2006年 01月 26日

スプーニング道場。東山湖パート2

d0000101_2025169.jpg昨日までは東山と言えば祗園、清水寺のある京都東山であったが、戻ってから東山と言えば東山湖だ。今回は伏見桃山の酒蔵を歩いている時にW師よりお誘いがあり、京都から帰た次の日に東山湖へ。

さすがに朝5時から気合を入れて行くのは止めておいて、8時ごろ到着。既に師は到着しており、前回爆釣だった枯れ松周辺に入っていた。当然そこへ行って、前回と同様、PEラインによるスプーニングを開始する。とりあえず今回もNOA1.8gをボトムギリギリまで沈め、スーパーデッドスローでリトリーブしてくると連発した。が、何故か今回は比較的デカイのが釣れてくる確率が高い気がする。気のせいかもしれないが・・・。

今回も前回と同じような感じだったが、若干渋いような気がした。それほど連発しない。また、今回はフックについてちょっとした発見があった。要するに、PEを使っていると、細軸のフックではバレが多くなってしまうのだ。これはラインの伸び率の問題だとは思うが、細軸では曲がる。次回からは少し太軸を使うべきだ。

さて、午後になって食いが止まったので、場所を移動しつつ釣っていくが、どうも数が伸びない。そうこうしているうちに時間も押し迫ってきた。夕方に入ったポイントではW師が表層で連発!それに倣って表層スプーニングを展開すると、ここでコーホーサーモンが連発した。ニジマスよりもバイトが強く、引きも強くてジャンプもするので面白い魚だ。これらを釣りきったところでバイトがストップし、終了を迎えた。

今回も雪の残る中での釣りだったが、そこそこ釣れた。正直この時期は釣り物に困っていた時期だったので、来年からも冬の東山スプーニングが定番化しそうである。


Tackle
Rod:スーパースティンガーボロンSSS-60Si
Reel:セルテート2000
Line:アヴァニエギング0.6号+銀鱗1号
Lure:NOA1.8g、レオン2g

by pioneerfield | 2006-01-26 23:53 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://streamtrav.exblog.jp/tb/2643193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< The season of s...      西の桂川 >>