2005年 10月 31日

福岡にて

先週金、土曜の二日間は兄の結婚式のため、福岡は博多へ行って来たのだが、金曜の現地到着後、少し時間があったのでホテルから電車で20分ほどのところにあるタックルショップへ行くことにした。

このショップの存在は雑誌媒体等で知っていたのだが、実際に店内に足を踏み入れると半分は喫茶店、半分はタックルショップという構えで、ダークブラウンを基調とした家具と、壁に掛けられた銘木のランディングネットがセンスの良さを感じさせた。

次の日の用意があるにも関わらずついて来た兄とコーヒーを注文し、届くまでタックルショップを見まわしているうちに、このショップの店長さんにお話を伺うことができた。このショップはかなりの数のオリジナルアイテムを製作、販売しているのだが、その一つ一つが拘り抜かれて作られ、彼は小さな小物まで至り、一つ一つ丁寧に説明してくださった。

兄がコーヒーを飲みながら次の日の準備をしている間、一時間ぐらいお話を伺っていたが、釣りと道具に対する情熱がこのようなオリジナル製品を作り上げているのだと強く感じた。実際に釣場で使う以上は使いやすい道具でなくてはならないのは当然のことで、それでいてデザイン的に優れたものを作り上げるのは並大抵のことではないと思う。

そういった製作者の強い拘りが感じられる道具には強い感銘を受けるし、自分自身こういう道具を所有し、使うことが何より好きなので、時間を割いて電車を乗り継いでまでして行く価値のある場所だったと思う。横須賀からだとそう簡単に行ける距離ではないが、またいつか足を運んでみたいと思う。




ちなみに夜になってからホテルに戻ってからも「せっかく福岡に来たんだから観光しないと勿体無い」といって博多の屋台に夕食を食べに行き、自分自身旅行好きであることを再確認した。やはり旅先のホテルでじっとしているのは自分には耐えられませんでした。

by pioneerfield | 2005-10-31 23:33 | travel sketch | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : https://streamtrav.exblog.jp/tb/2105491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 【 m-works we.. at 2006-01-26 22:24
タイトル : 拘り
釣りしていてみなに共通するのが、その拘り。 方向性や趣味趣向はさまざまだけど 特に道具に関しての愛着や向かう姿勢は並々ならぬ。 日本にもすばらしい道楽者がたくさん居る。 そんなpioneerfieldさんのブログ。 福岡にて 手島店長もよろこんでるだろうな。... more
Commented by まちおか at 2006-01-26 22:19 x
pioneerfieldさん
はじめまして。福岡のまちおかと申します。
本日初めてブログを拝見しました。
ショップCの件もそうですが道志川~桂川懐かしくて書き込みしました。
2年前まで在京していたもので何度か釣に出掛けてました。
私もミノーイングは初心者なので06年から真摯に学んでいきたいなと
考えてます。今後ともお邪魔いたしますのでよろしくです。
Commented by miuracurrent at 2006-02-20 23:34
すみません、お返事が遅れてしまいました。
はじめまして!まちおかさん。
福岡にお住まいですか~。
クラブCに近いのは何とも羨ましい限りです。
クラブCの店長さんのお話によると、九州も良い渓が多いみたいですね。
自分も父の実家が宮崎なので、いつかは五ヶ瀬川でスーパーエノハを
狙ってみたいな~、なんて考えております。
こちらこそ今後とも宜しくお願いします。


<< ちょっと気になったので      2004メモリアル解説 >>