<   2014年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 31日

里川アマゴ

5月も終わろうとしているのに性懲りも無く狩野川に通っている。
既に釣りができる区間は限られているし、朝の時点で既に水温は19度を超えているから本流は一雨が無いともう厳しいのかもしれない。

午前中に手早く何か所かの下流のポイントを回ったが、あるのはニゴイのチェイスのみだった。
曇っていた空が徐々に明るさを増して、日差しが注ぐ頃には既に本流を切り上げて、支流へ向かうことにしていた。
狩野川の支流でもまだ釣り上がったことの無い川へ入ってみる。水量は乏しいが早速アマゴの反応があった。

d0000101_22531546.jpg


20センチもあれば良い方だが、魚の数は豊富なようで、そこかしこから追ってくる。
時折、やや良いサイズが水中でヒラッと身を翻すけれど、追っても一度きりで、その後は同じコースにしつこくミノーを通しても反応は無い。

ある程度上流まで釣り上がると、急に水量が増えた。
どうやら途中で取水されているようで、そこから上の渓相は良かったが、その反面魚の反応は皆無だったので、今日はこれ以上釣り上がるのを止めて、別の支流に入ることにした。

陽は傾き始めてきたので、この支流を釣り上がって行けば途中で日暮れを迎えるだろう。
何度か入ったことのある支流だし、里川で川沿いに道が走っているので暗くなってきたら適当なところから上がればいい。

水量もそこそこあるし、ところどころ水深もある川なので魚はストックされていそうだ。
ここも他の支流の例に漏れず、小さなアマゴのチェイスが多い。

小堰堤を越えた先の深瀬。腰までウェーディングして流芯にキャストするが、5センチのミノーではいまいちアピールができていない気がする。
そこで蝦夷65ファーストタイプⅡを取り出して中層でトゥイッチを入れると、ロッドが絞り込まれた。

d0000101_23261827.jpg


9寸のアマゴ。この川で稚魚から育ったような綺麗な魚体だ。
尺は出なくてもこういう魚が出ると一日の釣りにまとまりが出るような感覚だ。

まだ少し釣りができる時間があるから、さらに釣り上がってみることにする。
川幅は狭くなってきたけれど、相変わらず水深と水の勢いはある。
堰堤下にさしかかり、いつものように白泡にミノーを着水させて少し沈める。
ゆっくりめのトゥイッチを入れると、アマゴがバイトした。

d0000101_23411246.jpg


d0000101_23413120.jpg


ランディングの際に胸鰭を傷つけてしまった。すまない。
一瞬、尺はあるかと思うほど幅広のいいアマゴだったけれど、28センチ。
夕マズメで薄暗い中での撮影だったからあまり良い写真は撮れなかったけれど、
フラッシュを使わずに絞り開放で何とかなるのが単焦点の利点だな。

あとちょっとなんだけどな〜。
尺の壁はまだまだ厚いようだ。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510UL
Reel:カーディナル3
Line:ダブルクロス 0.6号+フロロステルス3.5X
Lure:ボウイ50S、蝦夷65SⅡ

by pioneerfield | 2014-05-31 23:39 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 24日

懲りずに

狩野川の中流から上は禁漁に入ってしまったけれど、懲りずに朝から下流の各所を回る。
が、今日は反応が得られない。うーむ、何かが合っていないのかな・・・。

午後まで下流を釣って、支流へ向かう途中の中流域はもう鮎の釣り人一色。
夏が近づいてきた感じだ。

この日入った支流は細い流れで、堰堤が続いている。
ところどころで小さなアマゴが元気にミノーを追ってきて、時折7寸ぐらいのアマゴも出る。

d0000101_23572978.jpg


これぐらいのサイズのアマゴが鰭の色も色もパーマークも綺麗で、全身を写すのがいい。
釣れた魚が一番映える撮り方ができるように心がけているけれど、これがなかなか難しい。
アートフィルターをかけてごまかしてみる。

d0000101_04817.jpg


あとは最近、リリースの瞬間を撮ることが多くなった。
最初はタイミングを見定めてシャッターを切っていたけれど、やっぱり連写の方がいいですね。
これも微妙にピントが合っていないのでアートフィルターでごまかす。

本流の釣りも写真も懲りずにコツコツと続けていればきっと良い結果が得られる・・・に違いない。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510ULX, 510UL
Reel:カーディナル3
Line:ダブルクロス 0.6号+フロロステルス3.5X
Lure:ボウイ50S

by pioneerfield | 2014-05-24 23:48 | travel sketch | Trackback | Comments(2)
2014年 05月 19日

PE for Up Stream

d0000101_21523210.jpg


以前、カスタムの510ULXを使い始めた時にアップストリームの釣りでもPEを使っていたけれど、
キャストの際にリリースのタイミングが難しいのと、フェザーリングがしにくく、さらにバレが多発したということもあってナイロンに転向することにした。
数年間ナイロンを使ってきたけれど、今年は本流でもPEを再使用し始めたことだし、
一度アップの釣りでも試しにPEを使ってみるか〜、と思い立ち前回の釣りで使ってみることに。

まずは510ULXと組み合わせて使ってみたが・・・
やはりリリースのタイミングとフェザーリングの点においてナイロンの方が勝っている気がする。
その上、ラインスラックを上手く出せず、リトリーブが速くなってしまいがちだった。
やはり難しいなー!PEは。という印象だったが、今回は510ULも持ってきているので今度はULで使ってみることに。

これがなかなか良かった。ラインが伸びないからロッドの反発力を最大限に生かせるので
ULでナイロンを使っている時に感じた飛距離不足も解消できそう。
もともとULXよりもキャストのタイミングが掴みやすいから、PEを使っていてもキャスト時のコントロール性能が良い。
ULはULXと比較してバットの硬さはほぼ同じでベリーとティップが柔らかいという感じなので、
PEでもスラックを作りやすく、トゥイッチのコントロールがしやすい感じだった。
フッキングもしっかり決まる感じがして、さらにティップからベリーが曲がってくれるので魚とのやり取りの安心感もあった。

僕の場合はまだULXでPEを使えるほど上手ではないので、ULとの組み合わせが今のところ良さそうですね。
今年のアップストリームの釣りはこのセッティングでいってみようかね。

by pioneerfield | 2014-05-19 22:24 | Tips | Trackback | Comments(2)
2014年 05月 17日

本流から支流への転戦

狩野川本流でのルアーは5月19日で禁漁を迎え、中、上流部は来週から鮎が解禁する。
僕の場合はたいていは下流を中心に釣っているので今回も下流から釣り始める。

朝マズメは前回開拓した場所に入って粘ってみるがバイトは無い。続いて何か所か回ってみるがどこも鮎の姿は見られるがアマゴの反応は無かった。
次に入ったのは流速のある瀬。ここを釣り下っていくと一度だけ反応があった。
予想していたよりも流速がある場所でバイトが出たのだけれど、考えてみれば水温が17度なので当然と言えば当然。
次のポイントに移動する前に、上流の水深の浅い瀬頭にミノーを通すと、明確なバイトがあり、二投目、ようやくフッキングした。

d0000101_19285193.jpg


サイズは8寸ほどだけど幅広の本流アマゴ。この一尾が基となり、攻め方を変えてみることに。
続いて入ったポイントは全体的に流れが速い瀬のポイント。手前の流芯は流れが速過ぎるので流芯の向こう側が攻めるべき場所。
釣り下っていくと、突然ロッドに生命反応があり、反射的にフッキング。魚は手前の流芯に乗って流れを下り、ドラグを慣らしてラインを引き出していく。アマゴだったらサイズは良さそうだ!
自分も下りながら何とか寄せてランディングしたが・・・

d0000101_19424640.jpg


狙っていた本流アマゴではなく、やはりニジマスだった。
ローリングしない引き方から何となく予想していたのだが、残念。
その後、アマゴらしきバイトが一度あったが、フッキング直後にフックアウトしてしまった。

下流の他のポイントも回ったが、水温がさらに上昇して鱒のコンディションとしては宜しくなくなってきたので、久々に支流に行ってみることにした。
4月以来入っていない支流だったが、10センチ程度のアマゴが元気にミノーを追ってくる。
こういう姿を見ると川が健康的であることが分かり、安心する。
この支流はところどころ葦に囲まれ始めていて、魚のストックは多いようだ。

既に周囲は薄暗くなってきて、虫も多くプールではアマゴのライズも見られる。

d0000101_19532146.jpg


そんな中でヒットしたのは25センチほどのアマゴ。放流魚ではなく綺麗な魚だ。

陽は沈んで、そろそろ川から上がらなくてはならないが、退渓場所はもう少し先だ。
堰堤下の水深のあるポイントで大岩が沈んでいる。
数投したが、魚の反応は無い。そこでミノーを沈めてボトム付近でトゥイッチを入れると、ティップが入った。

d0000101_2005069.jpg


良型のアマゴ。サイズは28センチあった。秋の魚のような黒っぽい魚だったけれど、狩野川支流のアマゴは大きくなるとこういう色をする魚が多い気がする。

本流では狙っているサイズが出なかったけれど、最後に支流でいいアマゴが釣れて、一安心だった。
が、本流はようやくバイトが得られるようになってきたので、来週以降も釣りが可能なエリアで引き続き頑張りたい!


Tackle
(本流)
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC600ULX, 730ML
Reel:セルテート2004CH, 2510PE-H
Line:ダブルクロス 0.8号+ナイロンリーダー2号
Lure:スピアヘッドリュウキ60S, トリコロール67HS

(支流)
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510ULX, 510UL
Reel:カーディナル3
Line:ダブルクロス 0.6号+フロロステルス3.5X
Lure:ボウイ50S

by pioneerfield | 2014-05-17 23:13 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 15日

9月の秋ヤマメ

昨年撮った写真を整理していたら、9月に岩手で釣った秋ヤマメの写真と動画が出てきました。

僕の場合、良い魚が釣れると写真をたくさん撮るので、ブログに掲載しきれない写真が数多くあります。
今回はその一部を掲載してみます。


d0000101_1215628.jpg










d0000101_1221967.jpg







by pioneerfield | 2014-05-15 01:23 | armchair troutist | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 11日

狩野川本流通い

ゴールデンウィークも終わり、この頃に狩野川に入る代掻きの濁りも取れ始めているはず。
例年濁りが取れ始め、本流での釣期が終わるまで本流の中流域で良型のアマゴが釣れ出すのだが、
今年は2月に降った大雪が影響なのか何が原因なのかは分からないが、あまり釣れていないらしい。

僕の場合は特に狩野川が地元にあるというわけではないので、わざわざ釣れていない川に行くよりは
他の河川に行ってみるということもできるのだが、3月から通って徐々に狩野川での釣りを詰めていっているところなので、今回も狩野川に通う。

朝一で前回、前々回とバイトが得られた下流のポイントに入る。
相変わらず鮎と思われる小魚が多く、ここだけはアマゴも入っていると思い時間をかけて探ってみたが、今回はバイトは無かった。
続いて一昨年下見した大場所に入ってみる。ここもシャローには鮎が多いがアマゴのバイトは無かった。
ただし、遡上してきた魚が一時留まりそうな場所なので次回の朝マズメに再度入ってみることにしよう。

その後、下流のポイントを転々としたが、流速がある瀬で一度バイトらしき反応があったのみだった。
朝は13度台だった水温は昼には17度を越えていたので、夕方は中流へ移動することにした。
先ほどバイトが得られた場所と同じぐらいの流速で岩が点在する瀬を丁寧に流していたら、ようやく魚の反応が。

d0000101_202716.jpg


8寸ぐらいだったけれど、ようやく魚の顔を見ることができた。
本日はこの一尾で終了。目標とする魚はまた次回におあずけだ。

確かに今年は魚の数が少ない感じがするけれど、釣れないことを川の状況のせいにしていてはきりがないので、
釣れない中で釣り人側が色々と考えて工夫して、小さくても良いから魚を手にできれば、と思う。
そうすれば、きっと次につながる経験になるに違いない。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC600ULX
Reel:セルテート2004CH
Line:ダブルクロス 0.8号+ナイロンリーダー2号
Lure:山夷50SⅡ

by pioneerfield | 2014-05-11 20:36 | travel sketch | Trackback | Comments(2)
2014年 05月 05日

Go Trekking !! 14

去年の夏以来の山行。

みけが鍋割山荘の鍋焼きうどんを食べてみたいとのことだったので、一昨年行ったことのある鍋割山へ。
大倉から西山林道を通って二俣までの道はゆるゆると昇っていくので歩きやすい。

d0000101_23454669.jpg


ちょっとした沢を渡ると後沢乗越までは杉林の中を通り、急な斜面を登る。
その後も山頂までは何度かピークを越えていく。

d0000101_2349204.jpg


標高がそんなに高くないから、木々も新緑が美しい。
寒くもなく暑くもなくで、歩きやすい気候だ。

d0000101_23501978.jpg


山頂近くに来ると桜の花が咲いていた。まるで春がまた来たようだ。

d0000101_23514833.jpg


山頂の鍋割山荘での楽しみはやはり鍋焼きうどん。
結構量も多いけれど、あっという間に食べてしまった。

今年も夏になったら中央アルプスか南アルプスの山にも行きたいですね。

by pioneerfield | 2014-05-05 23:36 | Go Trekking !! | Trackback | Comments(0)