2010年 10月 09日

週末旅の行方

週末という限られた時間を、僕は最大限に楽しみたいと思っている。

だから毎回同じ場所へ行くよりも、まだ見たことのない土地を訪れて、
そこに流れている川で釣れるか釣れないか分からない渓魚を釣る。

何も情報が無いところがスタート地点なので、なかなか良い魚に出会えない。
けれど、誰かに聞いた情報を頼りに釣りに行っていた昔に比べれば
今の方が良い釣りをしていると思っている。

週末は一日中雨だった。10月の雨は冷たい印象を持っていたが、
レインジャケットを着ていれば過ごしやすい雨だった。

海に迫った山々から滑り降りるように流れる川が今回の目的地だ。
こうした小河川を何本か釣っていく。どれも初めて訪れる。

小さな川なので、ずっと川通しで遡って行けるかと思ったけれど、
堰堤の連続で、超えられない高さの堰堤を目の前にして、高巻かなければならなくなった。
それまでにアマゴは何匹か手にしていたけれど、
堰堤の少し下で追ってきた魚は明らかに尺を超えていて、
フックアップに持ち込めなかった悔しさから、足取りは軽くはなかった。


d0000101_1311175.jpg

この川での最大は8寸程度。サビが出ているが、尾鰭の朱色が鮮やかなアマゴだ。この日はミノーよりもスピナーでじっくりと見せた方が反応が良かった。



雨足は時々強くなりつつも、朝よりは小雨になってきたが、止む気配はなかった。
車の中で仮眠を取って目が覚めると、既に14時を回っていた。
このまま帰っても良いな、と思ったけれど、海岸線を北に上がればもう一河川釣りができる川がある。

川沿いの細い道に何とか駐車できるスペースを見つけて、川へ降りる。
釣り上がると、小さなアマゴが追ってきた。
小さい川ながらも魚影と魚の活性は悪くは無さそうだった。


d0000101_1313280.jpg

細い河川が何本か走っており、河口から1kmも上ればアマゴが生息しているのが西伊豆の特徴。この川も細かったが、雨の影響か、アマゴの魚影は悪くはない。



他の川と同様、堰堤が多い。すぐに越えられない堰堤につき当たって、入渓地点に戻った。
既に暗くなり始めているが、さっきの入渓点よりも下流から川に入って、再び釣り上がった。
今日のヒットルアーであるスピナー。ロストした後、何気なく久しぶりにDコンタクトを結んだのが良かったのか、
川のサイズからしては上々の8寸強のアマゴでその日の釣りを締めることができた。

こういうのが面白いんだよなー、と思う。
入渓点を探したり、川から上がって車に戻る途中のミカン畑を眺めたり、
釣れるアマゴの色の違いを見比べたり、堰堤を何とか超えようとしたりと、
過酷なことも多いけれど、そんな釣りが楽しい。

僕の週末旅は、まだ終わりそうに無い。

by pioneerfield | 2010-10-09 23:29 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://streamtrav.exblog.jp/tb/12061091
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ネット、大破ス      シングル・セッティング >>