<   2010年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 09月 29日

シングル・セッティング

d0000101_2352287.jpg



キャスティングの技術向上を目指してシーズン当初にシングルフックにしたものの、
やっぱりフッキング率が悪かったりと、途中でトレブルに戻していたりしていた。

しかし、夏が進むにつれて伸びた葦の際ギリギリに躊躇なく落とすため、
再びシングルへと付け替えてしまった。
今のところベストなセッティングは、テールフックにカスケットの「ループノットフック」を使用。

管付きの普通のシングルフックよりも口の奥にザックリと刺さることが多いので、バレにくくなった気がする。

今年はタックルを去年までと大幅に変えたので、フックに限らず色々と試していたのだが、
なかなかベストなセッティングを導き出せなかった。

まあそれが難しくもあり、楽しくもあるのだが。
オフシーズンに試したくなったら・・・・
やっぱり管釣りで試すしかないでしょうな・・・。

by pioneerfield | 2010-09-29 23:53 | armchair troutist | Trackback | Comments(0)
2010年 09月 25日

秋ヤマメ旅へ。

d0000101_2243652.jpg



9月最後の週末。

多くの人は今年の締めくくりに、それぞれが思い出のある場所へと行くだろう。
ならば僕は初めて行く場所の、初めての川に行ってみよう。
来年への架け橋となる川を探すために。

向かった先は初めて訪れる山形の最上白川。
いつも通り事前情報は全く無いけれど、平瀬が続いていて、ヤマメが狙える川らしい。

前日までに雨が結構降ったらしく、川沿いの葦が倒れていた。
水量もいつもより多めなのだろうか。時折、遡行が難しいところもある。
入りやすい場所から遡行して、まずは一匹。
20センチそこそこの魚だけれど、うっすらと婚姻色が出始めていた。

魚の反応は良いけれど、流れが強いのでアップストリームでは少し攻めづらい。
クロス気味にキャストして、自分の立ち位置よりも下流まで追わせて食わせる方法で、釣り上がっていった。

流れの緩い瀬ではアップで流すと、9寸ほどのヤマメが追った。
尺には届かないが、初めての川では上々の釣果だ。


d0000101_2243503.jpg

このヤマメはランディングした直後は白っぽい魚体だったが、気付くと黒く、秋ヤマメの色に変色し始めた。



場所を移動して、ダムの上流へ。
その名の通り、白っぽい石が敷き詰められ、青白い流れが美しい川だ。
魚のチェイスはあまり見られなかったけれど、堰堤下でヤマメが出た。

このヤマメも黒い。ピンク色の婚姻色は出てはいないが、まさに秋のヤマメの色だ。


d0000101_22452523.jpg




d0000101_22454087.jpg



上流は魚の反応がいまいちだったので、再びダムの下流へ。
ここでも数匹のヤマメをキャッチ。
尺はあろうヤマメもバイトさせたけれど、フッキングができず、またしてもバラしてしまった。
今年はあと寸前のところで、目標の魚を手にすることができない。
来年への課題は増える一方だ。

夕方。さらに下流でニジマスをキャッチしてこの日の最上白川での釣りは終わった。

来年も、こんな記憶に残る釣り旅を。


d0000101_22462228.jpg

夜のうちに岩手に移動して、次の日は猿ヶ石川で朝一勝負。しかし期待とは裏腹に魚の姿は無かった。

by pioneerfield | 2010-09-25 23:15 | travel sketch | Trackback | Comments(2)
2010年 09月 23日

今回は、久々に・・・

d0000101_2243783.jpg


今回は兄が一緒に行きたいと言うので、狩野川支流へ。
時折雨に降られたりと、釣りをする上ではあまり良くはないコンディション。
僕はミノーで、兄はスプーンで攻め上がっていったが、魚の反応も良いとは言えない。


d0000101_225088.jpg



ある支流で銀ピカのアマゴを釣った。
この支流には春先にこんな魚を放流していたが、それがそのまま残っていたのだろう。
サイズはまあまあ良いのだけれど、どうしても放流魚という見た目は否めない。

さて兄の方はというと、小さいながらもアマゴをキャッチして、満足だったようだ。
午後、眠くなってきたので一眠りした後に再開しようとしたけれど、
寝ている間に集中豪雨が降ったらしく、どの支流も濁りが酷く、撤収した。

帰る時には肌寒く、もう9月も終わりに近づいていることを実感した。
週末はいよいよ9月最後の土日だ。

by pioneerfield | 2010-09-23 23:13 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2010年 09月 22日

三連休は・・・

三連休は仙台に行ってました。
と言っても釣りはせず、仙台名物をひたすら食べていた。

まず着いて早々、「利久」の牛タン。
数年前、僕はここの牛タンを食べる前は牛タンとは薄いものだと思っていた。
メニューの写真を見ると、一見少なそうに見えたので追加メニューをいくつか頼んだら
出てきた牛タンが写真よりも分厚くて完食するのに時間が掛かった。
今回はその反省を生かして普通に定食のみ。
だけど、それでもちょっと多かった。

続いては阿部蒲鉾の店先で売ってる「ひょうたん揚げ」。
フランクフルトの生地の中に蒲鉾が入っている。
外側の生地が厚いせいか、蒲鉾と言う感じよりもむしろフランクだな。これは。


d0000101_024512.jpg



仙台に行くなら是非とも食してみたかったのが、「定義とうふ店」の「三角定義あぶらげ」。
この油揚げ、とにかくデカいし分厚い。これほどのデカさとは思わなかった。
これで120円というところがお得な感じで、2個ぐらい買おうとしたが、これを2個以上食すのは困難。
醤油と七味で味付けして揚げたてをいただいた。バリっとしている食感がまた良い。
わざわざ遠出して食べに行って正解だった。

d0000101_0331113.jpg


一見、普通のソフトクリームで、味もシンプルだが、普通のソフトクリームとは何かが違う
「つぼや」のソフトクリーム。昔、子供の頃に食べていたアイスクリームは確かこういう味だった気がする。
一日目はカメラを持ってき忘れ、二日目は写真を撮る前に横から食べられ、三日目にしてようやく写真に収めることができた。
(結局三日間連続で食しました。)
まだ暑い日があるし、寒くなる前に是非お勧めですな。

by pioneerfield | 2010-09-22 00:38 | travel sketch | Trackback | Comments(2)
2010年 09月 11日

9月

9月。禁漁も間近とあって、本流のみならず支流まで鮎師で一杯だった。

僕の入る場所はでは鮎師は見たことは無いけれど、朝一で入った支流は川へ踏み入れると鮎の数が多かった。これだけ鮎が多ければアマゴも良いサイズがストックされているに違いない。そう思ったとおり、最初のプールで尺ぐらいの魚のチェイスがあった。
先週の台風の影響はもう無さそうだが、水の色は良い。しばらくしていかにも魚が着いていそうな流れに放ったバルサ蝦夷に9寸弱のアマゴが喰らいついた。


d0000101_21591181.jpg

細い里川の流れの中に多くの鮎が生息し、そしてアマゴがいる。この魚はもう秋らしい色になってきていた。



また別の支流。先週は良かったボサのエリアは今日は調子が悪く、20センチ程度の魚が1尾だけ釣れただけだった。逆にいつもは魚の影すら見えない堰堤下に今日はたまたま魚が入っていたようだった。今度は雄のアマゴ。細身で婚姻色は出ていないが、この堰堤を超えられずに留まっていたに違いない。


d0000101_21593917.jpg

まるでイワナのようなアマゴだった。雄らしい顔つきをしていたが、魚体は細かった。これは8寸程度。



9月も中旬なのにまだ気温が高い。昼は先週と同じく車の中で眠って、夕マズメに再トライしてみたけれど、川は昼間の雰囲気を引きずっているみたいで、結果は大したことなかった。
夕方の一瞬、片づけをしていたら空がこんな色に輝いたところを一枚。土手に咲いていた花と妙に色がマッチしていた。


d0000101_21595717.jpg




目標の魚は釣れなかったけれど、そこそこ良い魚と里川ののんびりした雰囲気をいつもの通り味わえた。
こんないつも通りの週末を過ごすことができるのも今年はあと数回だ。この時期になるといつも思う。

「9月が60日ぐらいあればいいのに・・・」

by pioneerfield | 2010-09-11 23:31 | travel sketch | Trackback | Comments(2)
2010年 09月 04日

気温は高いけど・・・

今週は遠征を控えておとなしく伊豆へ。


d0000101_0381126.jpg



9月に入ったというのに、今日も気温が34度になるらしい。どうなってるんでしょうか、この気候は。
でも自宅の周りではまだまだ夏という感じがしたのだけれど、伊豆に来てみれば、
もう稲の収穫も済んでしまっているところもあり、秋が近づいてきている感じがした。

朝一に入った支流では早速、9寸ほどのアマゴが釣れた。
魚の方も秋づいてきている様子で、この魚も全体的に黒っぽくなり始めているようだった。


d0000101_0383888.jpg



魚の活性が落ちる前にもう一河川入ってみたけれど、堰堤下で良さそうな魚をフッキングミス。
あとは夕方にもう一河川入ってみるか。

昼寝してから支流のボサ川へ移動。準備していると、川で泳いでいた地元の子供たちから話しかけられた。
確かにこの暑さじゃ泳ぎたくなるのも当然。彼らも釣りをしていたそうだが、ハヤしか釣れなかったらしい。

でもこの川ではアマゴがよく出た。
キャストもしづらいほどのブッシュなので手前2mぐらいでヒットすることが多く、
釣り落としてしまった魚も多いけど、20センチそこそこを何匹かキャッチ。
一雨降ってもう少し水位が上がってくれれば良型も動くはずだ。
この天気だと雨が降るかどうかも微妙だが・・・

3週間ぶりに伊豆に行ってみたけれど、場所によっては支流の魚影は濃くて、良型も出そうだ。
これから秋が深まるにつれて期待できそう。目標は婚姻色が出た秋アマゴだな。

by pioneerfield | 2010-09-04 23:16 | travel sketch | Trackback | Comments(0)