2016年 04月 16日

慢心

流された。

以前はここを対岸まで渡ったこともあったし、水深も浅いように見えたし、何よりそこまで速い流れではないように見えたのだ。
しかし、実際には腰までの深さもあったし、足に受ける水流は重かった。
川幅の半分ぐらいまで進んで、これは先に進めないと気づいて方向を変えた時に徐々にウェーディングブーツの底が滑り始めてしまった。
ウェーディングスタッフで何とか堪えながら、一旦は体勢を持ち直したけれど、
分厚い流れを両足で受け続け、「これはもう流されるな」と分かってしまった。

ルアーを通せないぐらいの荒瀬を流れていった後は、足が着かないぐらいの深瀬になり、
何とか対岸の岩を掴もうとしたけれど、それも適わなかった。
が、運良く浅い流れのタルミでようやく足がついて助かった。

瀬の真ん中を流れていったら、さらに下流の淵に落ちていたかもしれない。
ウェーダーの中には水が入ってきたけれど、幸いロッドもリールも無事で、カメラも損傷していなかった。

全ては以前の経験からの慢心が原因だったと思う。
普通に考えれば分かるが、毎回毎回が同じ水位ではないし、見た目以上に水圧がある場所も少なくない。
方向を変えて戻るにしても下流側がさらに速い荒瀬になっていたら戻れるはずがない。
行けるか行けないかの判断が難しければ行くな、という鉄則を心に刻んでおかねばならないな。

d0000101_20254122.jpg


と、こんな危険な目に遭ったからといって特段、魚が釣れたかというとそういう訳でもなく、最大で8寸程度。

ちなみに今回は桂で頑張っていたけれど、下流は危険な場所が多いし中流の方はどこへ行っても釣人だらけだし、夕方には別の川に移動してしまった。

d0000101_20325860.jpg


この川は魚は全体的に小さいけれど、数が多くてミノーも積極的に追ってきた。
最後に癒された気分だった。

真剣に釣りに取り組むのは良いけれど、慢心は禁物。今回は反省しなければ。
やはり安全が第一ですね。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC560ULX
Reel:カーディナル3(パワーズファクトリーチューン)
Line:スーパートラウトアドバンスサイトエディション4lbs
Lure:蝦夷50SD、試作YM-2 50HS、YM-1 45S

by pioneerfield | 2016-04-16 23:37 | travel sketch | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://streamtrav.exblog.jp/tb/23077094
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by salmon at 2016-04-19 01:36 x
こんばんわ!
無事でなによりです!
どうしても行けるかな?何て思っちゃうんですよね(^_^;)))安全第一で楽しみましょう!
Commented by pioneerfield at 2016-04-19 20:26
salmonさん、こんばんは!

今回はこれまでの中で一番危ない目に遭いました。反省の限りです。
ヤバイ!と思った時は既に遅いことが多いので、慎重にならなければならないですね。

無理をせず、安全第一で楽しみたいです。
Commented by encoded_9 at 2016-04-21 08:53 x
読んでいるだけで、過去の自分の身に起きた危機を思い出し、緊迫しました。本当、安全第一です。死んでしまったらチビタにすら遊んでもらえない。気をつけましょう。お互いに。
Commented by しんでん at 2016-04-21 19:36 x
こんばんは。ご無事で何よりでした。

私も本流早瀬で流されかけた時は、ゾッとしました。
流れが速い所は、大きな底石さえも流れとバランスを取っていて、浮いている状態でそこに足を入れるとバランスがくずれ石ごと流される。という経験をさせて貰いました。

経験することも重要ですが、命が幾つ有っても足りませんね(笑)
Commented by pioneerfield at 2016-04-21 21:17
encoded_9さん、コメントありがとうございます。
今回体験したことを後々の教訓にしたかったので、忘れないうちに文章にして残すことにしました。
命の危険はすぐそこにあるということを今回は再認識しました。
安全第一を心がけ、末永く釣りという趣味を楽しみましょう。
Commented by pioneerfield at 2016-04-21 21:25
しんでんさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
今回は本流の滑りやすい岩の上に足をかけてしまったのと、流れの強さにブーツのグリップが耐えられず、流されてしまいました。
流されることは直前に予想できましたが、いざ水没すると気持ちの余裕はなかったです。
おっしゃる通り、こればっかりは場数を踏んで経験することはできなそうですね。
Commented by kou & maki at 2016-04-23 11:49 x
初めの一文でドキッとしました!
何も怪我がなく、更には道具も無事であったことに安堵しましたよ(^_^;)
道具もそうですが、命あっての事ですから、他人事ではなく、私も含めアングラーは受け止めておかなければなりません。
とにかく良かったですm(__)m
Commented by pioneerfield at 2016-04-24 10:16
kou&makiさん、こんにちは!
危ないところでしたが、タックルも無事だったのは運が良かったとしか言いようがありません。
ウェーディングスタッフを持っているから何とかなるだろうと過信していたのが誤りでした。
命を落としてしまったり大怪我をしてしまったら楽しみにしているコラボ釣行にも行けなくなってしまいますからね。
十分気を付けます。
Commented by s_t_r_e_a_m at 2016-04-24 15:19
ボクも去年の最終釣行で死に掛けました
命あっての趣味ですもんね
ほんと気をつけなきゃと思います
無事でなによりです
これからも安全に良い釣行を重ねて行きたいですね
Commented by pioneerfield at 2016-04-24 19:22
s_t_r_e_a_mさん、こんばんは!
渓流は景色の美しさの反面、厳しさもあって、自分の身は自分で守らなければいけないことを再認識しました。
お互い安全第一で趣味を楽しんでいきましょう!
Commented by M at 2016-04-27 19:46 x
こんばんは!
人間は自然の力には無力です。
待ってる人が必ず居ます。
安全あっての趣味です。
勇気を持って諦めることも大切です。
お互い安全第一で楽しみましょう!
無事でなによりです!
Commented by pioneerfield at 2016-04-28 07:50
Mさん、こんにちは!
全くその通りだと思います。
今回は不注意で危うい目に遭い、反省しなければなりません。
特に僕は単独釣行が多いので、危険な場所では退く勇気が必要だと思いました。
とにかく、無事で良かったと思っています。



<< 出遅れスタート      目入れ >>