<   2017年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2017年 02月 19日

塗装あれこれ

ルアーを作るにあたって重要な工程のひとつである塗装について、僕の塗装環境を紹介したいと思います。
ハンドメイドをやらない人にとっては何ら面白くない内容ですが・・・

d0000101_19595078.jpg


マンション住まいなので広い塗装スペースは取れず、いかにコンパクトにまとめるかを考えた結果、キャスター付きのスチールラックに収納し、移動式にしました。
上段には塗料皿やハンドピースを洗浄するための小物色々。
その下にはペインティングブースとハンドピース、続いて塗料などの収納ボックス、最下段にコンプレッサーを置いてます。
昼間でも日射しが入らない部屋なので上左右からLEDライトで照らして何とか明るさを確保してますが、理想的には自然光の下で塗装するのがベストだと思います。

ペインティングブースは自作することも考えたのですが、意外にコンパクトに作るのが難しそうだったので、タミヤのスプレーワークペインティングブースⅡにしました。
ちょうどラックに収納できて横にハンドピースのスタンドも立てられるジャストなサイズ。
ホースは後ろの窓まで伸ばして排気してます。

d0000101_20122559.jpg


ちなみにフィルターを追加してます。クレオスのハニカムフィルターをカットして取り付け、さらにキッチンの換気扇用のフィルターを被せてます。
排気のパワーは落ちますが、臭いがほとんどしない塗料を使っているのでペインティングブースは有機溶剤の臭いがする空気を外に出すというより、ミストを部屋中にまき散らさないのが役割。
ミストは途中のフィルターに吸着させて屋外へは極力排出しないことが目的です。

d0000101_20284586.jpg


ハンドピースはいくつかありますが、最近はクレオスのWAプラチナ0.3mmで通してます。
細い線を吹く時は0.2mmを使った方が良いかもしれませんが、ノズルが詰まるので最近は出番が無いです。

d0000101_20343398.jpg


コンプレッサーは同じくクレオスのL5です。音が静かで長時間稼働できるので、今のところ5センチ程度のミノーばかりを塗っているのでこれで十分。
振動も下の階に響くほどではないですが、念のためエアパッキンを敷いてます。
レシプロ式も一応は持ってますが、もはやただの飾りになってます(笑)

d0000101_20431898.jpg


塗料はずっとクレオスの水性アクリル塗料「アクリジョン」を使っています。
有機溶剤の臭いがしないので、マンションのような集合住宅での塗装にはもってこいですが、健康上でも水性塗料の使用はオススメだと思います。
ちなみに最近、セルロースセメントもフェザーのトルエンレスにしました。
体を壊して釣りに行けなくなったら本末転倒なので・・・

d0000101_20591164.jpg


塗料が乾く前は水で洗えるので、ハンドピースの洗浄はバケツに汲んだ水の中に浸けてブクブクとやっちゃってます。これは水性塗料ならでは。
洗浄液は水道の蛇口から大量に出てきます(笑)
ノズル周りは塗料が乾きやすく、よく詰まるのでツールクリーナーと筆でこまめに固まった塗料を落としてやるのがコツですね。
時々、ノズル部分を分解して洗浄してやる必要もあります。

こんな感じの環境・道具でいつも塗装しています。
これからハンドメイドを始めようと思っているけれど、僕と同じようにマンション・アパート暮らしで塗装環境に悩んでいるという方にとって、少しでも参考になればと思います。

by pioneerfield | 2017-02-19 21:15 | ST WORKS | Trackback | Comments(8)
2017年 02月 06日

やり残したこと。

d0000101_22315899.jpg


ネットは去年編んだばかりだから、
今年はフレームをピカピカにしてやろうと思っていたけれど、
結局できなかったなー。

このランディングネットは三年前に作ったものだけれど、
形もグリップの花梨瘤の模様の出方もフレーム材も気に入っている。

可能な限り永く使っていきたいけれど、
転んだりしたときに運悪くフレームが折れるかもしれないし、川に流されてしまう可能性もある。
そんな時のためにもう一個作ってもいいかもしれない。

次のオフシーズンはまたじっくり作ってみるかな。

by pioneerfield | 2017-02-06 22:31 | ST WORKS | Trackback | Comments(6)