2016年 10月 01日

10月の川、充実の日。

10月。
行ける川は限られているが、僕にはどうしても行きたい川があった。

何年も前からお互いのブログを通じて交流のあった「尺越えをルアーで釣るべし!」のてぃも山さんとの釣行。
これまで、県外への釣行が多かった僕は、自分が住んでいる県内の河川にはあまり行ったことがなかった。けれど、自宅から短時間で行けるということもあり、以前から非常に興味があった。
てぃも山さんは狩野川にもよく釣行されているが、なかなかお会いできなかったので、10月になったこの機会に是非一緒に釣りがしたいと思い、直前にも関わらず連絡をさせて頂いたのだった。

朝5時にコンビニで待ち合わせ。
今年はブログを通じてやり取りがあった方と実際にお会いする機会が多いけれど、やはり最初は少し緊張する。
だが、同じ趣味を持っていて、これまでブログを通じてお互いの釣りを見てきているからか、すぐに打ち解けられた。
天気はあいにくの雨だが、この雨でも釣りが出来そうな川へ案内して頂いた。

最初の川は僕好みの渓相。魚が付きそうなポイントを1投、2投で手早く撃って行く。
時折、「ここはいかにも付いてそうなポイントですよね〜」などと会話をしながら釣り上がって行くと、僕に待望の一尾目が。

d0000101_23261588.jpg


この規模の川なのに、顔が小さく体高がある見事なヤマメ。
ルアーのピックアップ寸前に食ってきたからあっという間のランディング(笑)
とにかく一尾目が釣れて一安心。しかもこんな良い魚とは。

その後も釣り上がって行くが、魚は出てこなかった。水位が少し高いということだったけれど、
もうちょっとアプローチを変えて攻めれば魚は出てきたかもしれない。あとになって思うと、もう少し考えて釣れば良かったな。
せっかく案内して頂き、先行させて頂いたのに申し訳ないです。

一通り詰められるところまで遡行して、退渓。面白い川だった!

d0000101_23332628.jpg


川を変え、幅が広い流域へ。しかし雨の影響か、水位が高く濁りも入っている。
本命の場所まで釣り上がろうとしたけれど、水の押しが強く進めなくなったのでやむなく断念。
この濁りと水位では難しそうなので、ここで朝の釣りは終了となった。

僕からの直前の連絡にもかかわらず、今回、てぃも山さんには時間を調整して頂いて一緒に釣りをさせて頂いた。
短時間ではあったけれど、一緒に釣りができた数時間は貴重で、内容の濃い時間だった。
それにしても、地元の川ということもあるかもしれないけれど、てぃも山さんは川や魚のことをよく観察されていて、良く知っている。
この水位とこの水色だったらどこが良い、など自分の経験の蓄積が釣果に結びついているのだろう。
ホームグラウンドのことを誰よりも良く知る、という姿勢を僕も学ばなければ。

てぃも山さん、今回は本当にありがとうございました!


てぃも山さんと別れた後は別の支流を少し見に行ったけれど、やはり濁りがきつそうだったので、伊豆へ移動。
10月でも釣りができる沿岸河川に向かう。

休憩しながら行ったので着いたのは昼過ぎ。いつも入渓する場所に車を停めて歩いて下流まで下り、川へ入る。
ここもいつもよりも水位は高いけれど、釣れそうな水色だ。

d0000101_23562660.jpg


いつもは数もあまり釣れない川なのだが、今日はアマゴの活性も高いようだ。意外に釣れる。

d0000101_2357493.jpg


ここのアマゴは狩野川水系の支流で見られるアマゴとちょっと違っていて、パーマークは丸くはない。
一方で特徴的なのは、朱点が朱色というよりも赤。それに尾鰭のエッジの赤も鮮やか。
こういう色のアマゴが放流されているのか、はたまた在来種の色なのか分からないけれど、とにかく綺麗な色だ。

d0000101_0163443.jpg


d0000101_0172693.jpg


魚の追いが良いせいもあって、顔つきの良い雄のアマゴも飛び出してきた。
これまでこの川で釣った中ではベストフィッシュ。
温暖な気候な上に河口から2キロも離れていない場所なので秋の色は入っていない。
けれど満足な一尾。朝の川といい、今日は良い釣りだったな。

釣りを終え、伊東へ急ぐ。
というのも、てぃも山さんを通じて以前狩野川でお会いしたイラストレーターの魚絵師さんからご連絡を頂き、アトリエへお邪魔させて頂く約束があったのだ。
夕方の遅い時間になってしまったけれど、伊東の魚絵師さんのアトリエに到着し、6年ぶりの再会。
以前一緒に釣りをしたことをしっかり憶えてくださっており、また貴重な原画も拝見させて頂いた。

釣り人でもある魚絵師さんの描く魚はリアルで精密なのはもちろん、釣り人が一番格好良いと思う魚の姿が表現されている。
塗られている色も写真を見ただけでは分からない、釣り上げられた生きた魚をご自分の目で見ているからこそ出せる色。素晴らしいとしか言いようがない。
作品の製作の話、アラスカの釣りの話など貴重なお話を色々聞け、楽しい時間はあっという間に過ぎていく。
ところで今回、魚絵師さんを訪問させて頂いたのはこれをお渡しするため。

d0000101_0472496.jpg


魚絵師さんの作品を見てしまうと、自分の未熟な作品をお渡しするのが恥ずかしい限りだが、今回は魚絵師さんに再会できて本当に良かった。
自分の作るミノーも魚絵師さんが描くような魚の姿と色が表現できるように努力しなければ。

10月最初の週末は、朝から夕方まで充実した一日だった。


TACKLE
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510UL
Reel:カーディナル3(パワーズファクトリーチューン)
Line:スーパートラウトアドバンスサイトエディション4lbs
Lure:試作YM-1 50S 、50HS

# by pioneerfield | 2016-10-01 23:02 | travel sketch | Trackback | Comments(6)
2016年 09月 24日

9月最後の週末

d0000101_22163357.jpg


9月最後の週末は、通い詰めた山梨の川で結果を出したかったのだ。
だけど到着して川を見ると、濁った水が勢いよく流れている。
別の川の様子を見に行ってもどこも同じように水が高い。

水が引くのが早いのは山梨よりも伊豆の狩野川だ。あそこは濁りがあっという間に取れる。
思い立ったらすぐに山梨から伊豆へ。高速を使って2時間弱なので10時前には着きそうだ。

到着してみると狩野川も水位が高い。だが支流の濁りは取れているので上流域なら何とかなりそうだ。

d0000101_22233623.jpg


水位が高い状態なのでこのぐらいの手のひらサイズのアマゴが元気だ。
全体的に水の押しが強くて遡行もままならないけれど、丁寧に緩流帯を攻めていけば魚は出る。

入れる場所を探して転々と移動していると、伊豆には色々な渓相の支流があるのが分かる。
ボサに囲まれた里川もあれば、岩が点在する渓流もある。
20センチ以下のアマゴが多い河川は丸いパーマークで鰭が赤いアマゴが多い。
ネイティブではないだろうけれど、伊豆の在来のアマゴの特徴を残している魚が繁殖しているのだろう。

支流の上流は伊豆らしく、ワサビ畑の間を川が流れる。
この支流も水が多いけれど、いつもよりも魚の警戒心が無いようだ。

d0000101_22313599.jpg


d0000101_22315521.jpg


狩野川はシーズン初期には成魚放流も多くて、以前のような釣果に恵まれることも少なくなってきたので今年はちょっと足が遠のいていたんだ。
けれど、この野性味溢れる姿は何だ?
サイズは全然大きくはないけれど、こんな良いアマゴが居る川があるのか。

伊豆の川の奥深さを知った9月最後の週末だった。


TACKLE
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510UL
Reel:カーディナル3(パワーズファクトリーチューン)
Line:スーパートラウトアドバンスサイトエディション4lbs
Lure:試作YM-1 50S

# by pioneerfield | 2016-09-24 22:15 | travel sketch | Trackback | Comments(8)
2016年 09月 18日

山陰 秋ヤマメ旅

d0000101_2225260.jpg


9月は遠征の月。
毎年、秋ヤマメを求めて東北の川を巡っていたが、今年はまだ行ったことのない地域の行ったことがない川へ行ってみたかった。

山陰の川に良いヤマメがいる。
そんな話を常日頃から聞いていたし、伊豆よりも西の川はほとんど訪れたことがなかったので、この機会に行ってみることにしたのだ。
事前に、ブログ等で交流のある「Play With Trout」のMさんに色々とアドバイスを頂きながらも、
「できれば最初は川の状況を見て自分でポイントを探したい」という僕の半ば無謀なこだわりで、いつもの通り一からの入渓点探し。

d0000101_22173764.jpg


d0000101_2218524.jpg


初日はある程度下見をしてから釣りを開始。
数日前に降った雨で水位は高かったが、最初に入った場所から遡行していった淵でヒットしたのは幅広のアマゴ。
ヒットした瞬間、確実に尺は越えていると思ったけれど、ランディングしてみると9寸ちょっと。
こんな魚が釣れるのは幸先がいい。

d0000101_2222775.jpg


しかし、そんな期待とは裏腹に、その後釣れるのは20センチに満たない小型のヤマメばかり。
ちなみにこの川はヤマメとアマゴの混生。ヤマメの方が数は多いが、時折朱点が散らばったアマゴも釣れる。

d0000101_22241511.jpg


d0000101_22244077.jpg


二日目も朝から本流を叩いてみるけれど、まだ水位が高くて核心部にルアーを届けられない。
そこで午後からは支流へ。ここはだいぶ濁りは取れているが、やはりヒットするのは小型のみ。
しかし釣れる魚は綺麗だ。全体的に色が褐色で薄く、パーマークが濃くて側線に点々と赤い色が入っているヤマメが多い。

この日は夕方まで釣って、道の駅に急ぐ。
と、いうのも次の日はMさんと一緒に釣りをする約束をしており、前日の夜から飲む約束をしていたのだ。
20時頃、道の駅でカーディナルを分解(支流で滑って水没させた)していると、一台の車が。
普段、ブログやLINEでやり取りをしており、お会いするのは初対面だったが、そこは釣り人同士、すぐに打ち解けて釣りの話が尽きず、遅くまで飲んで話をしていた。
Mさんはイメージしていた通り、おおらかで頼りになりそうな方。明日は本流で釣りをした後、支流を案内して頂けるとのことだが、
この支流は僕が来るまでは入らず、温めておいてくださったとのこと。心遣いが本当に嬉しい。

d0000101_2245442.jpg


次の日は朝6時半から行動開始。まずは本流に入るが、魚の反応は薄いようだ。
しかし魚の反応は無くとも普段自分が行く川や道具、自分自身の話などしながら釣り上がるのが楽しい。
続いて入った支流は、雰囲気が僕が行く東北の川に渓相が似ている。いかにも大型が出そうだ。
ところで、いつも一人で釣りに行くことが多い僕としては、他の釣り人の釣り方がかなり気になる。
Mさんの釣りを見ていると、きっちりと食い波に入れられる場所にミノーを落とし、かなり強めのアクションを入れているのが特徴的。
一番良い場所に付いている良型のヤマメに強烈にアピールしそうな釣りだ。

d0000101_22584775.jpg


この川に入って、早速僕にヤマメが。サイズはそこまででもないが、川底の色と同系色のヤマメだ。
Mさんによると、この辺りのヤマメは皆このような色をしているとのこと。

ここからしばらく魚の反応は薄くなったが、ある橋を越えたところから反応が出始める。
水は少し高いようで、流れも若干速めなので自作ミノーよりも水を噛んでくれる蝦夷50SタイプⅡにチェンジ。
長く、水深の浅い瀬をアップストリームで攻めていると、ミノーの後ろに見たことも無いサイズのヤマメがチェイスしてきた。その後、粘ってみたもののバイトさせることはできなかったが、やはりこの川は良型がいる。

d0000101_237213.jpg


上流に行くにつれて、徐々に期待が高まってくる。
流れは細くなり攻めにくくなるが、水中で翻り、鈎掛りが甘く水面でバラしたヤマメは確実に尺上。
これは獲りたかった!
が、その後も期待できるポイントが続くらしく、悔やんでいる余裕は無い。

d0000101_23115768.jpg


小さいけれど、パーマークがくっきり入った綺麗なヤマメも釣れた。
川の雰囲気も良いし、魚も綺麗だが、釣り上がれる区間はあと少しということだ。
が、最後がこの川の核心部とのこと。

d0000101_23145790.jpg


その言葉通り、すぐに秋色の雄のヤマメがヒット。
尺は無いけれど、これぞ秋ヤマメという色。秋ヤマメ旅なのだから、こういう魚を釣りたかったのだ。
この一尾でほぼ満足してしまった。

d0000101_2319218.jpg


が、そのすぐ上のポイントでミスキャストしたルアーを早巻きで回収していたらまたも良型がヒット。
意図せず釣った一尾に笑った。さっきよりもサイズは良いけれど、秋ヤマメの色は出ていない。

さらに上流まで釣り上がって行ったけれど、その後はヤマメのヒットは無く17時頃終了。
綺麗な魚を釣って、良型のチェイスとバイトに盛り上がって、色々と話をしながら釣り上がった充実した一日だった。
再び道の駅まで戻り、今度は別の川でご一緒することを約束し、別れる。
Mさん、楽しい釣りをさせて頂き、本当にありがとうございました!

d0000101_23265770.jpg


次の日は前日の余韻に浸りながら本流を釣り上がる。
が、やはり良型は出てこず、20センチに満たないヤマメばかり。そこで午後から新たな支流を探しに。
川沿いに車を走らせながら時折、川の様子を見る。
この川は僕が好きな東北の川と石の色も水の色もそっくり。いかにも釣れそうだが、時間はあまりない。

d0000101_23313439.jpg


ここで釣れるヤマメは白っぽく、美しい。
日も暮れてきたので、明日はこの区間の続きを釣り上がってみよう。

が、夜に道の駅で寝る準備をしていたところ、強い雨が降ってきた。
次の日の朝、川の状況を見てから決めようと思っていたけれど、急激に水位が上がったことと、
今後も雨が降り続ける予報だったので、朝を待たずしてゲームオーバー。
最終日は釣りができなかったけれど、雨と雨の間の短い期間に釣りが出来たのはむしろ幸運だったのかもしれない。

新たな地への秋ヤマメ旅。
ここにも良い川があり、良い魚がいた。

今回は案内して頂いたMさんに本当に感謝です。
良い川、良い魚と楽しい時間をありがとう。


TACKLE
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510UL
Reel:カーディナル3(パワーズファクトリーチューン)
Line:リアルデシテックスWX8 0.5号+フロロ1.5号、スーパートラウトアドバンスサイトエディション4lbs
Lure:試作YM-1 50S、50HS 、ボウイ50S、蝦夷50SⅡ

# by pioneerfield | 2016-09-18 23:59 | ST Expedition | Trackback | Comments(6)
2016年 09月 10日

再訪

この間行った時には増水と濁りで駄目だった長野の川へ再度行ってみることに。

今回は濁りが入っていない。雨の後ということで期待ができそうだが、朝一入ろうとしていた場所には既に釣り人の姿が・・・
その後もいたるところで釣り人の姿が。アクセスがしやすい川だから人気はあるとは思っていたけれど、
9月に入りシーズンも終盤なのでなおさらだ。

それでも時折魚はヒットするけれど、どれも20センチ前後。
流れの押しが強いので葦の岸際を遡行しながら緩流帯にミノーを入れていく。

岩上の流れの肩で良型がチェイスしてきた。
何度かミノーにアタックしてきたけれど、フッキングせず。
しばらく粘ってみたけれど、ミノーでは反応が薄れてきたので、スプーンで表層を引くと、ひったくるように食ってきた。
しかし、フッキングをしっかりしたにもかかわらず、フックオフ。結構良い型だったんだけどな〜

d0000101_16112070.jpg


その後は8寸ぐらいのをようやく一尾と、7寸程度が一尾。

d0000101_16125588.jpg


山の方の支流にも入ってみたけれど、ここにもまた釣り人の姿が。
この辺りの支流はどうも一筋縄では釣れないイメージが強い。
際どい場所にルアーを入れないと追って来ないし。

d0000101_16171877.jpg


d0000101_16174169.jpg


新しく作ったミノーの出来もなかなか良さげで、とりあえずアマゴも釣れたので、今日は早上がりした。
なかなか難しい川だな〜
今回で訪れるのは3回目だけれど、なかなか良い魚をキャッチするまでには至らない。
プレッシャーも高そうなので、もっとウデを磨かなきゃいけないな。


TACKLE
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510UL
Reel:カーディナル3(パワーズファクトリーチューン)
Line:リアルデシテックスWX8 0.5号+フロロ1.25号
Lure:試作YM-1 50S、50HS

# by pioneerfield | 2016-09-10 23:00 | travel sketch | Trackback | Comments(4)
2016年 09月 06日

OM-D E-M5, M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

d0000101_22363236.jpg


最近はコンデジやスマートフォンのカメラも性能が上がってきたけれど、やっぱり雰囲気のある写真を撮るには一眼がいい。

先日釣った尺ヤマメはスマートフォンでも撮影してみたけれど、やっぱり一眼で撮ると雰囲気が全然違う。
もはや僕にとってはロッドやリールと同じぐらい、無いと釣りが成り立たないぐらいの道具だ。
以前、一眼を家に置き忘れてきたことがあったが、やる気が50%ぐらい削がれてしまった気分だった。

フォーサーズのシステムのコンパクトさが渓流に持っていくのに気に入っていた僕は、
さらにコンパクトなマイクロフォーサーズのOM-D E-M5が発売されたときに、それまで使っていたE-410から買い換えた。
今はE-M1やE-M5 MarkⅡが後継の機種として発売されているけれど、初代のE-M5でもまだまだ十分に使える。

レンズは最近は単焦点ばかり。
M.ZUIKO DIGITAL 25mmは35mm判換算で50mmの標準レンズなので使い勝手は悪くなく、意外に寄れるので魚の顔を撮るのにもちょうど良い。
名レンズとして評判の良い45mmと同じく、シャープな画質が気に入っている。
何より開放でF1.8なので朝マズメ、夕マズメの薄暗い時間帯でも余裕で撮れるのがいい。

ただ、完全防水ではないので、水没はやはりNG。
かつて米代川で水没させてしまい、「サスラマスが釣れたら写真はどうするんだ!」と思ったが、
その時は釣れなかったので良かった!・・・のか?
それ以来、防水バッグは二重にして持ち歩いている。

やはり良い魚は、釣ったときの感動を後から写真を見返しながら思い出したいですね。

# by pioneerfield | 2016-09-06 23:20 | T-Impression | Trackback | Comments(4)