い潮が9センチまで下がるし、風も弱まりそうだ。この機会を逃すわけにはいかない。が、月曜の仕事帰りにEIJI師に電話をしてみたところ、どうも風が強そうなので今日は行かないという。うーむ、ならば中止するか。

と、思って帰宅し、外を見ると・・・
「あれ?風、意外になくね?」
これなら行けるかもしれない。行くかどうか迷った挙句、結局1人で行くことにした。行かないで後悔するよりも行って後悔する方がいい。

風はないように見えたのだが、現地に着いてみると横風が強かった。しかし追い風気味なのでミノーは飛ばせる。水面がざわつき、足元が見にくいので充分注意しながら沖に出て行く。雨も本降りになってきた。

潮が引き始め、リーフエッジにルアーが届く頃、待望のバイト。バラさずにキャッチしたのは60センチそこそこのプリスポーンの魚だった。そこからバイトが頻繁に出始めた。

2本目、3本目は70センチ弱の同サイズだった。今年はまだ70オーバーを釣っていないので、どうにか壁は越えたいところだが、いかんせん自分に釣れてくるシーバスはサイズがいまいちだ。それはそうと、乗らないバイトがかなり多い。横風で糸フケが出ているせいか、バイトは多いのに乗せ切れない。最近はフッキングにも気を使い始め、管釣りのスプーニング並みの巻き合わせも叩き込んでいるので、以前に比べてバラシは減ったと思うのだが・・・。

そうしているうち、少し手前で「モゾッ」というバイトが!こういうバイトをする魚はえてしてサイズが良い。案の定、ナイスサイズのようだ。充分に弱らせながら寄せてくる。雨でリールのドラグの滑り出しが悪くなり、思うようにラインが出て行かないのをなんとかロッドワークでカバーし、ようやく寄せてボガを掛ける。

d0000101_2236843.jpg
銀ピカの力強い魚体。こういうシーバスを獲りたかったのだ。


80センチはなさそうだが、一旦岸へ戻って写真を撮る。77センチの良型だった。ようやく70センチ台をキャッチだ。まだ時間はあるので再び沖へ。その後は60センチを1尾キャッチしたのみであとはバイトのみで潮止まりを迎えた。キャッチ5本、バラシ2回、バイトのみ7回ぐらいという、なかなかの好釣果だった。まあ平日に行ってるのにこれで魚が出てなかったら嫌になりそうだが・・・。

家に帰って携帯を確認したところ、EIJI師からの何回もの着信が・・・。すみません、全く気付きませんでした。安全面の上からも、今度は行く前に必ず声掛けますんで・・・。

つい月曜日から頑張りすぎてしまったが、やっぱり行かなければ魚は釣れないわけで、とにかく状況が良さそうなときはできるだけ釣りに行く、ということが重要だな。

by pioneerfield | 2008-12-02 02:45 | miura current | Trackback | Comments(0)