2010年 09月 25日

秋ヤマメ旅へ。

d0000101_2243652.jpg



9月最後の週末。

多くの人は今年の締めくくりに、それぞれが思い出のある場所へと行くだろう。
ならば僕は初めて行く場所の、初めての川に行ってみよう。
来年への架け橋となる川を探すために。

向かった先は初めて訪れる山形の最上白川。
いつも通り事前情報は全く無いけれど、平瀬が続いていて、ヤマメが狙える川らしい。

前日までに雨が結構降ったらしく、川沿いの葦が倒れていた。
水量もいつもより多めなのだろうか。時折、遡行が難しいところもある。
入りやすい場所から遡行して、まずは一匹。
20センチそこそこの魚だけれど、うっすらと婚姻色が出始めていた。

魚の反応は良いけれど、流れが強いのでアップストリームでは少し攻めづらい。
クロス気味にキャストして、自分の立ち位置よりも下流まで追わせて食わせる方法で、釣り上がっていった。

流れの緩い瀬ではアップで流すと、9寸ほどのヤマメが追った。
尺には届かないが、初めての川では上々の釣果だ。


d0000101_2243503.jpg

このヤマメはランディングした直後は白っぽい魚体だったが、気付くと黒く、秋ヤマメの色に変色し始めた。



場所を移動して、ダムの上流へ。
その名の通り、白っぽい石が敷き詰められ、青白い流れが美しい川だ。
魚のチェイスはあまり見られなかったけれど、堰堤下でヤマメが出た。

このヤマメも黒い。ピンク色の婚姻色は出てはいないが、まさに秋のヤマメの色だ。


d0000101_22452523.jpg




d0000101_22454087.jpg



上流は魚の反応がいまいちだったので、再びダムの下流へ。
ここでも数匹のヤマメをキャッチ。
尺はあろうヤマメもバイトさせたけれど、フッキングができず、またしてもバラしてしまった。
今年はあと寸前のところで、目標の魚を手にすることができない。
来年への課題は増える一方だ。

夕方。さらに下流でニジマスをキャッチしてこの日の最上白川での釣りは終わった。

来年も、こんな記憶に残る釣り旅を。


d0000101_22462228.jpg

夜のうちに岩手に移動して、次の日は猿ヶ石川で朝一勝負。しかし期待とは裏腹に魚の姿は無かった。

by pioneerfield | 2010-09-25 23:15 | travel sketch | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://streamtrav.exblog.jp/tb/11985184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by てぃも山 at 2010-09-28 17:59 x
 いつも楽しく拝見させて頂いています。

 秋らしいイイ山女ですね!禁漁が近づき寂しい今日この頃です。
 狩野川方面にも良く来られているようなので来年以降は川でお会いする事があるかもしれません。その時は宜しく御願いします。
 これからもブログ、楽しみにしています!!
Commented by pioneerfield at 2010-09-28 23:10
てぃも山さん、コメントありがとうございます!

魚絵師さんのブログ内でご活躍、いつも拝見しています。
今年も狩野川支流でいい魚を釣られていましたね。
僕も夏頃から支流には随分通っていたのですが、
春先に尺上をキャッチしたのみでした。

来年もシーズン初めから狩野川へ通おうと思っていますので、
こちらこそ宜しくお願いします!

今年は秋らしい中で釣りができた期間が短かったせいか、
いつになく禁漁が近づくのが寂しいです。

これからも宜しくお願いいたします。


<< シングル・セッティング      今回は、久々に・・・ >>