2017年 07月 29日

粘りの一手

朝一で入ろうとしていた川を橋の上から覗くと、水量が増えて濁りが入っているようだった。
雨は徐々に降り出してくるのかと思っていたけれど、この川の水源の山では早くも降ったようだ。
それならば、と、少し移動して別の川へ急ぐ。
先週の朝に入った川と平行して流れている支流。こちらも水量は多いとはいえないけれど様子を見てみよう。


d0000101_15132783.jpg

アベレージは20センチぐらいだが、8寸ぐらいのアマゴも時折釣れてくる。
しかしどこにでも魚が居るようではなく、魚影が濃い区間と薄い区間が別れている。
数日前に入ったと思われる釣り人によるプレッシャーなのか何なのかは分からないけれど、これはじっくりと釣り上がって行くしかないな。

流速のある瀬に魚が入っているようなので、ヘビーシンキングミノーをドリフト気味に泳がせる。
短距離で連続して細かくヒラを打たせたいのでラインはPEに変えてみた。

あるポイントで尺近いアマゴがミノーを追って来た。何度か追わせてバイトさせたけれど、フッキングまで至らなかった。
鈎が魚の口に触れてしまったようだったのでもう追ってこないかと思ったが、次のキャストでミノーに反応するのが見えた。
魚に違和感を与えてはいなかったようだ。徐々に反応は薄れていったが、今回はここでひたすら粘る。
すると数十投目した頃に先程のアマゴが遂に口を使った。


d0000101_15133553.jpg

尺には届かないけれど良いアマゴだ。


d0000101_15134385.jpg

これまでだったらミノーへの魚の反応が薄れていった時点で次のポイントへ移動してしまうところだったけれど、
前回釣りで得た経験を生かし、今回もひたすら粘ってキャッチすることができた。
魚のサイズは決して大きいとは言えないけれど、僕にとっては価値ある一尾。


d0000101_15135077.jpg

今日は粘る釣りをやってみるか。
そう思っていたけれど、次に入った川では1投目から釣れたりして、結局よく分からない状態に。
まあ、雨も強くなってきたし、少し早いけれど今日は上がろう。
あと、これからも要所要所では粘ってみることにしよう。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510ULX
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパートラウトアドバンストゥイッチマスター5lbs、リアルデシテックスWX8 0.5号
Lure:YM-1 50S、50HS



# by pioneerfield | 2017-07-29 23:12 | travel sketch | Trackback | Comments(6)
2017年 07月 22日

アマゴへ戻る

ここのところ小遠征が多かったので、山梨の川を訪れるのは久しぶりだ。
ヤマメばっかり釣っていたのでそろそろアマゴに戻ろう。

他の地域と同じくここも雨が少ないようで、朝一に入った川は水は少ない。
それならばと、陽が昇ると早々に川から上がり、ダムの上を目指す。


d0000101_15503526.jpg

ここはまだ水がある方だ。アマゴも活発に追ってくる。
しかし堰堤を過ぎたあたりで真新しい釣り人の足跡が。当然魚の影は見られなくなる。
陽も高くなってくることだし、さらに山の中に車を進めよう。


d0000101_15504409.jpg

標高が1200mぐらいあると暑くはない。しかもここまで来ると完全にイワナ域なのかと思いきや、アマゴの方が魚影が濃い。


d0000101_15505384.jpg

ところどころで良型と思われる魚も追って来たけれど、こういう渋い状況下では追っても1回のみ。
それでも何とか口を使わせようと粘ってみるけれど、今度は張り出した枝にミノーを引っ掛けてしまいポイントを潰してしまう始末。
もっとキャスティングが上手くなりたい。

先週、先々週と行った栃木の渓流とは石の色や周りの木々からして全く違う。
アマゴも黄色っぽい色をしていて、特に葦が繁った川で釣れるアマゴは黒っぽい魚体が多い。


d0000101_15510105.jpg

そろそろ夕方になりかけて来た頃にもう少し下流に入ってみることにした。
流速のある平瀬が続く川を釣り上がる。


d0000101_15511877.jpg
入渓がしやすい場所だけど、まだ朝から誰も入っていない様子で、ところどころでアマゴのチェイスが多い。
まあ、サイズはそんなに大きくはないけれどそれは仕方のないこと。
勿論、尺を越えるアマゴは釣りたいけれど、この状況下で自分の満足できる魚を手にできれば良し。


d0000101_15512520.jpg

この魚は一度チェイスしたのが見えてからひたすら粘って釣った一尾。
サイズは8寸越えるぐらいだけれど、僕にとっては数十投して口を使わせたというところで貴重な一尾だ。

行けるところまで釣り上がってから車に戻ると、夕立が来そうだったので手早く片付けて撤収。
今回の釣りは、最後に粘って釣ったという経験ができたのは良かった。
こういう経験は自分の釣りを変えていくヒントになりそうなので、次回の釣りから実践していこう。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510ULX
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパートラウトアドバンストゥイッチマスター5lbs.
Lure:YM-1 50S、50HS



# by pioneerfield | 2017-07-22 23:44 | travel sketch | Trackback | Comments(6)
2017年 07月 16日

ヤマメ渓、再訪。

ハンドメイドのイベントがあるため、今週も栃木へ。
イベント自体は9時開場なので朝一はどこかで釣りをしてから向かうことに。
色々考えた結果、先週行ったkouさんのホームリバーへ再度お邪魔させていただくことにした。


d0000101_14224892.jpg

美渓な上に魚影も濃く、しかも釣れるヤマメも綺麗な魚体ばかり。
すっかりこの渓を気に入ってしまったというわけだ。自宅からは遠いから通うのは難しいけれど、年に何度かは訪れたい。


d0000101_14230214.jpg

前回kouさんに案内していただいた場所とは違うところに入ってみたけれど、ここも魚影が濃くてヤマメがヒュンヒュンとミノーを追ってくる。
20センチぐらいの魚が多いけれど、時折8寸クラスも混じり、朝一から盛り上がる釣り。
全体的に浅い渓相がずっと奥まで続いており、淵にも瀬にも魚が入っている。
水がクリアなので距離を取ってアプローチするけれど、手前まで寄せてしまうと次は口を使わない。
魚の活性は高いけれど攻めるのが難しくて、その反面楽しい。


d0000101_14231660.jpg

朝もやの中を釣り上がって行く。こういう雰囲気の中で釣っていると、「渓流」に来たな〜、という気分になる。
ボサが濃い里川の釣りとは対局だな。


d0000101_14232671.jpg

青いパーマークと側線のオレンジが美しい一尾。
全体的に白っぽい魚が多いけれど、背中はオリーブグリーン。
普段は黄色が強い魚を見慣れているので新鮮に見える。


d0000101_14234032.jpg

ヤマメの反応が良いのでなかなか止め時が見えない。これは9時には間違いなく間に合わないな。
そう思っていたら途端に魚影が薄くなった。河原に釣り人の足跡があったので、これが原因かも。
しかも、ちょうど良く(?)ミノーのリップが折れてしまったので川から上がった。

車に戻ると9時近かったので、車を走らせてイベントの会場へ向かう。
着いたのは10時ぐらいになっていたけれど、目的のkouさんプロデュースのFANGを無事購入。
色々とルアーを見て回り、ビルダーの方々やkouさんとも話をしているとあっという間に12時に。
目的の物も手に入れたことだし、午後も川に入るか。

朝の川へ戻って釣りを再開。しかし陽も照っているので魚はなかなか出てこない。
支流に入っても朝と違って魚の反応はまばら。気温も高いし昼間はこんな感じなのは仕方ない。


d0000101_14234944.jpg

夕マズメになればヤマメの活性も上がるかもしれないと思っていたけれど、一尾釣るのがやっと。
8寸ぐらいだったけれど良いヤマメを釣ったので締めることに。
午後は渋かったけれど、朝の釣果は満足だった。今回も楽しませてもらった。

さて、2週連続で栃木の川が続き、その前は群馬方面だったので、次回はそろそろ伊豆と山梨の川にも行ってみますか。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510ULX
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパートラウトアドバンストゥイッチマスター5lbs.
Lure:YM-1 50S、50HS、N55S



# by pioneerfield | 2017-07-16 23:19 | travel sketch | Trackback | Comments(6)
2017年 07月 08日

夏、ヤマメ渓へ。

前回に引き続いて「鱒の詩」のkouさんとの釣り。
今回はkouさんのホームリバーを案内していただくことに。

この川は昨年も訪れたことがあるけれど、その時はあまり状況が宜しくなかったようで、朝一だけ釣って別の川へ移動してしまった。
そこで今回はじっくりと釣り上がってみることに。

イワナ、ヤマメのチェイスもところどころで見られ、明らかに前回とは魚影の濃さが違う。
が、kouさん曰く「今日はいつもよりも魚の追いが少ない」とのこと。
普段僕が通う川に比べれば素直な場所から魚が出てくるし、この状況でも満足なんですが・・・
しばらく釣り上がって小型のヤマメ、イワナと遊んでもらい、いよいよこの川の核心部というところで良型のチェイス。


d0000101_14092856.jpg

d0000101_14192233.jpg

9寸ないぐらいのヤマメだった。
これぐらいのヤマメを釣ったのは久しぶり。尺はなくても綺麗な魚は嬉しい。


d0000101_14120122.jpg

その後も同サイズ。
前回の群馬の釣行の時は良いヤマメには恵まれなかったので、ようやく「釣ったな〜」という感じ。
幅広のいいヤマメだ。このぐらいの魚が毎回コンスタントに釣れるというのだから羨ましい限り。


d0000101_14170536.jpg

一度川から上がって、上流域に入ってみる。
朝の場所とは違って開けた渓相。10時を回ると河原は既に陽が照っている。


d0000101_14200409.jpg

d0000101_14204880.jpg

「陽が当たっているところは魚が付きそうにないですね〜」と言いながら、シェード攻め。
ブッシュの際にミノーを落とし、魚を引き出していくテクニカルな釣り。
大抵の場所には魚が入っていて、ここも魚影が濃い。


d0000101_14232557.jpg

こういう釣りは個人的には大好きだ。が、技術が追いついておらずブッシュによくミノーを引っ掛けてポイントを潰してしまう。
難しい!けど楽しい〜


d0000101_14260777.jpg

ヤマメとイワナが半々といったところ。
ここのヤマメは側線に赤かオレンジが入っている魚が多く、どれも綺麗な魚ばかり。


d0000101_14291006.jpg

「ここは間違いなく魚が付いているでしょ」というポイントを攻めていたkouさんがキャッチしたのは尺イワナ。
前回の40センチオーバーのヤマメといい、いつも素晴らしい魚を引き出してくるのはさすが!


d0000101_14314804.jpg

僕の方は尺はないけれど、またも良いヤマメを釣らせてもらった。
昼から午後に掛けて釣り上がった流程は、いい川、いい魚ばかりで楽しかった!

夕方に入った沢でも最初はヤマメが高反応だったけれど、次第に魚の反応が薄れていき、切りの良いところでストップフィッシング。
素晴らしい川を案内していただき、楽しい釣りをさせて貰ったkouさんにはとても感謝しています。ありがとうございました!

釣りの後は前回と同じく食堂で夕食を食べながらルアー談義。
ホント、話が尽きなくて帰る時間を見失いそうだったけれど、切りをつけて帰宅。
kouさん、お疲れ様でした!またよろしくお願いします。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510ULX
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパートラウトアドバンストゥイッチマスター5lbs.
Lure:YM-1 50S、50HS、ベンケイ重技、N55S、蝦夷スプーン3.5g




# by pioneerfield | 2017-07-08 23:00 | travel sketch | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 24日

鱒と縁

「鱒の詩」のkouさんと二日間の釣り旅。

お互い普段は単独釣行が多いから、自分とは違った釣りのスタイルをする釣り人と行動を共にすると、
これまで自分が出来ていなかったことに気づくことが多い。

一言で言うとkouさんの釣りは「粘るべき場所で粘る釣り」。
ここぞという場所では多分、僕の倍以上の数はキャストし、色々な角度から一つのポイントを攻めている。
この日の朝一で入ったポイントでもそれが結果に結びついたのだ。


d0000101_23000309.jpg

d0000101_23001541.jpg

40センチを越える遡上系のヤマメ。
未だかつて僕はこんな魚は手にできていない。
このタイミングでこの魚を引き出せるkouさんは流石としか言いようが無い。
つくづく鱒との縁を持っている釣り人だと思うのだ。


d0000101_23010735.jpg

朝一のポイントから上がり、次に入った場所で少し釣りをするけれど魚は出てこず退渓。
次にどこへ行こうかと話していたところ、kouさんが事前に連絡を取っていた方と偶然出会い、その方のご好意で有力ポイントを案内して頂くことに。
渓相は淵が点在しており、いかにも大型が付いていそうな場所だらけだったが、残念ながら魚をキャッチするまでには至らずだった。
けれど、この川の入るべき場所が何となく見えて来て、次に訪れる際の参考になった。
たまたまお会いしたにも関わらず、ガイドをして頂いた上に色々教えて頂き、ありがとうございました!


d0000101_23012109.jpg

この日は快晴。午後は細い支流でイワナ釣り。
粘らずにとっとと遡行してしまう僕はkouさんとはぐれてしまった。
電話をして駐車場所で待っているとしばらくしてkouさんが戻ってきたが、上流の堰堤下でなんと50センチを超えるイワナを掛け、
ランディングネットに入りきらずラインブレイクしてしまったという。
40オーバーのヤマメと50オーバーのイワナを一日で掛けるというのはなかなか無い。


d0000101_23015461.jpg

二日目。
この日の朝もヤマメ狙いで開始してみたけれど、小型ばかりで早々に支流の小渓流に入ることにした。
この川はヤマメというよりイワナとニジマスが中心らしい。
しばらく進むと、岩の下から良型がチェイス。何度か追わせて、食わせることに成功した。


d0000101_23023549.jpg

良いプロポーションの山の尺イワナがランディングネットに収まった。
久しぶりに尺イワナを釣ったなー。
天気も良いし、写真の出来映えもなかなか。


d0000101_23024928.jpg

普段、写真を撮っているシーンを撮ってもらうこともなかなか無いので、こういうのも釣友との釣りの楽しみの一つ。
この川はしばらく遡行すると橋が見えて来たのでそこから退渓。

釣りも楽しんだことだし、ここらで昼食とレトロな釣具店巡り(笑)。これもまた楽しい。
夕方、本流に入った後も夕食を食べながらルアー談義が尽きなかった。


d0000101_23030326.jpg

あっという間の二日間だったけれど、存分に楽しんだ。
これはもう、毎年恒例にするしかないですね。

kouさん、ありがとうございました&お疲れ様でした!
また楽しみましょう!


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510ULX
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパートラウトアドバンストゥイッチマスター5lbs.
Lure:YM-1 50S、50HS、ベアトリス45S



# by pioneerfield | 2017-06-24 23:44 | travel sketch | Trackback | Comments(8)