<   2015年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2015年 08月 29日

秋へ

3週間ほど釣りに行っていない間に、すっかり涼しくなって、昼にはまだ蝉が鳴いているものの夜は虫の音が聞こえるようになってきた。

釣りもそろそろ終わりのシーズンに近づき、秋ヤマメ、秋アマゴが出始める頃。
夏の間は暑すぎて行く気が起きなかった狩野川支流へ行ってみることにした。
下道で2時間あまりで行けるので手軽と言えば手軽だし、何よりこの時期は釣り人が少ないのが良い。

着いてみると、川は渇水気味。
遡行がし易いのは良いけれど、小型のアマゴばかりで大型は一向に姿を現さない。

d0000101_14414825.jpg


まあ、小型のアマゴもバシバシとミノーにアタックしてくるわけではなく、警戒気味。

d0000101_1443536.jpg


時折8寸程度のアマゴもヒットするけれど、狙っているのは尺に絡む魚。
状況が良ければ9寸、尺も比較的簡単に出るだろうけれど、僕のとりあえずの目標は
こういう渋い状況下でもアベレージ以上のサイズの魚を出せるようになること。
要所要所ルアーの通し方が甘かったりと、良型が反応するレンジまでルアーを届けられていない。

d0000101_14504797.jpg


これはこの川では珍しく白っぽいアマゴ。
これも8寸ほどだけれど、わずかに婚姻色が出ていた。
この後、今日一番のサイズをバラシ・・・。しっかりしたフッキングを入れたらすっぽ抜けた。

川を変えて再び釣り上がる。
今日は朝から自作ミノーのチェックをしているけれど、やはり動きがもう一つだな。
50ヘビーシンキングは前に作ったバージョンの動きの方が良いので、アイの位置を下げたり上げたりするが、トゥイッチした時の動きがいまいち。
形は一緒なのにどこが違うのかがよく分からない。
思い当たるところは上から見た時のシェイプぐらいだが・・・。
今度はもう少しテールを薄くしてみるか。

d0000101_14592563.jpg


4.5センチの方もあまり好きな動きではないが・・・
でもこれはなぜか釣れた。もう少しトゥイッチした時の動きの幅が広いと良いのだけど。

d0000101_1515036.jpg


このアマゴは朱点と鰭が鮮やかだった。
気がついたら今回は魚の写真ばかり。久しぶりの釣りに夢中で景色を撮るのを忘れていた。

ミノー作りも釣りもまだまだ修行中。
どちらも少しずつは上手くなっていっているんだろうけれど、遠回りなのでスローに進んでいる感じ。
今回のような状況でもポンと尺ぐらいの魚を出せるようなエキスパートになりたいですね。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510ULX
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパートラウトアドバンスVEP5lbs
Lure:試作ST1(HS50mm), ST3(S45mm), ボウイ50S

by pioneerfield | 2015-08-29 23:34 | travel sketch | Trackback | Comments(2)
2015年 08月 21日

再開

引っ越しが落ち着いてからしばらくして、ミノー作りを再開してました。
1ヶ月ぐらい作ってないと作り方を忘れてそうでしたが、案外覚えてるもんですね。

d0000101_073898.jpg


前回は楽なカラーを塗った50HS。
形状はそこそこ実績が出ているので前回と変わってません。
今回は気合いを入れてヤマメカラー塗ってみました。
3個作って1個は発送。

d0000101_012940.jpg


迷走中の45。削り方を変えたりと色々試してみますが、未だ設計が決まらないですね。
今回はどうかな〜

ちなみにいつの間にかアクリジョンのエアブラシ用薄め液が発売されてました。
早速使ってみましたが、ノズル詰まりが軽減されたようで、塗り易さが上がりました。

アクリジョンは塗装後のディッピングで色が流れにくいですが、それでも若干色が飛びますな・・・
やっぱりセルロースを吹いて色止めした方がいいかも。

d0000101_0231652.jpg


顔も徐々にヤマメっぽくなってきましたかね。
リップが取れ易いのでエポキシ接着剤で強化しました。

早く実釣で使ってみたいですね。

by pioneerfield | 2015-08-21 21:00 | ST WORKS | Trackback | Comments(4)
2015年 08月 15日

Go Trekking !! 16

考えてみれば1年ぶりの山歩き。
昨年7月に雪でここから先に進めなかった・・・・

d0000101_21591310.jpg


千畳敷!
今回はさすがに雪はないな。
それにしても最高の天気!ここから木曽駒へ登ります。

d0000101_2204963.jpg


高山植物もここそこで咲いている。岩肌と青空のコントラストが凄い。

d0000101_222475.jpg


途中で既にやる気を無くしかけていたみけを騙し騙し乗越浄土まで休憩無しで一気に登った。
今回は比較的楽な行程っぽい。

d0000101_2253756.jpg


中岳から木曽駒山頂を望む。
思ったより山頂までは緩そうな登りだ。あと一息。

d0000101_2271643.jpg


あっという間に山頂に。天気が良いから南アルプスから北アルプスの山々までよく見えた。

d0000101_22105042.jpg


今回は桃缶を持ってきてみた。
山頂でこれは最高のデザート。

d0000101_2212943.jpg


少し休んだらロープウェイが混む前に下りてしまわねば。

d0000101_2213636.jpg


宝剣岳は今回はおあずけ。結構山頂に登っている人がいたけれど、渋滞してますな・・・

d0000101_22142430.jpg


今日はお盆休みとだけあって、乗越浄土からの下りはすれ違うのが大変。
みけには先に行ってもらって、レンズを広角に交換して一枚。
夏山っぽい写真が撮れた。

d0000101_22163359.jpg


まあ、よく下ってきました。

d0000101_22171122.jpg


とにかく天気が良くて写真の撮り甲斐がありますな。
まるで日本じゃないみたい。

登山者も多かったけれど、久しぶりに山を堪能して満足!
釣りがオフシーズンになったらまたどこか行こうかな〜

by pioneerfield | 2015-08-15 23:56 | Go Trekking !! | Trackback | Comments(7)
2015年 08月 08日

木曽キャンプ釣行

昨年、渓流に連れて行った上司と今回は木曽へ。
どうせならキャンプでもしてみますか〜、ということで1泊の釣行。

1年ぶりの釣りということなので、まずは釣りがしやすく遡行もしやすい川へ。
とは言え、渓流の釣りはキャストが第一。
狙った場所にルアーが入らないと魚はなかなか出てこない。
最初の川では僕が1尾釣っただけで、上司はバイトが1回あったのみ。
これは全体的に厳しいかもしれない。

次に入った川はアマゴが中心。
先行してもらっていたが、先にヒットさせたのは僕の方だった。

d0000101_21593342.jpg


が、写真を撮っていると上流で釣っていた上司に遂にヒット!
僕が釣ったよりも良型のアマゴだった。これで一安心。

d0000101_2214633.jpg


それにしても夏真っ盛りで、やはり厳しいな〜
時折イワナのチェイスがあるけれど、食わせきれなかったりで、苦戦。

d0000101_2234895.jpg


と、いうことで早めに買い物を済ませてキャンプ場へ。
インスタントなカレーを作って飲み会に突入。
気がつくと太陽は沈んで辺りは赤く染まっていた。

d0000101_2275436.jpg


二日目は高原の渓流から。
渓相は抜群に良いのだが、魚は皆無。こういう場所は皆が釣りをしたがるだろうから魚が出ないのは予想がつくのだが・・・

d0000101_22121877.jpg


この日も川を変えながら転々とするが、カバーにピッタリと魚が付いているので引き出すのが難しい。
僕は何とか何匹かキャッチしたけれど、キャスティングに慣れていない上司にはちょっと難しかったかもしれない。申し訳ないです。

d0000101_22151797.jpg


最後は蜘蛛の巣が張り巡らされた小渓流へ。
こういう場所はやはり魚は多い。が、その分難しいな〜
魚は多かったけれど、やはり攻め辛いので、適当な所まで遡行して、上がることにした。

帰りがけに信州名物の蕎麦を食して温泉に入って、と、普段の釣りではなかなかできないことができるのも同行者がいればこそ。

魚はあまり釣れなかったけれど楽しかった!
年に1回はキャンプ釣行に行きたいですね。

by pioneerfield | 2015-08-08 21:49 | travel sketch | Trackback | Comments(2)
2015年 08月 03日

ウェットウェーディングギア2015

d0000101_22512484.jpg


既に僕の中では定番になっている夏のウェットウェーディングスタイル。
2年ほど前から始めて、年々快適さを求めて色々とやってますが、今年のセレクトは今までの中で最高の快適さ。
この機会に紹介してみたいと思います。

アンダーはファイントラックのアクティブスキンボクサー。その上にウェットボトム、その上にショートパンツ。
足回りはレッグゲーターと防水ネオプレンソックスです。
ネオプレンソックスは防水なんですが、長く水に浸かっているとやはりなんだかんだ浸水してきます。
ここはまだ工夫できそうだな。

シャツは去年までは長袖のシャツを着ていましたが、今年からは半袖の速乾Tシャツにアームガードにしました。
根掛かったルアーを回収する時など、袖は濡れることが多かったので、これはすぐ乾くのでなかなか良いですね。

去年まではバックパックでしたが、いちいちバッグを下ろさないと荷物が取り出せなかったので、今年はスリングパックにしてみました。
これが正解!体の前に回してくるだけで荷物が取り出せるので、腰まで浸かっていても色々取り出せます。
ちなみにバッグの中には二重にしたカメラパック、グローブ、レインウェア、ルアーケースなど入れています。
あと、このバッグの特徴として一番下にポットボトルを入れる場所があるところがいい。
ちなみにウェーディングスタッフもくっつけています。

もっていくルアーの数は少なめです。ミノーのボックス1個と小分けできるケースにスプーン少々。

まだまだ改良の余地はありそう。
これからも色々試してみたいと思います。

by pioneerfield | 2015-08-03 23:29 | T-Impression | Trackback | Comments(2)
2015年 08月 01日

探索

今年は特に今まで行った所が無い川への探索釣行が多い。
色々と行っているが、その川それぞれに特徴があり、釣りをするにも色々と工夫しないと一尾に辿り着けない。
正解への糸口を見つけていくのが難しいこともあるけれど、どんな川でもコンスタントに魚が釣れるようにレベルアップしていきたい。

朝一は5月に戻りアマゴを釣った川の上流に入ってみるが、小さなアマゴ一尾のみ。
この区間でこの時期に遡上系のアマゴは難しいかなー、と思ったが、
出会った釣師の方に話を聞いてみると、条件が良ければ尺オーバーも出るとのこと。
同じ水系のもう一つの本流も勧められたので、今度はそっちへ行ってみよう。

d0000101_17485696.jpg


今日も暑い。
陽が高くなってからはいい加減、標高の低い開けた川での釣りは辛くなってきたので、山岳渓流へ移動することにする。
この川は険峻な山間を流れており、大岩が多く落ち込みが連続している。
平瀬の川に釣り慣れているので、こういった川は攻略が難しい。

d0000101_17515166.jpg


ここはイワナとアマゴの混生。
先週入った場所の下流の堰堤から入ったが、今日は連続したトゥイッチだけではバイトまで
至らないようで、リトリーブを入れてやらないと駄目だった。

d0000101_17555736.jpg


山岳渓流の釣りはちょっとした冒険っぽくて楽しい。
特に暑い時期は格別の心地良さ。

d0000101_20151281.jpg


自作の45mmでもイワナ。全体的に魚は大きくはないけれど、どれも綺麗な個体ばかり。
ヒラキに入っている魚は食わせやすいけれど、追っても1回か2回。
スプーンやベアトリスも使ってみるけれど、いまいち食わせきれない。

d0000101_20234455.jpg


一方で前に作ったセパレートが意外にも反応が良かった。
しかしフッキングが悪いな〜。なかなか掛からない。
1個しか作っていないから別のサイズも含めて何個か作ってみるか。

この川は前回の入渓地点の下流にある堰堤下まで釣り上がった。
夕方も近いので、そろそろ車に戻ろう。

夕方、日暮れまで少し時間があったので、この川の下流の方に入った。
入渓場所が分かりやすいし、土曜なのでおそらく誰かかが既に入った後だと思うけれど試しにやってみる。
思った通り、いかにもな場所からは魚は出てこない。こういう時は細かい場所を丁寧に攻めるとやはり、アマゴが出た。

山梨は良い川が多いな〜。
良い山がある所には良い魚がいますね。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510ULX
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパートラウトアドバンスVEP5lbs
Lure:試作ST1(HS50mm), ST3(S45mm), STX(セパレート50mm)

by pioneerfield | 2015-08-01 23:13 | travel sketch | Trackback | Comments(2)