2016年 12月 03日

冬渓流

完成したミノーが増えてきたので、流水でスイムテストをしたかった。

もちろん、止水でも泳がせることはできるけれど、流れの中でのバランスや
普段使うシチュエーションでどのぐらいのレンジを通せるのか、
また流れの中での沈下姿勢などは実際に川で泳がせてみなければ分からない。
分からないまま闇雲に試作を作り続けていても意味がなさそうなので、ここらで一度、川に行ってみることにした。

ミノーを作り始めた一昨年から、この時期に行く川となると芝川の特定区。
短い区間だけれど、さまざまなシチュエーションでアップストリームの釣りが楽しめ、オフシーズンには貴重な存在。
朝9時ぐらいからのスタートだったけれど、他に釣り人は居らず、貸し切り状態。

d0000101_22315279.jpg


中心となるのはニジマスだけど、サイズはなかなか。
ミノーのスイムテストが第一の目的だけど、釣りたくなったらスプーンを結んでドリフト。
鰭が綺麗な50オーバーが食ってきた。

d0000101_22362084.jpg


泳がせたミノーは結局最後に作ったプロトが一番良かった。
今回、セルロースセメントを安全性の高いトルエンレスにしたけれど、
乾燥が遅くなった反面、色飛びも起きにくくなった気がする。
なにより有害な物質が少なくなったのは良いことだ。
ルアーを作っていて体調を崩して釣りに行けなくなったら本末転倒だからな。健康第一。

d0000101_22412637.jpg


湧水とは言え、12月なので水温も低めでやはりミノーよりもスプーンの方が強い。
これは60センチ弱ぐらいあった。ほかにも大きめのニジマスのチェイスがちらほらあって、十分楽しめた。

d0000101_22462039.jpg


何よりこの時期に渓流を歩けるというのが良い。
ミノーの泳ぎをチェックしながらゆっくり釣り上がって4時間ぐらいの区間だけど、久々に渓流に入ると気持ちが洗われるな〜
解禁前にまた行ってみよう。


TACKLE
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510UL
Reel:カーディナル3BP(ヤマワークス)
Line:スーパートラウトアドバンスサイトエディション4lbs
Lure:試作YM-1 50S 、蝦夷スプーン5g

# by pioneerfield | 2016-12-03 23:21 | travel sketch | Trackback | Comments(4)
2016年 11月 22日

MIYAKOJIMA 2016

d0000101_23415025.jpg


特別休暇がもらえたので、ちょっと遠出して沖縄は宮古島へ。
みけ(嫁)と一緒に行くので釣りはそこそこにしておいて、だらだらと過ごすのが目的。

d0000101_23451274.jpg


d0000101_23453714.jpg


宿も古民家を一軒借りて、くつろぐ。
庭にはバナナの木があり、収穫して食べて良いとのことだったので、朝食に。

d0000101_23502837.jpg


d0000101_23493295.jpg


d0000101_23504582.jpg


d0000101_2351924.jpg


天気予報ではずっと雨だったけれど、運良く晴れ間も出て、雨に悩まされることは少なかった。
とにかく海が綺麗すぎて感動しっぱなし。

d0000101_2352879.jpg


d0000101_23522752.jpg


d0000101_23525870.jpg


d0000101_23532521.jpg


d0000101_23534540.jpg


d0000101_2354552.jpg


なんか海の写真ばっかり撮っていたな。
釣りも少しやってみたところ、南国でお馴染みのダツが1本釣れた。
フックを外すのに手こずって写真は撮らなかったけど。

やっぱり沖縄はいいな〜
トラウトは居ないけれど、青い海でロッドを振るのはワクワクする。
次はもう少し釣りをする時間を希望します(笑)

# by pioneerfield | 2016-11-22 23:40 | travel sketch | Trackback | Comments(6)
2016年 11月 05日

秋の夜長

d0000101_022304.jpg


シーズン中は毎週1個だけ作ったプロトを釣り場で試してみるのが精一杯だったけれど、
オフシーズンに入ると今まで試したかったけど出来なかったことに色々手を出してしまいます。

例えばまとめて6個作ったりとか、凝った色を塗ったりだとか。
昨日は朝から時間を掛けて塗装して、夕方からは鎌倉の某所に魚を食べにいくという充実ぶり(笑)
今日も仕事から帰ってきてアルミ貼ってました。

d0000101_0293399.jpg


ルアーは使えば傷がつくのは当然。
だけど、気に入ったルアーを永く使うにはコーティングが丈夫な方が良い。
その点でいくと、できればトップコートまでセルロースで通したい。
けど、やっぱりまだ色飛びがあったり、わずかに流れたりするので、時間があることを良いことに色々試してみよう。

解禁まで4ヶ月弱。おかげで退屈しなさそうです。

# by pioneerfield | 2016-11-05 00:38 | ST WORKS | Trackback | Comments(6)
2016年 10月 29日

Project K vol.45-東山湖

d0000101_2322290.jpg


今年もこの時期がやってきた。

そろそろ濁りも入り始めて良さそうなんだけどな〜
無風で全然駄目。兄が時折ティアロで連発しているが、長くは続かず。
僕はノアも駄目、ジキルも駄目、となると後はMD-1しか無いな。
なぜか何を投げても駄目な時はMD-1の調子が良い。復活を望む。

というわけで、次に期待!

# by pioneerfield | 2016-10-29 23:01 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 21日

締めのアマゴを釣りに行く

今シーズンの最後も伊豆の沿岸の川へ。

最初は初めて入る川。水量は少なくて全体的に浅いけれど、鮎の魚影は多く、そのうちアマゴも釣れてきそうだ。
しかし、期待とは裏腹に釣り上がれどもアマゴからの反応は無い。
堰堤を越えた辺りで、40センチぐらいのある魚がゆっくりとミノーを追ってきた。
ミノーを咥えたが、フッックオフ。見えた姿はニジマス。残りマスが居たようだ。
ここからヒットが続くが、あと一歩のところでランディングできない。

d0000101_21294146.jpg


ようやくキャッチできたと思ったら、ニジマスだった。
どうやら上流に養鱒場があるらしく、そこからの脱走鱒が群れているらしい。

この川では結局アマゴはキャッチできなかった。まだ時間はあるので隣の川へ行ってみよう。
上流の方は森に囲まれていて大岩が点在する険しい渓。ところどころ堰堤があり、その都度林道に戻りながら釣り上がって行く。

d0000101_2140947.jpg


小さいながらもようやくアマゴがヒットしてきた。
釣り人の足跡があったので、堰堤下からは魚は出てこず、くるぶしぐらいの浅い流れから出てきた。

d0000101_21423015.jpg


滝の下のいかにもアマゴが居そうな場所から出てきたのは何とイワナ。
ここ伊豆の川なんですが・・・
アマゴの放流もされていなそうな川なのに、細々と繁殖しているのだろうか。

d0000101_2145226.jpg


正午も回ったことだし、そろそろ締めのアマゴを釣りに行こう。
向かったのは先週に入った川の続きの区間。
上流に進むにしたがってボサが濃くなっていく。

今シーズン、テストしながら作り続けていた自作ミノーもようやく良くなってきた。
動きも良くなったし、飛行姿勢も悪くはない。
こういった細い流れで使えそうなミノーに仕上がってきた。

d0000101_21554918.jpg


締めのアマゴは8寸ほどだったけれど、赤い朱点と赤いエッジの尾鰭が特徴的な一尾。わずかに色も入っていた。

d0000101_220744.jpg


今年の渓流はこれで終了!
苦戦したシーズンだったけれど、今年も色々な場所で多くの魚に出あえ、存分に楽しんだ。


TACKLE

Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510UL
Reel:カーディナル3BP(ヤマワークス)
Line:スーパートラウトアドバンスサイトエディション4lbs
Lure:試作YM-1 50S

# by pioneerfield | 2016-10-21 23:19 | travel sketch | Trackback | Comments(6)