<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2013年 10月 15日

魚撮りのレンズ

d0000101_21284728.jpg


フォーサーズのE-410からシステムを変更して、マイクロフォーサーズのE-M5を使い始めたのが去年のこと。

最近多用しているのが単焦点のM.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8。
魚を撮る時には若干寄れないのが難点だけど、単焦点ならではの明るさと描写力が気に入っている。
開放のF1.8だとかなりボケさせられるけれど、魚を撮る時は魚体の模様や尾鰭までを比較的しっかりと写したいのでやや絞ることが多い。

釣りをする時は何本もレンズを持っていくことが現実的に難しいので
基本的には1本のレンズを付けっぱなしにすることが多いけれど、
35mm換算で34mmの画角は、釣った魚以外にも渓流の風景を切り取るのに使いやすい画角だと思う。
使い始めたばかりのレンズだけれど、コンパクトで軽いところも気に入っている。

奥のレンズはE-M5のキットレンズのM.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ。
ズームの幅が広くてマクロとしても使えるのが便利。
E-M5のボディと同様、防塵防滴なので雨が降ったらこのレンズの出番だ。

渓流のオフシーズンになるとカメラへの興味が再発してくる。
このままいくとレンズ沼に嵌っていきそうな感じが・・・。

by pioneerfield | 2013-10-15 22:28 | T-Impression | Trackback | Comments(2)
2013年 10月 12日

Project K vol.41-東山湖

d0000101_2373861.jpg


東山湖のシーズンが始まった。
管理釣り場の釣りは一年中やる訳ではないけれど、秋から渓流の解禁までに真面目に取り組む。

この時期の東山湖は水を入れたばかりでかなりクリアだ。
10月の最初の土曜に一人で釣行した時は、放流が入るまでは辛い釣りだった。
放流が入ってからは表層でノア1gで夕方まで釣れ続いた。

d0000101_23392580.jpg


2週目は兄との釣行。前回の釣りの反省から、朝マズメに数匹釣った後は
スプーンへの反応が悪くなったので、クランクで中層の釣りへ。
グラスホッパーロデオチューンへの反応が良く、放流が入るまではカラーをローテーションしながらバイトを拾っていった。

放流が入って暫くすると、群れが目の前に集まりだして、先週と同様にノア1gで釣れ続いた。
と言っても全ての放流魚が活性が高い訳ではなく、積極的にアワセていかなければならない釣りだった。

d0000101_2346259.jpg


しばらく釣り続いていたけれど、反応が悪くなってきたところで、一旦休憩を入れて2時過ぎに再開。
スプーンとグラスホッパーで数を伸ばしていたけれど、徐々に反応は悪くなり、
場所を移動してもたいした釣果は無かった。

まだ水温が下がっていないので、これから濁りが入ってからが本番だと思うけれど
今年は芦ノ湖の釣りと並行して管理釣り場を楽しんでいこう。

by pioneerfield | 2013-10-12 23:03 | travel sketch | Trackback | Comments(0)