<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2015年 09月 25日

9月、秋ヤマメ旅へ。

d0000101_19474997.jpg


秋色のヤマメを求めて、岩手への遠征釣行。
県内各地のそれぞれ特色ある川で特徴的なヤマメを釣る秋ヤマメ旅だ。

到着した日の夜から、雨が降り続いた。
入ろうとしていた川は増水し、釣りが出来そうには無かったため、雨が比較的少なかった地域まで移動して川探し。

d0000101_201147.jpg


内陸の山間を流れる川で釣れたヤマメは錆が入りかけていた。
小さいながらも秋色に染まり始めた魚を見ると、関東よりも季節の進み方が先行しているのを実感する。

d0000101_2003077.jpg


平瀬が続く川に入ってみる。
水田の脇を流れる小渓流だが、ここも水量が多い。
魚道のある堰堤から入り、堰堤上から釣りを開始した。

d0000101_20104982.jpg


アップストリームに放ったミノーを襲い、ロッドを絞り込んだのは秋色に染まった尺ヤマメ。

d0000101_20141685.jpg


d0000101_20143716.jpg


青いパーマークがくっきりと残った32センチの雄。
こういう秋ヤマメに出会いたかったのだ。

d0000101_20182058.jpg


天気はすっかり回復し、水田の稲穂も黄金色に染まっている中、車まで戻った。

d0000101_2026229.jpg


次の日、沿岸河川の支流に入ってみる。
釣れたヤマメも色づき始めていた。

d0000101_2029429.jpg


そのさらに支流は流れが細くなり、次第に遡行も困難になってくる。
イワナの魚影も見え始めたが、まだヤマメ域でもある。

d0000101_20303410.jpg


そんな中で釣れた9寸の秋ヤマメ。
水温が低そうなのでこの川のヤマメは秋が進行した色をしている。

d0000101_20361264.jpg


また別の日は葦に囲まれた砂の川。
この川はヤマメの数も多く、過去に何度か尺を越える秋ヤマメを釣ったことがあるのだが、昨年から難しくなった印象がある。
釣れる魚の数がも少なくなった感じがするが、大水が出て所々渓相が変わってしまったのが影響しているのだろうか。

d0000101_20411347.jpg


支流に分け入り釣った25センチほどのヤマメ。
釣った直後は白っぽい地に側線のピンク色が映えていたのだが、写真を撮るのにもたついていると、すっかり色が黒ずんでしまった。

d0000101_2043125.jpg


そしてまた別の川へ。
林道を走って入った川は、周囲の木々が色づき始めていた。

d0000101_20444527.jpg


ここはイワナ域。水位が高いせいか、魚の活性は高く、次々とヒットが続く。

d0000101_20454991.jpg


尺イワナも飛び出してきた。
山のイワナらしい姿と色だ。

d0000101_20522691.jpg


さらに旅は続き、大きく移動して別の川。ここは沿岸河川だが、流れは急峻ではなく、
川沿いに道路がずっと続いている。

d0000101_20545357.jpg


ここのヤマメは錆が進んでいた。
ミノーでの速い釣りではなかなか反応しない魚をスプーンでスローに誘っていく。
が、スプーンに頻繁にヒットしてくるのは小型のヤマメばかり。
長い距離を釣り上がっていき、ようやく葦際に落としたスプーンに良型が食ってきた。

d0000101_20571548.jpg


寄せてみるとイワナ。白点が大きいところをみるとアメマスだろう。

d0000101_2121360.jpg


アメマスを釣ったのは初めてだったが、沿岸河川なので釣れるのは当然のこと。
しかし正直なところ、ヤマメでなくて残念。

d0000101_2163210.jpg


秋ヤマメ旅も終盤になってきた。
今回の秋ヤマメ旅で最後に入った川。小型のヤマメの数が多かったが、良型には恵まれず、昼過ぎに雨が降り出してきた。

淵が続くポイントで流れ込みの白泡にヘビーシンキングミノーを着水させ、少し沈めてトゥイッチを入れる。
と、明らかに尺は越えている魚が翻り、ロッドを絞り込んだ。
魚は寄ってくるが浮き上がって来ない。何とか水面に上げようとリールを巻くが、ドラグが出される。
しかし魚は岩の下に潜り、数秒感そのまま耐えていたが、不意にテンションが無くなり、ルアーだけが戻ってきた。

魚体は確認できなかったが、もしヤマメだったら、今まで見たことが無いサイズだったに違いない。
目指していた魚を目前で逃してしまったかもしれない。

d0000101_21304992.jpg


夕マズメに同じような淵がらみのポイントに入った。
釣れた魚は泣尺ぐらいのヤマメで、今回の秋ヤマメ旅の最後の魚となった。

目標としている魚へは到達出来なかったが、それはまた目指すべき課題が残ったということ。

来年も、こんな濃厚な時間を過ごせる秋ヤマメ旅を!


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510ULX、560ULX
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパートラウトアドバンスVEP5lbs
Lure:試作ST1(50mmHS)、ST3(45mmS)、STX(セパレート)、ボウイ50S、蝦夷スプーン5g

by pioneerfield | 2015-09-25 23:46 | ST Expedition | Trackback | Comments(10)
2015年 09月 15日

ハンドクラフト特集

d0000101_23465278.jpg


先週末は釣りには行かず、家で雑誌をめくってました。

近年はこの時期になるとどの渓流ルアーの雑誌もハンドクラフト特集を組むようになりましたね。
それだけハンドメイドに注目が集まっているということで、良いことです。
Gijieも「鱒とハンドクラフトⅢ」という特集で、読んでいるだけで使ってみたくなるルアーが満載でした。

こういう記事を読むと作る活性が上がりますね。製作意欲が増してきます。

各誌でハンドメイド熱が盛り上がることは良いことなのですが、
一方で、特集されたルアーを読書が入手するのがさらに困難になるんじゃないか、とも思ってしまいます。
自分が欲しいミノーが常に店頭で買えるような状態になれば良いのですが・・・。
僕がミノー作りを始めたのも、動機の一つとして、使うミノーを安定的に補充できるようにしたいという思いがありました。
なかなか一定の質のミノーが出来ないのが現状ですが(笑)

プロのビルダーさんのルアーは人気が高く、ハンドメイドだけにそれほど大量に生産できると言う訳でもなさそうなので、なかなかコンスタントに手に入れられるようにはならなそうですね。

by pioneerfield | 2015-09-15 00:07 | armchair troutist | Trackback | Comments(2)
2015年 09月 05日

群馬、禁漁前の探索

残り少ない今年の釣期。週末はどこへ行こうかと考える。
そういえば今年はまだ群馬の利根川支流へ行っていなかった。
最近は下道で行ける所が多かったので、若干遠い群馬は通っていなかったのだ。

朝一、堰堤の上に出れる急な斜面を下る。
若干入りにくい場所なので川に出た直後が釣れる区間だ。

d0000101_19531389.jpg


早速25センチほどのヤマメがヒット。ここのヤマメは警戒心なく追って来る。
最初の区間は丁寧に探っていかねば。

d0000101_19563962.jpg


と、いうのもなぜかこの川は釣り上がるにつれて反応が渋くなってくるからだ。
特に今日は渇水しているのでさらに厳しそう。
最初の一尾の後に同サイズを釣って、8寸ほどをキャッチした後は小型がポツポツ釣れる程度。
見たところ僕が入った入渓点より上には入る場所は無さそうなのだが、真新しい足跡もあったのでどこかにあるのだろうか?

d0000101_2081160.jpg


そろそろ秋らしくなってきたのでこの川で尺クラスが出るかと期待していたのだけれど、その後は小型のヤマメのみ。
午前中一杯はこの川で過ごして集落沿いから上がった。

今回はこの川目的だったので次に行く場所は特に決めていない。
以前行った場所を頼りに別の川沿いに車を走らせるが、一か所気になる場所が。
ただ、入渓が若干困難。ここも急な斜面を下っていかなければならない。

何とか川面まで辿り着き、すぐ下流の淵をディープダイバーで探ると、すぐにバイトが。
ヤマメだったら結構良いサイズだと思っていたけれど、ジャンプするのでやはり正体はニジマス。
もしやここはニジマスの巣窟なのか?

上流に釣り上がって行き、岩盤をドリフトさせながら探っていくと、良型がチェイスしてきた。

d0000101_20442894.jpg


50オーバーのニジマス。鰭も結構綺麗でいい魚なのだが、やはり僕はヤマメが釣りたい。
流速のある瀬にはニジマスが入っているようで、その後もヒットが多い。
河原には釣り人の足跡が無いので期待したのだが、ヤマメは少ないようだ。

上流の淵でディープダイバーを通す。と、淵の中ほどでバイトがあった。
今度もやはりニジマスかと思ったが、引きが違う。
ローリングするのでもしやと思い、無事ランディング。

d0000101_20553298.jpg


d0000101_20561086.jpg


d0000101_20562634.jpg


良いヤマメだ。サイズは32センチ。
尺ヤマメが出ると思ってもいなかったので、これは意外。
だが、嬉しい一尾。

d0000101_2058566.jpg


ディープダイバーはまだ自作できていないので、今回は蝦夷シンキングディープ。
雌でまだ婚姻色は出ていないけれど、禁漁前に尺上に出会えて良かった!


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510ULX
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパートラウトアドバンスVEP5lbs
Lure:ボウイ50S、蝦夷50SD

by pioneerfield | 2015-09-05 23:38 | travel sketch | Trackback | Comments(8)