<   2016年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2016年 07月 23日

ボサ川鍛錬

久しぶりの狩野川支流への釣行。

前回の釣りの帰りに色々な話を伺った中で、キャスティングの技術を高めるにはブッシュの濃い小渓流に積極的に入っていった方が良いとのアドバイスを頂いた。
この時期の狩野川の支流はまさにそんな感じの場所が多く、アップストリームの技術を高めるにはもってこいなので、久しぶりに行ってみることにしたのだ。

d0000101_21362034.jpg


朝マズメから一つの川を釣り上がる。水位は低めだが、もう少し高いと川通しでは遡行できないのでちょうど良い。
この支流は底石がしっかりしていて所々水深がある場所が多いけれど、良型は簡単には出てこない。

d0000101_21383317.jpg


上流に行くにしたがって川幅はさらに狭く、両岸は葦に囲まれキャストするのにも一苦労。
もっと上手ければあの場所にも入れられるんだろうけどな〜、などと思いつつ、それでも根掛りを臆せずにキャストしていく。
苦手なバックハンドでも積極的に投げてみるが、まだミスが多い。

d0000101_21431092.jpg


何とか良い場所に入れることができ、25センチクラス。その他は20センチ前後かそれ以下が中心だった。

d0000101_2144321.jpg


ここはまだ川が開けている場所。上流の細い流れは攻めるのが難しく、流速があってミノーがすぐに流下してしまう場所も多い。
こういう場所をエキスパートのアングラーならどう攻めるのだろうか・・・

d0000101_21472877.jpg


オオツカのN藤さんに倣って、今回は久しぶりにULXではなくULを使ってみた。
3.7g前後のミノー中心だったので、こっちの方がリリースのタイミングが掴み易かった。
蝦夷ファーストのタイプⅡも普通に操作できたので、しばらくはこっちを使い倒してみようかな。

一通り釣り上がって車に戻ると3時近かった。
帰るのには少し早いので、もう一本、別の支流に入ってみることにした。
入渓して少し上がっていくと、前方にルアーのアングラーの姿が。
入渓点まで戻るのも面倒だし、今日はキャスティングの鍛錬のような釣りなので、退渓できる場所を探しながら
ゆっくり後を追いながら釣り上がっていくと、途中で前方のアングラーが引き返してきた。
挨拶をすると、親切にそこから上流を譲って頂けることに。ありがとうございます!

d0000101_22113541.jpg


夕マズメも近くなってきたので、遡行のスピードも早めつつも、大場所では粘ってみる。
が、尺クラスは留守なのか食わせられないのかで、大きくても25センチクラス。
未だに大場所での粘り方がよく分からんな・・・

少し上流で退渓できる場所はあるのだけれど、時間もまだ少し残っているので、そこからさらに支流へ分け入ってみる。
既に暗くなり始めてきたけれど、勝手知ったる川なので退渓できるポイントは把握している。

d0000101_22183916.jpg


最後に退渓ポイントの前で9寸弱。狩野川らしい丸いパーマークの良いアマゴだった。
今回は久しぶりに夕マズメまで釣ったなー。相変わらず尺は出なかったけれど、色々課題も見えてきて良い釣りだった。
まだまだ鍛錬は必要だな。

TACKLE
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510UL
Reel:カーディナル3(パワーズファクトリーチューン)
Line:スーパートラウトアドバンスサイトエディション4lbs
Lure:試作YM-1 50S、ボウイ50S、蝦夷50S1st、蝦夷50S1st typeⅡ

by pioneerfield | 2016-07-23 23:29 | travel sketch | Trackback | Comments(6)
2016年 07月 17日

栃木の渓と今後の課題

今回は栃木でハンドメイドのイベントが開催されるとのことで行ってみることに。
が、時間がある限りは釣りをするのだ。

朝方、南会津の川を見に行ったけれど、どこも水がほとんど無い状態で栃木へ戻ってきて入れる川に入ってみる。

d0000101_23565952.jpg


例によって適当に入渓点を探して藪漕ぎをして何とか川へ降り、自作ミノーで一尾。
ノロノロとミノーを追ってきて食ったのは25センチほどのヤマメだった。
最近はアマゴばかりだったから素直に嬉しい。

この川はところどころに釣り人の足跡があり、しかも新しい。おそらく昨日入ったと思われるもの。
この辺では比較的水がありそうな川なので釣り人が多く入るのは必至のこと。

d0000101_011516.jpg


上まで釣り上がって行こうと思っていたけれど、途中で工事が行われていて立ち入り禁止区間になってしまったのでこの川から上がる。
その後、水の少ない本流に入ってみる。流れが薄い中で9寸ぐらいのイワナをキャッチしたけれど、撮影前に逃走・・・
まあ、イワナではよくあることだな。

時間がある訳ではないけれど、道をぐるっと回って朝の川の上流域に入ってみる。魚はそこそこ居そうで、早速イワナをキャッチ。

d0000101_041077.jpg


上流へ入る道を見つけていたので、川沿いの山道を1kmほど歩いて入渓する。
ちょっとした山歩きだけどここまで来ると雰囲気は抜群。

d0000101_0163629.jpg


d0000101_0165180.jpg


が、そう甘くはないのが関東の渓流。入渓点付近は魚の反応が濃かったけれど、何回か追わせるが食わせられず、ようやく手にしたのは20センチほどのヤマメ。

d0000101_0175359.jpg


先日、栃木の別の渓で手にしたヤマメのように側線のオレンジが綺麗だった。
後から聞いた話だけど、ここは結構釣り人が入る区間らしい。どうりで途中から反応が渋かった訳だ。

きりの良いところで釣りは終了して、ハンドメイドのイベント会場へ急ぐ。
10時からの販売開始はとっくに過ぎていて、途中、道に迷ったりしながら着いたのは13時過ぎだった。
既に一通り目玉のルアーは売り切れていたけれど、残っているルアーを購入したり、ビルダーの方にお話を伺ったり。
そして先日一緒に釣りをした「鱒の詩」のkouさんとしばし歓談。
同じ釣りをして、同じタックルを使っている釣り人同士、話が尽きないですね〜
楽しい時間を過ごさせて頂きました。

イベントは15時に終了し、このまま真っ直ぐ帰るのも勿体ないので帰りがけに熊谷のオオツカへ。
ここでも長い時間、色々なお話ができ、有意義だった。
スタッフのNさんには、僕が苦手としているバックハンドキャストについてアドバイスを頂き、もっと技術を向上させたいという意欲が湧いてきた。
釣りが難しいボサ川のような場所にも積極的に入っていかねば。
キャスティングにしろ、ルアーの操作にしろ、まだまだ向上できる部分は多いはず。
そのためには色々な川へ行って、様々な状況に対応できる経験値を上げていかなければならないな。
こればっかりは地道に頑張っていくしかないですね。

最近、良い魚を釣ってないので色々考えてしまいました(笑)


TACKLE
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510ULX
Reel:カーディナル3(パワーズファクトリーチューン)
Line:スーパートラウトアドバンスサイトエディション4lbs
Lure:試作YM-1 50HS、ボウイ50S、蝦夷50S1st

by pioneerfield | 2016-07-17 23:52 | travel sketch | Trackback | Comments(2)
2016年 07月 09日

せっかくの雨

d0000101_21232837.jpg


金曜がせわしなかったので、いつもよりも少しドライブをしたくなって、2年前に行ったことがある長野のアマゴ河川へ。
せっかくの雨だったのに、目的の河川は用水路からの濁り水が入ってしだいに厳しくなってきた。
朝に何回か良型のチェイスがあったのに掛けることができず。つくづくセンスが無いですな。

d0000101_21303939.jpg


上流は狭いボサ川のような感じで、キャストをしていくのが楽しい。
魚は小さいけれど、きちっとキャストをしてきちっとミノーを動かして釣っていくのが面白い。
つくづくこの釣りは魚のサイズ云々ではないんだな、と感じる。
まあ、ただの言い訳だけど(笑)

d0000101_213342100.jpg


今回は市販のミノーの動きを改めてよく見てみるため、蝦夷ファーストを多用。
やっぱりこのミノー、凄いな。僕の作ったミノーはバルサなのにここまで動かない。

d0000101_21365498.jpg


午後になっても雨は止まず、まだ濁りはとれていない様子。
夕方まで頑張ってみたけれど、不甲斐ない結果になってしまった。

d0000101_21401097.jpg


アマゴの最大は8寸ぐらい。自作のヘビーシンキングで何とか。

今回も行き当たりばったりのさすらい釣行だったけれど、来週も栃木方面をさすらいます。


TACKLE
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510ULX
Reel:カーディナル3(パワーズファクトリーチューン)
Line:スーパートラウトアドバンスサイトエディション4lbs
Lure:試作YM-1 50S、50HS、蝦夷50S1st

by pioneerfield | 2016-07-09 23:22 | travel sketch | Trackback | Comments(4)
2016年 07月 05日

側線のオレンジ

d0000101_22412840.jpg


分かってはいるんです。
ちゃんと泳ぐ普通のシンキングミノーを作れるようになってからヘビーシンキングに取り掛かった方が良いことは。
でも、なぜか同時並行で進めているという効率の悪さ(笑)
このままではいつまで経っても発展途上ミノーのままですな。

これは、いつもとは若干違う色で塗ってみたヤマメカラー。
僕がよく行く河川では、こういった側線にオレンジ色が入ったヤマメやアマゴは釣れないので、
こういう色の魚が釣ってみたい、と思いながら塗った色です。

by pioneerfield | 2016-07-05 22:50 | ST WORKS | Trackback | Comments(4)
2016年 07月 02日

イワナの日

d0000101_1154766.jpg


葦を掻き分ける釣りはひとまず置いておいて、上流の方へ。
ところどころ、軽自動車ほどの大きさの岩が点在する場所で、遡行しづらいことこの上ない。

d0000101_117929.jpg


アマゴとイワナの混生のようだけど、アマゴは小さいのが多いし、近頃雨がほとんど降っていないようで活性も低い。
こうなってくるとイワナの方がまだ釣り易い。
岩の周りにミノーをドリフトさせてやると時折飛び出してくる。アマゴと違って何回かミノーを追うので結果的に釣れる数もイワナの方が多くなる。
今日はイワナの日だな。

d0000101_11112736.jpg


最大で9寸ぐらい。それよりも大きな魚は食わせられなかった。
この辺りは水質は良いのだけれど、岩に付いた水垢がいちいちフックに絡まるので面倒だ。
やはり、まとまった雨待ちというところか。

もう少し上流へ移動すると高度も上がったせいか、川沿いは涼しい。

d0000101_11154440.jpg


ここら辺に来てもアマゴとイワナの混生は変わらない。
完成したばかりのミノーは今日のイワナを釣るのにはちょうど良い。

d0000101_11212667.jpg


朝から曇り気味だったけれど陽も出てきた。
そういえば、梅雨入りしてからちょくちょく雨は降っている気がするけれど、なぜか土曜はいつも晴れだな。
雨の中で高活性の魚がヒュンヒュン追ってくるような釣りを最近経験していない。
まあ、晴れたら良い写真が撮れるから、それはそれで良いけど。

d0000101_11263469.jpg


例によって初めて入る区間だったので、夕マズメまでみっちり釣らず、4時ぐらいには適当に上がれそうな場所を探して退渓。
今日もよく歩いた。
気がついたらもう7月に入ってしまった。渓流も後半戦に突入だな。


TACKLE
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510ULX
Reel:カーディナル3(パワーズファクトリーチューン)
Line:スーパートラウトアドバンスサイトエディション4lbs
Lure:試作YM-1 50S、BENKEI重技、蝦夷50S 1st

by pioneerfield | 2016-07-02 23:57 | travel sketch | Trackback | Comments(6)