2018年 05月 19日

濁り

今回は週の半ばに雨が降らなかった。
金曜の夜から土曜の朝方に降るという予報だったが、横浜ではたいして降らなかったので
きっと山梨もたいして降っていないだろう。

そう思って前回入渓した場所で朝マズメを迎えたが・・・・
夜に結構降ったらしく、きつい濁りだった。

このあたりはどこも濁っていそうだったので一路南下して濁りが入らなそうな支流へ。
ここは連休に来た場所。本流から遡上してくるアマゴが居そうな感じだが、合流から遡るも魚からの反応は無かった。


d0000101_22241972.jpg

ここは出そうだな〜、という場所でようやく一尾。
淵に7gクラスのヘビーシンキングを落とすと勢いよく追ってきた。
最近は淵という淵で投げ入れているほど使用頻度が高いミノーになった。
これがあるのでディープダイバーはほとんど出番が無くなった。

そろそろ朝方入った川の支流は濁りが取れ始めていそうなので戻ろう。
案の定、笹濁りよりも少し濁っている程度だったので十分釣りはできそうだ。

アマゴの反応はよく、積極的にミノーを追ってくる。
色々とミノーを変えながら、流れの速さとレンジで最も反応が良いミノーを探す。


d0000101_22242892.jpg

結局、5gクラスのヘビーシンキングが一番反応が良かった。
濁っているので少し沈めた方が魚からも見えるようだ。

サイズは揃えたように7寸前後。これ以上のサイズは出なかった。
何度か良型らしいバイトはあったけれど、フッキングまで至らなかった。まだ課題が多いな。

夕方は朝のポイントに入ってみたけれど、まだ濁りがとれていなかった。
どのぐらいの濁りまでギリギリ釣りができるのかがよく分からないな。
あまりに濁っていると竿を出しても無駄なような気がしていたけれど、思っているよりも魚はルアーを認識できるのかもしれない。
次は固定観念を捨てて濁りの中でもルアーを通してみよう。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムEXC510USL
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパートラウトアドバンス トゥイッチマスター5lbs.
Lure:YM-1 50S、YM-1 50H、YM-1 50Hv2、YM-2 50XH



# by pioneerfield | 2018-05-19 23:16 | travel sketch | Trackback | Comments(2)
2018年 05月 12日

盛期へ。

今年は4月に入ってから適度に雨が降っている。
渇水にならないのは良いのだけれど、この時期に集中的に攻めようと思っていた本流は一度濁るとなかなか濁りが抜けない。
今週も週の半ばで降った雨の影響で本流は濁っているだろうから、比較的回復の早そうな支流の下流から開始した。

この川の中流から上流はよく入るけれど、そういえば下流はあまり攻めたことがない。
一見すると瀬頭が水速的に良さそうなポイントだが、手前からじっくりと攻めていくと、案の定魚からの反応が。


d0000101_18120549.jpg

それほど銀化しているわけではないので、本流から差してきた魚かどうかは分からないけれど、良い体型のアマゴだ。


d0000101_18121636.jpg

続いて泣尺。流れの緩いトロ瀬に同サイズが固まっているようだ。


d0000101_18122466.jpg


3匹目は28センチ。どれも良い魚なのだが、尺まであと一歩というところだな。
短時間に4バイト3キャッチという結果。
遡上系のアマゴだとしたら、これは良いヒントになる。


d0000101_18123489.jpg

このあたりの川の土手にはこの時期になると外来種のオオキンケイギクが咲いているが、
これが咲き始めると遡上アマゴが釣れ始めると言われている。
時期的にはまさにベストなのだが、本流の濁りが取れないことにはどうしようもないな。


d0000101_18124251.jpg

午後はさらに細い別の支流に入って、作ったミノーのテスト。
水量は多いけれど、アップストリームで良い反応。


d0000101_18125175.jpg

ここは夏になると葦が伸びてきて遡行がし辛くなるけれど、まだこの時期は釣りやすい。


d0000101_18125915.jpg

サイズは20センチ前後が中心だったけれど、新しい区間も開拓できたので十分に楽しめた。
魚の反応とか、釣りをしているときの風の爽やかさとか、良い季節になってきたな〜


Tackle
Rod:エキスパートカスタムEXC560ULX、510USL
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパートラウトアドバンス トゥイッチマスター5lbs.
Lure:YM-1 50S、YM-1 50H、YM-1 50Hv2



# by pioneerfield | 2018-05-12 23:58 | travel sketch | Trackback | Comments(4)
2018年 04月 30日

放浪釣行

連休を利用して山梨を放浪。
まずは新東名を走って南から。

d0000101_16023994.jpg

d0000101_16031798.jpg

この川は数年前に一度来たことがある。白っぽい岩が多い美しい渓相。
数日前に降った雨の影響で少し濁り気味で水位も高いようだ。
小さいながらもアマゴは速い瀬の中に入っている。


d0000101_16032985.jpg

d0000101_16034123.jpg

上流に行くとイワナが出てくる。
ミノーを追ってきても一度きりなのでなかなか掛けることができなかった。


d0000101_16035496.jpg

川を変えて平瀬が続く里川へ。
細い流れだが、上流に進むにつれてアマゴの反応が良くなり、夕方まで小さなアマゴに遊んでもらった。
午前中の川に比べて少し黄色っぽい魚体なのが特徴。


d0000101_16040928.jpg

次の日は北上して峡北の川へ。
ここも平瀬が続いているが、増水後にまだ誰も入った形跡がなく、魚は高反応。


d0000101_16040112.jpg

20センチ程度のアマゴが多いが、要所要所で良型が居着いているようだった。
何回か掛けたけれど、去年から良型のバラシ癖は治っていないらしい(笑)


d0000101_16041724.jpg

夏によく来る区間なので、アマゴばかりだと思っていたけれど、良いイワナも居た。


d0000101_16042464.jpg

快晴。だけど水は少し高いようで、全体的に流れが速かった。
遡行できないほどではないにしろ、ミノーを泳がせるのに気を使う。


d0000101_16044636.jpg

d0000101_16050090.jpg

ここのアマゴはパーマークがくっきりしていて良いな〜
ちなみにこの川は何度も通っているものの、未だに尺上をキャッチできていない。
今年の目標の一つでもある。


最後は朝だけ初日の午後に入った川の上流をやってみることに。
この川の上流はここぐらいしか入渓できる場所が無いな、という所から入る。


d0000101_16055219.jpg


全く反応が無いのかと思っていたけれど、小さいながらもイワナが。


d0000101_16060153.jpg

続いてアマゴも。
しかし進むにつれて魚の反応は皆無になった。足跡も多かったのでおそらく前日か前々日に誰か入ったのだろう。


d0000101_16061008.jpg

この時期の渓流は新緑も美しいし、藤の花も咲いていて、ようやく本格的なシーズンに入るところ、という雰囲気。
結局、良型の魚は手にできなかったけれど、じんわりと渓流を楽しんだ二日とちょっとだった。
山梨通いはしばらく続きそう。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムEXC510USL
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパートラウトアドバンス トゥイッチマスター5lbs.
Lure:YM-1 50S、YM-1 50H、YM-1 50Hv2、YM-2 50S、YM-2 50Hv2、YM-2 50XH、HRC 50S、鱒moku 50S、バイト5g



# by pioneerfield | 2018-04-30 23:00 | travel sketch | Trackback | Comments(6)
2018年 04月 21日

大堰チャレンジ

kouさんと一緒に大堰に挑戦。

前日に1本出たらしく、期待が高まるが、一向にバイトが無い。
この日はN藤さんも朝だけ参戦してくれた。
N藤さんと一緒に釣りができたことで僕としては既に満足なのだが・・・


d0000101_23301419.jpg

午前中は下流の方に行ったりと、一通り見て回ったけれど、粘れども反応は無し。


d0000101_23324379.jpg

夕方まで粘ったけれどニゴイのみで終了。
釣れなかったけれど3週間ぶりの釣りだったし、大堰の雰囲気にも触れられたので何だかんだ楽しかった。

たぶん、一人で来ていたら途中で諦めて帰っていただろうけど、仲間と釣っていると適度に集中力が保てる。
自宅からはちょっと遠い距離なので頻繁には通えないだろうけれど、また行ってみようか。




# by pioneerfield | 2018-04-21 23:26 | travel sketch | Trackback | Comments(6)
2018年 03月 31日

山梨コラボ

昨年は夏から秋に掛けて「鱒の詩」のkouさんとの釣行が多かったけれど、
今シーズンは早々に山梨の川に行ってみることに。

先週の釣りが渋かっただけにあまり期待はできないが、夜明け前に待ち合わせて前回魚影が濃かった川の区間に入る。
が、水温が5度と低いからか、魚からの反応はない。
標高も高いし、これは水温が上がる午後からじゃないと反応が出ないのかもしれない。
早々に切り上げて別の川へ行くことに。


d0000101_17570147.jpg

山を下ればちょうど桜が満開だった。
気温も高くなってきて、釣りはしやすくはなったけれど、どうにも魚からの反応は無く、チェイスすら見られない。

水温がまだ低いからか、それともそこかしこに付けられた先行者の釣り人の足跡のせいなのかは分からないが、
川を変えても二人とも魚の姿を確認できず、苦戦していた。


d0000101_17570701.jpg

気分を変えて一旦休憩。
昼食がてら、ジェットボイルでお湯を沸かしてコーヒーを淹れる(インスタントだけど)。
釣りをするだけでなく、こういう休憩の時間も割と楽しい。

休憩を終えると時間的に入れる場所は1、2か所ぐらい。
過去の実績はそれほど無いが、本流の上流域に入ってみる。

入渓点から上流と下流に分かれて釣りを開始。下流に入った僕の方はアマゴのチェイスが数回あったのみだったが、
上流に入ったkouさんは小さいながらもアマゴをキャッチしていた。
この状況では1尾は貴重。二人してノーフィッシュにならなくてよかった・・・。

日は暮れかかっていたけれど、最後にもう一か所行けそうだったので、さらに上流へ。
入渓流から釣り下っていくと、ところどころでイワナのチェイスがあったけれど、バイトまで至らず釣り下れるところまで来てしまった。
今日はもう魚の姿は見られないかもな〜、と思い、戻りがてら投げていたミノーにチェイスが。
数回追ったのみで反応が無くなってしまったが、しつこくミノーを通していたら遂に口を使った。


d0000101_17571441.jpg

ちょっとほっそりとしていたけれど、8寸ほどのイワナを最後の最後で。


d0000101_17572278.jpg

車に戻ると、釣り上がったkouさんもアマゴをキャッチしたとのこと。
おそらく今日、釣り人が入っただろう場所での二尾目はさすがです!

帰りがけに山梨名物のほうとうを食して帰宅。
もっと釣れる川をご案内したいのだが、次回までにはそんな川を開拓できていれるよう探ってみます。
kouさん、渋い状況下でしたが、お疲れ様でした。
今シーズンもまた、色々な川へ行きましょう!


Tackle
Rod:エキスパートカスタムEXC510USL
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパーへら1号
Lure:YM-1 50Hv2



# by pioneerfield | 2018-03-31 23:41 | travel sketch | Trackback | Comments(8)