<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2009年 04月 18日

眠い日

d0000101_0183528.jpg
眠さに耐えながら片道3時間の道のりを走ってようやく川へと辿り着いた。4月も半ばになり、本格的な渓流シーズンとなろうとしているのに、気力はあっても体力的に厳しい時期が訪れている。

釣友のI君はといえば、最近勤務形態が変わったらしく、基本的には土日休みになったらしい。と言うことは今後は彼との釣行が増えるのだろうか。がしかし今回は別々に行くことにしている。そのほうが思い思いの場所に入れるというわけだが、帰りの温泉ぐらいは一緒に行こうぐらいの約束はある。

さて、釣りの方だが、先週の夕方に良かったポイントに朝入る。時間を変えて攻めてみると違った結果が得られるかもしれない。そう思って本流を遡っていくのだが、どうも魚の反応は薄い。朝で若干水温が下がっていることを見越して釣り上がりながらもダウンで流すと、ようやく待望のヒットがあった。ネットに魚を収めて写真を撮る準備をしていると、気付くと上流からフライの釣人が下ってきた。

d0000101_0152760.jpg
いつもこの周辺で釣りをされている方のようだ。何回か見掛けているし、先週も夕方に会った。挨拶を交わして上流を攻めても良いかどうか聞いてみると、快諾してくれた。地元アングラーらしい余裕がある方だ。

フライで攻められているからといってルアーで全く釣れないというわけではない。その証拠に若干流れが緩くなった瀬尻から8~9寸ほどのヤマメが食ってきた。適当に誘導できる場所が無かったので残念ながら足元でバラしてしまったが、良型ではある。

しかしその後はさっぱりだった。本流のこの区間は攻め終わって、車まで戻る途中、支流の合流部にある堰堤を試しに攻めてみることにした。支流からの水は白く濁っている。この川にありがちな生活廃水のような濁り方だが、えてしてこういう場所にも魚はいるのだ。表層からは何の反応も得られなかったので、アレキサンドラをヘビーウェイトに変えて、ボトムまでカウントダウンし、トゥイッチした。

ティップが持っていかれた。狭い場所だけにファイト時間も短く河原へと抜き上げた。26センチの良型のヤマメであった。しばらく眺めて元の流れに戻し、安心すると午前中だというのに眠さが再び襲ってきた。


Tackle
Rod:サーフェイストゥイッチャーボロンSTS-701MN-Si
Reel:トーナメントエアリティ2506
Line:アヴァニシーバスMAXパワー0.8号
Lure:アレキサンドラ50、50ヘビーウェイト

by pioneerfield | 2009-04-18 23:35 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2009年 04月 11日

終る桜

d0000101_23285223.jpg

近くを流れていた桜の花を添えた。やはりヤマメには桜が似合う。


夕刻に強い風が吹いた。
散りはじめた桜の花は宙を舞い、川面に漂い、やがては流れの緩い川岸に寄せられていた。こんな中で川を遡ることができるのは年に一度だけである。そして桜の花が似合うのはニジマスでもイワナでもなく、やはりヤマメだということを思う。

初めて訪れた場所なのでじっくりと探りたいのだが、タイムリミットは迫っていて、既に周囲は薄暗くなりかけていた。このまま退渓できるポイントが見つからないまま真っ暗になってしまってはいけない。そうは思いながらもいかにも魚が出そうな場所は丁寧に流してしまう。

d0000101_23312059.jpg
支流のヤマメらしくパーマークはくっきりとし、茶色がかった魚体である。こういうヤマメも良い。


案の定、魚は出た。25センチほどのパーマークがまだくっきりとしたヤマメだった。側に打ち寄せられていた桜の花とともに写真に収めた。

この日は本流を開拓するつもりだったのだが、午前中の少しの間、支流を遡った。減水気味の中で、魚の反応は悪かったが、成魚放流が多い中で珍しく綺麗なヤマメを釣って満足してから、いよいよ下流の本流域を探りに行った。

d0000101_23324536.jpg
ようやく辿り着いた瀬から連続してヤマメが出た。岩肌を乗り越えて来た甲斐があったというものだ。


桂川の下流域は国道からはるか下の谷間を縫って流れ、周囲を岩盤に囲まれている。釣に来たのだかロッククライミングに来たのだか分からなくなるような(とは言っても本格的なロッククライミングであるはずもないのだが)場所を越えていくと、一筋の瀬を見つけ、そこでヤマメが連発で出た。どれもサイズは20センチそこそこといったところだが、これから盛期になるにつれて有望なポイントをまた一つ見つけたことは喜ばしい。

そこで午後は上流域に戻ってまだ釣り歩いたことのない区間を上って行くことにした。釣りができる時間は良くて2時間といったところだが、水温が上がって瀬に出始めた魚を狙うのには時刻だ。

良さそうな瀬が連続していた。アップストリームでミノーにリズミカルなトゥイッチを与えていくと、魚の反応はすぐに出た。ヒラッと銀色が反転し、ロッドを持つ手に感覚が伝わった。痩せてはいるが良いヤマメだった。流れの緩い岸辺に寄せてネットで掬うと、何枚かの桜の花びらも一緒に掬い上げられた。

気が付くと風が吹き始めていた。

d0000101_23345688.jpg
こうして桜が漂う中で釣りができるのはわずかな時期だけしかない。貴重な時間である。


Tackle
Rod:サーフェイストゥイッチャーボロンSTS-77-Si
Reel:イグジスト2506
Line:アヴァニシーバス0.8号

Rod:サーフェイストゥイッチャーボロンSTS-701MN-Si
Reel:トーナメントエアリティ2506
Line:アヴァニシーバスMAXパワー0.8号

Lure:アレキサンドラ50、50ヘビーウェイト

by pioneerfield | 2009-04-11 23:54 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2009年 04月 04日

桜は満開だったが・・・

d0000101_9394424.jpg
朝方にキャッチしたヤマメ。この時はまだ良かったのだが・・・


桜が咲き始める頃、桂川のヤマメが水面を漂う昆虫にライズするのをよく見かける。この頃になるとフライの釣人はようやく本格的なシーズンの到来ということだろう。プールでライズ待ちしている人をよく見かける。

一方、ミノーイングオンリーの自分には、この時期は魚の姿は確認できるものの、ミノーへの追いが一時的に悪くなっている気がしてならない。虫を捕食している魚にはいくらミノーを近くに通しても全く反応がないのだ。とは言っても誰もが竿を出さない竿抜けのポイントにミノーをと通すと一発で食ったりするものなのだが。そういう魚は水面に執着しておらず、プールから少し離れた瀬に入っている。

そういうわけで個人的にはこの時期は実は少し苦手だった。一日を通しても魚の着き場が激しく変わる上に全体的に魚が散らばっているので攻める場所を迷ってしまう。

この日も朝方に瀬からのヒラキで20センチを少し超えるぐらいの魚を2匹掛けたあとはどうもさっぱりだった。釣れるには釣れるがサイズがいまいちだった。新しいポイント開拓も兼ねて本流を中心に歩き回っていた。

やはり先行者がいる場所はどうしても魚が出にくい。ミノーイング自体がプレッシャーの掛かっていない高活性な魚をターゲットにしている釣り方なので、叩かれていない場所をいかに数多く回れるかが鍵だ。

しかし今回は事態が違った。ふと気付くと背中にマグネットリリーサーで付けていたランディングネットが無かったのだ。どこかで落としてしまったらしい。何回か藪こぎしていたので、午前中に回ったポイントを探し回ったのだが、とうとう見つからなかった。

数年前に自作して愛用していたネットだったのでそれだけ思い入れも少なからずあったのだが、河岸ならまだしも水中に落としてしまっていたら見つけるのは非常に困難だ。残念だが、諦めるしかなかった。桜は満開で気持ちの良い季節なのだが・・・・。

Tackle
Rod:サーフェイストゥイッチャーボロンSTS-68-Si
Reel:イグジスト2506
Line:アヴァニシーバス0.8号

Rod:サーフェイストゥイッチャーボロンSTS-701MN-Si
Reel:トーナメントエアリティ2506
Line:アヴァニシーバスMAXパワー0.8号

Lure:デンス50US、アレキサンドラ50ヘビー

by pioneerfield | 2009-04-04 23:01 | travel sketch | Trackback | Comments(0)