<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 23日

紅葉の中のボート

d0000101_1953155.jpg


芦ノ湖でボートでトラウトを狙うためだけに船舶免許を取った兄とエンジン船で出る。

この日は朝から雨が降っており、いかにも釣れそうな雰囲気を出していた。
朝一で早々と兄が30センチ弱のサクラマスをキャッチしたが、
その後は僕にブラウンらしきチェイスがあったのみで全くバイトが無かった。

ショアからの釣りでは何とか魚をキャッチしているメタルジグもこの日は全く当たらず。
夕方が近くなってきたところで、シャローに差してきているであろう鱒を狙っていると、
再び兄のロッドが弧を描いている。

d0000101_19121399.jpg


ヒレピンのレインボー、約40センチ。
春の放流したての魚と違って、鰭が回復した鱒は美しい。
こういう魚が釣れる可能性があるから、秋の芦ノ湖はたとえバイトが少なくても集中力が続く。

芦ノ湖も12月半ばで終了だけど、ここのところ寒くなってきたから
次回からは防寒対策をしっかりやらなければならないな。

目標のブラウンが釣れてくれればいいが・・・

by pioneerfield | 2012-11-23 23:00 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 17日

秋雨の芦ノ湖

d0000101_081894.jpg


秋の芦ノ湖へのチャレンジ、2回目。

徐々に明るくなりつつある朝マズメに車止めの手前に駐車して準備をしていたところ、
前に駐車してあった車のアングラーから声を掛けられる。
以前、狩野川でお会いして以来、度々ブログにコメントをくださるYoticrinさんだった。

朝のいい時間、一緒に釣りましょうか、ということで二人でウェーディングポイントまで行くことに。
Yoticrinさんは昨年から芦ノ湖へ通っているそうで、
道すがら、バイトの出る時間帯やポイントの話を色々と教えていただいた。

釣りを開始してしばらくすると、ところどころでライズが現れる。
その上、僕がルアーのフック交換中に真横で大型の鱒のライズが出たらしい・・・
近くに立ちこんでいたアングラーはスプーンで釣ったようだったが、
僕らには残念ながらヒットは無かった。

ライズが見られなくなってきたところで、Yoticrinさんと分かれて、
僕の方は水通しが良さそうな岬周りで粘ってみることにした。

雨が降ってきて、風も時折吹いているのでコンディションは良さそうだが、
ミノーの釣りは止めてジグでボトムから中層を狙っていく。
先週、小さいながらもジグで一尾釣っているので、使い方が徐々に分かってきた。

岬周辺のブレイクを狙っていると、中層で何かが当たった。
ヒットの瞬間にロッドに伝わるズシッという重みと、
水面まで魚を浮かせるまでに時間を要するのが面白い。

d0000101_0461885.jpg


ランディングネットに収まったのは35センチぐらいのニジマス。
写真では見にくいけれど、鰭も綺麗だった。

その後、同場所で再び回遊してくる魚を待って投げ続けたが、ノーバイトだった。

夕マズメは朝のポイントに入ってみたものの、周りのアングラーにもヒットは無く、
雨がかなり降ってきたので真っ暗になる前に釣りを終えた。


yoticrinさん、色々と教えていただきありがとうございました。
また一緒に釣りましょう!


Tackle
Rod:トラウトファイナリストTF-E74MHS
Reel:セルテート2500
Line:ハイグレードPE0.8号+フロロリーダー2号
Lure:ジャックガウディ(DS)

by pioneerfield | 2012-11-17 23:59 | travel sketch | Trackback | Comments(4)
2012年 11月 10日

The Season of Lake

d0000101_22433613.jpg


秋の芦ノ湖。
湖の釣りは年に数回行く程度だったけれど、
秋の芦ノ湖で鰭が回復した鱒が釣れると聞いて、行ってみようと思った。

11月に入り水温が下がってきて、釣果も出始めたようだ。
最初から釣れるとは思っていないので、まずはポイントの下見を兼ねて色々な場所に入ってみる。

朝に入った場所はブレイクが近接するポイント。
シャローでは何回かライズが見られたけれど、ミノーではバイトが無い。
朝の良い時間が終わる前に違った攻め方をしてみようと思い、ジャックガウディをキャスト。

2投目、ボトムから2アクション目でロッドに重みが伝わった。

d0000101_2382483.jpg


ニジマスかと思ったが、ランディングしてみると銀一色だし、背鰭の先が黒い。
この、渓流で見慣れたような尖った鼻先はもしやサクラマスでは?

d0000101_23142652.jpg


25センチぐらいなのでサクラマスというよりヤマメと言った方が良さそうなサイズだけれど、
貴重な一尾であることには変わりない。
そういえば秋の芦ノ湖で釣ったのは初めてだ。

陽が完全に登ると魚の反応は全く無くなり、ライズも時折しか見られなくなった。
林道を歩いて入れるところに入ってブレイクを叩いていくが、
風も無いので釣れる気配も無い。

時間は11時になろうとしている。
ジャックガウディをボトムまで沈め、軽いジャークを入れながら巻き上げてくる。
10回ほどアクションを入れたとき、ロッドが曲がった。

朝のサクラマスよりも明らかに良さそうなサイズだ。
ディープで掛けたので水面まで上げてくるのに時間が掛かる。
が、魚が見えてくるまでが期待あり緊張ありの時間だ。
慎重にやり取りし、ようやく水面まで上がってきた魚は・・・

d0000101_2338129.jpg


君だったのか・・・・。

でも、コンディションは抜群だし、サイズは49センチもある。
しかも僕のバスの記録更新だ。
バスを狙っているときはなかなか釣れないサイズだな・・・。

そういえば去年、兄もスプーンで50センチを釣っている。
昔よりも全体的にバスのサイズが上がっているみたいだ。

夕方はシャローで暗くなるまでミノーをキャストしていたけれど、
残念ながらバイトは無かった。

d0000101_23454333.jpg


この時期の芦ノ湖は紅葉が美しい。
ショアからの釣りだと、湖畔の紅葉が近くに見えるのがいい。
今回、とりあえず結果が出せたので12月半ばの禁漁まで通ってみようか。


Tackle
Rod:トラウトファイナリストTF-E74MHS
Reel:セルテート2500
Line:ハイグレードPE0.8号+フロロリーダー2号
Lure:ジャックガウディ(DS)

by pioneerfield | 2012-11-10 22:42 | travel sketch | Trackback | Comments(6)
2012年 11月 04日

Project K vol.35-東山湖

d0000101_22394960.jpg

d0000101_22401388.jpg

d0000101_22405559.jpg

d0000101_22411651.jpg

d0000101_22414274.jpg

d0000101_2242425.jpg


風下の東側ワンドにて、兄のティアロが爆釣中。
(上の写真はクランクだが・・・)

一方、僕のノア1.8はポツポツ釣れる程度・・・
ティアロを持っていないわけではないけれど、できればロデオで通したい。
スプーンの粒が小さい方が良いという噂を聞いたので、
ノア1.4にチェンジすると、釣れ始めた。

風が吹くまでの午前中は厳しかったけど、昼から夕方にかけて結構釣れた。
ノア1.4が釣れなくなってきたらジキルJr.1.1で数を伸ばしていって終了。

そろそろ寒くなってきたので朝は完全防寒でないとキツいな・・・。
まあ、魚が釣れるなら真冬でも行くんだけどね。

by pioneerfield | 2012-11-04 22:38 | travel sketch | Trackback | Comments(3)