2017年 06月 24日

鱒と縁

「鱒の詩」のkouさんと二日間の釣り旅。

お互い普段は単独釣行が多いから、自分とは違った釣りのスタイルをする釣り人と行動を共にすると、
これまで自分が出来ていなかったことに気づくことが多い。

一言で言うとkouさんの釣りは「粘るべき場所で粘る釣り」。
ここぞという場所では多分、僕の倍以上の数はキャストし、色々な角度から一つのポイントを攻めている。
この日の朝一で入ったポイントでもそれが結果に結びついたのだ。


d0000101_23000309.jpg

d0000101_23001541.jpg

40センチを越える遡上系のヤマメ。
未だかつて僕はこんな魚は手にできていない。
このタイミングでこの魚を引き出せるkouさんは流石としか言いようが無い。
つくづく鱒との縁を持っている釣り人だと思うのだ。


d0000101_23010735.jpg

朝一のポイントから上がり、次に入った場所で少し釣りをするけれど魚は出てこず退渓。
次にどこへ行こうかと話していたところ、kouさんが事前に連絡を取っていた方と偶然出会い、その方のご好意で有力ポイントを案内して頂くことに。
渓相は淵が点在しており、いかにも大型が付いていそうな場所だらけだったが、残念ながら魚をキャッチするまでには至らずだった。
けれど、この川の入るべき場所が何となく見えて来て、次に訪れる際の参考になった。
たまたまお会いしたにも関わらず、ガイドをして頂いた上に色々教えて頂き、ありがとうございました!


d0000101_23012109.jpg

この日は快晴。午後は細い支流でイワナ釣り。
粘らずにとっとと遡行してしまう僕はkouさんとはぐれてしまった。
電話をして駐車場所で待っているとしばらくしてkouさんが戻ってきたが、上流の堰堤下でなんと50センチを超えるイワナを掛け、
ランディングネットに入りきらずラインブレイクしてしまったという。
40オーバーのヤマメと50オーバーのイワナを一日で掛けるというのはなかなか無い。


d0000101_23015461.jpg

二日目。
この日の朝もヤマメ狙いで開始してみたけれど、小型ばかりで早々に支流の小渓流に入ることにした。
この川はヤマメというよりイワナとニジマスが中心らしい。
しばらく進むと、岩の下から良型がチェイス。何度か追わせて、食わせることに成功した。


d0000101_23023549.jpg

良いプロポーションの山の尺イワナがランディングネットに収まった。
久しぶりに尺イワナを釣ったなー。
天気も良いし、写真の出来映えもなかなか。


d0000101_23024928.jpg

普段、写真を撮っているシーンを撮ってもらうこともなかなか無いので、こういうのも釣友との釣りの楽しみの一つ。
この川はしばらく遡行すると橋が見えて来たのでそこから退渓。

釣りも楽しんだことだし、ここらで昼食とレトロな釣具店巡り(笑)。これもまた楽しい。
夕方、本流に入った後も夕食を食べながらルアー談義が尽きなかった。


d0000101_23030326.jpg

あっという間の二日間だったけれど、存分に楽しんだ。
これはもう、毎年恒例にするしかないですね。

kouさん、ありがとうございました&お疲れ様でした!
また楽しみましょう!


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510ULX
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパートラウトアドバンストゥイッチマスター5lbs.
Lure:YM-1 50S、50HS、ベアトリス45S



# by pioneerfield | 2017-06-24 23:44 | travel sketch | Trackback | Comments(8)
2017年 06月 10日

上流探索

5月の本流クローズ以来、行っていなかった狩野川。
釣りができるのは支流に限られるけれど、訪れる釣り人が減るこの時期が僕は好きだ。

葦を掻き分けて川幅が比較的広い支流に入り、アップストリームの釣り。
鰭が張った体型の良いアマゴが相手をしてくれた。

d0000101_22531511.jpg

この支流は開けているので陽の光が水面に射すまでが勝負。
バラシやラインブレイクもあったけれど、数匹のアマゴと遊べた。


d0000101_22570637.jpg

魚の反応が悪くなって来たところで川を移動。
今度は葦が無い支流の上流を目指す。


d0000101_22593305.jpg

この辺りまで来ると辺りは広葉樹林に囲まれ、まるで東北の川。
水量は少なくなるが、ところどころでアマゴの反応がある。


d0000101_23011729.jpg

パーマークが特徴的な一尾。
ひょっとしたら原種に近いのはこういうアマゴかもしれない。


d0000101_23050004.jpg

これも丸いパーマーク。
木漏れ日の下で撮るといい雰囲気になった。
今回のベストショットかな〜


d0000101_23065270.jpg

さらに上流に進むとジンクリアの水が流れている。
周りにはところどころにワサビ畑があり、水は冷たい。
釣り上がれるところまで釣って、川から上がった。
釣れた魚は小さかったけれど、葦が多いボサ川とは違った支流の上流域を探索できたのは良かった。

夕方は再びボサ川へ。
春先は結構魚が居たのだけれど、今回はあまり宜しくない。


d0000101_23143804.jpg

最後に8寸ぐらいのアマゴを一尾釣って終了。

水が低かったので、増水の後あたりに行ければ良型も出るかもしれない。
慣れ親しんだ川だけど、まだまだ開拓の余地があるな。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510ULX
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパートラウトアドバンスブッシュトレイル4lbs.
Lure:YM-1 50S、50HS



# by pioneerfield | 2017-06-10 23:47 | travel sketch | Trackback | Comments(6)
2017年 06月 03日

ヤマメを釣りに

今週はヤマメを釣りたくなり、群馬の渓へ。
解禁してから伊豆や山梨でアマゴばかりを釣っていたので、たまには朱点がない魚体を拝みたいのだ。

着いてみると水位が高い。
雪解け水がまだ引いていないのか、それとも雨の影響なのかは分からないけれど、水も冷たい。
何か所か移動するも、なかなかアップストリームの釣りが出来る場所が見つからない。
今日はアップの釣りをやりに来たのに・・・


d0000101_21181167.jpg

仕方なくダウンの釣りで一尾。綺麗なヤマメだ。
本流をやっても良いのだけれど、狭い支流で細かくキャストを決めていく釣りがしたい。
色々と車を走らせてようやく釣りができそうな支流を発見。
釣り上がって行くとさっそく魚の反応がある。


d0000101_21231636.jpg

ヤマメの河川を釣っていると、アマゴ河川よりもアベレージのサイズが大きいような気がする。
サツキマスよりもサクラマスの方が大型になることを考えるとヤマメの方が大きくなりやすいのかもしれない。
まあ、河川によっても違うから気のせいかもしれないが。


d0000101_21261600.jpg

いつも行く河川はボサ川ばかりだから、こんな渓流らしい渓相は釣っていて楽しい。
陽も照っているが山間だけあって空気はカラッとしていて清々しい。


d0000101_21312137.jpg

この川はヤマメとイワナの混生。
どちらもヒレピンで綺麗な魚が多い。
イワナは居る場所によって色がかなり違っている。これは黒っぽい魚体。


d0000101_21340996.jpg

今日釣った中では一番の魚。
写真も良い条件で撮れたなー。毎回こんな光の下で撮りたいけれど、晴れている時は魚の反応が悪く、曇りや雨の時は魚が綺麗に撮れない。
最高の魚を最高の条件かで撮るのが目標だな。

今月はまたヤマメを釣りに行く予定があるので、その良い下見にはなった。
次の群馬釣行が楽しみだ。



Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510ULX
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパートラウトアドバンストゥイッチマスター5lbs.
Lure:YM-1 50S、50HS、YM-2 55S




# by pioneerfield | 2017-06-03 23:11 | travel sketch | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 27日

甘い読み

まとまった雨が降った次の日。

場所を選べばコンディションが良い魚が釣れるんだろうけれど、どうも読みが甘かったようだ。
朝に入った本流は魚影が殆ど無かったり、既に先行者の足跡があったりと、魚には辿り着けない。
大きく移動してもう一本の本流に入ってみたものの、こちらは濁りがきつくてアマゴにミノーを見せられない。

本流は諦めて小渓流へ。ここも砂が多い川なので濁りはまだ入っている。
おまけに葦や倒木やらで攻めにくいことこの上ない。
キャストをきちっと決めていく釣りが楽しいけれど、こんなボサ川が好きだという釣り人は奇特な部類に入るらしい。


d0000101_22071805.jpg

葡萄畑の間を縫って流れるこの支流はアマゴの川だけど、イワナも混生している。
落ち込みの下に通すとすぐにミノーを食って来た。
狩野川はアマゴばっかりだったから、山梨に来た感があるな〜


d0000101_22073418.jpg

晴れていたので木々が覆い被さっている場所は魚の反応が良い。
ここのアマゴは小さいけれど、パーマークがくっきりと並んでいて伊豆の魚とはまた違った姿。
日陰にいるアマゴらしく黒っぽい体色だったけれど、朱点が浮き出ているような鮮やかさが美しい一尾。

その後移動した支流も既に釣り人が入った後らしかった。
雨が降るとやはりどこも真っ先に入ってしまうらしく、出遅れると厳しい釣果になってしまう。

そこで夕方は誰も入らなそうなボサの濃い区間に(笑)
ここはさすがに小さなアマゴがワラワラと追ってくる。


d0000101_22075240.jpg

例によってダブルアマゴ(笑)。
ミノーの色と釣ったアマゴの色がちょっと違うのが残念。
目標はミノーと全く同じ色のアマゴを釣って写真に収めること。
出来ればミノーをそのまま大きくしたような厳ついアマゴが理想。

読みが甘くて大した釣果は出せなかったけれど、次も支流を開拓してみよう。



Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510ULX
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパートラウトアドバンスブッシュトレイル4lbs.
Lure:YM-1 50S



# by pioneerfield | 2017-05-27 23:58 | travel sketch | Trackback | Comments(6)
2017年 05月 24日

ヤマメらしさ

d0000101_22344574.jpg

先週末は休日出勤により釣りには行けず・・・

代わりに作りかけのミノーが進み、3つ完成。
スローペースだけどシーズン中も作り続けてます。

ヤマメらしさを目指して顔のアルミの形やカラーリングやアイのデザインを色々試してますが、
釣りに行ける時期に作ると生きた魚を観察できるから良いですね。
と言っても釣ってるのはアマゴばっかりですが(笑)

セルロースセメントは結局、強度上の問題でトルエンレスはやめました。
今使っているセルロースはZANMAIのオリジナルセルロース。
粘度は高めですが強度、仕上がりの綺麗さ、色止めの成功率でこれまで使った中では最高です。
サラサラのセルロースよりもディッピングの回数が少なくて済むので、
1日2回ぐらいしかディッピングができない僕のようなアマチュアビルダーには短期間で作れるというメリット。
しばらくはこれで作り続けようと思います。



# by pioneerfield | 2017-05-24 22:57 | ST WORKS | Trackback | Comments(2)