<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 26日

支流の季節

d0000101_6584780.jpg


午前中の本流下流域は不調。
大きめのニジマスを掛けたけれど側まで寄せたところでバラシ。
その後に1バイトがあったのみ。

どうも本流は苦手だ・・・。
上手い人は確実に魚を見つけているから
僕のポイントの選定にセンスが無いということだな。

ということで午後からは気分を変えて支流へ行ってみることにした。
気温も高くなってきているので釣り上がって行くだけでも気持ちがいい。

d0000101_214936.jpg


以前はアマゴの魚影が濃かったこの支流も、
いつの間にかニジマスとイワナの魚影が目立つようになってきた。

d0000101_215089.jpg


しかも釣れたのはヒレピンの綺麗なイワナ。
伊豆でイワナとは・・・何か変な感じがする。

d0000101_2161970.jpg


今回は本流でも支流でもアマゴはキャッチできず。
けれど、ここのところ本流の釣りばっかりだったから、
久しぶりにアップストリームでピンスポットを撃って行く釣りが楽しかった。

夕方に少し本流をやってみたけれど、やっぱり駄目だった。

さて来週はこのブログのタイトルらしく遠征してみようと思う。
ただ、本流の釣りなんだよな・・・
釣れるか??


Tackle
Rod: エキスパートカスタムEXC-510ULX
Reel: カーディナル3
Line: スーパートラウトアドバンスVEP5lbs
Lure:アレキサンドラ50HW

by pioneerfield | 2012-05-26 23:57 | travel sketch | Trackback | Comments(4)
2012年 05月 19日

狩野川中、上流最終日

中、上流域の最終日。

暗いうちに目星を付けていたポイントに着き、夜明けとともに開始。
大淵から下のヒラキを狙っていく。

d0000101_2110541.jpg


最初の魚は9寸ぐらい。
まだ暗かったのでフラッシュを焚いたのでパーマークがくっきり出ているように見えるけれど
銀化がかったアマゴだった。体高もあっていい魚だ。

最終日ということもあって、入ったポイントの下流には釣り人の姿が見える。
今日はどのポイントも混みそうだと思っていたら、やはり釣り人が多い。

d0000101_2122962.jpg


そんな中でなんとか25センチぐらいのアマゴをキャッチ。
午前中はこれを含めて5匹。
その後も色々な場所を回ってみたけれど、既に人が入った後らしく、午後は全く魚を手にできなかった。

d0000101_2126454.jpg


下流にも行ってみたけれど、魚の反応は皆無。
既に陽は傾きつつある。
9寸と25センチでは目標の尺アマゴまでは程遠い。
先週と違って水もクリアになっているのでコンディションは悪くないはずだ。
夕マズメは下流のポイントで勝負に出ることにした。

5時を回って下流部の瀬に入ってみる。
水温は高いはずなので流速のある瀬をミノーで釣り下る。

最初の瀬は無反応。さらに下流に下ってみる。
既に辺りは暗くなり、これで最後の場所になりそうだ。

流心はかなり強い流れなので瀬脇にミノーを入れ、トゥイッチを数回入れる。
するとロッドティップが鋭く入った。
魚はすぐに流心の流れに乗って瀬を下る。
ラインを伝わってくる引きから、かなり良いサイズなのがわかる。
それでいて、ニゴイやウグイのような鈍い動きではない。

自分自身も川岸を下流に走って下る。
何回かラインを出されながらも浅場に寄せ、ランディング。
川辺に横たわった銀色に輝く魚体は・・・

d0000101_2150354.jpg


シーバスだった・・・・。

最後の最後でようやく来たー!と思ったんだけどな〜
サイズは50センチぐらいとシーバスにしては大きくはないが意外な結果に唖然。
河口から10km以上上流でも入ってきているようだ。
一応「遡上魚」だな。

d0000101_21594625.jpg


中、上流域はこれで終了だけど、今後は今年から期間が延長になった下流と
支流でもう少しやってみようと思う。


Tackle
Rod: エキスパートカスタムEXC-600XUL
Reel: イグジスト2004
Line: スーパートラウトアドバンスダブルクロス0.8号+ナイロンリーダー1.5号
Lure: アレキサンドラ50HW、ミルドレッド48JS、リッジ70S

by pioneerfield | 2012-05-19 23:02 | travel sketch | Trackback | Comments(4)
2012年 05月 12日

0 or 1

d0000101_2134975.jpg


少し肌寒いけど天気は上々。
濁りはまだあるけどコンディションは悪そうではない。
城山の岩肌と緑も美しい。

が、なぜか魚が出ないんだよなー、下流。
しつこく色々回ってみたけれど、バイト2回のみ。

一度、期待できそうな魚がヒットしたけれど、寄せてみれば・・・

d0000101_2173726.jpg


ニゴイとの狩野川外道の二大巨頭、マルタ(ウグイ?)だった。

d0000101_2193113.jpg


陽気も良くなってきたことだし、川から上がって車に戻る道すがらにはアカツメクサが咲いている。
普段ごく普通の単焦点としてでしか活躍できていないマクロレンズを最大限に生かして撮影。

中流域に入れば少しは魚が出るかもしれないが、一発出ればデカそうな下流部にどうしても固執してしまう。
そうこうしているうちに空は暗くなり始め、夕立になった。

車の中で仮眠を取ることにする。仮眠を取る時は大抵、釣りの仕切り直しをしたいとき。
今日、僕の釣りの調子を狂わせた最大の理由はウェーディングスタッフが折れてしまったことだ。

根掛りしたミノーを回収しに行って思いのほか強い流れに立ちこんでしまい、
足を滑らせた瞬間に無理な力がスタッフに掛かってしまったらしい。

結構高価な物だけど、安全に関わる必需品なので、勿論同じ物を買うことにする。
それにしても駄目になったスタッフはこれで通算3本目だな・・・

d0000101_21221275.jpg


目が覚めると青空が見えた。
どうやら夕立は去って行ったようだ。

夕マズメも下流に入ろうかと思ったけれど、このままだと外道のみの釣果になってしまうので
大きな支流に入ってみることにする。

ここは本流よりも水温が高いようで、流速の速い瀬に魚が入っていた。
20センチほどだけど、ようやくここに来て本日の1匹目。
そして暗くなってきたので本日の釣りは終了。

この日、中流域は好釣果の人が多かったみたいだったので、
明らかに今回はポイント判断のミスだ。
それにしても0と1の差は結構大きいな〜
これでアマゴが全く釣れていなかったら結構ショックだったかも。

さて次回はいよいよ上流域の最終日だ。
いい魚と出会えれば良いが・・・

まあ気張らずに行こうと思います。


Tackle
Rod: エキスパートカスタムEXC-600XUL
Reel: イグジスト2004
Line: スーパートラウトアドバンスダブルクロス0.8号+ナイロンリーダー1.5号
Lure: リッジ70S

by pioneerfield | 2012-05-12 23:50 | travel sketch | Trackback | Comments(2)
2012年 05月 04日

Go Trekking !! 5

d0000101_21574995.jpg


写真から容易に推察できるように、今回の行き先は丹沢の鍋割山である。

鍋割山は渓流解禁前の2月に行こうとして風邪引いたり何やりで結局行けなかった山だ。
ところが、職場で夏に北アルプスに行こう!計画が出てきて、
折角なので僕もその計画に加わることにしたのだが、
さすがにいきなり北アルプスに挑むのは畏れ多いとの経験者からのアドバイスを受け、
まずは第一歩目として鍋割山へ行くことになったのだ。

大倉から林道を歩き、二股から急な登りへ。
あまり急がずゆっくりと登っていけば足への負担は少ない。
途中から雨が降ってきて、辺り一面真っ白になった。
ようやく山頂に着いても視界が悪く、景色は見えない。

雨だったので写真もあまり撮れなかった。
なので鍋割山荘で食した鍋割山名物の鍋焼きうどんのみ。

それにしても山の経験が豊富な人と登ると色々勉強になりますね。
今はこうやって基本的なことを積み重ねていくのが楽しい。

6月はどの山に行きますかね〜

by pioneerfield | 2012-05-04 23:57 | Go Trekking !! | Trackback | Comments(0)