<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 27日

遠くの川へ

d0000101_23533665.jpg



自分の住んでいる半島から、トラウトが棲む河川まで行こうとすると、高速を飛ばしても少なくとも1時間は掛かる。桂川だって下道を走って余裕で3時間は掛かるし、利根川や魚野川、鬼怒川となると高速を使っても3時間では着かない。

だったら中途半端に遠い場所ではなく、思い切ってさらに遠くの東北まで足を伸ばした方が良い・・・。高速代も川口の料金所から盛岡まで1500円(!)だし、毎週末に不眠の片道3時間のドライブを敢行しているのだから、ちょっと長い時間(倍以上だが)運転して、景色の良い場所で良い魚に出会えるのならば行かない手はない。


8月末に1週間かけて岩手の河川を回った。帰ってきて普段の生活に戻ると、そのときの感覚が体に染み込んだまま眠りから覚めたような、寝覚めが悪いような感じで日々を過ごしていた。

その翌々週、自由に使える時間は土曜日のみだったが、再び猿ヶ石川でロッドを振っていた。まるで前の晩に見ていた夢の世界に戻ったような感覚だったが、しかしそう全てのことが上手く運ばれるわけではない。

その日の朝にバラした魚は良いサイズだった。アレキサンドラにチェイスした姿を見てデカいと思った魚が、その後投げ続けたDダイレクトにバイトしたのだが、体を二、三くねらせるとフックが外れた。

夕方に瀬で掛けた魚も外れた。フックアップの直後、ジリジリとドラグを出してフックが外れた。3回当たって3回とも外れた。これでは当然シーズンを終われない。終わらせられる気分ではない。


そして9月の最終週、7時間半の道程を経て、再び猿ヶ石川へ。今度は日曜の朝までできるし、せいぜい気張らず釣っていこう。そっちのほうが自分にも魚にも良いはずだから。

そんな気分で1か月前とは打って変わってすっかり黄金色に染まった遠野の田圃を眺めながら、肌寒い秋風の中を、葦を掻き分け川へと下りていく。

d0000101_0304025.jpg



結果から言うと今年3匹目の尺ヤマメが出た。もう秋ヤマメの中の秋ヤマメという最高に格好いい雄の魚で、婚姻色の出方も泣きたくなるほど完璧だった。少し痩せているのは別にして、31.5センチと、またミリ刻みの計測だけど、この秋ヤマメに出会えただけで、もう自分の中で今年の釣りは閉じられてしまったみたいだ。

d0000101_0311094.jpg


それからの話をすると、すぐ後に28センチという微妙なサイズを釣ったことも、次の日の朝にフックに鱗を残して消えたおよそ尺ぐらいのヤマメのこともあるのだけと、すべて来年する釣りの話の序章ぐらいにしておきたい。

遠くの川へ。また来年も遠くの川へ行こう。

by pioneerfield | 2009-09-27 23:20 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2009年 09月 05日

桂のシーズンなのだが・・・

今年の桂川は尺ヤマメがかなりの数出ているらしい。そんな情報を手にしたのはつい最近のことだったが、何故か気が進まなかった。前回の岩手釣行の気分から抜け出せないからだろう。釣人の少ない川で魚が釣れる川、さらには景色の良い川となると関東の何処を探しても見つからないのだが、とは言っても貴重な9月の週末を無駄に過ごすのも勿体無いので、とりあえずは桂川へと向かった。

朝一に入ろうとした本流では、既に何人かの釣人の姿が見られた。ちょっと前ならばがっかりするのと同時に躍起になって次のポイントへと向かっていただろうが、そういう気分にもなれなかった。

仕方なく、支流の中でも人の入るのが少し難しそうな区間に入った。朝はまだ早いせいもあって、水深の浅い瀬からはヤマメが活発にミノーを追ってきた。時折、ニジマスもヒットした。魚の数としては岩手の支流とひけを取らなそうだが、とにかく両岸を覆うアシの間を縫ってキャストをしなければならないので攻め辛いことこの上ない。

人があまり入らない区間とは言え、ここも桂川の支流らしくゴミが多く(とは言ってもこの川の下流部や本流に比べると少ない方なのだが・・・)生活廃水が流れ込んでいる場所もある。釣り上がりながら、いつもであればそんなことは気にせずに魚の反応を伺っているのに、何故か今日は気になってしまう。

自分の中でこの釣りに対する考え方が変わってきていた。ただ釣りができれば良い、魚が釣れれば良いというだけでは無くなってきた。休日一日をかけて釣りをしながら過ごすのだから、その質を高めたいと思ったとき、心躍る気分でルアーをキャストできるフィールドに行きたいと思った。

そんな迷いがあったせいかどうかは分からないが、この日はバラシばかりで、ようやく25センチほどのアマゴをキャッチたのみで、あとはさっぱりだった。9月の桂川はビッグフィッシュにめぐり合えるチャンスが高い。そうは分かっているのだが・・・・

by pioneerfield | 2009-09-05 23:17 | travel sketch | Trackback | Comments(0)