2010年 06月 12日

南会津探釣記-その3

南会津は伊南川の釣行も今回で3回目だけれども、なかなか良いヤマメに出会うことができない。

今回も朝から有望ポイントに入って流すのだが、6月も半ばになると、10時を過ぎる頃には日が照りつけ、本流域から支流の釣りに移動しなければならなくなった。

伊南川は、フライフィッシャー垂涎の有望河川である舘岩川を始め、数々の名川を支流に持つ。
そのため釣り人も多く、正直、ちょっと入りづらい印象があった。

だから伊南川の支流を離れて、さらに山の奥に車を進めた。峠を越えると、道は細くなり、ときどき川の側を通った。
僕は適当なところで空き地を見つけて車を停め、なんとなく近くを流れている細沢に分け入った。
水は殆ど無く、ところどころの深みからは小さな魚がミノーをチェイスしてきたが、なかなかフックアップには至らなかった。

ようやく魚を手にした頃には結構釣り上がっていた。渓相としてはイワナの川のようだったが、釣れたのはヤマメ。暗い細沢に棲んでいるだけあって、色が濃く、まるで雑誌で見る本ヤマメのようだった。
写真を撮る前にネットから逃げられてしまったけれど、ようやく魚を手にしたのでこのあたりで川から上がった。

少し車を走らせて、その沢が合流する川へ入ると、水量は比較的多かった。しかし既に釣り人が入ったのだろう。魚の反応は薄かった。
釣り上がっていくとちょっと見落としそうなヒラキから、イワナが出てきた。サイズは20センチ程度だったが、こんな日はこれぐらいの魚でも嬉しいものだ。


d0000101_21334987.jpg



これ以上の釣果は見込めそうに無いので、川から上がると、二人連れのフライフィッシャーとすれ違った。

「どうですか?」 「ここは水温が上がりすぎで駄目だね。」そんな会話を2、3交わして、僕は車に戻ってこの川から離れた。

今回はそれだけの話。夕方も少し本流を釣ったけれど、とうとう魚は出なかった。
支流の釣りも好きだけれど、この時期はどちらかというと本流で釣りたい。
と言っても支流でも微妙な釣果なのだが・・・・
なかなか結果が出せないね。

by pioneerfield | 2010-06-12 23:05 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://streamtrav.exblog.jp/tb/11372048
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 朝一桂川勝負      南会津探釣記-その2 >>