2005年 12月 13日

期待通り、柿田川

今回は約2年振りのエリア、静岡は清水町の「柿田川フィッシュストーリー」へとI君と出向いた。どうやら昨日辺りから寒波が襲来しており相当冷えるらしいが、柿田川といえば富士の湧水が安定した水温を保っていることで有名なエリアであり、真冬でも約13度近辺と、トラウトにとっても適水温だ。しかもここの魚はヒレピンで体高のあるニジマスばかりで引きも強い上に、魚の密度が半端なく濃いエリアなので、渓流を始める前は結構通っていた場所である。

今回も開場と同時に入って、何故かいつも人が少ない北1号池へと直行。この池は完全リリースが義務付けられているが、他の池よりもサイズが良い魚が多く、魚の密度も凄い。ここを今回はクランクの表層トゥイッチで攻めていくのだが、一投目から物凄い反応を示し、ボコボコと出る。朝っぱらから入れ食い状態になってしまった。そのうち反応も薄れてきたが、今度は水面下10センチのレンジでのミノー、クランクのトゥイッチで釣れ続けた。

d0000101_12134956.jpgいいかげん結構釣ったので昼食をとって、午後から同じ池に入るが、強風が吹き始めた。しかし魚の反応はむしろ午前中よりも良くなっており、1キャスト3バイトぐらいの勢いでトップにボコボコと出ている。ところが何が原因なのか全くフックアップせず、フックアップしたとしてもすぐに外れてしまう。フックのサイズ、フックポジションなど、あらゆる方法を試してみたのだが、それでも掛からなかった。

冬の夕暮れは早い。陽が落ちてくるとトップへの反応は悪くなってきた。その頃には南の池に入って、スプーンニングをしながら持って帰る魚を確保していた。ここ、柿田川フィッシュストーリーのニジマスは身が引き締まっていて美味い。当然今回はクーラー持参で持って帰る気満々だった。こうなるとスプーニングにも気合が入る。「エリアオリジナルのKFSスプーン0.8gを魚が密集しているゾーンに入れ、デッドスローで表層引きさせると顔の横を通ったスプーンに思わず口を使ってしまうパターン」(長い)が炸裂し、あっという間に10匹のリミットを達成することができた。その後もスプーニングで魚をキャッチしていき、19時の終了時間を迎えた。

まあ今回は結構釣れたとは思う。午後のトップウォーターのフッキングが異常に悪く、打開策を見つけられなかったのが腑に落ちないが、なんだかんだ楽しめました。2年振りに訪れたエリアだったが、期待を裏切らないのはさすが柿田川。来年もまた訪れたい場所だ。

by pioneerfield | 2005-12-13 23:16 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://streamtrav.exblog.jp/tb/2366010
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 雪中行      STREAM TRAVELER... >>