2005年 06月 30日

驟雨、快晴

d0000101_22453099.jpg 国道20号線に入ったあたりから、予報通りの雨が降り始め、辺りが白み始めると共に山々が雨に曇るのが見える。1ヶ月振りに見る桂川は以前より増水し、濁りが入っていた。が、しかし釣りができないほどではない。むしろ増水と濁りは魚にとって好条件である。朝一番に入るのはいつもの本流のいつものエリアだった。偏光をかけて見えるぐらいの明るさになってから川へ下る。このエリアはここのところ毎回攻めており、サイズはそこそこながらも幅広でシルバーの魚体をした本流ヤマメをキャッチしている。しかし毎回ヒットするパターンが異なっているので今回もチェックは欠かせないのだ。
 毎回最初はキャストとロッドアクションの練習をするつもりで2、3投するのだが、今日は2投目で異変が起きた。なんと早くもヒット!これまでヒットさせたことのないポイントだったのでいささか焦ったが、近距離でヒットしたのでそのまま抜き上げた。ニジマスかと思ったが、消えかかったパーマーク、尾鰭のエッジの朱色からヤマメだと理解したのだが、サイズがデカい。間違いなく30センチを超えている。さらによく見ると薄いながらも魚体に朱点が散りばめられていた。どうやらヤマメではなくアマゴのようだ。正確に計測してみると33センチという快挙。今年はどうなるかと思ったが・・・ここにきてようやく尺オーバーをキャッチすることができた。
 久しぶりに来たし、目標サイズもキャッチできたことなので、小渓流の釣りを楽しみたくなった。前回、雨の中連続ヒットした支流へと向かい、釣り始めると、程なくチェイスが見えた。どうやら今日も活性が高いようだ。さらにラインが絡んで水面でのたくっているミノーにも水面を割ってアタックしてきた。これはもう貰ったようなものではないか。さらに釣り進むと20センチほどのヤマメをキャッチ。この調子で進めば結構な数が出そうだ。
 が、しかしこの直後、何の前触れもなく突風と物凄い雨が!みるみるうちに川は茶色く濁っていき、増水してきた。さらに雷も鳴っている。身の危険を感じ、すぐに川から上がって車まで戻ることにした。この濁りではまずこの川での釣りは無理だ。そう思い本流まで移動してみたが、本流も同様に濁りが入っている。このような状態では川での釣りは不可能だ。回復するまでどこかで時間を潰さねば・・・・
d0000101_23405513.jpg

 向かった先は富士の麓、山中湖だった。山中に着く頃には雨も上がり、眼前に夏富士が姿を現わした。なぜ山中湖なのか?先日、吉祥寺某プロショップのW師を訪ねたとき、ディープウェーディングの魅力を強烈に説かれた。もちろんシーバスではない。ディープウェーディングでバスを狙うという。これだけならごく普通に山中では行われているのだが、W師の釣りはタックルセッティングが違う。まず使うロッドはコンペ83←エギ竿。ラインはPE0.6号。実に理にかなったセッティングだ。このスタイルが吉祥寺某プロショップでブームらしい。ということで、試しに立ち込んでみたが、干潟のシーバスフィッシングを彷彿させる感覚だ。確かにこれで魚が掛かれば至上の面白さだと思う。今回はヒットしなかったが・・・。しかしサーフェイストゥイッチャーはそこらのバスロッドよりもジグヘッドワッキーの操作性が良いことが分かった。
 午後になり、そろそろ川も回復しただろうと思い、支流に戻ると、水色は回復し、多少の増水が見られた。しかしヤマメはミノーを追わず、代わってイワナのアタックが多く見られるようになっていた。まだまだ経験不足で一家言を持つほどではないが、今まで体験したことから、特にヤマメやアマゴという魚は実に状況に対してシビアな魚だと感じる。例えば雨が降っていたのが晴れれば突然口を使わなくなる。だから、限られた状況下でしか手にできないスーパーヤマメ、スーパーアマゴはアングラーにとって至高の一尾となり得るのではないだろうか。

d0000101_0245156.jpgTackle
Rod:サーフェイストゥイッチャーボロンSTS-68Si,スーパースティンガーボロンSSS-60Si
Reel:セルテート2004(RCS)
Line:リバージR-18NL 4lbs
Lure:バフェットS55,ツインクルTWS45

 

# by pioneerfield | 2005-06-30 23:24 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2005年 06月 23日

2004メモリアル

 トラウトルアーフィッシング誌『Gijie』を読んでると、ハイシーズンに発行しているにもかかわらず、しばしば去年の釣行記が掲載されてたりする。タイムリーな記事が多いソルト系雑誌に比べると、はじめは読んでいて違和感を感じたが、最近は慣れた。ということでこのサイトでもそれに倣って去年の釣行を覚えている限り「2004メモリアル」として時々掲載しようというのが今回の企画だ。写真も手元に結構あるわけだし、どうせだからこれらも利用しようというわけだ。どうも最近ソルト系しか更新しなくなりつつあるし。
 去年、渓流を始めるいきさつとなったのは、W師の影響があったのだが、自分の中でフライのブームが来ていたのもある。丁度去年のこのぐらいの時期に道志川に赴いたが、はじめはフライロッドを振っていたのだが、あまりの出なさに午後ぐらいには既にルアーに転向してしまっていたという逸話がある。フライタックルやタイイングツール、マテリアルまで揃い始めていたにもかかわらず、その後はミノーイングタックルに力を注いでしまった。ミノーイングに飽きたらフライロッドを振ろうと思っていたのだが、一日やってても飽きませんでした、ミノーイング。今年はライズしているヤマメをよく見かけるので振ってみようか。
 とりあえず桂川に行き始めた2004年の7月ぐらいから順次更新予定。

# by pioneerfield | 2005-06-23 13:35 | armchair troutist | Trackback | Comments(0)
2005年 06月 15日

道具の特性を理解しよう企画

 新しい道具を導入するのは良いが、普段からよく使って特性を知っておいた方が良いのでは?と、いつもの通り突拍子もなく思った。渓流なんてそうそう毎日行けるわけがないから貴重な釣行を道具の慣らし日にしたくないし、ましてや本流でスーパーサイズを狙うとなると一回のミスが命取り。そんなわけで最近、なるべく水辺(海)に立って道具を使うようにした。1時間ぐらいでもルアー投げてる方が部屋で釣り雑誌読んでるより経験値が上がりそうだし、ちょうど海情報もここらで更新したかったし。
 で、釣行の詳しくは別記したが、スーパーヤマメ、サツキマス用ロッドサーフェイストゥイッチャーで平作川のメバルとセイゴを釣りまくって、ようやくなぜ今までバラシが多かったのか理解できてきたような気がする。要するに今までナイロンのフッキングができていなかったんではないか?追いアワセを入れるぐらいの方がむしろバレにくかった。まあ表層トゥイッチ専用竿をただ巻きで使ってるから竿のポテンシャルを発揮できてるわけではないが、たまにはこういうトレーニングも必要でしょう。同じ釣りとして共通点もたくさんあるし。

# by pioneerfield | 2005-06-15 19:46 | armchair troutist | Trackback | Comments(0)
2005年 06月 10日

梅雨入り

いやー、気象庁の発表で今日からいよいよ梅雨入りとのこと。

待ってました梅雨入り!

今年は去年までとは違って素で梅雨が来るのが待ち遠しかった。
大体5月に入ってから徐々に渇水しだしてるから、ここらで雨降って水量が上がってくれなくては困る。
最高じゃないですか、雨。人は少ないし魚の活性は上がるし、まさに言うことないでありますな。
前回の釣行を見ても分かる通り、雨が渓流魚に及ぼす影響はとてつもなくデカい。
あのW師もやはり雨の日にレインボーを計測不能なぐらい釣っているし、
去年スーパーヤマメを釣ったのもやはり雨の日だった。
これを過ぎると本格的に渇水の時期に入りそうだし、雨の釣行には全力を尽くさねばならないな。

結局雨降ってなくても全力なのだが。

# by pioneerfield | 2005-06-10 22:53 | armchair troutist | Trackback | Comments(0)
2005年 05月 30日

雨中

d0000101_2141848.jpg ここのところ晴れの日の釣行が続いていたので、今日のように雨中に釣りをするのは考えてみれば今年初めてだった。朝のうちはまだ降っていなかったので、いつもの通り本流に入る。前回目をつけておいた荒瀬を目指すが、以前よりも減水しているようで流れが多少なりとも変わってしまっていた。しかし良さそうな流れは残っており、一投目にしてヤマメがヒット。幅広でパーマークが消えかかる本流ヤマメだった。
 その後、新たな本流のポイントを探して歩くが、どうも魚のチェイスがない。そうこうしているうちに雨は本降りになってきた。このまま本流を続けるのはどうかと思い、一旦車にひきかえし、今後のプランを練る。ついでに寝る。どうも今日は支流Aが良さそうなのではないか?ヤマメとアマゴが多いから、この雨で若干の増水と濁りが入れば活性が上がるに違いない。なんせ「雨子」って言うぐらいだし…。ということで水量が増しそうな午後を狙って入ってみることにした。
 午後になってこの支流の実績ポイントに足を踏み入れるが、なんと渇水!全然水がない。これしきの雨ではさすがに増水はしないか。しかしダウンストリームで流し始めると突如ヒット!d0000101_21515947.jpgやはり活性は高いらしく、バイトの嵐となった。一通り下ったあと、今度はアップストリームで釣り上がっていくが、ここでも絵に書いたようにヒットしてくる。相変わらずバラシは多かったが久しぶりに小渓流のピンスポット撃ちを堪能することができた。
 帰り途中にW師から電話があり、先週の同ポイントではチェイスすらなかったと話していたので、今日の雨は状況を良い方向へ持っていったようだ。快適とは言いがたいが、雨の日は是が非でも釣りに行くべきだと実感した。

Tackle
Rod:サーフェイストゥイッチャーボロンSTS-68Si, スーパースティンガーボロンSSS-60Si
Reel:セルテート2004(RCS)
Line:リバージR-18NL 4lbs
Lure:バフェットS55,ツインクルTWS45,ブルースコードC45,試作55mm

# by pioneerfield | 2005-05-30 21:24 | travel sketch | Trackback | Comments(0)