<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 04月 30日

遠征

d0000101_123618.jpg


ゴールデンウィークの前半は閉伊川へサクラ狙い。

結論から言うと、3日間ノーチェイス、ノーバイトで終了。
まだ釣ったことが無いので、サクラが付く流速、レンジ、ルアーのリトリーブスピードなど分からないことだらけだ。
魚からの反応が少しでもあればヒントになるのだが・・・

d0000101_12104168.jpg


閉伊川は他の河川と比較して難しい川だとは聞いていた。
でもロケーションは最高に素晴らしい。
前にヤマメ狙いで訪れたことがあるけれど、こういう川でサクラを釣ってみたいね。

と、いうより僕の場合はそもそもサクラマスという魚を釣ってみたい。


最初の1尾を手にするまで、まだ時間が掛かるんだろうなー。

by pioneerfield | 2013-04-30 23:00 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2013年 04月 24日

蝦夷50S 1st Type-Ⅱ

d0000101_0384653.jpg


気変わりが早いもので、去年本流で投げていたアレキサンドラとリッジフラットを最近はほとんど投げていない。

代わりによく使うようになったのが蝦夷50S 1st Type-Ⅱ。
これをフツーに本流の重厚な流れの中で使う。

僕は扁平のミノーをよく使う。
スリムミノーよりもギラギラとフラッシングするので、アピールが高そうなのが良いし、
薄い分、速く沈められる(気がする)。

ちなみに強い流れの逆引きにはアレキサンドラより弱い気がするけれど、
最近はドリフトさせながら使うのでほぼ問題なく使えている。
何より飛行姿勢が良いので素直に対岸を攻められる。

ちなみに写真のカラーはブラック/シルバーだけど、マジックで追い星を入れてみた。
多分そのままでも釣れると思うけど、わざわざマジックで書く、というのがなんかいい。
と勝手に思ったり・・・

by pioneerfield | 2013-04-24 01:02 | T-Impression | Trackback | Comments(2)
2013年 04月 20日

雨予報

本日の予報は雨。しかし本格的に降るのは夕方からということなので、昼間は何とかもってくれれば良いのだが・・・

前日の夜から気温が下がって、朝の水温も低そうだった。
本流は昼過ぎに入り、午前中は支流を釣ろうと思っていたけれど、
ちょうど朝マズメに通りがかった本流のポイントが気になったので少しやってみることにした。

瀬から淵に続く場所。水深はそこそこありそうなので、対岸ギリギリに落としたミノーをドリフトさせ、
流芯から外れたあたりからトゥイッチを入れながらターンさせる。

水温は12度と、流速のある瀬からも魚が出てきそうではある。
最初に小型のニジマスがヒットし、続いて数投目、再び反応があった。
先ほどのニジマスとは違うローリングからアマゴと分かった。

d0000101_2113210.jpg


d0000101_21132770.jpg


鰭が張っていて体高も高い良いアマゴだ。
尺には届かないが、これぞ本流のアマゴというような、こういうアマゴが釣れれば満足だ。

思いのほか早い瀬から反応があったので、支流に行くのは止めて本流の他のポイントへ。
魚の少ない下流域ではあるが、前々回あたりから次第に魚の反応が見られるようになってきた。
今回も流速のある場所からミノーにアタックしてきたが、残念ながら途中でバラしてしまった。

このまま本流をやっていても良いのだが、前回の釣りで釣り上がった支流のさらに上流の支流が気になっていたので行ってみることにした。

d0000101_21223640.jpg


本流とは異なり、パーマークがくっきりしたアマゴが主役。
支流も水温が高めなので、ヒラキよりも早瀬から多く反応がある。
護岸と堰堤が多く、水量も少ない。

d0000101_7374882.jpg


ミノーは最初はボウイで釣っていったが、途中からバルサ蝦夷45にチェンジする。
今使っているロッドはバルサ蝦夷と相性が良いらしく、キャストのコントロールが上手くいく。
どんなルアーでも正確にキャスト出来るようになりたいが、まだまだ道のりは長そうだ。

上流に行くにつれて魚の反応が薄くなってきたので、支流から上がった。
雨が降り始めてきたので、一旦車の中で仮眠を取って本流の中流域に入ってみることに。

入る場所場所は既に足跡だらけだが、細かく攻めれば魚は出てくる。
7寸程度のアマゴが2匹ほど瀬から飛び出してきたが、両方とも手前まで寄せたがバラしてしまった。

その後入ったポイントでは反応がなく、そろそろ暗くなり始めてきたので最後に大淵で粘ってみることにした。
ディープダイバーで何度も流していると、ピックアップ直前に突如魚が食ってきた。
サイズは良さそうなので慎重にやりとりして何とかランディングした。

d0000101_2142182.jpg


サイズは良いがこれは成魚放流。ヒットした時はサツキマスかと思ってかなり焦ったのだが・・・
鰭が回復したらいい魚になりそうだが、それまでに本流は禁漁になるな。

狩野川本流も禁漁まであと1ヶ月を切った。
この間の大水で川の状態は良くなったのでゴールデンウィーク後に期待したいね。


Tackle
(支流)
Rod:エキスパートカスタムボロン EXC510UL
Reel:カーディナル3
Line:スーパートラウトアドバンスVEP5lbs
Lure:ボウイ50S、バルサ蝦夷45S
(本流)
Rod:エキスパートカスタムボロン EXC600ULX
Reel:セルテート2004CH
Line:スーパートラウトアドバンスVEP5lbs
Lure:蝦夷1st50SⅡ

by pioneerfield | 2013-04-20 23:00 | travel sketch | Trackback | Comments(2)
2013年 04月 14日

ハイ・ウォーター

d0000101_13341042.jpg


先週降った雨は、どうやら良い雨だったようだ。

一瞬水位を上げてすぐに元に戻ってしまうような一時的な雨ではなく、
川底にこびりついていた水垢を洗い流し、数日間高い水位が続くような雨を待ち望んでいたのだ。

朝一には本流に入ってみたけれど水温が11度弱と意外に低かったので、午後に再度やってみることにして
その間は支流を釣り上がることにした。

この支流はこれまで幾度となく釣ってきているけれど、まだ入ったことの無い区間がある。
既に釣り人の足跡が残されていたので期待は薄いとは思われたが、先に進むことにした。

d0000101_1346431.jpg


アマゴの反応はすぐにあった。
比較的流速の速い瀬、淵から次々とミノーを追ってくる。活性は高く、ミノーのベリーフックに食ってくる程だ。
サイズは最大で8寸程だが、逆に20センチ以下の魚は少なく、とにかく魚の数が多く、あらゆる場所からチェイスがある。

こうなるとかなり適当な釣りをしていても釣れるのだが、こういう状況はそうそう無い。
キャストからミノーの流し方、トゥイッチの幅、フッキングを工夫しながら釣っていく良い機会だ。
それでも、いかに長く追わせるか、いかに口を使わせるか、いかにバラさないようにするか、等々課題が多く出てくる。

d0000101_1401331.jpg


つくづくアップストリームの釣りは奥が深いことが身に染みる。
キャストからミノーが手元に戻ってくるまでのわずかな時間に詰め込む技術の優劣で釣果が左右されると言っても過言ではないと思う。
今回もチェイス自体が多いので結果的に手にできた魚の数も多いけれど、口を使わせられなかったり、フッキングが甘くバラシも多い。
もっと技術があればキャッチできた魚は多いはずだ。
自分の技術に磨きをかける努力が必要だからこそ、この釣りは奥が深く面白い。

d0000101_14242028.jpg


適当なところで切り上げて本流へ戻ろうかと思っていたけれど、結局かなり上流まで遡行してしまった。
車に戻ってきた時には陽が落ち始めていた。

水位が高く、水も良い状態だったので本流だったらもっと良い魚が出たかもしれないけれど
今回はアップストリームの釣りへのモチベーションを上げる良い機会になった。
結果的に面白かったことには変わりない。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロン EXC510UL
Reel:カーディナル3
Line:スーパートラウトアドバンスVEP5lbs
Lure:ボウイ50S他

by pioneerfield | 2013-04-14 14:49 | travel sketch | Trackback | Comments(2)