2019年 05月 19日

西丹沢

d0000101_21520940.jpg


てぃも山さんとWさんに西丹沢の渓流に。
前日の夜から駐車場所の近くまで行って飲み会を開催し、気づくと0時を過ぎてしまっていた。
釣り人同士が話し始めると時間が経つのが異常に早い・・・
次の日の4時の沢割りに間に合うように車中泊。

d0000101_21522951.jpg

同県にありながら、実はこの川は一度も行ったことがなかった。
今は水は少ないけれど、水質は驚くほど良く、人気があるのもうなづける。
一匹釣ったら交代ということで、最初に先行させてもらっていると、小さいながらもヤマメが。
側線のオレンジといい、少なめのパーマークといい、姿形が良い一尾だ。


d0000101_21545938.jpg

ちなみに使っていたのは試作の40mm。
フック同士が絡まないようにフロントのアイの位置を前気味にしてみたけれど、意外にもラインに絡む。
フロントフックはいらないな。

d0000101_21581381.jpg

先行を交代してすぐにWさんにもヒット。
この川に来たのは久しぶりだという事だけど、さすがは地元河川というだけあって、川の状況をよく知っている。


d0000101_22305933.jpg

しばらく進むと魚の反応が見られなくなってきた。
日曜だし、前日に相当叩かれている様子だ。
こういう時はいきなりボトムを攻めたり、竿抜けを狙うのだけど、それでも魚が出てこない。

d0000101_22313496.jpg

それでもなんとか3人とも魚の姿を見れて一安心。

一定区間まで釣り上がって、林道を伝って入渓点まで戻ることに。
途中、てぃも山さんが持ってきていたドローンで動画を撮影したりして、山の釣りを存分に堪能したのだった。

d0000101_22314773.jpg
車が納車されたら、夏はこの川に通いそうだ・・・。
一人でのんびり釣り上るのも良いけど、またこのメンバーで行くのが楽しみだな〜


Tackle
Rod:TRD-411FS-4
Reel:カーディナル3
Line:スーパートラウトアドバンス トゥイッチマスター5lbs.
Lure:HRC 4028



# by pioneerfield | 2019-05-19 23:31 | travel sketch | Trackback | Comments(1)
2019年 05月 11日

電車釣行記

5月も半ばに入ろうとしているが車の納車連絡は一向に無く、今回も電車釣行。
始発の電車に乗る頃には既に辺りは明るくなっている。
朝マズメは完全に逃しているので特に急がず、到着駅から少し歩いて本流へ入ってみることにした。
制限が多い電車釣行で尺ヤマメを釣るという密かな目標を掲げて、今日は本流で粘ってみよう。
というよりも、釣れなくても支流に移動できないので本流で粘らざるを得ないというのが実際だ。

解禁後にてぃも山さんと訪れたポイントは水位が随分と下がっていた。
本流といっても渓流を少し広くした規模だが、明らかに渇水していて、大淵はほとんど流れが無い状態。
こういう状況ではやはり淵からは無反応だった。
淵から魚が移動しているとしたら、水深の浅い瀬に入っている可能性がある。
試しに探ってみると魚の反応があった。フッキングはしなかったけれど、おそらくヤマメかニジマス。
こういうちょっとした膝下ぐらいの水深の瀬にも魚が居るようなので、丁寧に探りながら進んでいく。

堰堤を超えた目前には、3月に来た時に良型のヤマメを釣り逃した淵。その淵の直下に水深の浅い瀬が続いている。
アップストリームで自作の4.2gのミノーを流れに噛ませてトゥイッチを入れていると、魚がチェイスし、バイトしてきた。
鈎には掛かっていないので続けてキャストすると、再度ミノーにアタックしてくるが食わせきれない。
キャストごとに魚の追いは悪くなってくるが、数投後、ついにミノーを咥えた。
追ってくる姿を見たときはニジマスかと思ったけれど、予想に反してローリングする引きだ。
浅瀬に寄せたときフックが外れたが、なんとかランディングネットに収まった。


d0000101_21024221.jpg

d0000101_20261656.jpg

いいヤマメだ。
堰堤で区切られた水域だから、この区間で越冬して大型化した魚に違いない。
もしかしたら3月にすぐ上の淵で釣り逃したヤマメなのかもしれない。


d0000101_20263171.jpg

d0000101_20264376.jpg

サイズは36センチ。
パーマークも残っているし、大満足の一尾だ。


d0000101_20265707.jpg

写真や動画を撮らせてもらってリリース。
電車釣行で尺ヤマメを釣るという密かな目標は無事達成されたけれど、納車された後でも今年はこれ以上の魚は釣れない気がする(笑)


d0000101_17345090.jpg

それにしてもこれだけ流れが薄い瀬によくこれ程の魚が居たな・・・
つくづくこの釣りの奥深さを感じる。


d0000101_17345927.jpg

ちなみにすぐ上流の淵は無反応だろうと思っていたけれど、意外にも9寸ぐらいのヤマメが出てきた。
まだまだ魚は居そうな雰囲気だったけれど、釣れたのはこの2尾だけだった。


d0000101_17350860.jpg

少し早いけれど今日は終了。
いつもの店で昼食をとるときに祝杯のビールを一杯。
天気も気温も快適だったし、良い釣りだったな。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムEXC510PUL
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパートラウトアドバンス トゥイッチマスター6lbs.
Lure:YM-1 5042、YM-1 5070



# by pioneerfield | 2019-05-11 23:33 | travel sketch | Trackback | Comments(12)
2019年 05月 02日

小冒険

今回もぶらっと電車釣行。
前日まで雨が降っていたようで、本流は濁り気味だったので支流へ入ってみる。

本流との出会いから少し上を釣り上がって行くが、良さそうな渓相の反面、魚影は薄い。
シーズン初期に来た時も大場所から魚が出てこなかったから、もともと数が少ないのか?
そう思って油断していたところ、以前魚の反応があった場所から良型のバイト。
フッキングできなかったから、このまま秋まで残しておけばさらに良型になっているに違いない(笑)

さらに上流に入り直して釣りあがって行くが、チェイスが一回あったのみ。
ここも魚影が薄いな〜、と思っていると、川の上を走る道路から呼ぶ声がした。
瀬音でよく聞き取れなかったが、よくよく見てみるとあれは丹沢反省会でお会いした右脳派釣師さんでは!?
急いで川から上がって合流。同じく丹沢アングラーのOさんと上流で釣りしていたそうだが、
移動しようとしていたところで川見していたところ、バックパックを担いだいかにも電車釣行の姿を見て声を掛けたとのこと。
お互いの状況を話しているうちに、意気投合して同行させていただくことになった。

さらに上流に入ってみたけれど、魚の姿は見られなかった。が、今まで行ったことが無かった場所を小探検したり、
Oさんが自生しているワサビを採ってたりと、ただ単調にキャストを繰り返している単独釣行のときには無い楽しさがある。

次に入ったのは苔生した小渓流。
魚影はそこそこあるようだが、雨後にもかかわらず魚は追っても1回のみだった。
水量も良いのだが、なんでここまで魚の警戒心が高いのかは不明。
しかしこういう沢に魚が残っているからこの水系は安心感がある。当然、本流に落ちてくる魚もいるだろうし。

d0000101_07422642.jpg

3人でワイワイと一喜一憂しながら釣り上がっていく。
朝からバラしてばかりだった僕にもようやく一匹。
側線に赤が入った綺麗なヤマメだ。木々に覆われている渓流だから全体的に黒っぽい。

d0000101_07423317.jpg

途中から動画大会になっていたけど、夕マズメが近づくにつれて魚の活性は上がり調子になり、
釣り的にも良さげな時間帯になってきた。それにしても短い区間で食わせられなければいけないので結構難しい釣りだ。

d0000101_07424072.jpg

意外にシビアな状況だったけれど、1つの堰堤下で3人それぞれがヤマメをキャッチするなど、全員が魚の顔を見れて、最後にかけて盛り上がった釣りだった。

あっという間に時間が過ぎていったけれど、一人で釣りをしているより何倍も楽しい一日だった!
飛び入り参加にもかかわらず、快く同行を受け入れてくれた右脳派釣師さんとOさんに感謝です。
お二人は元々、丹沢の釣師なので次回は是非丹沢の川にご一緒させて頂きたいですね。
また行きましょう!



# by pioneerfield | 2019-05-02 23:00 | travel sketch | Trackback | Comments(2)
2019年 04月 13日

本流レッスン

今週はzekiさんとの釣行。

僕が苦手な本流の釣りを教えてもらいに、魚野川へ。
過去のブログ記事を確認してみると、魚野川への釣行は実に12年ぶり。
高速料金が一律1000円だった時代に毎週のように通っていたのだ。

その頃は支流でイワナ釣りを楽しみつつ、本流でヤマメを狙ったりしていたけれど、
本流での釣り方がよく分からず、あまり良い思いはできていなかった。
しかし風景が最高に良く、たとえ釣れなくても気持ち良く1日が過ごせる川だった。

ゆっくりめに川に到着し、川沿いの道を走りながら魚がどんな流れに付くのかを教えていただく。
今回は本流イワナが狙いだが、魚種によってどんな流れが好むかを丁寧に解説していただく。
やはり経験豊富な方との釣行は勉強になる。

何箇所か良さそうな場所を周って、スイムチェックついでに投げていた自作ミノーに待望のバイトが。
大きくはなさそうだが、慎重に寄せてランディングする。


d0000101_20491543.jpg

小さいながらもヤマメだった。
銀化して背鰭、尾鰭の先端が黒いところをみると、これから海に降る個体なのか?
狙いの本流イワナではないにせよ貴重な一尾だ。

その後、zekiさんの師匠Sさんと合流し昼のラーメンを食した後に数箇所のポイントを案内して頂いた。
短い時間だったが釣り方を丁寧に教えて頂いたりとS師匠のお人柄がまた良く、すっかり影響を受けた僕はスプーンを買い揃えることになる(予定)。


d0000101_20492759.jpg

天気も良くて水温も上がってきただろうけど、なぜか魚の反応は無く、魚野川は昔と同様難しい川であった。
夕方まで粘ってみたけれど、遂に魚は出てこなかった。

帰りがけにもまた、zekiさんのお知り合いにお会いしに行ったりして、魚は釣れなかったけれど心に残る釣行だった。
本流熱がまた再起しそうな気が・・・

貴重な経験をありがとうございました!


Tackle
Rod:エキスパートカスタムEXC730ML
Reel:セルテート2500
Line:G-soul X8 0.8号 フロロリーダー12lbs.
Lure:YM-2 6054


# by pioneerfield | 2019-04-13 23:47 | travel sketch | Trackback | Comments(4)
2019年 04月 06日

桜の頃。

始発の電車に乗って釣りにいくのも慣れてきた。
車窓から見える景色からは満開の桜が見える。
朝マズメは既に外しているが、電車釣行なので制限があるのは当然。
余裕がある釣りを心がける。

前回釣り上ったところからさらに進もう。
去年よりも水位が低いから途切れなく釣り上がれる。
釣り始めてからしばらくは魚のチェイスは見られなかったけれど、比較的流速のある瀬にミノーを通したとき、銀色の魚体が翻った。


d0000101_19353141.jpg

朱点が鮮やかな一尾。
29センチの泣尺だったが。間違いなく越冬の個体。
これが出れば今日はもう満足だ。

さらに上流へ進むと、瀬尻でライズする魚が居た。
ミノー通すとバイトしてきたが、フッキングできず、その後掛けることはできなかった。
おそらく尺はあるアマゴ。
こういう魚はフッキングまで持ち込むのが難しいけれど、今年の課題の一つだ。


d0000101_19361326.jpg

堰堤を越えると魚の反応も良くなってきた。
瀬に入っているようで、早速ヤマメをキャッチ。


d0000101_19354088.jpg

その後も越冬個体のアマゴや・・・


d0000101_19362111.jpg

ニジマスも。
天気が良く、水温が上がるタイミングで入ったのが良かったのかもしれない。


d0000101_19363037.jpg

桜は満開の木もあり、散り始めの木もありだった。
とりあえず数匹釣って満足できたし、切りが良かったので早上がりした。


d0000101_19371661.jpg

バックパックを担いでの釣りも慣れてきた。
今回はたまたま先行者が居ない区間に入れたのが幸運だったのかもしれないが、この細い流れで泣尺が出れば十分でしょう。
まだ探りきれていない区間もあるから、少しずつ開拓していこう。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムEXC510PUL
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパートラウトアドバンス トゥイッチマスター6lbs.
Lure:YM-1 5035、YM-1 5042


# by pioneerfield | 2019-04-06 23:33 | travel sketch | Trackback | Comments(4)