<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 28日

北の秋ヤマメに憶う(2)

夜のうちに車を走らせ、県北の沿岸河川の支流の近くの道の駅で泊まった。

朝、目が覚めると予想以上に寒く、フリースとゴアテックスのジャケットを羽織った。
昨日までの内陸の川とは一変してジンクリアな水が流れている。
水位は高くヤマメの活性は高いが、サイズは20センチに満たないぐらいだ。

水量があるのでミノーを引ける場所が少ない。
最初は反応が良かったヤマメもしばらく釣り上がっていくと反応が無くなってきた。
が、突如速い流れから魚が追った。

d0000101_21345030.jpg


気温、水温が低い県北の川なので、婚姻色が濃く出ており魚体も黒ずんでいる。
サイズは9寸ほどだが、幅広の良いヤマメである。

その後、何度か川を変えていくが、良い魚とは出会えなかった。
夕方に入った川は魚影が濃かったが、大きくても25センチ程度。

d0000101_21382799.jpg


マズメに近づいて、淵で放ったディープダイバーに9寸ぐらいのヤマメが食らいついた。
秋の魚らしく、鼻が落ちかけた表情の雄。午前中に釣ったヤマメとはまた別のタイプだ。

d0000101_2142112.jpg


とにかく岩手県内の様々な川で釣りをしてみたい。
次の日にはさらに移動して、県南の内陸河川へ。この川も水が綺麗だ。
しかし、アクセスがしやすい河川なのか、支流を回ってみるが魚の反応は宜しくない。

d0000101_2146145.jpg


上流にあるダムに流れ込む支流にも行ってみた。
イワナが中心の川のようだけれど、ここも他の川と同様、過去に訪れた釣り人の足跡が各所にある。
もうすっかり秋になろうとしている。岩に貼り付いた色とりどりの落ち葉と流れ落ちる水が美しい。
光の状態も良かったのでしばし写真を撮った。

d0000101_21493672.jpg


再び大きく移動して沿岸の河川へ。この川はヤマメとイワナの混生のようだが、イワナが優勢のようである。
全体的に浅い川なので、水深がありそうな大場所では粘ってみる。
普段、初めて入る川ではあまり粘らずに遡行を続けることが多いけれど、粘れば結果が出ることもある。
ヤマメではないけれど、9寸ぐらいのイワナ。
いつもヤマメを狙って、ヤマメの多い川に入るのでこのぐらいのサイズのイワナを釣るのは久しぶりだ。

d0000101_21593091.jpg


別の沿岸河川の上流に入ってみる。天気はすこぶる良いけれど風は少し冷たい。
上流域の川の水も冷えている。

d0000101_2211729.jpg


上流だから、てっきりイワナだけだと思っていたけれど、ヤマメがいた。
山の秋ヤマメらしく、黒ずんでいて、釣り上げてカメラを準備している間にも錆が浮き出てきた。
木の葉と一緒に写真に収めると、すっかり秋の雰囲気だ。

d0000101_2281145.jpg


一方、峠を越えて平地の水田の脇を流れる小渓流を訪れると秋色に染まっていないヤマメが釣れる。
ここはまだ夏のような付き方をしているけれど、浅い河川なのでミノーが落ち葉を拾ってきてしまう。

遡行し始めてからしばらくは魚の出が悪かったけれど、進むにつれて反応が良くなってきた。
ただしサイズはさほどでもなく、大きくても8寸程度だ。

d0000101_22131411.jpg


柔らかい秋の陽の光が水底を照らし、リリースしたヤマメがその中を泳いでいく。
写真を撮るには絶好のコンディションだが、なかなか良型のヤマメは飛び出してこない。

そろそろ秋ヤマメ旅も終盤に近づいてきた。
最後は今年、良い魚を手にしている本流で終わらせようかと思っていたけれど、
それよりも僕はまだ見ぬ川で可能性を追ってみたい。

d0000101_22193363.jpg


沿岸河川の支流の中で、懐のある川のさらに支流を遡っていく。ここもイワナとヤマメの混生のようだ。

小さなヤマメは何匹か手にしていた。
ある場所で粘っていたところ、足下で良型がヒット。しかし次の瞬間、ロッドからは生命反応は消えていた。
最後に再び良いヤマメを手に出来るかと思ったけれど、まだ未熟な証拠だ。

d0000101_22224379.jpg


錆が入り始めたヤマメを手にして、本格的な秋の訪れを知る。
そろそろ川を去る時が来た。

季節は駆け足で進行していくこと、半年も川に立つことができないという名残惜しさ、
そして日本の川と魚の美しさを、僕は秋ヤマメを見る度に憶う。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロン EXC510ULX、560ULX
Reel:カーディナル3
Line:スーパートラウトアドバンスVEP5lbs
Lure:ボウイ50S、山夷50SⅡ、バルサ蝦夷45S 他

by pioneerfield | 2013-09-28 23:57 | ST Expedition | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 28日

北の秋ヤマメに憶う(1)

d0000101_21534582.jpg


d0000101_23164553.jpg


d0000101_21542921.jpg


先週よりも水嵩は増していた。
前回の釣りが終わってから次の日に台風がやってきて、駆け足で去っていった。

遅い夏の休暇を取った僕は、車中泊をしながら数日間を岩手の川で過ごすことにしていた。
先週に満足のいく秋ヤマメを手にしていたので気分には余裕があった。

増水はしているが、濁りは入っていない。コンディションとしてはかなり良いだろう。
過去の経験で、こういう時に良型のヤマメが動きそうな大場所の前後の細かい場所を探っていく。

d0000101_2283838.jpg


橋脚に流れが当たって出来たヨレにダウンでミノーを送り込むと、ロッドが絞り込まれた。
落ち着いてランディングすると、そこそこサイズの良いヤマメだった。尺にはわずかに満たない泣き尺。
朝日を浴びて写真の色合いもよく出ている。

これだけコンディションが良いのだから泣き尺だけでは無いだろう。
そう思って時間を掛けて大淵の下流側を丁寧に探っていくが、反応は無い。
一気に場所を移動しようかとも思ったけれど、大淵の上流側が気になる。

葦を掻き分けて丁度淵の上の瀬をダウンで流せる場所に出た。
ミノーを山夷50SⅡにチェンジして、ダウンクロスにキャストし、細かいトゥイッチを入れる。
流芯を切った時、ロッドに重みが伝わった。

d0000101_22192415.jpg


d0000101_22194523.jpg


ネットに収まったのは32センチの雌。
パーマークが残って、婚姻色がわずかに出ている。雄の秋ヤマメとは違って優しい表情だ。

d0000101_2223944.jpg


旅の初日から尺ヤマメに恵まれたので、落ち着いてこれからの日程を楽しめそうだ。
水田の稲は黄金色に染まって、訪れるには一番良い季節かもしれない。
気温も過ごしやすく、こんな中で釣りが出来るのは贅沢であるとも言える。
夕方までに20センチほどのヤマメを数匹釣って、いつも車中泊する道の駅へと向かった。

d0000101_22274953.jpg


次の日も水は高かった。この日も基本的に本流の流れを釣り下る。
9月も終わりに近づいているので、8寸ぐらいのヤマメも婚姻色が出ている。

この日も前回入っていない区間に入ってみる。
両岸を葦に囲まれた一本瀬。上流から山夷で対岸の葦際を打っていく。
下流に進むに従い、流れがやや緩くなってきた。頭の大きな蛇が対岸へ泳いで渡っていくのが見えた。
蛇が渡った地点より少し下流ににミノーをキャストし、流れを切らせると、ズシッとティップが入った。

d0000101_22385596.jpg


d0000101_22392716.jpg


サイズは前日と同じ32センチだが、砲弾のような魚体に緑がかった色。雌だが格好の良いヤマメだ。

昨日、今日と天気が良いので写真も満足のいく写真が撮れる。
魚を弱らせないように気を使いながら、何枚もシャッターを切る。
使い慣れてきたカメラと、新しい単焦点レンズが気に入ってきた。

d0000101_22483410.jpg


先週からこの川を釣り歩いているので、そろそろ本流のこの辺りで入れる区間はほぼ釣りをした。
そこで、一旦支流へと分け入ってみることにした。川幅はさらに狭くなり、葦も密集している。

上流に堰堤を控えた場所。流れが緩い直線の瀬をアップストリームにミノーをキャストし、着水させる。
細かいトゥイッチを加えてくると、尾鰭がオレンジ色掛かった魚が追ってくるのが見えた。
自分の立ち位置の手前で反転してしまったが、良さそうなサイズだった。
一度手前まで追った魚は再び追うことは少ない。
期待はできないが、再度同じ場所にミノーを落とし、トゥイッチを入れながらリトリーブしてくると、再び追って、バイトした。

d0000101_22592773.jpg


d0000101_22594639.jpg


d0000101_230727.jpg


目標とする赤い秋ヤマメでは無いけれど、婚姻色が浮き出てパーマークが残った尺上。
強靭な歯と厳つい表情、力強く広げられた胸鰭が素晴らしい33センチの雄。
やはり秋のヤマメには、見る者を感動させる風貌がある。

記憶に残る良い魚に出会えた。
あとの日程はこれまでに行ったことのない川を巡ることにしよう。

by pioneerfield | 2013-09-28 23:51 | ST Expedition | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 28日

UWG

d0000101_18114521.jpg


UNDER WATER GRAFFITI更新しました。

「彩りの季節への旅路」

天気が良かったので写真も満足いくものが撮れました。

by pioneerfield | 2013-09-28 22:18 | armchair troutist | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 15日

砂の川への旅路

d0000101_2241266.jpg


8月終わりから9月の釣行予定は既に決まっていた。
最初の週末の群馬のヤマメ谿への釣行の後は、次週の週末は連休を利用して岩手への一泊。
毎年訪れている内陸の川への旅路である。

d0000101_2254153.jpg


水位は去年よりもだいぶ高い。
去年の渇水の時期に川通しで歩いていた場所が流れが速く入れない。
ただし魚の活性は高いようで、8寸程度のヤマメが積極的にミノーを追った。

アップストリームで釣り上がっていくにはやや魚が追いきれていなそうなので、
川幅がある場所はサイドクロスで対岸の葦際、灌木のオーバーハングを狙っていく。

陽が高くなってきた10時過ぎ、流れがやや緩い瀬のポイントに入る。
対岸はブッシュの際がシェードを作り出しており、いかにもヤマメが付いていそうな場所だ。
対岸ギリギリにミノーを着水させ、トゥイッチを入れ始めると、水中で魚影が翻るのが見えた。

魚はまだミノーには触れていない。
再度同じ場所にキャストし、再びトゥイッチを入れるとロッドが絞り込まれた。
ミノーをガッチリと咥えたまま、浅瀬を泳ぐ鮮やかな魚影が目に焼き付く。

d0000101_2318856.jpg


d0000101_23182753.jpg


d0000101_23185174.jpg


2年前に手にした魚と同じ、素晴らしい体色の秋ヤマメだ。
雄の尺ヤマメ、32センチ。
今年もこの川の秋ヤマメに出会えることができた。

d0000101_23234832.jpg


二日間の釣行は時間的に余裕がある。
翌日はススキと葦の穂を掻き分けて、色々な場所へ入ってみる。
釣れるヤマメは大きくはないが、この川のヤマメらしくパーマークがくっきりした魚体が多い。

d0000101_2331535.jpg


僕がよく訪れる関東の河川にはこの川のような砂の川は無いので、
毎年この川で釣りをするのが楽しみで仕方が無い。
対岸の葦際からミノーを追う影が、白い砂底の上に突如現れるのがいつ見ても新鮮だ。

d0000101_014930.jpg


この川を訪れる度に、僕はこの釣りの奥の深さを思い知ると共に、
今よりももっと自分自身の技術を向上させたいと感じる。

ポイントへのアプローチに始まりキャスティングの正確さ、ミノーの流し方など、
どれも基本的なものが多いけれど、僕はその基本をきっちりと出来ているかと言われれば、決して出来てはいない。
この釣りを続けていく上で、僕は地道に基本を積み重ねていく努力をしたい。
基本的なことをいかにきっちりと無駄無くこなせるか、それが良い魚に出会える近道なのかもしれない。

次回は今シーズン最後の渓流を思う存分に楽しむ。
長い秋ヤマメ旅で再び岩手へ。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロン EXC560ULX
Reel:カーディナル3
Line:スーパートラウトアドバンスVEP5lbs
Lure:ボウイ50S

by pioneerfield | 2013-09-15 23:42 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 15日

UWG

d0000101_16415332.jpg


UNDER WATER GRAFFITI更新しました。(少し前ですが・・・)

「最高のヤマメに近づくために」

こっちの秋の釣行記も少しずつ掲載していきます。

by pioneerfield | 2013-09-15 22:37 | armchair troutist | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 07日

初秋のストリームトレッキング

前に訪れた時に良い釣果に恵まれた群馬の渓流へ行ってみよう。
6月に訪れた時は平均で25センチほどのヤマメが釣れたので、秋のこの時期には尺が出るかもしれない。

堰堤の下の区間から釣り上がる。
前々日に降った雨で水位は高いが濁りは取れてきていてコンディションは良い。
堰堤下の区間はイワナとヤマメの混生で、今日はイワナの反応が良いが、時折ヤマメも釣れる。

d0000101_13281619.jpg


d0000101_13283789.jpg


9寸ぐらいのヤマメが釣れた。
この魚はわずかに婚姻色を浮かび上がらせていた。

他にも堰堤下で尺越えのイワナもキャッチできたが撮影前に逃走・・・。
とにかくイワナはじっとしていないのでカメラを準備してからポジショニングしなければならんな。

d0000101_13334189.jpg


前回と同様、堰堤を高巻いて崖を下る。
堰堤上の浅いトロ瀬で早速ヤマメの反応がある。
サイズは尺ぐらいはあっただろうが、残念ながらフックオフ。

d0000101_13393519.jpg


何匹か魚が溜まっていた瀬があり、ネットにキープして二匹を撮影。
サイズはそんなに大きくはないが、左のヤマメは小さいけれど体高があっていいヤマメだ。

この先も期待ができそうだと思っていたら、上流から先行の釣人が下ってきたので挨拶する。
2時間ほど釣り上がったそうなので、竿抜けになりそうな場所を狙いながら丁寧に探っていくことにして先に進むことにした。

d0000101_1346932.jpg


先行者の後でも、今日のようにコンディションが良ければ魚は出るようだ。
25センチぐらいのヤマメが中心のようだが、ミノーが良い場所に入れば積極的に追ってくる。

d0000101_13485641.jpg


d0000101_13491458.jpg


案の定、大場所から良いヤマメは出てこなかったけれど、小場所を攻めて満足のいく釣果だった。
じっくりと時間を掛けて一区間を釣り上がっていき、道に上がった。

薄暗くなり始めてきたので、道を急ぎ歩く。車に辿り着いたときには既に5時近く、雨も降り出してきたのでそのまま帰宅することにした。

さて、残りもあとわずか。
次回はいよいよ遠征で秋ヤマメを狙いたい。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロン EXC510ULX
Reel:カーディナル3
Line:スーパートラウトアドバンスVEP5lbs
Lure:ボウイ50S

by pioneerfield | 2013-09-07 23:18 | travel sketch | Trackback | Comments(2)