<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 29日

残暑、夏から秋へのヤマメ旅

8月も終わりになろうというけれど、

相変わらず関東地方は30度を超える日が続いていた。

そんな折に遅い夏休みをとった僕は、岩手へと旅立った。

勿論、良いサイズのヤマメが狙いだけれども、

どうせなら最近手に入れたレンズで色々な川の色々なヤマメを撮ろう。

山間の渓に行けば、秋らしい魚が遡上を開始しているかもしれない。


d0000101_15374462.jpg

開けた支流のヤマメ。ヤマメ本来の赤紫色掛かった銀色だ。


d0000101_153833.jpg

藪が濃く、薄暗い支流のヤマメ。くすんだ茶色の色が濃く、野性的だ。


d0000101_15382655.jpg

その川の上流で、オレンジが濃いヤマメが釣れたが、標高もある場所なので婚姻色が出始めているのかもしれない。


d0000101_15385532.jpg


とは言っても、やはり去年に良かった猿ヶ石川はチェックしておきたい。

でも、何が原因なのかは分からないが、去年とは違った濁りが入っている。

時折ヒットして強烈な引きを見せるのは残念ながらアブラビレの無い魚ばかりだ。

水の中もまだ夏の様相で、この川ではヤマメよりもウグイやニゴイの方が

まだ優位な場所を占めているらしかった。

d0000101_15391112.jpg


峠を一つ越えた別の水系でようやくヤマメを手にした。

小さいけれどようやく目的の魚にありつけた。

この川でもヤマメは流心にいて、まだまだ夏の追い方をしているようだった。

d0000101_15392636.jpg


d0000101_15424999.jpg


d0000101_1543143.jpg


閉伊川の本流も何箇所か攻めてみた。

これも銀色がまだ強い夏のヤマメ。

細身だけれど、良い魚だ。

d0000101_1543213.jpg


d0000101_15434336.jpg


d0000101_15435676.jpg


藪を掻き分けて、少し薄暗い支流に入っていくと、茶色がかったヤマメが多かった。

ここで手にしたのは大きくても8寸ちょっと。

それより大きな魚は全てフックを外して、淵へと逃げていった。

千載一遇のチャンスをものにできないのは今に始まったことではないけれど、惜しかった!

バラした魚は全部ウグイだったことにしておこうか(笑)

d0000101_15441389.jpg


d0000101_15442496.jpg


閉伊川の支流から遠野へと向かう途中、高原を走った。

岩手では山あいに牧場が広がっている場所が多く、この道も牧場の中を走っている。

時折車を停めると、そこではもうセミも鳴いておらず、静かにアキアカネが飛んでいるだけだった。

d0000101_15503573.jpg


遠野に戻って猿ヶ石川を夕方に釣ってみた。

瀬の中にミノーを落とすとすぐにティップだけが入って、それだけだった。

良さそうなサイズのようだったけれど、次の一投で釣れたのは8寸強のヤマメ。

砂の川らしく、白っぽい魚体が印象的だったけれど、これが今回の最大魚。

d0000101_15445272.jpg


結局尺ヤマメには出会えなかったけれど、今回も色々な場所を開拓できたのが次回への糧になるはず。

秋の魚を少しは期待していたけれど、川はまだまだ夏の感じだった。

とは言え、もう水田には稲穂が垂れている。

さて、今年もいよいよ残り一ヶ月となったね。

by pioneerfield | 2010-08-29 15:42 | ST Expedition | Trackback | Comments(0)
2010年 08月 07日

今週は・・・

d0000101_23275512.jpg



先週に調子の良かった支流に朝一で入ったものの・・・

どうも魚の反応が宜しくない。先週はやはり前々日に雨が降って水の具合が良かったようだ。

これ以上やってみても場所を荒らすだけなので、二時間で撤収。
9時過ぎには自宅に戻ってきた。

午後は厚木の釣具店へ。この日はパームスのロッドの展示即売会をやっていて、飯田さんとも話ができた。
色々と貴重な話が聞けて、残り少ない渓流シーズンに気合が入るというもの。

さて来週末は長野に行く予定があるので、釣りができる時間があれば良いが・・・どうでしょうかね。

by pioneerfield | 2010-08-07 23:17 | travel sketch | Trackback | Comments(0)