2015年 08月 29日

秋へ

3週間ほど釣りに行っていない間に、すっかり涼しくなって、昼にはまだ蝉が鳴いているものの夜は虫の音が聞こえるようになってきた。

釣りもそろそろ終わりのシーズンに近づき、秋ヤマメ、秋アマゴが出始める頃。
夏の間は暑すぎて行く気が起きなかった狩野川支流へ行ってみることにした。
下道で2時間あまりで行けるので手軽と言えば手軽だし、何よりこの時期は釣り人が少ないのが良い。

着いてみると、川は渇水気味。
遡行がし易いのは良いけれど、小型のアマゴばかりで大型は一向に姿を現さない。

d0000101_14414825.jpg


まあ、小型のアマゴもバシバシとミノーにアタックしてくるわけではなく、警戒気味。

d0000101_1443536.jpg


時折8寸程度のアマゴもヒットするけれど、狙っているのは尺に絡む魚。
状況が良ければ9寸、尺も比較的簡単に出るだろうけれど、僕のとりあえずの目標は
こういう渋い状況下でもアベレージ以上のサイズの魚を出せるようになること。
要所要所ルアーの通し方が甘かったりと、良型が反応するレンジまでルアーを届けられていない。

d0000101_14504797.jpg


これはこの川では珍しく白っぽいアマゴ。
これも8寸ほどだけれど、わずかに婚姻色が出ていた。
この後、今日一番のサイズをバラシ・・・。しっかりしたフッキングを入れたらすっぽ抜けた。

川を変えて再び釣り上がる。
今日は朝から自作ミノーのチェックをしているけれど、やはり動きがもう一つだな。
50ヘビーシンキングは前に作ったバージョンの動きの方が良いので、アイの位置を下げたり上げたりするが、トゥイッチした時の動きがいまいち。
形は一緒なのにどこが違うのかがよく分からない。
思い当たるところは上から見た時のシェイプぐらいだが・・・。
今度はもう少しテールを薄くしてみるか。

d0000101_14592563.jpg


4.5センチの方もあまり好きな動きではないが・・・
でもこれはなぜか釣れた。もう少しトゥイッチした時の動きの幅が広いと良いのだけど。

d0000101_1515036.jpg


このアマゴは朱点と鰭が鮮やかだった。
気がついたら今回は魚の写真ばかり。久しぶりの釣りに夢中で景色を撮るのを忘れていた。

ミノー作りも釣りもまだまだ修行中。
どちらも少しずつは上手くなっていっているんだろうけれど、遠回りなのでスローに進んでいる感じ。
今回のような状況でもポンと尺ぐらいの魚を出せるようなエキスパートになりたいですね。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510ULX
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパートラウトアドバンスVEP5lbs
Lure:試作ST1(HS50mm), ST3(S45mm), ボウイ50S

by pioneerfield | 2015-08-29 23:34 | travel sketch | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://streamtrav.exblog.jp/tb/22095240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kou&maki at 2015-08-30 22:03 x
こんばんは!

秋の大物は突然なので、小物ばかりでも油断できません(^_^;)
と言っている私はいつも油断している時に遭遇したりしますが(*_*)

ミノーの形は同じであるのに、ダート幅が違うとは…難しくて奥深いですね(+o+)
Commented by pioneerfield at 2015-08-30 23:17
kou&makiさん、こんばんは!

確かに良型は意外なところで出たりするので気が抜けないですね。
ミノー作りは複雑で未だによく分からない部分が多いので、色々な部分を少しずつ変えながら数を作るしかなさそうです。


<< 群馬、禁漁前の探索      再開 >>