<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2009年 01月 25日

Tokyo Bay Rock Fish Game

さて今週はオカッパリから離れて、EIJI師とそのご友人と共にボートで出ることになった。そう、東京湾のロックフィッシュ&シーバスゲームである。自分は初めてなので、前日からタックルを色々と考え、とりあえずメバルロッドでアストラと、バスのテキサス&ジグ用のGLX、シーバス用にサイト6.4Mを用意していったのだが、結局シーバスは狙わないということで、完全に根魚オンリーとなった。

出船は午後3時。夕マズメから夜にかけて東京湾の工業地帯をテキサスリグとジグヘッドリグで撃ちまくるわけだ。明るいうちは主にアイナメ狙い。が、自分には釣れませんでした・・・・。バイトのみ。

夕方になってメバルの反応が出始めると、ロッドをGLXからアストラに持ち替えて中層狙いに。壁際に3グラム程度のジグヘッドを落とし込んでいくと、ついにバイトが!ようやく乗せた。が、メバルではないようだ。上げてみるとムラソイだった。

ムラソイをもう一匹追加したところでボトムで釣っていた他の方々に反応が出始め、カサゴの入れ食いモードに。自分もジグヘッドをボトムに沈めてカサゴを連発。ちなみにメバルロッドに3ポンドのリーダーを使っているので、バイトがあったらひたすら巻き合わせ。どうも普通にシャープに合わせると根に潜られそうだし、ラインブレイクしそうなので怖かった。

カサゴの反応がなくなってくると、今度はテトラ際でメバル狙い。テトラに沿わせてジグヘッドをカーブフォールさせると反応が良かった。それにしても周りは結構良いサイズを釣ってるのに自分に来る魚はどうも小さい。釣っている魚種はムラソイ、カサゴ、メバルと多彩なのだが(ちなみに根魚5種をキャッチすると根魚グランドスラムの達成である)、サイズに伸び悩んだ。

最後にEIJI師のクーラーボックスに4人分の魚を詰め込んだのだが、ほぼ満杯となった。根魚でクーラー一杯になるのは凄い。

今回は自分にとっては新たな釣りだったのだが、予想外に面白かった。オカッパリでは20センチぐらいのサイズが釣れれば良い方なのが、ボートで出るとそれがレギュラーサイズというのが気に入った。今度はスピニングの白震斬あたりをもう一本追加してまた行きたいと思う。いやー、面白かった!

と、東京湾ボートロックフィッシュゲームを体験してから、どうも最近オカッパリでメバルを狙う気がだんだんと消失しつつある。うーむ、まずい傾向だ。と、言いつつも夜な夜な釣りに出かけてしまいそうだが・・・。

by pioneerfield | 2009-01-25 23:01 | miura current | Trackback | Comments(0)
2009年 01月 18日

自宅のまわり探索

今日はですね、いつも釣っている河口付近もチェックするが、自宅から一番近い場所(と言っても徒歩で15分ぐらいはかかる)に探りをいれてみた。

ここは数年前に一度釣ってみたのだが、サイズは小さいがそこそこ釣れた記憶がある。とは言っても数年前の情報などあてにならないのでさほど期待もせずに行ってみたのだが・・・・

これが結構釣れた。サイズは15センチ弱が主体だが、ここの近くの堤防で釣れるサイズが10センチにも満たないことを考えれば上出来だ。まあ足場があまり宜しくないし道路っぱたで車がバンバン通るので非常に釣り辛いが、それだけあって誰も攻めておらず、つまりは竿抜けポイントである。食い方も活性が高そうな食い方で、アストラを使っていてもワームを飲まれ気味なケースが多かった。ワームもバークレーを投入する必要もなさそうだし。短時間で20匹ほど釣ったところで丁度潮止まりの時間到来でバイトがなくなり、さらには雨がパラついてきたので納竿。

今週は土日出勤だったので良いストレス発散になった。このまま釣りもできず来週1週間労働に従事してたら間違いなく具合悪くなるに違いなかった。危ない危ない。これで当分夜の遊び場には困らなそうである。

by pioneerfield | 2009-01-18 23:31 | miura current | Trackback | Comments(1)
2009年 01月 17日

メバル釣りを読み解くキーワード

自分的メバル釣りをキーワードで紹介。

●ウェーディングメバル
 その名の通り、ウェーディングでメバルを狙うこと。過去に数回やったのみだが、ほぼ毎回入れ食い状態で、まさにメバルの桃源郷を味わえる釣り。難点は準備が面倒なことだが、釣れるので文句はない。岩礁帯がメインだが、場所によっては干潟でもできるところがある。

●フロートリグ
 近年のメバル釣りの定番リグ。別名「飛ばしウキ仕掛け」または「メバトロ」。遠くのサーフェイスレンジをマイクロワームで探れるのが利点だが、仕掛けを作るのが面倒。ヘビーキャロライナリグに似ているので、リーダーの先にはフックを結んでワームはノーシンカー状態で付けてしまいそうだが、そもそもキャストをアシストするためのものなので、自身はリーダーの先にジグヘッドを付ける。ジグヘッドリグの水平にスイミングする動きがキモで、ノーシンカーではこの動きは出せない。

●PEライン 
 0.3号という極細PEが出始めたので使用している。使い慣れればナイロンよりもトラブルが少なく、飛距離も出せる。難点は風に弱いこと。風が強ければリトリーブのスピードでコントロールする。ちなみに通常使用でリーダーはフロロの3lbs。

●デッドスローリフト&フォール
 昔からよく使うメソッド。表層~中層でジグヘッドリグをスローにリフト&フォールさせるメソッドで、ストレートリトリーブでは反応が悪い時に効く時がある。水中写真などで見るとメバル斜め上を向いて漂っていることが多いようだ。そのため、スローに浮き上がっていくものにはすこぶる反応が良い気がする。

●ワイヤーベイト
 数年前から試作して使っているのだが、結果が出てきてから詳しく紹介したいと思う。

●川メバル
 別に「川メバル」というメバルがいるわけではなく、川でメバルを釣ること。河口付近が海との標高差がない都市型河川では結構川に入ってくるメバルは多いと思う。地元の川では河口ではメバル狙いの人が多いが、川の中までは誰も釣っていないのでほぼ独占状態である。過去に釣り上がって行ったときには実に河口から900mの地点でも釣れた。海よりも水温が低いせいか海ではメバルの反応がなくなってくる初夏にも釣れるので、穴場的な存在。

●バークレー
 バークレーのワームには匂いがついており、昔からよく使っていた。最初はマイクロクローラーなど、細身のワームを使っていたのだが、そのうち形はあまり関係なく、とにかく匂いが付いていれば問題ないことが分かってきて、一番大きいパワーホッグ5インチを千切りにして使っていた。これが結構釣れた。最近ではガルプ!シリーズのベビーサーディンを使っているが、文句なしに釣れるワームだ。難点は何匹か釣ったらすぐに切れるのと、密封したパックや容器などに入れておかないと水分が抜けて乾いてしまうこと。

by pioneerfield | 2009-01-17 23:50 | miura current | Trackback | Comments(0)
2009年 01月 17日

自分的メバルロッドの考え方

最近、色々と試しているうちにメバルロッドがもう一本欲しくなった。ここ最近で各社からメバル専用のロッドが次々と発売され、選ぶ側としては選択肢が広がったのは良いことなのだが、これだけ選択の幅が広がると逆に迷いが生じてしまうわけで・・・。そこで暇つぶしに「自分メバルロッドの考え方」を述べてみた。

メバルという魚がルアーフィッシングのターゲットとして認知され、ソフトルアーで狙われ始めた頃、メバル用のワームと言えば夜光ネジワームとエコギアのグラスミノ―SSだった。その後オフトからスクリューテールグラブがリリースされると、メバルの人気は一気に高まった。自分も最初は、メバルは根魚だからということでボトム付近を探る釣り方が中心だったのだが、中層でのヒットが多いことが分かり、さらには明かりのある場所では表層まで浮いてくることが分かってくると、ジグヘッドリグのスイミングが鉄壁となってきた。

ちょうどその頃にTIFAからソルトウォーターのソフトルアー専用ロッドとしてスウェルズ・オーシャンセンシティブシリーズが発売されていて、シリーズの一つに63EXLマイクロが加わった。このロッドはまさにジグヘッドリグを使った中層スイミング専用ロッドであり、メバルを主なターゲットに据えた初の専用ロッドと言えるだろう。それまで、周りではトラウトロッドを使うアングラーが多かったのだが、63EXLマイクロが単にトラウトロッドの流用でなかった点はそのテーパーデザインだった。

端的に言うと、マイクロは2ピースの#1のみがパラボリックに曲がり、#2のバットパワーが強く、かつ低弾性な極端なロッドだった。しかし、つくづく今このロッドを見ると、このロッドのデザイン(多分、田辺哲男さんがデザインしたのだと思う)は、相当考えつくされて出されたものだと思う。メバルのバイトの仕方は、ルアーを水と一緒に吸い込む「吸い込み型」だ。ジグヘッドのスイミングはリトリーブ主体の釣りであり、この場合、低弾性でパラボリックに曲がるロッドの方が口に吸い込ませやすい。例えばバス用のクランクベイトロッドを見てみると分かるのだが、カーボンよりも弾性率の低いグラスを使って、パラボリックに曲がるように作られているものが多い。しかしただパラボリックに作ればいいかというと、メバルロッドの場合はそう単純ではないはずだ。メバルが釣れるポイントはオープンウォーターだけならばまだしも、テトラ、海藻帯と、バラエティに富んでおり、バットにはある程度のパワーを残しておかなければならない。管理釣り場のトラウトロッドのようにバットまでパラボリックに曲がるロッドでは、根のきつい場所では心許ないのだ。だからと言ってロッド全体にパワーを持たせてしまうと、最も多用する1グラム程度のマイクロジグヘッドがキャストし辛く、全く扱えないロッドになってしまう。63EXLマイクロは、それらをティップからベリーまでをパラボリックにし、バットを強化するという、極端なテーパーデザインで実現していた。おそらく史上初のメバルロッドとしてリリースされた時点でそれらの必要条件を高レベルでクリアしていたことを評価したい。

その後にリリースされ、現在も自身が使用する80EXLマイクロはそのロングバージョンとして追加されたもので、コンセプトは63と同様だが、ティップをさらに繊細にすることで吸い込ませやすい作りになっている。

さて、メバル用のソフトベイトとジグヘッドが各ルアーメーカー、フックメーカーから次々にリリースされ始めると、ロッドの種類も増え始める。しかしこの頃、メバルのロッドの主流となっていったのは極細のソリッドティップを用いたものだった。ソリッドティップのロッドは、オフトのウォーターサイドあたりが始まりだったと記憶しているが、そもそも日本のルアーロッドでソリッドティップを最初に採用したのはダイワのTD-LTというバスロッドで、その頃主流になっていたスプリットショットリグなどのライトリグにおいて、チューブラーに比べると格段にバスのバイトを弾かず、バイトに追従して入るティップを持ったロッドだった。

自身もTD-LTの後にリリースされたTD-Sのソリッドティップのロッドを使っていたのだが、確かに小さなバイトでも魚に違和感なく食い込ませることができるロッドだった。しかしその反面、チューブラーよりも細く、しなやかなためバイトを感じにくいロッドでもあった。また、ソリッドティップのロッドはシンカーがボトムに着いていたり、フォーリング中でテンションが掛かっていない状態では食い込みが良いが、逆にリトリーブの釣りには向かないロッドだと感じた。

で、メバルの方ではどうなのかというと、実は自分ではソリッドティップのロッドを人から借りた程度にしか使ったことがないのである。借りた程度での感想になってしまうのだが、どうも自分には「勝手に掛かってしまってる感」があり、苦手だ。バイトを感じずにメバルがフッキングしていたことがしばしばで、完全にハリ掛かりしてしまった状態で初めて手に伝わってくる感じがどうも慣れなかった。また、ジグヘッドが軽量といえども、リトリーブしている状態ではロッドティップには常にテンションがかかっているわけだが、この状態でメバルがバイトするとソリッドとチューブラーとの継ぎ目の部分までテンションがかかる。ソリッドティップのロッドを曲げていくと、大抵のロッドは継ぎ目部分から硬くなっていくので、メバルがジグヘッドを吸い込んで反転する時にはティップだけが曲がってベリーが追従して曲がらない。そうなるとどうもバレる確率が増してしまう気がしてならない。リグがボトムに着いていたりフォール中でテンションが掛かっていない状態と、リトリーブ中にテンションが掛かっている状態とでは、バイト時にロッドがどこまで曲がるかが違ってくるのだ。

最近のメバルロッドの傾向を見てみると、結局のところソリッドティップかチューブラーかに大別されてしまうのだが、ソリッドは「オートマチックに乗せるロッド」、チューブラーは「ポジティブに掛けるロッド」と考えられている。しかし自分としてはメバル狙いでリトリーブの釣りを中心に据えるのであれば、チューブラーの方を選択したい。ということで最近までずっと80EXLマイクロを使用し続けてきたのだが・・・ここ最近、相模湾の濃いウィードエリアを攻略したり、フロートリグやワイヤーベイトを使い始めたり、ラインをPEにしたりと、自分のメバル釣りが徐々に変わりつつあるので、ここらでもう一本追加してみようということになった。基本的にはマイクロよりもパワーレンジが上でレングスは8フィート以上、当然チューブラーとなると選択できるロッドはかなり絞られてしまうのだが、それに加えてベリーまで曲がるロッドとなるとほぼ皆無に等しかった。最近のチューブラーのロッドはソリッドティップと同様EXファストテーパーのものが多いらしい。そんなチューブラーのロッドの中で選び出したのが・・・

d0000101_016459.jpg


ゼナック アストラS83 である。

このロッド、一見硬い。メバルというよりもカサゴの方が合いそうなロッドだと思いきや、実際にラインを通して使ってみると、意外にもベリーまで曲がる。マイクロほど低弾性ではなく向こうアワセで乗せられる感じはしないので、手首を動かす程度にフックングを入れているのだが、バイト→即アワセが気持ち良いロッドだ。まだ2,3回ほどしか使っていないので何とも言えない部分はあるのだが、欲を言えばもう少し曲がりの支点をバット側に下がっていた方が個人的には好きだ。そうは言っても、高弾性素材を使えば軽くて細いロッドが作れるところをあえて中弾性気味の素材で作っているところが気に入った。ロッドは何でもかんでも高弾性化しすぎている気がするが、実際にキャストからリトリーブ、フッキングまでの一連の動作をそつなくできるのはこういったロッドなのだ。

無理に例えて言うなら、マイクロはクランクベイトロッドでアストラはスピナーベイトロッドという感じだろうか。これからは、ナイロンラインセッティングでジグヘッドを使い、中、小型を数釣ってロッドの曲がりを楽しみたいならマイクロ、PEラインで大型狙い、色々なリグを試したいならアストラという使い分けになる予定である。しかしとりあえずはアストラをもう少し使い倒してマイクロと決定的にどこが違うのかを詰めたいと思う。

by pioneerfield | 2009-01-17 23:20 | miura current | Trackback | Comments(0)
2009年 01月 10日

魔のディープウェーディング週間-EXTRA

メバルゲームの新たなるステージ。それは・・・岩礁帯シャローである。とは言っても、年末までシーバスを狙っていた場所でウェーディングのメバルゲームをやろうというだけのことだ。

ウェーディングでメバルというと、「メバルでわざわざそこまでするのか」と言われそうだが、魚にアプローチするのに有効な手段であれば、やらないよりもやった方が絶対に良い。確かにメバルは手軽に釣りに行ける魚ではあるが、自分としては手軽なことは決してメバルの釣りの醍醐味ではない。多少準備が面倒であっても、それで良い魚が手にできたり、入れ食いを味わえたりするるのであれば率先してやるべきだ。

と、前置きが長くなってしまったが、本日は幸いにも魔のディープウェーディング週間に入っている。しかし北西の強風で、いつもシーバスで入る側ではほぼ100%不可能なので、湾内に向かってキャストしなければならない。

で、肝心の釣果だが、結果から言うと・・・

スーパー入れ食いだった。

d0000101_113969.jpg
さすがに誰もマークしていないポイントなので、1キャスト1フィッシュ状態が延々続いた。サイズは15センチ前後が中心で、大きくても20センチ止まりだったが、1キャストの間に3,4回もバイトがあるから、相当数のメバルがいるのだろう。そういえばシーバスを釣っていてもよく岩盤の下からメバルが出てくるのをよく見かけた。

最近ではメバルを狙う人も多くなってきて、足場の良い堤防などでは既に激戦区になりつつあるが、やはりウェーディングメバルなどまだまだ少数派だけあって、凄まじい釣れ方だった。そしてメバルを釣っていてしばしばヒットする魚といえば・・・・

d0000101_1132479.jpg
なぜか本命で狙っているときには釣れないこの魚である。ヒットした後にどうも水面でバシャバシャやっていると思ったら、シーバスだった。リーダーはフロロと言えども3lbなので、慎重に寄せながら浅場に誘導してランディング。ジグヘッドを飲み込まれていなかったので何とかラインブレイクせずにキャッチすることができた。

その後もメバルはひたすら釣れ続いたが、きりがないし、寒さもしみてきたので、潮止まりの時間とともに撤収。久しぶりに入れ食いを味わうことができた。

さて、明日も行ければ行きたいと思うが、相模湾側の良型メバルも気になる・・・。どうしようか。

by pioneerfield | 2009-01-10 23:53 | miura current | Trackback | Comments(3)
2009年 01月 04日

RH

d0000101_2353152.jpg
レッドヘッドほど日本に定着したカラーはないと思う。シーバスのルアーフィッシングは欧米からもたらされたルアーフィッシングが日本の海で発展した。独自の変化を遂げ、日本のオリジナルのゲームとなってきたシーバスフィッシングの中で数々のルアーが生まれてきたが、レッドヘッドというカラーは未だに当然のごとくラインナップに入れられている。

写真は良く使うシーバス用ルアーたち。ここ数年は全部レッドヘッドで通しているが、一口にレッドヘッドといってもオーソドックスなレッドヘッドパールから、定番のレッドヘッドホロ、そしていまいちマイナーなレッドヘッドクリアと、3色のローテーションをしていて、特にこれらで不自由はしていない。

大抵のメーカーではレッドヘッドパールとレッドヘッドホロはラインナップされているのだが、何故かレッドヘッドクリアはラインナップされていることが少ないので、わざわざカッターで削ってレッドヘッドクリアを作っていたりするのだ。

by pioneerfield | 2009-01-04 23:53 | miura current | Trackback | Comments(4)
2009年 01月 02日

2009年初釣行

さて、年も明けて2009年最初の釣行は何処にしようか?そして何を釣ろうか?と考えていた。シーバスを狙いに行くにも下げ一杯で50センチもあるのでディープウェーディングは難しい。そうなればここはいよいよメバルを狙いに行くべきでは?

何を隠そうここのところ、着々とメバルのタックルを揃えたりしていたので、準備は万端だった。いつもは東京湾のところを、今日は少し遠出してみるゼ。と、いうことで到着したのは三崎港のそばの堤防。ここの周辺は小磯になっていて、いたるところに岩盤が入っている。その岩盤の際に着いたメバルを釣っていこうという魂胆である。

釣り始めは漁港のスロープの側から。ジグヘッドで探っていると13センチぐらいのメバルが早速ヒット。小さいながらも幸先の良いスタートだ。移動しながら広く探っていくと、バイトは結構ある。が、魚が小さいのかフッキングまでには至らない。

春のハイシーズンのようにどこにでもメバルがいるような状態ではないので、一箇所で粘るのは非効率的だ。さすがに正月の2日とあって、ほかに釣り人は皆無だ。・・・と、思っていたところ、漁港から張り出した小さな堤防に釣り人が一人。丁度潮止まりとなって中りがなくなったのか、帰るところだった。

誰もいなくなった堤防に入って少し沖目を1グラムのジグヘッドリグで探る。と、反応はすぐにあった。根がかりかと思ったのだが、すぐにティップがゴゴゴッと入る。サイズはそこそこ良さそうだ。慎重にランディングすると20センチオーバーだった。まだ他にもこのサイズが固まっているかもしれない。と、次のキャストでもバイト!今度はさっきよりもサイズが良さそうだ。根に巻かれないように半ば強引に浮かせつつ、ランディングすると、今度は25センチに迫る大型のメバルだった。その後も、20センチオーバーを追加して終了した。

これは今年の釣りは初っ端から良いのではないか?!それはそうと久しぶりにメバルの釣りを堪能したので、またハマってしまいそうですな。これまではどちらかというとジグヘッドリグ一辺倒だったが、今回は色々と使ってみようと思う。新システムもちょっとテストしてみたので、その辺は次回あたりにでもじっくりと使い倒してみようと思う。

by pioneerfield | 2009-01-02 23:48 | miura current | Trackback | Comments(0)