人気ブログランキング |
2019年 05月 02日

小冒険

今回もぶらっと電車釣行。
前日まで雨が降っていたようで、本流は濁り気味だったので支流へ入ってみる。

本流との出会いから少し上を釣り上がって行くが、良さそうな渓相の反面、魚影は薄い。
シーズン初期に来た時も大場所から魚が出てこなかったから、もともと数が少ないのか?
そう思って油断していたところ、以前魚の反応があった場所から良型のバイト。
フッキングできなかったから、このまま秋まで残しておけばさらに良型になっているに違いない(笑)

さらに上流に入り直して釣りあがって行くが、チェイスが一回あったのみ。
ここも魚影が薄いな〜、と思っていると、川の上を走る道路から呼ぶ声がした。
瀬音でよく聞き取れなかったが、よくよく見てみるとあれは丹沢反省会でお会いした右脳派釣師さんでは!?
急いで川から上がって合流。同じく丹沢アングラーのOさんと上流で釣りしていたそうだが、
移動しようとしていたところで川見していたところ、バックパックを担いだいかにも電車釣行の姿を見て声を掛けたとのこと。
お互いの状況を話しているうちに、意気投合して同行させていただくことになった。

さらに上流に入ってみたけれど、魚の姿は見られなかった。が、今まで行ったことが無かった場所を小探検したり、
Oさんが自生しているワサビを採ってたりと、ただ単調にキャストを繰り返している単独釣行のときには無い楽しさがある。

次に入ったのは苔生した小渓流。
魚影はそこそこあるようだが、雨後にもかかわらず魚は追っても1回のみだった。
水量も良いのだが、なんでここまで魚の警戒心が高いのかは不明。
しかしこういう沢に魚が残っているからこの水系は安心感がある。当然、本流に落ちてくる魚もいるだろうし。

d0000101_07422642.jpg

3人でワイワイと一喜一憂しながら釣り上がっていく。
朝からバラしてばかりだった僕にもようやく一匹。
側線に赤が入った綺麗なヤマメだ。木々に覆われている渓流だから全体的に黒っぽい。

d0000101_07423317.jpg

途中から動画大会になっていたけど、夕マズメが近づくにつれて魚の活性は上がり調子になり、
釣り的にも良さげな時間帯になってきた。それにしても短い区間で食わせられなければいけないので結構難しい釣りだ。

d0000101_07424072.jpg

意外にシビアな状況だったけれど、1つの堰堤下で3人それぞれがヤマメをキャッチするなど、全員が魚の顔を見れて、最後にかけて盛り上がった釣りだった。

あっという間に時間が過ぎていったけれど、一人で釣りをしているより何倍も楽しい一日だった!
飛び入り参加にもかかわらず、快く同行を受け入れてくれた右脳派釣師さんとOさんに感謝です。
お二人は元々、丹沢の釣師なので次回は是非丹沢の川にご一緒させて頂きたいですね。
また行きましょう!



by pioneerfield | 2019-05-02 23:00 | travel sketch | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://streamtrav.exblog.jp/tb/27585123
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 右脳派釣師 at 2019-05-05 09:22 x
先日はお疲れ様でした。こちらが川へ降りていけばよかったところ
わざわざ、あの高低差を登ってきてくれて感謝します。
しかもオッサンの珍道中に巻き込んでしまいましたが
オッサン二人は真のミノーイングというものを間近で見た気がします。
今朝いてもたってもいられず右手人差し指を使う練習に行ってきてしまいました。
今まで左手で放出するラインを止めていたのですが、癖をつけてフェザーリングを物にしたいと思います。
また三人で何処か行けたら良いですね!
よろしくお願いします、ありがとうございました!
Commented by pioneerfield at 2019-05-05 10:51
先日はありがとうございました!
あそこで声を掛けて頂かなかったら延々と後追いの釣りをやっていたと思うので助かりました(笑)
フェザーリングはリールによっては難しいですが、練習すればすぐにできるようになると思います!

今回を期にまたご一緒させてください!


<< 電車釣行記      本流レッスン >>