<   2016年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2016年 03月 26日

寒の戻り

週の半ば頃から気温が下がり、まさに寒の戻りだ。
温暖な気候の伊豆とは言え、朝、ウェーディングしていると足の先まで冷えきってしまった。

そんな状況なので下流のポイントをスプーンでじっくりと流していくと、魚からの反応があったのだが、足下でバラしてしまった。
尺ぐらいはあったと思うのだが、何とも勿体ない。

その後も午前中は下流を中心に比較的速いテンポで探っていくが、ところどころで魚の反応が見られるので去年と違って魚の数はそこそこ居そうだ。

長い瀬をスプーンをドリフトさせると、ゴゴッとティップが入った。
今度はバラさないように慎重にランディング。

d0000101_2142261.jpg


期待とは裏腹に成魚放流・・・
サイズは泣き尺といったところだけど、かなり下流の方なので、この辺で放流があったとは考えにくい。
先週の増水で上流から落ちてきたのか?

d0000101_219081.jpg


昼過ぎまで本流の下流を釣っていると、アップの釣りがやりたくなったので移動。
支流は解禁から相当叩かれているだろうから、ちょっと車を走らせて沿岸の単独河川へ。

d0000101_21121572.jpg


入渓早々、8寸ぐらいのアマゴ。
これは綺麗だ。多分この川は放流は無いだろうから越冬個体だろう。

幸先の良いスタートに期待が高まる。すぐ上流の堰堤下にミノーを通すと、巨大な魚影が。
何回か追わせて、食わせた。
リールのドラグだけでは限界があるので、腕ドラグも駆使してなんとかランディング。
アマゴだったら凄すぎるサイズだけど、やはりニジマス。50センチ以上はある。
フックを外して写真を撮ろうと思っていたけれど、逃走・・・
まあいいか。

その後も釣り上がって行くけれど、アマゴらしき反応が1度あったきりで終了。
釣り人と思わしき新しめの足跡があったので午前中にだれか入ったのかもしれない。

d0000101_21245910.jpg


なんか今回は不完全燃焼という感じかな〜
次は山梨方面に行ってみますか。


Tackle
(支流)
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510ULX
Reel:カーディナル3(パワーズファクトリーチューン)
Line:スーパートラウトアドバンスサイトエディション4lbs

(本流)
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC600ULX
Reel:セルテート2004CH
Line:スーパートラウトアドバンスダブルクロス0.8号

Lure:試作YM-1 45S、蝦夷スプーン3.5g、5g

by pioneerfield | 2016-03-26 23:56 | travel sketch | Trackback | Comments(4)
2016年 03月 20日

伊豆から山梨への小旅

連休を使って1泊の釣り旅。
一日目は狩野川で釣って、二日目は山梨へ移動する計画。

だったのだが、最初の日に狩野川の本流を少し釣ってから支流を遡行していたら、
雨足が激しくなってきてあっという間に川が濁ってしまった。
午後から再び本流をやろうと思っていたけれど、伊豆一帯に集中豪雨があったようで本流もどんどん濁り始めてきたので、早めに山梨へ移動することにした。

御殿場から富士吉田へ着いた頃には打って変わって晴れ間が出ていて、こちらは全く問題無い様子。
とりあえず都留まで下って桂の支流へ入った。

が、連休に加えて雨が降った後ということもあり、既に釣り人が入った後らしかった。
釣り竿を手にした地元の小学生が持っていたバケツには立派なイワナが入っていた。

d0000101_2149589.jpg


今日はもう魚を手にできないかも、と思っていたけれど、夕方になってようやくヤマメを釣った。
一見、見落としそうなB級ポイントから出てきたのが桂らしくて、この支流に通っていた頃を思い出した。

d0000101_21523810.jpg


続いて同じ場所でイワナも。9寸ぐらいあったのでこれで一応絵にはなった。

d0000101_21551181.jpg


二日目も桂の支流で開始。橋を越えた辺りから魚の反応が出始めた。
放流魚が中心だろうけど、なぜか綺麗なヤマメが多い。
サイズは15センチぐらいが中心で、スプーンを積極的に追ってくる。

d0000101_2157344.jpg


こいつは越冬個体かなー。体側のオレンジが綺麗だ。
頻繁にチェイスがあるし、魚の数も多いから楽しい。
しかしそこは連休の川沿いに道が走っている場所だけあって、上流に釣り人が入ったようだ。
反応も悪くなってきたし、一区間釣ったので、本流をちょっとやってみることにした。

d0000101_222442.jpg


本流ポイントでさっそく一尾。
パーマークが色濃く出た本流っぽくないヤマメだったけれど、完成したばかりのミノーで釣れた。
もうちょっとバランスが良ければベストだけれど、一応使い物にはなるらしい。
昔よく入った本流のポイントで釣ったので、なんか懐かしかった。

d0000101_2275238.jpg


帰りがけに、前から気になっていた川へ行ってみた。
川は細くて水も少ないけれど、良い感じの里川だ。

d0000101_2294392.jpg


ちなみに今回は久しぶりにカーディナル3を持ち出してみた。
ラインは廃盤になったVEPの代わりに新しく出たサイトエディションを使ってみたけれど、トラブルも少なく見やすいのでいい。
ちなみにスプーンはこれぐらいの浅い川だと3.5gが使い易かった。

d0000101_22122384.jpg


ここも小さいけれどヤマメが多くて良い川だなー。
ハイシーズンに雨が降って水が増えればバシバシ釣れそう。

しばらく釣り上がって行き、魚の反応も薄れてきた頃に退渓場所があったので川から上がろうとしたけれど
前方の流れが気になったので、少し釣ってみることにした。
が、上流から川にザブザブ浸かりながら下ってくる物が・・・

立派な角を持った雄の鹿だった。
こちらの存在に気づくと踵を返して上流に戻っていき、山の中へ入っていった。
折角のポイントが潰れてしまった・・・
ので、あきらめて僕も川から上がることに。

d0000101_22251087.jpg


ここにも春が来たようだ。
雰囲気の良い川だったので、またいつか来てみたい。


Tackle
(支流)
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510ULX
Reel:カーディナル3(パワーズファクトリーチューン)
Line:スーパートラウトアドバンスサイトエディション4lbs

(本流)
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC600ULX
Reel:セルテート2004CH
Line:スーパートラウトアドバンスダブルクロス0.8号

Lure:試作YM-1 45S、50S、50HS、試作YM-2 50HS、鱒moku45S、蝦夷スプーン3.5g

by pioneerfield | 2016-03-20 23:38 | travel sketch | Trackback | Comments(6)
2016年 03月 16日

Tuned カーディナル3

d0000101_6534722.jpg


ルアー製作は今作っているロットが仕上げのコーティングに入ったので、ここのところはリールをいじってました。
カーディナル3は前にパワーズファクトリーのチューニングに出したんですが、最近は写真奥のヤマワークスBPばかりを使っていたので、全然使ってませんでした。
が、前回の釣りでMさんからお借りしたパワーズファクトリーチューンのカーディナルを使ってみて色々とヒントも頂けたので、自分のも再度使ってみようと思い立ち、メンテ&調整。

渓流で使う以上、カーディナルは水没や雨の中での使用など、比較的過酷な環境にさらされているので
以前は一部のベアリングが錆び付いて、そこが原因で出るノイズが気になっていました。
ベアリングが追加されて回転が滑らかになった分、こうしたノイズがやたら気になるようになるので、毎回のメンテナンスが欠かせなかったんですが、
面倒くさがりやな自分はろくにメンテもせずに、すぐにベアリングを錆び付かせてしまってました。
そこで今回は、敢えてラインローラー部とハンドルはIOSファクトリーのパーツを使ってベアリングレス仕様に。
あとは内部のベアリングにもちょこっと手を施してます。
これでメンテの頻度が少なくなれば良いんですが(重要なのはそこか?(笑))。

早速次回の釣りから投入したいと思います!
Mさん、色々と教えてくださり、ありがとうございました!

d0000101_7114460.jpg


一方、ミノーの方は仕上げが近づいてきたんですが、今回も色止めに苦戦・・・
かなり濃いめに塗ったんですが、ディッピングを繰り返すうちに濃い色が飛んでいきます。

d0000101_7131277.jpg


写真では分かり辛いんですが、背中の色はスモークグレーを濃いめに吹いたにもかかわらず
色が飛んでだんだん薄くなってきてしまってます。
これは何とかしなければならないですね。

色止めの方法は思いつく限り、色々と試してみたいと思います。


by pioneerfield | 2016-03-16 07:20 | ST WORKS | Trackback | Comments(4)
2016年 03月 13日

塩釜・松島・仙台

この週末は仙台でした。
ここのところ、法事やお墓参りとかで年1回ぐらいのペースで行くようになりましたね。

d0000101_23204597.jpg


塩釜と松島に行ったことがないという僕のリクエストに応えて、みけ(嫁)が案内してくれることに。
とは言っても運転するのは僕なんだが・・・

d0000101_2323523.jpg


この日はちょうど3月11日。あの震災から5年経過しましたが、
当時はこのあたりも人の背丈以上の津波が押し寄せ、被害も相当なものだったそう。

d0000101_2323262.jpg


地震発生の午後2時46分にはこの橋の上で黙祷。

d0000101_23312022.jpg


今回は泊まった宿がかなり居心地がよく、満喫しました。
塩釜も松島も海産物が美味い!
海鮮丼も焼き牡蠣も笹かまも、どれも美味いものだらけで、ついでに日本酒も美味い。

d0000101_23391724.jpg


あと仙台と言えばやはり牛タン。
僕はやはり利久が好みですね。

なんか食べ物の話ばかりになってしまったけれど、
仙台に行くといつもこんな感じです。

d0000101_23412216.jpg


寒かったけれど、また行きたいですね。
なんだかんだ、仙台周辺の川では竿を出したことがないので、是非釣りもしたい!
お許しが出ればですが(笑)

by pioneerfield | 2016-03-13 23:16 | travel sketch | Trackback | Comments(2)
2016年 03月 05日

旅の途中

今年もまた春が来て、渓流を彷徨う季節が訪れた。
毎年繰り返し訪れる季節だが、延々続いていく旅の途中で冬が空けた感覚だ。

この時期には少しでも水温が高い川が良い。
そうなると、自ずと行き先は伊豆の狩野川になってしまう。
既に解禁から4日経過しているので、主だった場所は釣りきられているだろうし、
成魚放流の魚も多いだろうから、とりあえず綺麗なアマゴが釣れれば、それでいい。

最初に入った支流は足跡だらけで魚の姿は見られない。
そういえば去年も出来たばかりのハンドメイドミノーを泳がせていた。
1年経ってわずかながら見た目も泳ぎも向上したミノーで釣り上がって行き、泳ぎをチェックする。

d0000101_9105960.jpg


次に入った川での最初の一尾目は成魚放流の魚。
サイズはそこそこだけれど、今年の一尾目ということでお約束通りカメラに収める。

狩野川水系の良いところは、この時期でもアップストリームでのミノーの釣りができるところ。
水温が高いからミノーのトゥイッチにも魚が反応して追って来る。

d0000101_9174767.jpg


成魚放流の中に混じって、ようやく綺麗なアマゴが釣れた。
小さいけれど、黄色い鰭とパーマークと朱点が美しい。
早いけれど、解禁後初の釣行ではこれで満足。

それにしても、川で過ごす時間はいいなー、とあらためて思う。
家の中でミノーを作っている時間も良いけれど、やっぱり川で釣りをしている方が楽しい。

d0000101_924334.jpg


今回のような細い流れでは試作中の45mmが活躍した。
ウェイト配置を変えたらかなり良くなったので、今後はこれをベースに微調整していこう。

ちなみにカーディナルはお借りしているものだが、使い心地が素晴らしく良い。
パワーズファクトリーのチューニングだけれど、カーディナルの特徴を残して、ノイズを極力排除したような質になっている。
これを使うとノーマルのカーディナルに戻れなくなってしまう気が・・・
けど、自分のカーディナルをいじくる良いヒントを貰った感じだ。

d0000101_9322655.jpg


昼過ぎから夕方にかけて本流も少しやってみたけれど、魚は出なかった。
まあ、本流はこれから本格的に良くなってきそうなので、水温が上がってからかな。

とにかく、ようやく冬も空けた。
今年も色々な場所で特色ある渓魚を探し始めよう。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510ULX
Reel:カーディナル33(パワーズファクトリーチューン)
Line:スーパートラウトアドバンスVEP5lbs
Lure:試作YM-1 45S、50S、試作YM-2 50S、50HS

by pioneerfield | 2016-03-05 23:49 | travel sketch | Trackback | Comments(8)