<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 30日

イワナとハルゼミ

d0000101_2144495.jpg


今週も暑さから逃れ、高原の川での釣り。

木曽はまだ朝は肌寒く、青く透き通った水も冷たい。
しかしイワナは元気ですぐにミノーを追ってきた。

d0000101_21131146.jpg


木曽にはこうした山岳渓流が多いと思っていたけれど、
車を走らせていると山間の集落の脇を流れる川を見つけた。
両岸が護岸だけど、ブッシュに覆われていていかにも魚が残っていそうだ。

d0000101_21155845.jpg


d0000101_2116191.jpg


ここも釣れるのはイワナが中心だけど、小さいながらも綺麗なアマゴも釣れる。
ただ、アマゴのサイズは20センチ以下。イワナも8寸を超えない。

d0000101_21204755.jpg


木々に囲まれているのでそこかしこでハルゼミが鳴いている。
気温も高くなってきたけれど空気もカラッとして清々しい。

d0000101_21221591.jpg


時折アシにか囲まれた場所も出てくる。
こういう場所はやはり魚の数も多い。

d0000101_2124846.jpg


d0000101_21263866.jpg


今回は久しぶりにイワナを沢山釣ったな。
単調な色彩に見えがちだけど、こう見るとイワナも複雑な色をしている。

次はイワナもいいけど、いいアマゴが出る川を探したい。
まだまだ川が多いから行く場所には困らないしね。

by pioneerfield | 2012-06-30 23:00 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 25日

破損

d0000101_23265844.jpg


キャストが上手くないから岩にぶつけるわぶつけるわで、
バルサ蝦夷のリップを二つも折ってしまった・・・

他にもインジェクションの1stタイプⅡもリップを折った。
バルサの方は修理ができるらしいので、さっそく発送。

水深があまりない場所ではバルサ蝦夷の使用頻度が高いけれど
コーティングが薄いらしく、すぐにボロボロになってしまうのが難点。

まあぶつけなければいい話だけど・・・

by pioneerfield | 2012-06-25 23:41 | armchair troutist | Trackback | Comments(2)
2012年 06月 23日

NEW ADVENTURE

d0000101_1328970.jpg


未だ行ったことのない川への旅路。

週末は木曽の山岳渓流へ。新たな冒険の始まりだ。

美しい山と森に清冽な水が流れている。
その上、空気はカラっとして清々しい。

d0000101_13304673.jpg


この日は台風による大雨のおかげで水位が高いようだ。
遡行が困難な場所がいくつもあるが、急流の中から現れる渓魚はどれも健康的だ。

d0000101_13291618.jpg


渓相的にイワナが多い印象だが、小さいながらもアマゴの魚影も多く、
山岳渓流の雰囲気の中でアマゴが釣れるということがまた良い。
ちなみ木曽ではアマゴは「タナビラ」と呼ばれている。

d0000101_13294577.jpg


水に手を浸けると驚くほど冷たく、長時間手を入れていることができない。
そんな中でも瀬からはアマゴが飛び出てくる。
このアマゴは頭まで朱点が散りばめられていた。
同じ川でもう一匹。

d0000101_1330193.jpg


d0000101_13313795.jpg


イワナの魚影も濃く、最大で8寸程度だったが積極的にミノーを追ってきた。
写真を撮る前に逃げ出したりと、なかなかフレームに収まらなかった。
尺越えのイワナも何回かチェイスがあったけれど、残念ながら掛けることはできなかった。

d0000101_13343324.jpg


御岳にはまだ雪が残っていた。
周りを見渡すと他にも木曽駒ヶ岳などの名峰がいくつも連なっていた。
良い山がたくさんあるから、良い水が流れていて、良い魚を育んでいる。
登ってみたい山がまた増えた。

d0000101_13325464.jpg


d0000101_1333102.jpg


何度でも通いたい場所だ。
もうすぐ暑くなってくるだろうけど、今年の夏の週末は
木曽の山岳渓流をウェットゲータースタイルで釣り上がってみたい。

by pioneerfield | 2012-06-23 23:40 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 17日

小渓流アップストリーム

d0000101_2343522.jpg


先週に引き続いて利根川。本流はまだ濁っている。
遡上魚が留まりそうな場所を朝一で攻めたけれど、不発。

最近ヤマメを釣っていないので、小さくてもいいから姿を見たかった。
久しぶりに支流に入っていってアップストリームのをやることに。

小雨がパラついていたので魚の活性は高いらしく、すぐにヤマメがヒット。
その後も20センチ以下だが数は結構釣れた。

d0000101_23555593.jpg


イワナも二匹出た。一匹目は25センチぐらいあったけれど、撮影前に逃走・・・。

d0000101_2357324.jpg


上流に進むに釣れてボサが濃くなってくる。
これだけボサだらけだとキャストし甲斐があるね。

久しぶりにアップの釣りが楽しかった!
今年もまたテクニックを磨かなければ。

d0000101_025516.jpg


夕方に本流を再度攻めてみたけれど、スプーンで2回バイトがあったのみだった。

来週もどうやら雨らしい。利根川はまだ水が引かないかもしれないから
まだ行ったことがない水系に行ってみようかな。


Tackle
Rod: エキスパートカスタムEXC-510ULX
Reel: カーディナル3
Line: スーパートラウトアドバンスVEP5lbs
Lure:バルサ蝦夷50、アレキサンドラ50HW

by pioneerfield | 2012-06-17 00:07 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 09日

梅雨入り

d0000101_22123288.jpg


梅雨入りなんてまだまだ先だと思っていたけれど、
どうやらこの降り方を見るといつの間にか雨の季節になってしまったみたいだ。

行き先は利根川。昨年も6月ぐらいから何度か通っている。
狙いは利根マスだが、まだ泣き尺の戻りしかキャッチできていない。

朝マズメ、川に着くと既に雨の影響なのか、濁りが入っているようだった。
ミノーをじっくりと見せるようにリトリーブしてくると、時折何かがヒットしてくる。
ドラグを出して流れを下るが、動きが鈍い。
予想していた通り、やはりニゴイだった。

一瞬、雨が弱まったと思ったが、また強く降り始めてきた。
川はますます濁りを増してきたので、スプーンも使いながらひたすらスローな誘いに。

スローな釣りは集中力が必要なので、時折ミノーで表層を速く引いてくる。
と、久しぶりにコイ科の魚以外の魚が反応した。

d0000101_22273196.jpg


ジャンプするのでヤマメではないと思っていたが、やはりニジマスだった。
サイズはたいしたことないけれど、唯一のまともな釣果。

梅雨時期は川の状況を予測するのが難しい。
今回は別の川に行った方が正解だったかもしれないな。


Tackle
Rod: トラウトファイナリストTF-E74MHS
Reel: イグジスト2506
Line: スーパートラウトアドバンス8lbs
Lure:リッジフラット70S

by pioneerfield | 2012-06-09 22:30 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 03日

櫻への挑戦

d0000101_22192698.jpg


兄と一緒にサクラマスを始めることにした。

サクラマスの釣りというと、とにかく釣れない釣りだという認識があった。
何年間も1匹も釣れない人がいるぐらい、全く以てシャレにならないぐらい釣れないと思っていたけれど、
やはり世の中には引きが強い人がいるわけで、わずか10数投で魚を手にしてしまうのがうちの兄だった。

d0000101_22264788.jpg


これにはもう、先に釣られた悔しさを通り越して笑うしかなかったね。

一方、僕の方はというと、朝マズメから夕マズメまで、
さらに次の日の朝まで、ウェーダーが浸水していても諦めずにルアーを投げ続けていたけれど、
釣れたのはウグイ一匹だけ。

まあ、釣れない期間が長ければ長いほど、釣った時の感動が大きいからな!
と、自分を納得させて、来年またチャレンジしたい。

by pioneerfield | 2012-06-03 23:17 | travel sketch | Trackback | Comments(2)