<   2014年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2014年 06月 21日

信州のアマゴ

今回は今まで訪れたことが無い川、長野のアマゴの川。
例によって事前の情報が無い中での行き当たりばったりだが、遡上系のアマゴも狙えるらしい。
夜明け前に着き、明るくなってから川沿いの道を車で走って様子を見ると、街中を流れている里川の雰囲気で、平坦な瀬が多い川のようだ。

適当な場所に車を停めて釣り始める。
いつもこんな感じなのだろうか、濁り気味ではあったが、すぐに20センチ程度のアマゴがミノーにヒットし、とりあえず初めての川での最初の一尾は難なく手にできた。
上流、下流とも釣り人が入っているところを見ると、人気の河川なのかもしれない。
川へ入る場所が多くアクセスがしやすそうなので、人が入らなそうな区間を選んで入ってみると、
20センチ程度ながら、ポツポツとアマゴの反応が出てきた。

d0000101_17542826.jpg


伊豆でもアマゴを釣ってきたけれど、長野もいいアマゴがいる。
上流へ進むと川幅が絞られて水量も少なくなってきたが、葦際にミノーを落として一尾。サイズは25センチぐらい。

d0000101_17565640.jpg


d0000101_17571632.jpg


大きくはないが、初めて訪れた川ではこれぐらいの魚でもとりあえずは嬉しい。

天気は曇りだったけど、時折太陽も顔を見せて暑くなってきたので、もう少し上流の支流へ入ったり、
朝に入った川と同じく平瀬が多い川へ入ったりと、この漁協の区間の全体像を掴もうとこまめに移動を繰り返していた。

d0000101_18201182.jpg


支流は良い流れなのだが、魚の反応は薄い。上流の方に行くとイワナのチェイスも見られるけれど
アマゴを釣りたいので支流でも下流の方から釣り上がる。

d0000101_1858473.jpg


夕方に入った支流はアマゴが多かった。最大でも8寸ぐらいだったけれど、良い魚。
写真では銀化しているように見えるけれど、パーマークがくっきり入っていた。

ところで、昼過ぎに入った川では地元のアングラーの方に声を掛けて頂いた。
タックルや装備がほぼ同じだったこともあり、川の状況や遡上魚のことなど色々と教えて頂き、貴重なお話を伺うことができた。
普段から色々な川で釣りをさせてもらう機会が多いが、僕のように県外からの釣り人にも親切に接してくださるのは本当にありがたいことだし、
こうした交流があると、また来てみたいという気分が湧いてくる。

そういう意味でも今回の釣りは気持ちの良い釣行だった。
近いうちにまた訪れてみたい。周りには登りたい山も多いし。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510UL
Reel:カーディナル3
Line:ダブルクロス 0.6号+フロロステルス3.5X
Lure:蝦夷65S、蝦夷50SⅡ、ボウイ50S

by pioneerfield | 2014-06-21 23:18 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 14日

高水位

d0000101_2035760.jpg


まとまった雨が川の水位を上げた。
先週末の雨は釣りができないぐらいだったが、今週はようやく狩野川の支流でも水位が下がってきた。
それでも2、30センチは高い。

普通の水位でも水深のある支流はところどころ水勢がありすぎて遡行ができないから、入れる場所だけ入って釣る。
アップストリームで流せない所も多いけれど、丁度良い流速の場所からは活性の高いアマゴがミノーを追ってきた。

この支流は他に比べて良型が出そうだが、こういう状況下では入れる場所も限られるから、もう一つ有望そうな支流を釣ることにした。
ここも水位は高いけれど、遡行ができないほどではない。

d0000101_21154974.jpg


20センチに満たないアマゴの数が多い。
5センチのミノーを使っていると時折ヒットしてくるが、目的は数釣りではない。
ある程度のサイズのアマゴなら、活性が高ければ多少大きなミノーでもヒットしてきそうなので蝦夷65をメインに釣り上がった。

d0000101_2235436.jpg


水深のある瀬尻には良型が付いているようで、尺クラスの魚もバイトしてきたが、残念ながらフックオフ。
あとは良くて25センチというところなので、まだ少々大型が出る時期ではないようだ。

d0000101_2272615.jpg


d0000101_2274872.jpg


天気もよくて水温も高くなってきたので、今回からウェットウェーディング。
ウェーダーよりも水の抵抗を抑えられるので、こういう状況では遡行がしやすい。

ある程度長距離を釣り上がって、車に戻ると既に5時を回っていた。
あと行けたとしても1か所なので、入渓点から下流を釣った。

d0000101_22103628.jpg


d0000101_22105649.jpg


最後に25センチほどの銀化気味のアマゴをキャッチして終了。
やっぱりこの支流で良型を狙うにはまだ少し早いかな〜

さて、狩野川水系はタイミングが良いときに再度入ることにして、別の河川も開拓してみようかね。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510UL
Reel:カーディナル3
Line:ダブルクロス 0.6号+フロロステルス3.5X
Lure:蝦夷65S、蝦夷50SⅡ、ボウイ50S

by pioneerfield | 2014-06-14 20:32 | travel sketch | Trackback | Comments(2)