2017年 09月 17日

秋ヤマメ旅へ。

9月は今年の渓の釣を締めくくる月。

例年、長い休みを取ってのんびりと遠い川で釣りを楽しんでいたのだけれど、
今年はようやく遅い夏休みを1日だけ取れ、連休と合わせて3日間の釣り。

結果的に言えば、今回の秋ヤマメ旅は初日の朝に濃縮されていた。

岩手の川へ入ろうと考えていたけれど、朝マズメに辿り着くのが難しそうなので
初日はkouさんのホームリバーにお邪魔させて頂く。

底が見えないほどの深い淵がある。
表層に誘い出せることは難しそうだ。
しかも僕の作るミノーではこの淵の底までストンと落とせるウェイトは無いのでバイラを結んだ。
底付近まで沈めてトゥイッチを入れてヒラを打たせると、すぐにロッドが絞り込まれた。
落ち着いてランディングネットに魚を収める。


d0000101_23290230.jpg

d0000101_23304023.jpg

34センチの雌。婚姻色を浮かび上がらせた尺ヤマメ。
この魚は自分のみの力だけでは手にできなかった一尾。
今年は昨年よりもさらに釣友との釣行が多かったから、今シーズンを象徴する魚だな。
あらためてkouさんに感謝です。


d0000101_23305625.jpg

気付けば川の周りはもう秋になっていて、フックが落ち葉を拾うようになった。
この川に来るのも今年最後になる。
来年はもっと来よう。


d0000101_23310840.jpg

側線にうっすら色が出たヤマメを釣って締めくくった。

夜のうちに移動して次の日は岩手内陸の川へ。
去年は来れなかったから1年ぶりだ。


d0000101_23312137.jpg

着いてみると水が高くてアップでルアーを流すのは難しい状況。
それでも原点に戻って入渓点を開拓していくけれど、魚は少ない様子。


d0000101_23313584.jpg

釣っていて気持ちが良い川なのは以前から変わらないけれど、行くところ行くところに釣り人の足跡がある。
ここまで来たからには何とか良い魚を釣りたいと思っていたけれど、それも叶わなそうだ。


d0000101_23315663.jpg

誰も入らなそうな細いボサ川でようやくヤマメが釣れ出した。
しかしここでも大きくても25センチといったところ。

最終日も色々と回ってみたけれど、良い釣果には恵まれなかった。
明らかに40センチはある魚が2度ほど追って来たけれど、どちらもミノーを1回追っただけで粘ってもその後の反応は無かった。


d0000101_23320972.jpg

既に錆が入ったヤマメも。
もの寂しくなるけれど、オフシーズンは来年への期待を膨らませる期間でもある。

3日間の秋ヤマメ旅はあっという間に終わり、今年の渓の釣りもあと数えるほどに。
最後まで思い切り楽しもう。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムボロンEXC510ULX
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパートラウトアドバンストゥイッチマスター5lbs
Lure:YM-1 50S、50HS、50HS ver.2、バイラ50X他



by pioneerfield | 2017-09-17 23:03 | travel sketch | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://streamtrav.exblog.jp/tb/25694319
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kou&maki at 2017-09-23 10:59 x
私も感動を貰いました🎵😉
雌ですが、綺麗な婚姻色が出たヤマメで嬉しかったです‼😉
最後はこのためにあったんだなと、思わせる魚でした👌
Commented by pioneerfield at 2017-09-24 18:33
ようやくやりましたよ〜
これまでのこの川への釣行はこのためにあったんですね!
間違いなく今年のベストフィッシュでした。
kouさんには本当に感謝しております。
来年はさらに良い魚を手にしたいです!
Commented by salmon at 2017-09-25 12:19 x
こんにちわ!
34センチのヤマメお見事です!
良い色合いの魚を仕留めましたね♪
おめでとうございます!
Commented by pioneerfield at 2017-09-26 07:46
salmonさん、こんにちは!
ありがとうございます!
今年は4月の狩野川以来、尺上には出会えず仕舞いだったのでこの一尾に救われました。
この色合いには毎回感動しますよ〜
Commented by personamask869 at 2017-09-26 13:38
渓流釣りを、素敵な記事と素晴らしい写真で魅了されました。
Commented by pioneerfield at 2017-09-26 20:50
personamask869さん、コメントありがとうございます!
渓流は魚や風景など、撮り甲斐がある被写体に溢れているので常にカメラを携行しています。渓流の雰囲気を感じていただけるような記事を目指しているので、これからも宜しくお願いします!


<< 近場の川へ      不本意 >>