<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 30日

カーディナルの欠点

d0000101_2245364.jpg


ボールベアリングが増えたり、軽量化パーツが取り付けられたりと、
どんどん元の形から離れていく僕のカーディナル。
より使い易くなっていくのだけれど、まだ満足がいかない部分が一つ。

カーディナル(特に3番)のハンドルノブはとにかく滑る。
ノブの大きさが小さいのに加えて、使い込めば使い込むほどつやつやになっていく素材。
一応申し訳なさ程度に滑り止めらしき凹凸が刻まれているけれど、ほぼ意味がない位に滑る。

特に良型の魚がバイトした時に一瞬ハンドルを巻く手が止まる瞬間、
ノブが滑ってフッキングミスしたことは数知れずだ。

そういうことで、思いついたのがこれ。

d0000101_2324714.jpg


単に熱収縮チューブを被せただけだけれど、これなら滑らなそうだ。
見た目もオリジナルからそんなに変わっていないのが良い。

d0000101_23655.jpg


使ったのはたまたま家にあったリールフット用の熱収縮チューブ。
ただ、これだと薄いのは良いけれど内径が小さすぎるので無理矢理広げて押し込む必要がある。
もう少し内径が大きくて薄いチューブがあればもっと簡単に取り付けられると思う。

まだ実戦で試していないけれど、つまんだ感じはかなり良さそうだ。
これでバラシが減るはず!

・・・いや、バラす原因は他にもたくさんあるって。

by pioneerfield | 2013-07-30 23:12 | ST WORKS | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 27日

甲斐駒の川

d0000101_2215039.jpg


群馬の利根川水系の川へ行くつもりだったけれど、予報を見ると大雨洪水警報が出たりと、
とても釣りができそうにないコンディション。

それならばと、以前から行ってみようと思っていた南アルプス・甲斐駒ケ岳から流れ出る川へ。
この間行った天竜川水系の川も南アルプスから流れ出る川だけど、
今回は山梨側だ。近くにウイスキーの蒸留所がある。

d0000101_2219391.jpg


さすがは南アルプス天然水の取水場の近くだけあって、水は限りなくクリア。
だが、その反面魚の反応はシビアで、20センチに満たないアマゴしかヒットしない。
釣り人も多く入っているようだ。支流を詰めて行こうかと思い、堰堤を高巻こうとするも
結構急な崖を下らなければならず、単独行なので無理をするのはやめた。

d0000101_2223249.jpg


川を変えて釣り上がって行くが、もうすっかり夏の日差しが降り注いでいて水温も高くなっていた。
河原の石の上で見つけたカブトムシも暑そうだ。

d0000101_2224565.jpg


夕方になってようやく涼しくなったので、開けた川へ移動。
ここも白い砂と澄んだ水が美しいが、アマゴは10センチ程度の個体が多い。
ようやくキャッチしたアマゴも20センチに満たなかったが、小さいながらも体高が高くていいアマゴだった。

d0000101_2229621.jpg


釣果的には不満が残るけれど、美しい川で釣りができたことはいい思い出になった。
さて、次回はいよいよ甲斐駒の山頂を目指します。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロン EXC510PUL
Reel:カーディナル3
Line:スーパートラウトアドバンスVEP5lbs
Lure:ボウイ50S

by pioneerfield | 2013-07-27 23:10 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 20日

Go Trekking !! 11

d0000101_237442.jpg


たまには釣りは休憩!
群馬でちょっとした花火大会があるらしいので行くことにする。

が、どうせ行くなら山にも登ろうと、赤城山へ。
赤城最高峰の黒檜山の比較的楽に登れるし、途中からは大沼も綺麗に見える。
うってつけの景色だったので、ミニチュア写真風に撮ってみる。

d0000101_23132216.jpg


樹林帯の中を歩いて山頂に向かう。登山口から1時間半程度で山頂に着いたけれど、
山頂も木々に囲まれていて展望はあまりよろしくは無い。

d0000101_23152838.jpg


天気はそこそこ良かったので木々の間から遠くの山々が見える。
もう少し見えればいいんだがな・・・

d0000101_23171464.jpg


山頂で後から登ってきたグループに写真撮影を頼まれた。
退職記念で登山を始めたとのことで、なぜか記念にと瑞泉をもらってしまった。
勿論、ここでは飲んでません。
飲んだら車中泊決定ですんで・・・。

低山でもやっぱり山はいい。
たまには釣りから離れてみると、次に釣りをする時に違った感覚で臨めるかもしれない。

by pioneerfield | 2013-07-20 23:06 | Go Trekking !! | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 13日

Go Trekking !! 10

約1年ぶりの山行だ。

今年は南アルプスの甲斐駒ケ岳の登頂が一つの目標。
が、1年ぶりということもあるのでまずは足慣らしに比較的楽な山へ行ってみよう。
日帰りで行ける山を色々と調べる。丹沢、金峰山、瑞牆山、網笠山等々、候補は上がってきたが
最終的にはどうせ行くなら甲斐駒ケ岳に近い場所がいい、ということで
南アルプスの中では比較的登りやすいという仙丈ヶ岳に行き先は決まった。

南アルプスの山々は登山口までのアプローチが総じて長いらしい。
仙丈ヶ岳を日帰りで行くには伊那から仙流荘というホテルまで行き、駐車場に車を停めて
南アルプス林道バスで北沢峠まで行き、ようやく登山口まで辿り着くということ。

前日入りして車中泊をすべく、仙流荘まで行く。何か通ったことのある道だと思っていたら、
先々週に目の前の川で釣りをした場所だった。まさかここが南アルプスの玄関口だったとは・・・
連休ということもあって、第一駐車場は満車で河川敷の第二終車場に停めて車中泊。

翌朝起きてみると、パスが予定よりも早く出るというアナウンスが入り、急いで用意をする。
チケットの購入とバスに乗るのに並んだけれど、5時20分頃にはバスに乗ることができ、
北沢峠には6時過ぎには着いた。ここからいよいよ登山開始だ。

d0000101_22254858.jpg


樹林帯を登っていく。そこまで急坂ではなく、道も歩きやすい。最初は一定のペースで1時間程度歩き
自分のペースを作る。久しぶりの山だけれど、まだそんなに苦しくはない。

d0000101_22292781.jpg


3合目で一旦休憩。ここらあたりからところどころ急坂も増えてくる。

d0000101_2235472.jpg


森林限界を越えると、後ろに甲斐駒ケ岳が見えた。少しガスっているが白い山肌がカッコいい。
今年はあの山頂まで行ってみたい!

d0000101_22391049.jpg


ハイマツ帯をしばらく登っていくと小仙丈ヶ岳に到着。風が強く、雨も降ってきた。
一瞬でもいいから晴れてくれるといいのだが・・・

d0000101_22413042.jpg


d0000101_22415716.jpg


小仙丈ヶ岳からは尾根筋を歩いていく。標高も上がってきたからか、少し息苦しくなり歩くスピードも落ちてくる。
急な登りがないだけまだマシだが、疲労感が出てきた。ガスで山頂は見えないが、あと少しのはず!

d0000101_22451333.jpg


10時半過ぎに標高3033mの山頂に到着!
天気は一向に回復せず、展望は良くはないが、1年ぶりの登山でも何とか登りきることができた。

d0000101_2249319.jpg


それにしても風があるので山頂は寒い。下界の暑さが嘘のようだ。
とりあえず昼食をとるためにジェットボイルで湯を沸かし、インスタントのカレーリゾットを食べる。

しばらく山頂に居ても良かったのだが、寒くなってきたので11時過ぎに下山開始。

d0000101_22524896.jpg


下りは途中までは登りとは違う道を通る。
途中で何度か雪渓を横切る。踏み跡がついているので危険ではないが、踏み外したらひたすら滑っていくんだろうな・・・

下りでも特にトラブルもなく、思ったよりも早く登山口に帰り着いた。
帰りのバスは15時に出る予定だったのだが、今日は登山者が多いので乗客が集まり次第順バスがでるとのことで、
13時半頃にバスに乗ることができた。結果、14時半前には仙流荘まで戻ってくることができた。

思ったよりも早く下山できたので、温泉に入って帰宅・・・ということにならないのがアングラーの性。
少し車で走ったところに丁度良い支流があったので入ってみる。
里川的な渓相だが、いかにもアマゴが釣れそうだ。

d0000101_2344055.jpg


意に反して最初にヒットしたのはイワナ。
うーむ、ここはイワナの放流が中心なのか?

d0000101_2354485.jpg


こういう流れなのでやはりアマゴが釣れてもおかしくはない。
そう思っていたところ・・・

d0000101_2364497.jpg


d0000101_237162.jpg


やはりアマゴが釣れてきた。釣り上がるにつれてアマゴの方が釣れる数が多くなる。
夕マズメまで3時間程度の釣りだったけれど、10匹ほどのアマゴが遊んでくれた。

久しぶりに山に登って、魚も釣った。
充実した一日だった!

by pioneerfield | 2013-07-13 23:12 | Go Trekking !! | Trackback | Comments(1)
2013年 07月 06日

久々の・・・

d0000101_22553999.jpg


前日までの雨で水位はだいぶ高かった。

約1ヶ月半ぶりに訪れた狩野川の支流は、20センチ以下のアマゴの活性は高い。
これぐらいのアマゴが多いのは川が回復してきた証拠かもしれない。

時折、要所要所のポイントからは尺クラスの魚のチェイスも見られたが、
僕の技術不足のせいでバイトまで持ち込むことができなかった。
水位が高くて流れが速く、濁りも入っていから釣り上がりながらもダウンクロス気味に
じっくりとミノーを流して見せるアプローチを取った方が良かったのかもしれない。
後から考えればそう思うけれど、現場で気づかなかったのはまだまだ未熟な証だ。

ようやく夕方にキャッチできたのは冒頭の9寸ぐらいのアマゴ。
あとはやはり20センチぐらいのサイズが中心だったが、終わりになって8寸ほどのアマゴも追加。

d0000101_235770.jpg


今年の一つの目標は支流のアップストリームの釣りで尺ヤマメか尺アマゴをキャッチすることだけど、
このままでは達成できるかどうか微妙だ・・・。

狩野川支流はまた状況が良い時に行ってみよう。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロン EXC510UL
Reel:カーディナル3
Line:スーパートラウトアドバンスVEP5lbs
Lure:ボウイ50S、バルサ蝦夷50S、蝦夷50SⅡ1st

by pioneerfield | 2013-07-06 23:53 | travel sketch | Trackback | Comments(0)