2010年 10月 23日

秋の渓から秋の海へ

朝晩は肌寒くなってきて、フリースの上にジャケットを羽織らなければならなくなってきた。
ウェーディングしていてもまだ水は冷たくはないが、堰堤を越えるときに手を水に浸けるのがなんとなく辛い。
先々週から通っている川もようやく魚の着き場を把握できてきたが、
日に日に魚の活性は落ちてきているようだった。


d0000101_2375738.jpg



今日も新しい区間に入ってみたものの、15センチ程度のアマゴ1匹と、
10センチにも満たないような、若々しいアマゴがスピナーにヒットしただけだった。


d0000101_2381476.jpg



1シーズン、エキスパートカスタムにカーディナル、そしてPEラインで通してきたけれど、
今日はナイロンラインを巻いてきた。それが思いのほか良い調子だったので、
バラしてばかりの僕の釣りのこれからに展望が見えてきたようで、価値のある釣行だったことは確かだ。

今日の渓流は早いけれどここまで。

午後からは海に出てアオリイカを狙ってみた。
手頃な漁港に車を停めて、流れが効いていそうな湾口まで歩く。
久しぶりのエギングだったけれど、すぐに昔の感覚は取り戻せた。
カメラを車に置いて来忘れて写真は1枚も撮っていないけれど、
思いの他好釣果で、10杯釣ってそのうち何杯かをお土産に持って帰った。

これだけ釣れればむしろアオリをメインで狙っても良さそうだけど・・・
でも何だかんだで渓流の釣りが好きなので次回も渓流+エギングで行こうと思う。
川も次でとうとう終わりだしね。


d0000101_2384022.jpg

フェザーリングのコントロールのしやすさ、一瞬のバイトからフッキングまでの間が取れる柔軟性を考えると
ナイロンのメリットは多い。糸ヨレと吸水による劣化により、毎回巻き変える必要はあるが・・・。
とにかく今はナイロンのフィーリングに慣れるしかない。


by pioneerfield | 2010-10-23 23:48 | travel sketch | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://streamtrav.exblog.jp/tb/12136918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mkt16h at 2010-10-27 15:45
pioneerfieldさん、はじめまして。
以前、別ブログで私の防水カメラパックについてコメント頂きました、
mktです。
ありがとうございました。

ブログ移転しまして、リンク張らせて頂きました。
(ブログのレイアウトが気に入り、マネさせて頂き
エキサイトにしました)
今後とも、よろしくお願いします。

PS.私は渓流シーズンが終わり、
地元多摩川にての河鱸シーズンが始まりました。
Commented by pioneerfield at 2010-10-27 23:34
mktさん、こんばんは。

河鱸ですか~。いいですね!
僕も友人の釣果を聞いて、11月からウェーディングシーバスを
開始します!
ただ、ホームグラウンドの三浦半島東京湾側が1月になると釣れなくなってしまうんですよね・・・
わずか2ヶ月間の集中釣行になりそうです。


相互リンクをさせていただきたいのですが、
リンクの張り方が良く分かりませんでした・・・
(確か右上に「リンク」が表示されるような気がしたのですが・・・)



<< 漁期の終焉      秋色アマゴ >>