<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 07月 26日

一尾の感動

釣りを始めたばかりの上司が是非渓流に行ってみたいと言うので、ガイドをすることに。
場所は色々と考えたけれど、漁協の放流が盛んでロケーションも良い利根川水系の上流の方へ行くことにした。
ここならヤマメの他にイワナも釣れるし、開けた川もあるのでまずはキャスティングの練習もできる。

とりあえず一尾釣ってもらうまでは僕は竿を出さずに後ろで声を掛けながら見ている。
考えてみれば渓流ルアーの釣りって初めてやるには難しい釣りだよな。
軽いルアーを狙った場所に投げなければならないし、流れよりも速くリトリーブしなければルアーが動かない。
あと、左手でリールのハンドルを回すのは最初は苦戦するらしく、ティップをブレさせずにリトリーブするのが結構難しいようだ。
僕が普段何気なくできていることも何度も釣りに行くことで次第に身に付いていったんだな。

開けた川だから、陽が昇って水温が上昇するまでが勝負。
既に太陽は川面を照らし始めたけれど、まだ魚をキャッチできない。前方に小堰堤下の落ち込みが見えたのでディープダイバーに換えてもらい、良いラインを通せるまで何度もキャスト。
と、遂にロッドが曲がった。

d0000101_20543494.jpg


パーマークが綺麗な、いいヤマメだ。

d0000101_2055545.jpg


初めて釣ったヤマメがこんな綺麗なヤマメだったら病み付きになるよな・・・。
とにかく最初の一尾が無事に釣れて良かった!

その後は徐々にヤマメの反応も薄れてきたので、イワナを狙いに支流に。
先行者はいたけれど、ここでも小さいながらもイワナをキャッチできた。

d0000101_2057290.jpg


普段ならジェットボイルは車に置きっぱなしだけど、折角なのでバックパックに入れていってコーヒーを淹れる。
普通のインスタントのコーヒーだけど、こういう景色の中で飲むと美味い。

d0000101_214269.jpg


とにかく天気が良くて川に浸かっているのが気持ち良い。
天気が多少悪い方が魚は釣れるけれど、渓流デビューの日に天気が悪いのは、ちょっとね。

朝入った場所には陽が傾き始めてから入ることにして、別の支流に入っていくと、模様のくっきりしたイワナが僕に釣れた。
今日も前回から少しずつ釣り方を詰めていっているベアトリスのドリフトが中心だけど、これはボウイのトゥイッチで釣れた。
ドリフトをやり始めるとどこでもドリフトで通したくなってしまうけど、ドリフト一辺倒にならないように注意が必要だな。

d0000101_21145286.jpg


さて、陽も傾き始めて、朝に入った支流の上流へ。
まずは僕に8寸ぐらいのヤマメがヒットし、続いて上流の速い流れでイワナが追ってきた。
バイトしなかったので代わって上司に攻めてもらう。
僕は下流から見ていたが、同じポイントを何度か流していると、遂にバイトがあったようだ。

d0000101_21192475.jpg


尺は無いけれど、これも良いイワナだった。
最後にしつこく粘ってキャッチできたことがまさにドラマだ。
僕が釣っても若干嬉しいぐらいの魚でも、やはり釣りを始めたばかりの頃に手にできたら感動の一尾なんだろうな〜。
初心忘るるべからず、ですね。

楽しんでもらって満足して頂いて、この日の釣りを終えた。
とにかく、いい魚が釣れて良かった!


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510UL
Reel:カーディナル3
Line:ダブルクロス 0.6号+フロロステルス3.5X
Lure:ボウイ50S、ベアトリス45S

by pioneerfield | 2014-07-26 20:33 | travel sketch | Trackback | Comments(4)
2014年 07月 20日

攻めのシングル

アップストリームで魚を手にするために絶対的に必要なのはキャスティングの精度。
せり出したブッシュと水面の隙間に思うようにミノーを滑り込ませることができれば、
今よりももっと魚が釣れるようになるのは間違いない。
ということで、キャスティングの上達を目的に、ブッシュに積極的に投げ入れる気になり、
かつフックアップしやすくバレにくい攻めのシングルフックを目指してのセッティングを試してみた。

d0000101_22612100.jpg


この日の伊豆は晴れの予報だ。午後からは雨が降るかもしれない。
朝一を逃がして陽が水面を照らし始めれば、木々に囲まれていない葦の支流は徐々に厳しさを増してくるだろう。

d0000101_2273621.jpg


9寸が出た後に、続いて8寸ほどのアマゴがミノーにアタックしてきた。
シングルでは単純にフックポイントが1/3になるので、フックに掛からないバイトが増えるようだ。
一方でガッチリと掛かってしまえば、薄く掛かることが多いトレブルよりもバレることが少ない気がする。
しっかりと深く掛かるという長所を生かせるようなセッティングができれば、シングルフックはトレブルを超えるメリットを手に入れることができるかもしれない。

陽が出てくると案の定、魚の反応は悪くなってきた。
ヒラを打つ速いミノーの動きにはどうもついてこれなくなっているようだ。
ベアトリスでドリフトさせるとようやく反応が出てきたが、そうこうしているうちに雷が鳴りだし、
雨も降り出してきたので急いで川を下って車に戻った。

夕方まで雨は止まなかったので、そのまま次の川へ移動することにした。
次の日は午前中だけ山梨の川を釣り上がる予定だ。

d0000101_22273363.jpg


ここも狩野川の支流と同じような平瀬の川で、水深はそんなに無い。
朝一はトゥイッチの速い動きで誘ってみたものの、アマゴはバイトまでには至らなかったので
昨日調子の良かったベアトリスのドリフトを試してみると、バイトが出だした。

d0000101_2233254.jpg


9寸ぐらいのアマゴも掛けたけれどバレてしまった。その後にようやく8寸ほどの綺麗なアマゴがヒット。
しかし抜き上げるとフックが外れてしまった。
何とかネットには収めたけれど、フックを市販のままで使用していたままだったので、テールのシングルフックを換えてみることに。

d0000101_22392324.jpg


ベアトリスはもともとシングルフックが付いているのでテールフックを換えてもさほど動きには影響は無かった。
その後にアマゴを数匹掛けたけれど、今度はガッチリ掛かってバレなかった。

d0000101_22442261.jpg


今回はボウイとベアトリスのフックセッティングを試してみたけれど、
ボウイの方はトレブルとほぼ同じのウェイトにするためにレッドワイヤーを巻き付けてバランスを取ってみた。
リアのフックは自作のループノット。アマゴの速いバイトでもこれであれば結構掛かるし、バレにくいようだ。
一方、ベアトリスの方はフロントはそのまま、リアをレッドワイヤーを巻いていない自作ループノットにしてみた。

d0000101_22485657.jpg


タックルはいつもの通り。どうも自分の癖として、釣り始めは良いけれど、徐々にキャストが力みだしてきて精度が落ちる傾向にあるので、
もう少しルアーの重みを十分にティップに乗せられるように心がけようと思う。

d0000101_22532475.jpg


午前中だけ釣って、川から上がった。
川で釣りをしている時は両岸とも林に囲まれている感じがしたが、意外にも川沿いに道が走っていたとは・・・。
土手から見るとこれだけ葦が生えてたんだな。

シングルフックのセッティングはこれが必ずしも正解というわけではないと思うので
次回以降も色々なミノーで色々試してみたいですね。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510UL
Reel:カーディナル3
Line:ダブルクロス 0.6号+フロロステルス3.5X
Lure:ボウイ50S、ベアトリス45S

by pioneerfield | 2014-07-20 23:48 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 12日

群馬・ヤマメの川へ

週末は台風の影響で全く釣りができないかと思ったけれど、前日までに降水量と水位をこまめに調べていたら群馬はそれほど雨が降った様子はなかった。

思えば今年はヤマメを釣っていない。解禁してからは狩野川に行くことが多く、
ちょっとした遠征も富士川水系、長野のアマゴの川だった。
春に桂川に釣りに行った時も結局ヤマメは手にできずニジマスだけだったから、今回はヤマメを釣りに行こう。

向かったのは利根川水系のとある支流。
明るくなるのを待ち、安全のためザイルを使って斜面を下り、谷底の川に降り立つ。

大水の影響か、去年とはだいぶ川の形が変わっている。
数日前に降ったらしい雨による増水からまだ水が落ちていないようで、流れが速い。
ヤマメは瀬に出ているようだった。

d0000101_22434268.jpg


d0000101_22435898.jpg


早い瀬で20センチちょっとのヤマメを数匹手にした後に、淵がらみのポイントから出てきたのは9寸。
狩野川の支流で釣るアマゴよりも顔が小さく、陽当たりが良い川なのでやや銀化気味だ。

この状況なら浅い瀬にも良型が出ているに違いないので、瀬はじっくりと時間を掛けて攻める。
思った通り、尺ぐらいのヤマメもヒットしたのだけれど、焦って強引にやり取りしてしまい、フックアウト。
こういう時に落ち着いてやり取りができるようにならなければ・・・。

d0000101_22505269.jpg


谷が深いので陽が射すまで時間が掛かるが、いざ陽が川を照らし始めると途端に暑くなった。
こうなってくると魚の反応も鈍くなってくる。

d0000101_2253270.jpg


釣れるのは20センチを少し越えるぐらいのヤマメのみだったので、退渓ポイント近くまで油断していたが、
思ってもみないところで良型がバイトしてきて、またバラしてしまった。
フッキングはきちんとできたのだが、掛かりどころが悪かったのかもしれない。

いつもはもっと下流から釣り上がるので朝入渓し、退渓して車に戻ると夕方になっているのだが、
今回は遡行のスピードも早かったので車に戻るとまだ正午になっていなかった。
少し休憩を入れて、別の川へ行ってみることに。

開けていて川幅がある川だが、それだけ釣り人も入りやすいらしく、めざといポイントからは魚は出て来なかった。
しばらく釣り上がっていくと、陽も傾き始め、川を照らす光量も途端に落ちてきた。
浅い瀬をクロスストリームで流していたら流芯でバイト。
ジャンプを繰り返すのでニジマスと分かった。

d0000101_2314196.jpg


30センチほどだが綺麗な魚体のニジマスだ。
ちょうど良く陽が照らしている浅瀬があったので写真も上手く撮れた。
この直後、イワナもヒットしたけれど、同じポジションで写真に収めようとしたら逃げられた。
イワナは逃げるのが上手いね。

夕マズメは少し上流に移動し、数匹のイワナに遊んでもらって終了。
今回もまた良型には逃げられてしまって9寸止まりだったな。
また次回頑張ります。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510UL
Reel:カーディナル3
Line:ダブルクロス 0.6号+フロロステルス3.5X
Lure:ボウイ50S、蝦夷50SⅡ1st

by pioneerfield | 2014-07-12 23:29 | travel sketch | Trackback | Comments(2)
2014年 07月 07日

雨に打たれ

釣りができる時間は限られている。夕方には家に戻らなくてはならない。
しかも今日は雨だ。これぐらいの降り方なら川が濁るということはないだろうが、
天城の山で豪雨になればすぐに茶色く濁り、釣りを中止にせざるを得ない。

d0000101_1933764.jpg


この日も懲りずに狩野川の支流に入っていた。
目標としている尺アマゴの顔はまだ見れていないままだが、そろそろ出てもおかしくはない。

堰堤上で立て続けに25センチクラスを二尾手にできて幸先の良いスタートを切り、
その後には27センチと、徐々にサイズアップしてきたから、期待は高まっていく。

d0000101_1939143.jpg


それにしても25センチから28センチまでのアマゴは結構コンスタントに釣れるのに
尺を越えるとなるとそう簡単には釣れないのは何故なのだろう?
数がぐっと少なくなるとか、25センチぐらいのアマゴと捕食のパターンが変わるとか、何かしらの理由があるのかもしれない。

d0000101_1944288.jpg


d0000101_1944182.jpg


これもようやく尺越えの魚かと思ったら残念ながら29センチ。
あと一歩なんだけれどな・・・

d0000101_19461972.jpg


里川なので葦に囲まれており、ところどころ胸までの水深の場所もあって遡行を困難にする。
こういう条件だからコンディションの良いアマゴが育つのだが、
道から釣り人が入りやすい分、一見良さそうな場所なのに全く反応が得られない場所も多い。

d0000101_19502441.jpg


いつの間にか雨は上がり、陽も射してきた。こうなると快適だが、魚にとっては逆効果だ。
小さなアマゴのヒットは続くけれど、良型は途端に反応が無くなった。

d0000101_19542169.jpg


そんな中でキャッチしたのは28センチ。今日だけで27センチ、28センチ、29センチは釣ったんだが、もう一越えがなかなか難しい。

d0000101_2003214.jpg


まあ去年は8月に支流で尺が出ているのでこれから先に期待かな。
まだまだ獲りきれていない魚も多いんだろうなー。
もっと腕を磨かなければ。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510UL
Reel:カーディナル3
Line:ダブルクロス 0.6号+フロロステルス3.5X
Lure:ボウイ50S、蝦夷1st65S、アレキサンドラ63HW

by pioneerfield | 2014-07-07 23:27 | travel sketch | Trackback | Comments(2)